茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

東福寺普門院庭園 ~京都府京都市~

普門院は、開山・円爾(えんに)の方丈だった、東福寺の塔頭の一つです。境内には江戸初期作庭と推定される庭園が残されています。

IMG_5527_20180715101004853.jpg



庭園は、客殿前庭としての枯山水庭園(写真右手)と、東部の山畔を利用した池泉庭園(写真左手)から構成されます。現在は常楽庵(開山堂)への参道で二分されていますが、もとは一つの庭として作庭されたものです。

IMG_5562.jpg




枯山水部分は、客殿前面に白砂を敷き、右手(南部)に集団石組による鶴亀島を配しています。禅院枯山水に多い平庭式の地割ですが、周囲を土塀で囲まず、奥の池庭と一体となった構成は、大変珍しいものです。

IMG_5554.jpg   




枯山水部分の集団石組。向かって左が鶴島、右が亀島です。




鶴島は、手前に平石で鶴首石を、2つの立石で羽を表現しています。

IMG_5551_2018071412242912a.jpg




亀島は、巨石を用いた抽象表現になっています。

IMG_5550.jpg




白枯山水部分の砂紋は、市松の意匠になっています。作庭当初からのものかは不明ですが、大変珍しい意匠です。

IMG_5578.jpg





開山堂である常楽庵(重要文化財)参道の右手に、池庭が築かれています。

IMG_5539_20180714122618833.jpg




池庭は、山畔を利用した築山風とした観賞式庭園です。山畔二箇所に枯滝石組を設け、池泉南部(手前側)には亀島を配しています。





山畔や護岸には、小振りながら上品で美しい石組が見られます。





山畔中央の枯滝石組。





北部山畔の枯滝石組。水落石の上部には、栗石による枯流れ風の意匠が見られます。





枯滝石組と切石橋。





池泉南部の亀島。左手に、上を向くように傾斜した亀頭石が見られます。

IMG_5530_20180714124346a9e.jpg



庭園の作庭時期を示す資料等はありませんが、様式・手法から、江戸初期の庭と評価されています。東福寺では本坊庭園や光明院庭園など重森三玲による創作庭園が多いですが、普門院庭園は山内では芬陀院庭園(室町時代作庭)に次いで古い庭園と考えられています。なお、庭園は昭和9年(1934)の台風で被害を受け、同14年に重森三玲により修復されています。

IMG_5524_201807151010036e1.jpg   


スポンサーサイト
 
 
 
 

東福寺本坊庭園~京都府京都市~

京都市東山区にある東福寺は、臨済宗東福寺派の大本山で、京都五山第四位の名刹です。本坊方丈の四周には、近代を代表する作庭家・重森三玲が手掛けた「八相の庭」と呼ばれる庭園があります。

IMG_5604.jpg



<南庭>
方丈前庭となる南庭は、石組本位の枯山水庭園です。禅院の枯山水らしく、築地塀で囲まれた長方形の空間に白砂を敷いて八海を、石組で蓬莱、方丈、瀛洲(えいしゅう)、壺梁(こりょう)の四仙島を表現しています。

IMG_5607.jpg




右から、瀛洲島、蓬莱島、方丈島。いずれも巨大な長石を横向きに置き、その周囲に立石を中心に石を組んでいます。

IMG_5647.jpg




正面から見た方丈島(左)と蓬莱島(右)。長石を横向きに置く手法は、伝統的な日本庭園では見られない斬新なものです。

IMG_5595.jpg




北東方向から見た瀛洲島。

IMG_5642.jpg




東方から立石群を望む。

IMG_5670.jpg




勅使門付近の立石は壺梁島を表現したものです。東福寺開基・九条家の邸内にあったものを使用しています。

IMG_5613.jpg




庭園西部には、苔地の築山が設けられています。五山をイメージした、大和絵的な表現です。

IMG_5644.jpg




<西庭>
西庭は、サツキの刈込みと白砂を市松に配した創作庭園です。

IMG_5602.jpg



市松は葛石で区切られた井田(せいでん)の意匠となっています。左手には洲浜風の苔地が設けられていますが、これは重森による作庭当初のものではないようです。

IMG_5599.jpg




<北庭>
北庭は、敷石と苔地による市松の庭になっています。勅使門から方丈にかけて置かれていた敷石を、当時の住職の要望により再利用しています。

IMG_5615.jpg



北庭の北側は洗玉澗と呼ばれる川が流れ、崖地との境界にはサツキの刈込みが配されています。苔地部分は、もともとは北半分が白砂敷きだったようですが、現在では全面に苔が広がっています。

IMG_5624.jpg



東福寺庭園のシンボルとも言える北庭ですが、作庭当初は庭園関係者らから「由緒ある東福寺に西洋庭園を持ち込んだ」との批判を受けたそうです。

IMG_5631.jpg



市松模様は、桂離宮でも用いられた日本の伝統的なデザインであり、また禅の思想である「再利用」という点からも、この庭を西洋庭園と捉えるのは安易で的外れな解釈と言えるでしょう。

IMG_5630.jpg



<東庭>
東庭は方丈と庫裏を結ぶ渡廊下の右手にあります。東司(旧便所)の柱石7個を再利用し、北斗七星を表現しています。

IMG_5658.jpg




北斗七星に因んだ、雲紋の白砂。

IMG_5586.jpg



管理人が重森三玲を知ったのは、小学生の頃に見た、東山魁夷による市松の庭の絵によってでした。重森の庭を見る上で注意しなければならないのは、単なる西洋的な「モダン」ではない、日本の伝統の中にある「モダン」に着目し、それを「永遠のモダン」として昇華させた、という点です。氏の作品は個人的に好きなものとそうでないものがありますが、東福寺本坊庭園の、作風の異なる四つの庭による構成と、伝統を基本としながらもそれに囚われない作者の貪欲かつ真摯な姿勢に、感服する他ありません。

IMG_5606.jpg

 
 
 
 

平泉の庭園遺構群 〜岩手県西磐井郡平泉町〜

世界遺産登録を受けている毛越寺や中尊寺で知られる平泉町では平安時代、奥州藤原氏支配の下に多くの庭園が築かれました。それらのうち、発掘調査に基づき復元された3つの庭園をご紹介します。

<旧観自在王院庭園>
観自在王院は、奥州藤原氏第二代・基衡の夫人により、毛越寺の東隣に建立された寺院です。天正元年(1573)の兵火で荒廃し、境内は長い間水田となっていましたが、発掘調査に基づいて平安末期の庭園が復元されています。





庭園は「舞鶴が池」と呼ばれる池泉を中心とした廻遊式庭園です。かつては池泉南部に南大門が、北部に阿弥陀堂が建ち、毛越寺と同じく浄土庭園の様相を呈していたものと思われます。

IMG_4584.jpg




池泉のほぼ中心に、東西に細長い中島があります。阿弥陀堂跡と南大門跡を結ぶ位置にありますが、発掘調査では橋の跡は検出されていないようです。

IMG_4511.jpg




西部池畔には滝石組が築かれています。平安時代に記された『作庭記』にある「伝落」の手法のものとされ、上部の遣水から岩盤を伝うように水が落とされています。





池泉北部には洲浜状の出島があり、先端は石組で荒磯を表現するなど、毛越寺庭園とよく似た意匠になっています。東部池畔(写真奥)にも石組が残されています。

IMG_4554.jpg




池泉東部から、出島と滝石組を見る。





出島のやや西にも、大きな洲浜があります。この辺りの地割も毛越寺庭園とよく似ています。

IMG_4564.jpg




巨石を用いた南部池畔の護岸石組。

IMG_4578.jpg




<旧無量光院庭園遺構>
無量光院は、奥州藤原氏第三代・秀衡が宇治平等院を模して建立したとされる、毛越寺の付属寺院です。奥州藤原氏滅亡後、度重なる兵火で焼失し境内は水田となっていましたが、発掘調査に基づき庭園の復元整備が進められています。

IMG_4754_201807042056074d7.jpg




正面となる池泉東部から東島と、本堂(阿弥陀堂)があった西中島(写真奥)を望む。毛越寺や観自在王院と同じく浄土庭園の形態をとり、庭園と伽藍の後方に、金鶏山に沈む夕日を望むように設計されていました。

IMG_4755_20180706225316d2c.jpg 




東島から見た西中島。庭内で最も大きい中島で、往時は平等院鳳凰堂を模した本堂が建っていました。

IMG_4766.jpg




西中島に残る、本堂の礎石。本堂は平等院鳳凰堂を上回る規模であったことが分かっています。

IMG_4770.jpg




西中島から見た東島。3棟の建物があったことが分かっていますが、橋の跡は検出されていません。

IMG_4769_201807052046427fb.jpg




西側(裏側)から見た西中島。西中島の北方にも、小さな中島が発見されています。

IMG_4776.jpg




<旧柳之御所庭園遺構>
無量光院跡のすぐ東にある柳之御所遺跡は、奥州藤原氏の政庁であった平泉館(ひらいずみのたち)に比定される遺跡です。奥州藤原氏第三代・秀衡により造営されたものと推定され、その一画に小規模な池泉庭園が復元されています。

IMG_4795.jpg




発掘調査により、庭園は三期に渡り築造され、その都度拡張されたことが分かっています。池泉中央に中島一島が配置され、発掘では護岸石組も見つかっているようですが、現在は撤去されているようです。

IMG_4797.jpg




池泉や中島の汀は曲線を描く洲浜式のもので、玉石が敷き詰められています。

IMG_4788.jpg




庭園に面した建物跡。往時は平泉館の中心的な建物が建っていたようで、儀式などに使用されたものと推定されています。

IMG_4802.jpg




柳之御所遺跡では発掘により大規模な堀が見つかっており、東側の堀では「横矢掛かり」が見られます。横矢掛かりは戦国時代以降の城郭でよく見られる防御施設ですが、戦国時代の300年以上も前に存在したのであれば、驚きです。

IMG_4808_20180706225816ee4.jpg



平泉は奥州藤原氏が四代100年に渡って統治し、「藤原文化」と呼ばれる独自の文化が形成されていました。平泉町では今回紹介した以外にも、中尊寺の二箇所の庭園遺構を始め、計10箇所以上の庭園遺構が確認されており、今後の研究・整備が期待されます。

IMG_4810.jpg


 
 
 
 

毛越寺庭園 ~岩手県西磐井郡平泉町~

岩手県西磐井郡平泉町にある毛越寺は、嘉祥3年(850)に創建された天台宗の寺院です。境内には平安末期、奥州藤原氏による築造と推定される池泉廻遊式庭園が残されています。





庭園は、宇治平等院に代表される浄土庭園の形態をとります。大泉が池と呼ばれる池泉を中心に、往時は金堂(円隆寺)をはじめとする伽藍が建ち並び、浄土を具現したかのような景観が広がっていました。

IMG_4707_20180701111207aec.jpg 




正面となる南大門を潜り、此岸から反橋を渡り中島(写真中央)へ、中島から平橋を渡り浄土である金堂円隆寺(写真正面奥)へと至るようになっていました。往時の建築は失われていますが、礎石や橋台は現存しています。

IMG_4597_2018070118354715b.jpg   
 



池泉南東部には、もう一つの中島があります。石組主体の小島で、中央にはこの庭を象徴する、傾斜した2.5メートルの立石が据えられています。





中島池泉南東部の中島と、洲浜状の出島。出島先端にも巨石による石組が築かれ、荒磯(ありそ)の景観を演出しています。

IMG_4588_2018070118462217a.jpg




池泉東岸には、さらに大きな洲浜があります。こちらは石組が見られず、汀(みぎわ)に玉石を敷いた、優美で落ち着いた景観になっています。


IMG_4689_201807011050420dc.jpg





南西部池畔の築山。巨石を用いた見事な集団石組が見られます。

IMG_4596.jpg





池泉北岸から望む築山。中央右手の巨石は蓬莱石で、築山全体が蓬莱山の意匠となっています。

IMG_4638.jpg




池泉東岸から、出島、岩島、築山を望む。

IMG_4722_20180701111209fe3.jpg




池泉西岸から北岸にかけては、玉石が広く敷かれ浜の意匠となっています。
 




北西方向から見た中島。南北に橋引石(橋の袂に置く石)が残されています。





庭園北部には、山畔から池泉へと遣水(やりみず)が流れています。

IMG_4649.jpg




遣水の山畔部には石組も見られます。遣水は平安時代に多く見られた手法で、毛越寺では毎年5月に、平安時代の催事・曲水の宴が再現されます。

IMG_4664.jpg




毛越寺庭園ではこれまで計3回の発掘調査が行われ、現在の庭園は昭和55年(1980)からの10年に渡る発掘調査に基づいて、往時の姿に復元されたものです。優美な洲浜、洒脱な汀、豪健な石組と、全てが完璧な庭であり、また現存する数少ない平安時代の浄土庭園として、貴重な遺構でもあります。

IMG_4748_20180702202550028.jpg


 
 
 
 

旧亀井邸 ~宮城県塩竈市~

旧亀井邸は、亀井商店(現在のカメイ株式会社)の初代社長・亀井文平の住居として、大正13年(1924)に建てられた和洋館並列型の建築です。現在はNPO法人・みなとしほがまにより管理、一般公開されています(2017年11月、2018年6月訪問)。

IMG_9145_201806242017542ae.jpg



主屋は木造二階建て入母屋造桟瓦葺きで、町家で見られるような出桁(だしげた)造りになっています。主屋の東西には、木造平屋建ての離れと洋館が付属します。洋館の外壁はモルタル仕上げで、アール・ヌーヴォー風の装飾も見られます。





主屋東面に設けられた玄関。美しい折上格天井が見られます。

IMG_4832.jpg




玄関のたたきは、アカンサス模様を意匠した特注のタイル張りになっています。

IMG_9152.jpg




玄関上がり框には、瓢箪を模った象嵌(ぞうがん)が見られます。

IMG_4953.jpg



一階・座敷。床柱には紫檀を使用し、天井は格天井とするなど、格式高い造りになっています(パネルの展示は建物と直接関係のないものです)。

IMG_4834.jpg




座敷の欄間は桜材を用いたもので、鶴と松が彫られています。

IMG_4841.jpg




座敷南側の入側。奥の丸窓には、レトロなモールガラスが使用されています。

IMG_4843.jpg




主屋の階段は一階の玄関と台所、二階の座敷二間の、計4箇所と繋がっています。旅館などで見られる、同時に複数の接客をするための構造で、住宅建築としては非常に珍しいものです。

IMG_4875.jpg




二階北東隅の小部屋。特徴的な天井は、旧ゑびや旅館のものとよく似ています。

IMG_4876.jpg




小部屋の襖には、コウモリを模った引き手が。コウモリは、亀井商店と関係の深かった旧日本石油(株)の社章でした。

IMG_4878.jpg


 

二階・座敷。10畳の座敷と8畳の次の間で構成され、南・東の二面は入側が通されています。

IMG_4929.jpg




座敷付書院の組子意匠。

IMG_4908.jpg




座敷の欄間。桐と菊、金魚、コウモリを兼ねた、騙し絵のような装飾が施されています。

IMG_4888.jpg




一階へと戻り、主屋東部の狭い廊下を通って洋館へ向かいます。

IMG_9162.jpg




洋館の内部は格天井、数寄屋風の丸窓など、和洋折衷の造りとなっています。押入れには桐箪笥が備えられています。

IMG_4863.jpg




繊細な組子意匠が施された、洋館の丸窓。

IMG_4865.jpg




今度は主屋西部の廊下から離れへと向かいます。こちらも狭い廊下ですが、窓の桟の意匠が見事。

IMG_4847.jpg




8畳の離れ。南・東の二面は猫間障子の外に入側が巡り、右手の押入れの襖には七宝焼きの引き手が付けられています。

IMG_4855.jpg




亀井文平は明治36年(1903)、塩竈で亀井商店を開店、その後旧日本石油(株)と特売契約を結んで販売代理店となり、財を成しました。決して規模の大きくない旧亀井邸ですが、玄関から便所に至るまで、随所に個性的な意匠が施されており、旧ゑびや旅館とともに、近代の塩竈の繁栄を物語る貴重な遺構と言えます。

IMG_4904.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop