茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

護国寺庭園 ~兵庫県南あわじ市~

兵庫県南あわじ市にある護国寺は、淡路七福神の布袋尊霊場として知られる、高野山真言宗の寺院です。本堂裏手、庫裡裏手に、それぞれ江戸時代作庭の池泉観賞式庭園が広がります。

IMG_1988_20190615233042dee.jpg




<本堂後庭>
本堂後庭は、江戸初期作庭と推定されています。正面山畔の滝石組を中心に、遠山石や亀出島などの意匠が見られます。

IMG_1990_20190615233044633.jpg



滝石組は、水落石を前方に傾斜させて、両脇に多くの石を組んでおり、下部には水分石を配置しています。上部には、この庭の守護石(庭の中心となる石)とも言うべき山形の巨石が配置されています。

IMG_1971.jpg




滝石組右手の出島。亀出島としての意匠になっており、右手に亀頭石、背中には中心石を背負っています。

IMG_1967.jpg



亀出島の中心石。山形の巨石で、蓬莱石(中国の蓬莱思想に登場する、蓬莱山を模したもの)を兼ねているようにも思えます。

IMG_1977.jpg




山畔側は、しっかりと護岸石組が組まれています。

IMG_1975.jpg




山畔上部には、立石による遠山石が意匠されます。

IMG_1974.jpg



池泉の南端近くには石橋が架けられています。自然石のものと思われますが、丸みを帯びたもので鋭さは感じられません。

IMG_1993.jpg




本堂側の護岸石組。訪問時は修復中でした。

IMG_2008.jpg




<庫裡後庭>
本堂後庭の北側に、庫裡後庭が続いています。こちらも山畔を利用した観賞式庭園ですが、江戸末期の作庭と推定されています。

IMG_1961.jpg



庫裡後庭の護岸石組。庫裡後庭ではこれといった意匠が見られず、石組も丸みを帯びた石ばかりで、物足りなさは否めません。

IMG_2004.jpg



三橋式の石橋。ほかにこれといった意匠がないため庫裡後庭における主景のようになっていますが、こちらもあまり美しい手法とは言えません。

IMG_2001.jpg



護国寺は、京都・石清水八幡宮を創建した行教上人によって、平安時代に開創されたと伝わります。至徳3年(1386)の火災で荒廃、寛永8年(1631)に徳島藩主・蜂須賀氏の庇護のもと再興されています。西桂氏著『ひょうごの庭園』によると、元禄8年(1695)、徳島藩5代藩主・蜂須賀綱矩の妹・久米姫がこの寺を訪れた際、庭の滝を詠んだ一首を残しているとのことで、本堂後庭はこれ以前に作庭されていたものと考えられます。

IMG_1951.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

萬勝寺庭園 ~兵庫県南あわじ市~

萬勝寺は、南あわじ市にある高野山真言宗の寺院です。本堂の裏手に、江戸時代の作庭と推定される池泉庭園があります。

IMG_1942.jpg



庭園の様式は池泉観賞式で、正面に築山を築き、その手前に細長い池泉を穿っています。中央付近には出島を設け、築山南部に枯滝石組を組んでいます。

IMG_1946.jpg




庭園の主景となる枯滝石組。

IMG_1934.jpg



枯滝は一部を除いて近年に改修されているようで、事前に他サイトの写真で見ていたよりも陳腐なものになってしまっていました。

IMG_1921.jpg




築山上部から見た、枯滝の立石。高さ1.5メートルはある巨石で、この庭の石組では最も力強い表現になっています。

IMG_1928.jpg




枯滝右下部の護岸石組。この辺りの石組も手法的に弱く、近年に改修を受けているものと思われます。

IMG_1922.jpg




庭園中央の出島は亀出島の意匠となっています。亀頭石と中心石以外は崩れてしまっているようです。

IMG_1917.jpg




枯滝石組(写真左)と亀出島(写真右)。

IMG_1943.jpg



亀出島の右手には、青石の巨石を用いた石橋が渡されています。庭の中では浮いてしまっている印象で、後世に加えられたものかもしれません。

IMG_1924.jpg




築山頂部にある、遠山石風の立石。

IMG_1925.jpg



萬勝寺は建保3年(1215)、京都高山寺の僧・明恵(みょうえ)上人の開基により開創されたと伝わります。作庭に関しては資料がなく詳細は不明ですが、江戸中期~末期に築造されたものと推定されています。

IMG_1949.jpg


 
 
 
 

妙勝寺庭園 ~兵庫県淡路市~

淡路市にある妙勝寺は、足利尊氏ゆかりの寺として知られる、法華宗の寺院です。境内には、江戸初期作庭とされる池泉観賞式庭園が残されています。

IMG_1635.jpg



庭園は書院からの観賞を本位とし、山畔を利用して滝石組を組み、池泉には鶴亀二島を配置しています。江戸時代の庭園で、中島として鶴島と亀島の両方が揃っているものは多くなく、豪華な地割と言えます。

IMG_1641.jpg




正面山畔に築かれた滝石組。雑草により見えづらくなっていますが、多くの石を意欲的に組んだ、豪華な石組です。

IMG_1631.jpg




滝石組後方、山畔の上部には、遠山石風の立石が意匠されています。

IMG_1624.jpg




滝石組周囲の山畔にも、多くの石組が見られます。

IMG_1607.jpg




2つの中島のうち、向かって左手が亀島とされます。

IMG_1594.jpg




亀島北端に意匠された亀頭石。やや上を向いたような、江戸初期らしい表現です。





亀島の右方に、鶴島が配置されます。





鶴島に意匠された首石(右)と羽石(左)。巨石を用いた力強い石組です。





鶴島東部の護岸石組。こちらも、写真中央の石は羽石手法と思われます。

IMG_1592.jpg




鶴島の後方には、山畔へと石橋が渡されています。

IMG_1622.jpg




池泉東岸の護岸石組。汀線を緩やかな曲線とし、護岸は立石や伏石を織り交ぜて変化をつけています。

IMG_1616.jpg




妙勝寺の起源は不詳ですが、建武3年(1336)、新田義貞に敗れた足利尊氏が立ち寄った際、「妙に勝つ」という寺名に感激し、太刀を奉納したという伝説があります。

IMG_1577.jpg



作庭に関する資料は残されていませんが、妙勝寺は寛永15年(1638)、徳島藩主・蜂須賀氏の協力により再興されており、庭園もこの頃のものと推定されています。鶴亀二島を配した地割や随所に見られる力強い石組は、淡路に残る古庭園の中でも白眉と言えるでしょう。

IMG_1617.jpg

 
 
 
 

長泉寺庭園 ~兵庫県淡路市~

長泉寺(ちょうせんじ)は、兵庫県淡路市にある高野山真言宗の寺院です。本堂西側に面して、江戸中期頃のものと推定される池泉庭園が残されています。





庭園は細長い池泉を中心として、正面に築山を築いて石組を意匠し、池泉には二箇所に石橋を架けています。

IMG_1697_20190608212327145.jpg




庭園の主景となる枯滝石組と岩島。立石による添石が見事ですが、中心部分が刈込みで隠れてしまっている点が惜しまれます。





枯滝右手の護岸石組。





池泉中央付近に架かる石橋。自然石の板石を2枚繋げた、二橋式のものです。






石橋の脇には、三尊風の立石が見られます。この庭で最も鋭い石組と言えそうです。





池泉南部に、もう1つの石橋があります。こちらは一石ですが、やはり自然石を用いたものです。





池泉南部の護岸石組。

IMG_1691.jpg



長泉寺は天和3年(1683)、真言宗大覚寺派の寺院として開創されました。寛永年間(1661~1673)に現在地へ移り、高野山真言宗に属するようになったとされます。

IMG_1714.jpg



庭園は、寺伝では江戸初期作庭とされているようですが、天明4年(1784)に方丈や庫裡を再建した記録があることから、この頃の作庭とする説もあるようです。

IMG_1694_201906092024484a1.jpg


 
 
 
 

恵日寺庭園 ~兵庫県淡路市~

恵日(えにち)寺は、兵庫県淡路市にある高野山真言宗の寺院です。本堂裏手には、江戸初期作庭と推定される池泉観賞式庭園があります。

IMG_2069.jpg



庭園は行者山の山裾を利用したもので、東西に細長く池泉を穿ち、正面山畔には滝石組を設けています。池泉は現在では涸れていますが、近年まで水が張られていたようです。





この庭の主景となる滝石組。現在は涸れていますが、往時は水が落とされていたようです。

IMG_2019.jpg



植栽で見えづらいですが、滝石組は高さ2メートルほどあります。石組手法は同じ淡路市にある妙勝寺庭園(後日紹介予定)の滝石組と似ており、頂部に遠山石を立石で意匠し、その下に数石を力強く組んでいます。

IMG_2074.jpg




滝石組の上部にある遠山石。文字通り、遠くに見える山を表現したものです。

IMG_2039.jpg




滝石組右手の石組は、鶴石組とされます。言われてみなければ鶴だとは気付かない、抽象的な表現です。

IMG_2026.jpg




滝石組の左手、鶴石組の向かいには亀出島が意匠されています。亀頭石は、鶴石組と向き合うように右に向けられています。

IMG_2020_20190604210015a0d.jpg




亀出島に架かる石橋。他の石組とは違い丸みの強い石が用いられており、作庭当初のものではないかもしれません。

IMG_2031.jpg




池泉東部の護岸石組。江戸初期的な、力強さの感じられる石組です。

IMG_2043.jpg




池泉西部の護岸石組。こちらも力強い石組です。

IMG_2040.jpg



恵日寺は慶長4年(1599)、快尊律師により創建されたと伝わります。庭園は元禄13年(1700)頃の作庭と伝わっていますが、山畔の利用や細長い池泉など、一般的な元禄期の庭園よりも古い様式が見られます。力強い石組が見所の庭園ですが、植栽が成長し過ぎて石組の中心部分を隠してしまっている点が惜しまれます。

IMG_2095.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop