茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

江津本町の古い町並み ~島根県江津市~

山陰探訪3日目、小川庭園からバスで江津市街へ移動し、赤瓦屋根の古い町並みが残る江津本町へ。

510_201709172240036b7.jpg



江津は、「中国太郎」の異称をもつ一級河川・江の川河口に位置し、古くから港町として栄えてきました。江戸時代は、天領として幕府の管理下にあり、北前船の寄港地でもありました。

459_20170917224001bb1.jpg



赤瓦屋根の多い町並みにあって、黒瓦が目立つ藤田佳宏家。かつて江津町長も務めた藤田龍夫氏の居宅で、江戸末期に建てられた主屋と、明治期に建てられた門や土蔵が残り、いずれも国の有形文化財に登録されています。

517_201709172240037d2.jpg




旧山陰道沿いにある、円覚寺。浄土宗本願寺派の寺院です。

462_201709172242159cb.jpg




町並みのほぼ中心、山辺神社参道脇に、大正15年(1926)に建てられた旧江津町役場があります。

466_20170917224215336.jpg




鉄筋コンクリート及び木造二階建ての洋風建築で、正面パラペットや、壁面のアール・デコ風のデザインが秀逸です。

488_20170917224214cd8.jpg




現在は「江津本町甍街道交流館」として一階部分のみ公開されています。

470_2017091722421648c.jpg



旧山陰道沿いに残る、藤田家住宅主屋。藤田家は廻船業で財を成した豪商、嘉永6年(1853)に建てられた主屋をはじめ、土蔵、門などが国の有形文化財に登録されています。

492_201709172243417f0.jpg




旧山陰道から藤田家住宅の脇を南へ入ります。

463_20170917224339e3b.jpg




旧山陰道の一本南の通りには、本町川が流れます。

494_20170917224418e1b.jpg




本町川通り沿いには、赤瓦屋根の古民家が密集しています。

516_20170917224536857.jpg




川通り沿いの横田家住宅(右)。横田家も回漕業(海運業)により材を成した豪商で、「沖田屋」を屋号としていました。

496_20170917224420f51.jpg




古い民家の合間で一際目立つのが、旧江津郵便局です。

505_20170917224607b43.jpg



旧江津郵便局は、明治20年(1887)頃に建てられた木造二階建ての擬洋風建築です。現存最古の郵便局舎といわれ、長年荒廃していましたが修復により往時の姿を取り戻しました。

512_20170917224608719.jpg



本町川沿いで最も広い敷地を有しているのが飯田家住宅です。初代江津市長の家で、かつて裏手には「二楽閣」と呼ばれた別邸もありました。

509_2017092419594725e.jpg



旧山陰道に戻ると目に入ってくる、花田医院。昭和12年(1937)に建てられた和風建築で、一階には洋風の意匠も見られます(国登録有形文化財)。

525_20170917224645c1e.jpg




町並み北東部にある個人宅。資料がなく詳細は不明ですが、昭和初期頃のものと思われる洋館です。

529_20170917224647de3.jpg


江津は江戸時代から昭和初期にかけて、石見地方有数の都市として繁栄しましたが、鉄道開通により衰退します。昭和37年の市庁舎移転に伴って市の中心も北方へと移りましたが、江津本町だけは時代に流されずに、昔ながらの風景を今に残しています。

490_20170917224644aba.jpg

スポンサーサイト
 
 
 
 

小川庭園 ~島根県江津市~

山陰探訪3日目、温泉津から電車で都野津まで移動し、江津市和木の小川庭園を訪ねます。古くから和木の地に居を構え、「和木将軍」とも呼ばれた旧家・小川家の邸宅に、室町時代築造と伝わる池泉観賞式蓬莱庭園が残されています。

427_20170917161627d2d.jpg



庭園は、南北に細長い池泉(現在は枯池)を穿ち、南東部には山畔を利用して滝石組を設けています。一般的に「小川家雪舟庭園」の名で知られているようですが、雪舟が作庭したという客観的な根拠は存在しないようです。

457_20170918201534670.jpg




滝石組は二段構成で、上段が枯滝、下段は水落式の滝になっています。現在は石組保存のため水を落としていません。

429_20170917161750fbd.jpg




滝石組上段。頂部は三尊手法で、守護石は右手にやや傾斜した古式な手法となっています。

430_20170917161752686.jpg




滝石組下段。立石を中心とした力強くも美しい石組で、下部には水分石も見られます。

436_201709171617527a3.jpg




北西部から滝石組を見る。手前には小規模な出島が設けられていますが、付近の石組は後世の改変を受けています。

449_20170917162018b0e.jpg




池泉南端の石橋。石橋自体は後世のものですが、周囲の石組は見事です。

440_20170917161837ca0.jpg




石橋と、池泉西岸の護岸石組。

442_2017091716183895d.jpg



池泉北西岸には亀頭石風の石組が見られます。亀頭石付近は地表が盛り上がっていますが、もとは亀島としての中島だったようで、後世になって周囲の池泉を埋め立てたために現在は出島状になっています。

432_201709171619385f3.jpg


小川庭園は現在も小川家によって管理されていますが、これほどの庭を個人宅で500年以上も維持されてこられたことに畏敬の念を抱かずにはいられません。訪問時は奥様に色々とお話を伺ったのですが、会話の端々から庭への思いが感じられ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

417_20170918202312d38.jpg

 
 
 
 

【再訪】温泉津の古い町並み ~島根県大田市~

山陰探訪3日目は、島根県大田市の温泉津(ゆのつ)からのスタートです。温泉津の町並みは2年前に訪問し当ブログでも紹介していますが、改めて取り上げたいと思います(2年前の記事はこちら)。

308_20170917120647452.jpg



温泉津は大森(石見)銀山の西方に位置し、古くから港町として、またその名の通り温泉地としても栄えてきました。JR温泉津駅の北方、温泉津の温泉街は、鄙びた温泉街としての雰囲気を色濃く残しています。




温泉街の入口付近に建つ、内藤家庄屋屋敷。大内氏や毛利氏に仕えて銀山奉行を務めた内藤氏の住居で、現在も内藤氏の末裔の方が居住されています。2年前に温泉津を訪れた際は、当主の18代内藤又座衛門さんから色々とお話を伺うことができました。

315_20170917121029fea.jpg




温泉街入口付近の個人商店。町屋の一部をモルタル塗りの洋風ファサードとした、ユニークな近代建築です。

330_201709171210277dd.jpg




内藤家庄屋屋敷の先を進むと道は右手に折れ、古くからの商店や旅館が見えてきます。

329_20170917121027625.jpg




古くから港町だった温泉津は、中世に入ると大森(石見)銀山からの銀輸送の仕立港としてさらに発展しますが、近世以降は徐々にその役割を広島や岡山に奪われ、銀の涸渇も重なって衰退していきます。

314_20170917121551183.jpg



江戸時代には主に北前船の寄港地としての役割を担いますが、近代に入ると鉄道や国道9号線の開通により、急速に衰退しました。しかし近代的な発展から取り残されたことで、時が止まったかのように古い町並みが今日まで残ることとなりました。

347_201709171215502d7.jpg



通り沿いには、昭和初期のものと思われる洋風建築も見られます。一階は改造されていますが、頂部のメダイヨンや雷紋の意匠は見事です。

349_20170917121700849.jpg




昭和初期のものと思われる立派な個人宅。

354_2017091712170262c.jpg



温泉街の中心には温泉旅館が建ち並びますが、その温泉の湯元の一つが薬師湯です。昭和29年(1954)に建てられたレトロな外観の新館と、その奥にある大正8年(1919)築の旧館から構成されます。

363_20170917121702209.jpg




薬師湯旧館は木造二階建ての擬洋風建築で、一階は改造されているものの、全体的に大正期の建築意匠をよく残しています。

370_2017091712170466e.jpg



薬師湯の入浴施設としての機能は新館に移り、旧館は一階がカフェとギャラリー、二階座敷は入浴客用の有料休憩所として活用されています。

409_20170917121705642.jpg



温泉街奥部に向かい合う、もう一つの湯元・元湯温泉。薬師湯よりも古い湯元で、1300年の歴史を誇ります。2年前に立ち寄りましたが、湯治場らしい激熱のお湯で、腰から下しか浸かることができなかったのを記憶しています。。

371_20170917122240667.jpg  



温泉街には古くからの旅館が多く存在しますが、そのほとんどが現在も営業しているのか不明です。

 
373_20170917122241140.jpg

 

温泉街の中にある、龍御前神社。天文元年(1532)の創建とされ、北前船の守り神として信仰を集めました。

336_2017091712155233e.jpg



龍御前神社の社殿背後の崖には「龍岩」と呼ばれる奇岩があります。龍の頭のような形状の岩で、この岩が神社の名称の由来になったのでしょう。

338_2017091712155379b.jpg



温泉街からやや離れたところにある、温泉津港。三方を丘陵に囲まれた天然の良港で、北部には銀の積出港だった頃の遺構も残されています(2015年9月撮影)。

IMG_9263_20170918102714bca.jpg


温泉津は平成16年(2004)、国の重要伝統的建造物群指定地区に指定され、平成19年には「石見銀山遺跡とその文化的景観」として世界文化遺産にも登録されています。2年前の訪問時は観光客がほとんど見られませんでしたが、今回は町を歩く人の姿が増えているような気がして、少し安心しました。この町並みがいつまでも保存されることを願います。

385_20170918180030ced.jpg

 
 
 
 

吉田の古い町並み ~島根県雲南市~

山陰探訪2日目、櫻井家庭園から車で移動し、雲南市吉田町の古い町並みを訪れます。

273_201709160959537d3.jpg



吉田は、奥出雲町の絲原家櫻井家とともに「出雲鉄師御三家」と呼ばれた田部(たなべ)家を中心に、たたら製鉄により発展した町です。

268_20170916100217da0.jpg




明治の町村制施行により飯石郡吉田村となりますが、平成16年(2006)に三刀屋(みとや)町や掛合(かけや)町など周辺の町村と合併し、雲南市吉田町となりました。





現在でも本町通り沿いを中心に、古い町並みが残されています。

295_20170916100115c2c.jpg



本町通りに入るとすぐ見えてくるのが、田部家の土蔵群です。江戸中期から明治期までに建てられた多数の土蔵が並ぶ様は圧巻です。

270_20170916100218d89.jpg




かつての庄屋屋敷を改装した古民家カフェ。築150年以上経っているそうです。

297_20170916100117739.jpg




本町通り沿いにある、吉田町商工会館。吉田信用購買販売利用組合の事務所として昭和初期に建てられた擬洋風建築です。

274_201709161001131ff.jpg





279_20170916100114e0c.jpg




本町通り沿いには、古い町屋が点在しています。いずれも、屋根は山陰地方でよく見られる石州瓦(赤瓦)で葺かれています。

276_20170916100323208.jpg






281_20170916100319a64.jpg




本町通り沿いには、「鉄の歴史博物館」と呼ばれる博物館があります。

289_20170916100321860.jpg




博物館では、たたら製鉄の技法や歴史に関する資料を展示しています。絲原家住宅の記事でも触れましたが、江戸時代、出雲地方における製鉄業は松江藩の保護を受け、その鉄生産量は全国の7割近くを占めていたと言われます。

285_20170917102015192.jpg



江戸時代、藩の保護を受け発展した出雲の製鉄業でしたが、明治以降は廃藩置県や西洋の製鉄技術の輸入により急速に衰退し、田部家による製鉄も大正期を最後に廃業となりました。範囲が限定的ではありますが、吉田には製鉄業が盛んだった頃の面影が色濃く残っており、本町通りからやや離れた山内(さんない)地区には、かつてのたたら場も現存しています(菅谷たたら高殿)。

302_20170916100458518.jpg



 
 
 
 

櫻井家庭園 ~島根県仁多郡奥出雲町~

山陰探訪2日目、絲原家を後にし、同じく「出雲鉄師御三家」の一つ、櫻井家を訪ねます。主屋東部には、かつての松江藩主・松平不昧も訪れたと伝わる、江戸末期作庭の池泉庭園が残されています。





庭園は書院南部、天然の岩肌を流れ落ちる滝を主景とした、池泉観賞式庭園です。

195_201709112154059ac.jpg




滝は庭園北東部の「寿宝山」から水を引いています。なかなかの水量があり、迫力と同時に清涼感が感じられます。

178_20170911215831e3c.jpg




滝はこの庭を訪れた松平不昧により、「岩浪(がんろう)」と名付けられています。

173_20170911215830aec.jpg



滝の下部では、左手に出島が設けられ、その手前には池中に水分石のような岩島が配置されています。重森完途によると出島と岩島は、それぞれ江戸中期の池泉庭園でよく見られる亀出島と亀頭石が退化したものとされます。

239_20170911215834f34.jpg




滝右手の山畔に見られる、三尊風の石組。

192_20170911215833ef2.jpg




池泉東部には護岸石組や、山畔に自然の岩盤を利用したと思われる石組も見られます。

233_201709112159379c3.jpg




池泉東端、土橋による太鼓橋と茶亭「掬掃亭」。掬掃亭は、日本画家・田能村直入による意匠と伝わります。

182_20170911215935539.jpg




庭園の西部に建つ書院。庭はこの書院からの観賞を主体として意匠されています。

181_20170911220045bec.jpg




書院手前には、「出雲流庭園」の特長である、短冊石を用いた飛石が打たれています。

162_20170911215933fa3.jpg




書院の西側に続く主屋。重要文化財に指定されています。

212_20170911220043d71.jpg



主屋は江戸中期の建築で、藩政期には藩主を迎える本陣としても使用されていました。現在も住居として使用されているため、内部へ上がっての見学はできません。

226_20170911220045108.jpg




庭園南部にある御成門。藩主御成の際に使用された門です。

258_2017091122004757e.jpg


櫻井家は、大坂夏の陣において戦死した戦国武将・塙団右衛門の子・直胤を祖とする旧家で、江戸前期に鉄山業の経営を開始、「可部屋」を屋号としました。庭園は江戸末期らしく石組などの造形的魅力には欠けるものの、それを補って余りあるほど、「岩波」の滝を中心とした地割と景観の美しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

208_20170913214457e24.jpg

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop