茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧山本有三邸 (三鷹市山本有三記念館) ~東京都三鷹市~

東京都三鷹市にある旧山本有三邸は、劇作家・小説家であった山本有三が住まいとした、大正15年(1926)築の洋風建築です。現在は「三鷹市山本有三記念館」として一般公開されています。

IMG_1174.jpg



建物正面となる北面。木造(一部鉄筋コンクリート造)2階建て、屋根は銅板瓦葺で、屋根裏部屋と地下室(ボイラー室)を備えています。イギリス山荘風の外観で、3箇所に設けられた煙突が、デザイン上の特徴となっています。

IMG_1261.jpg



建物南面。1階には大谷石を用いたテラスが、2階にはバルコニーが設けられています。2階バルコニーの手摺には、デンティル(歯型)と、城壁の狭間(さま)のような三角形の意匠が施され、屋根には屋根裏部屋の採光用に窓が付けられています。





スクラッチタイルと大谷石を用いた外壁には、F.L.ライトが手掛けた旧帝国ホテルからの影響が表れています。

IMG_1263.jpg





窓の桟や外壁角部にも、ライト的な幾何学的意匠が見られます。

IMG_1271.jpg




1階北面の玄関ホールは、ゴシック様式の教会のようなリヴ・ヴォールト風の天井になっています。扉は近世ヨーロッパ風で、帯型蝶番や取手にも凝ったデザインが見られます。

IMG_1186.jpg





玄関内部のホール。奥は階段室となっています。

IMG_1213.jpg



ホールの脇には、半円形の暖炉を備えたイングルヌックがあります。イングルヌックとは、イギリス近代住宅でよく見られる暖炉のある小スペースで、旧山本邸では来客用の控え室や家族団欒の場として使用されました。

IMG_1216.jpg




1階・応接室。こちらの暖炉は、煉瓦で檜垣模様が意匠されています。





応接室のステンドグラス。ハンドルの金具も、アール・ヌーヴォー風の凝ったデザインです。

IMG_1212.jpg




現在は応接室と二間続きになっている1階・食堂。こちらも煉瓦製の暖炉が設けられ、天井からは重厚な雰囲気の照明が吊るされています。

IMG_1194.jpg




食堂のドアは、玄関ドアと同様に近世ヨーロッパ風のデザイン。ダイヤガラスのようなレトロなガラスがはめ込まれています。

IMG_1205.jpg




食堂、応接室、ホールはいずれも寄木張りの床となっており、部屋毎に異なる寄木意匠を見ることができます。

IMG_1208.jpg




1階・旧長女部屋。もともとサンルームだったのを改修したものと考えられ、アーチ窓、スクラッチタイルの壁、漆喰部分のロンバルディア帯(連続した小アーチ)など、見所の多い部屋です。


IMG_1190_20190414182353c00.jpg




2階に上がり、階段室を振り返る。踊り場には巨大なステンドグラスがはめ込まれ、梁や手摺にも凝った装飾を見ることができます。

IMG_1247.jpg




2階は主に書斎や寝室として使用されていました。こちらは旧書斎で、現在は洋室(展示室)となっていますが、かつては洋室と和室に分かれていました。

IMG_1222.jpg



同じく展示室として使用されている、2階・旧書庫。左手の窓下にはベンチが作り付けられていますが、これは2階の他の部屋にも共通した作りになっています。

IMG_1228.jpg




数寄屋風の2階・和室(書斎)。もとは洋室だったものを、山本有三が入居時に自身の好みに合わせて改修しています。

IMG_1231.jpg




2階南東隅にある旧長男室。こちらも左手の窓の下部にベンチが設けられています。




旧山本有三邸は大正15年(1926)、貿易商・清田龍之介の住居として建てられ、昭和11年(1936)から進駐軍に接収される同21年まで、山本有三とその家族が居住しました。設計者は不明ですが、岡田信一郎が手掛けた旧鳩山一郎邸(鳩山会館=東京都文京区)との類似性が指摘されています。平成6年(1994)には、クラウドファンディングによる保存修理が行われています。

IMG_1267.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

旧小石川御殿庭園(小石川植物園) ~東京都文京区~

東京都文京区にある小石川植物園は、江戸時代初期、松平徳松(のちの徳川綱吉)の別邸・小石川御殿(白山御殿)があった場所です。植物園の北西部に、丘陵を利用した池泉廻遊式庭園の遺構が残されています。




庭園は、承応年間(1652~1655)、小石川御殿の造営に際して作庭されたものと推定されています。宝永年間(1704~1711)に徳川綱吉により改修されましたが、御殿が廃されて以降は荒廃、関東大震災の被害を受けたのち、昭和30年(1950)に修復されています。




庭園は、小石川の河岸段丘の下部に、東西に3つの池泉を配しています。このうち最も東部の池泉は既に庭園としての形態を失っていますので、ほかの2つの池泉を中心にご紹介します。




中央の池泉には、中島が配置されています。護岸をはじめ、古い石組は残されておらず、当初の意匠がどのようなものだったのかは判然としません。

IMG_1003.jpg




中島には石橋が架けられていますが、これも手法的にあまり古いものではなさそうです。





中島の対岸・池泉南部には出島が設けられています。




西部の池泉。正面(西岸)にある洋館は、明治9年(1876)に建てられた旧東京医学校本館で、現在は東京大学総合研究博物館小石川分館として使用されています。

IMG_1021.jpg




西部池泉にも中島が配置されていますが、石橋や護岸石組など、やはり古いものは残されていません。

IMG_1011.jpg



池泉西岸にある立石は、その姿から「ガマ石」と呼ばれています。江戸中期にもなると、石組手法よりも個々の石の珍しい形状が重視されるようになりますが、このガマ石も、当時のそうした趣向を反映していると言えるでしょう。

IMG_1012_20190408182115a7e.jpg




西部池泉北部の小築山。

IMG_1024.jpg



3つの池泉とも、護岸石組は後世の改変を受けているようで、古い手法は見られません。昭和の改修時に、護岸が石組から乱杭に変更されている箇所もあるようです。

IMG_1002.jpg



庭園北部の斜面には、巨石を用いた滝石組が残されています。現在は枯れていますが、往時は千川上水から水が引き込まれ、池泉へと注いでいました。





丘陵斜面にも、所々に石が置かれています。いずれも影石程度のもので、特に見応えのあるものではありません。





庭園北東部にある次郎稲荷。




庭園とは関係ありませんが、小石川植物園には、旧東京医学校本館のほかにも近代建築が残されています。こちらは昭和14年(1939)に建てられた小石川植物園本館で、東京大学の諸建築を手掛けたことで知られる内田祥三の設計です。

IMG_1081.jpg



こちらは大正8年(1919)に建てられた柴田記念館。東京大学植物学教室の教授だった柴田桂太に関する資料などが展示されています。

IMG_1093.jpg



植物園内には、ソメイヨシノをはじめ多くの桜が植樹されています。訪れた時(3月下旬)は、ちょうど満開の桜を観ることができました。

IMG_1080.jpg




徳川綱吉の没後、小石川御殿は廃され、その敷地は旗本屋敷と御薬園に分割されました。都立図書館で色々と調べたのですが、庭園に関する資料が少なく、当初の地割や意匠については全く分かりませんでした。一方、『帝国大学植物園一覧図』という古図を見る限り、少なくとも大正初期から地割はほぼ変わっていないようです。

IMG_1000.jpg


 
 
 
 

旧デ・ラランデ邸 ~東京都小金井市~

旧デ・ラランデ邸は、新宿区信濃町にあった明治期の洋館で、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデの自邸でした。平成25年(2013)、門や柵も含めて江戸東京たてもの園に移築され、一般公開されています。

IMG_0880.jpg



建物は木造3階建て、赤いスレート葺のマンサード屋根が特徴で、1階部分の外壁は下見板張りになっています。もとは平屋建ての洋館で、北尾次郎という気象・物理学者の住まいでしたが、明治43年(1910)頃、デ・ラランデにより増改築され3階建てとなりました。

IMG_0901_20190330200358c61.jpg



デ・ラランデの没後、建物の所有者は何度か変わり、昭和31年(1956)からはカルピスの発明者・三島海雲が居住、その後は三島食品工業株式会社の事務所として、平成11年(1999)まで使用されました。建物は幾度も改造を受けていますが、移築に際し、デ・ラランデが居住した大正初期頃の姿に復元されています。

IMG_0923.jpg



建物の正面となる南面は、1階にテラス、2階にバルコニーが設けられています。1階テラスはデ・ラランデの没後、サンルームに改造されていましたが、移築に際して旧状に復元されました。

IMG_0891.jpg




1階西面にある玄関。建物の大きさの割には、こじんまりとした印象を受けます。

IMG_0739.jpg




玄関ホール。天井の中心飾りやモールディング、アール・ヌーヴォー風の扉の装飾も見事です。

IMG_0684.jpg




玄関ホールの天井中心飾りは、石膏で天使を象っています。

IMG_0683.jpg




玄関ホール右手にある部屋。応接室として使用されていました。

IMG_0690.jpg



玄関ホールの左手、現在はカフェとして使用されている居間。東西2室で構成され、梁型天井やレンガ製マントルピースなど、豪華な作りが見られます。

IMG_0677.jpg



居間のペンダントライト。保存されていたものを移築時に修復したものですが、デ・ラランデが居住していた頃のものではないようです。

IMG_0730.jpg



2つの居間の仕切りには、唐草模様のカーテンレール兼金属欄間が設置されています。移築に際して、古写真をもとに復元されました。

IMG_0682.jpg



居間の北側、1階の中心となる食堂。東面にはベイ・ウインドウが設けられ、天井は白漆喰の格天井になっています(シャンデリアは古写真をもとに復元)。現在は居間とともにカフェとして使用されています。

IMG_0735.jpg




食堂の飾り窓と木製レリーフ。食堂内の木工レリーフは、移築時に復元されたものです。

031_201903242053322d2.jpg




食堂・木製のペディメントとレリーフ。

IMG_0688.jpg



食堂・壁紙と石膏レリーフ。石膏レリーフは後世に取り外されていましたが、古写真に基づき旧状のとおりに戻されました。

IMG_0727.jpg




食堂・応接室間の廊下に、2階への階段が設けられています。

IMG_0694_20190324205119e85.jpg



階段上部天井に設置されたペンダントライト。保存されていたものを移築時に修復していますが、これもデ・ラランデが居住していた頃のものではないようです。

IMG_0720.jpg




2階・主寝室。2階は6つの部屋で構成され、南側2室はバルコニーに面しています。

IMG_0695.jpg




3階へと続く階段。3階は屋根裏を利用した洋室2室がありますが、非公開となっています。

IMG_0725.jpg



デ・ラランデは、明治36年(1903)に来日、ドイツ版アール・ヌーヴォーとも言われるユーゲント・シュティールの様式を日本にもたらしました。東京・神戸を中心に、朝鮮半島にも作品を残しましたが、現存するものでは、「風見鶏の館」として有名なトーマス邸(神戸市)があります。なお旧デ・ラランデ邸の設計については、デ・ラランデ自身によるとする説と、これを否定する説があり、確実なことは分かっていません。

IMG_0899_20190330200357ee8.jpg


 
 
 
 

旧常盤台写真場 ~東京都小金井市~

旧常盤台写真場は、昭和12年(1937)、東京都板橋区常盤台に建てられた写真館兼住宅建築です。平成9年(1997)、江戸東京たてもの園に移築され、現在は一般公開されています。

IMG_0840.jpg



建物は木造2階建て、外観はいかにも戦前の洋風モダンといった感じで、左右非対称でどこか幾何学的な雰囲気があります。シンプルながら、個人の写真館としてはかなり洗練されたデザインです。

IMG_0844.jpg




外観北面は雰囲気が変わり、大部分をガラス窓が占めています。

IMG_0877.jpg




玄関ホール。建物内部は一階が居住スペース、二階が写場(スタジオ)になっています。

IMG_0874.jpg




玄関ホールの南側にある応接室。一階では唯一の洋間となります。

IMG_0861.jpg




純和室の居間。いかにも「昭和の家」という感じのする部屋です。

IMG_0859.jpg




居間のガラス欄間は、通気のために回転式となっています。

IMG_0863.jpg




居間に隣接する老人室。数寄屋風の座敷で、天井の幾何学的な格縁(ごうぶち)や網代が見所です。

IMG_0856.jpg




一階南東部にある子供室。

IMG_0853.jpg




食堂と台所。どちらも天井は格天井になっています。

IMG_0848.jpg




一階・浴室。

IMG_0851.jpg




階段を上がり二階へと向かいます。

IMG_0865.jpg




二階は、大部分を写場(スタジオ)が占めています。

IMG_0869.jpg



写場北面は、ほぼ全面がスラント(傾斜)付きの大窓となっています。照明設備の発達していなかった頃、自然光をムラなく採光するためのもので、明治村の旧高田小熊写真館でも、同様のものが見られます。

IMG_0870.jpg




支度室。撮影前に、ここで身なりの最終チェックをしていたのでしょう。

IMG_0871.jpg



常盤台は昭和10年(1935)、旧内務省の都市計画に基づいて作られた高級住宅地で、「板橋の田園調布」とも呼ばれます。常盤台写真場をはじめ、戦前の常盤台には多くの文化住宅が存在したようで、現在でも斯波家住宅やときわ台スタジオなど、戦前の住宅建築が複数残されています。

IMG_0845.jpg


 
 
 
 

旧小出邸 ~東京都小金井市~

旧小出邸は、実業家・小出收(おさむ)の邸宅として、大正14年(1925)、東京駅文京区に建てられました。平成10年(1998)、江戸東京たてもの園に移築され、現在は一般公開されています。

IMG_0746.jpg



建物は木造二階建てで、外観を特徴づけるのが、ピラミッドのような宝形造とフラットルーフを組み合わせた屋根です。設計した堀口捨己(すてみ)は、当時西洋の近代建築と日本の伝統建築の統合を模索しており、旧小出邸の外観には当時の堀口の関心がダイレクトに表れています。

IMG_0895.jpg




建物西面。設計段階では瓦屋根の頂部に宝珠を載せる予定でしたが、堀口の意向で直前に計画変更されています。

IMG_0747.jpg




一階西面に設けられた、五角形の玄関ポーチ。矢羽根のような支柱の彫りや円窓など、幾何学的な要素が見られます。

IMG_0750.jpg




玄関では、ドアの周りも幾何学的なデザインで、アール・デコにも通じるものがあります。

IMG_0782.jpg




玄関の地袋(下駄箱)も凝ったデザイン。

IMG_0780.jpg




玄関ホール。階段室も兼ねています。

IMG_0775.jpg



玄関ホールの左手にある食堂。全体的に直線を強く意識したデザイン構成で、当時のオランダの芸術運動であるデ・ステイルからの影響が表れています。

IMG_0755.jpg



食堂の奥には、茶の間を挟んで寝室が配置されています。和室ですが、押入れなどの直線的なラインは、やはりデ・ステイルからの影響と思われます。

IMG_0757.jpg




電話室(左手)と一階の廊下。廊下を進むと台所や風呂場があります。

IMG_0773.jpg




一階の台所。純和風の空間で、人造石による流し台が設置されています。

IMG_0763.jpg




台所の奥にある風呂場。

IMG_0766_20190225202328811.jpg



玄関ホールの北側には、洋風の応接間があります。モンドリアンの絵画を連想させる、デ・ステイルからの影響が最も顕著な部屋で、調度も含め大正期とは思えないモダンな空間になっています。

IMG_0811.jpg




応接間に設けられた吊り棚。

IMG_0791_20190225202546b58.jpg




応接間に隣接する便所。客用の便所と思われ、白タイル張りの清潔感のある空間になっています。

IMG_0785.jpg




二階は、和室2間で構成されます。主室は書院造ですが、一切の曲線が排除されており、モダンな印象を受けます。

IMG_0793_20190225202755356.jpg



二階・次の間。堀口捨己は当時、分離派建築会に所属し、流行していた帝冠様式を批判、日本の伝統建築そのものに存在する現代性を主張していましたが、旧小出邸の各和室では、当時の堀口の趣向がよく表れています。

IMG_0794.jpg



二階南面の入側。一階、二階ともに南面はガラス窓を大きくとって入側を通すなど、明治以降の和風住宅建築の様式を踏襲しています。

IMG_0795.jpg




宝形造の部分の屋根裏。収納スペースになっています。

IMG_0801.jpg



初めて旧小出邸を見た時、「妙ちくりんな建物だな~」というのが率直な印象でしたが、その後、何度も訪れるにつれ、この建物の先進性に魅力されるようになりました。お隣・旧前川國男邸の普遍的なモダンに比べるとぎこちなさは否めませんが、伝統と近代の融合という点で、大正期にこれだけ意欲的な作品が生み出されていたことは、驚くべきことのように思います。

IMG_0797.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop