茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

楊谷寺庭園(浄土苑) ~京都府長岡京市~

京都府長岡京市にある楊谷寺(ようこくじ)は、光明寺、善峯寺とともに「西山三山」に数えられる古刹です。書院裏手に、江戸中期の作庭と推定される池泉観賞式庭園「浄土苑」が残されています(2020年11月22日撮影)。

楊谷寺庭園・中心部景観



庭園は、山畔を利用した蓬莱庭園となっています。書院からの観賞を本位としていますが、現存書院は大正期に再建されたもので、池泉との位置関係が不自然になってしまっています。

楊谷寺庭園・中心部景観



書院から見た正面の山畔。ドウダンツツジやサツキ類の小刈込のほか、多くの石組が見られます。

楊谷寺庭園・山畔の石組




山畔上部の立石。山畔には多くの立石があり、大日如来、薬師如来、普賢菩薩など十三仏を表現していると言われます。

楊谷寺庭園・山畔の石組




山畔左手にある枯滝石組。上部に切石橋を渡した「玉澗流」の枯滝で、下部は大きめの栗石を敷き詰めて枯流れとしています。

楊谷寺庭園・枯滝石組




西方から見た山畔の石組。斜面を埋め尽くすように石組が配置されています。

楊谷寺庭園・山畔の石組  



池泉中央付近には、中島が一島配置されています。亀頭石や亀尾石らしき石組と同時に、鶴首石や鶴羽石風の石組も見られ、鶴島と亀島を兼ねているように見えます。

楊谷寺庭園・中島




池泉南方から望む中島。書院側から切石橋、山畔側から自然石の石橋と、2つの石橋が渡されています。

楊谷寺庭園・中島




書院北部にある出島の先端にも、亀頭風の石組が見られます。

楊谷寺庭園・出島



庭園南部は、大正期の上書院(写真左上)造営時に改造されているようで、枯滝風の石組や沢渡、雪見灯篭などはすべてその頃の後補と思われます。

楊谷寺庭園・上書院と紅葉




上書院脇にある、遠山石風の立石。こちらは鋭く古風な手法です。

楊谷寺庭園・山畔の石組



楊谷寺庭園は大同元年(806)、清水寺の開祖・延鎮僧都により開創されました。「柳谷観音」として知られ、眼病に効くとされる湧水「独鈷水」は、江戸時代に歴代天皇へ献上されたと言われます。

楊谷寺庭園・中心部景観



庭園は元禄6年(1693)、量空是海により寺が再興された際の作庭と推定されています。山畔に江戸中期的な小刈込が多く見られる一方、石組は立石本位の力強いもので、造形的主張の弱まっていく傾向にある当代の日本庭園にあって、十分観賞に耐えうる庭となっています。

楊谷寺庭園・中心部景観


スポンサーサイト



 
 
 
 

両足院庭園 ~京都府京都市~

両足院は、京都市建仁寺山内にある、同寺の塔頭寺院です。通常は非公開ですが、年に2回特別公開され、江戸中期のものと推定される池泉庭園を拝観することができます(2020年11月21日撮影)。

両足院庭園・中心部景観



庭園は大書院の東側に、大書院からの観賞を本位として作庭されています。サツキを中心とした山畔の刈込、池泉周囲に巡らされた回遊路などは、江戸中期らしい手法と言えます。

両足院庭園・中心部景観



山畔北部の三尊石組。江戸中期の庭らしく、石組は全体的に弱いものになっています。

両足院庭園・山畔の石組




山畔中央付近の石組。頂部には遠山石風の立石が見られます。

両足院庭園・山畔の石組




山畔側の護岸石組と岩島。護岸は全体的に非常に弱い手法となっています。

両足院庭園・護岸石組



書院側には出島が設けられています。軽い築山のようになっており、もともとは中島であった可能性も指摘されています。

両足院庭園・出島




山畔南東部にある枯滝石組。こちらも手法的に弱く、特筆するものはありません。

両足院庭園・枯滝石組



枯滝の手前、方丈の前面に、小規模な築山があります。こちらは亀出島、もしくは、もとは中島だった可能性が指摘されています。

両足院庭園・小築山




小築山の西面には、集団石組が見られます。

両足院庭園・集団石組




集団石組は江戸初期的な力強い手法で、この庭で最も優れた石組と言えます。

両足院庭園・集団石組



池泉北部には茶室が2棟建っています。左が「水月亭」で、織田信長の弟・織田有楽斎(うらくさい)が建仁寺山内に建てた茶室「如庵」(現在は愛知県犬山市に移築)の写し。右は「臨池亭」で、高台寺にあった大村家別荘から移築したものとされます。

両足院庭園・水月亭と臨池亭



池泉手前側、書院前面は飛石が打たれ、水月亭への露地を兼ねています。水月亭は明治期の建築なので、これらの飛石も明治期の後補ということになりそうです。

両足院庭園・中心部景観




方丈南庭。苔地にわずかな石組を配し、敷石を設けた簡素なものです。

両足院庭園・方丈前庭



両足院は南北朝期、龍山徳見禅師の開山により、「知足院」として開創されました。天文年間(1532~1555)に火災で焼失し、再興時に両足院と改称されました。庭園は茶道藪内流家元の5代・藪内竹心による作庭と伝わりますが、裏付けとなる資料は確認されていません。

両足院庭園・護岸石組


 
 
 
 

瑞峯院庭園 ~京都府京都市~

瑞峯院(ずいほういん)は、九州の戦国大名・大友宗麟(義鎮)が開創したと伝わる、大徳寺の塔頭寺院です。方丈を取り巻くように、近代日本庭園の巨匠・重森三玲が作庭した庭園が展開します(2020年11月21日撮影)。

瑞峯院庭園・独坐庭中心部



主庭となるのが、方丈南庭です。「独坐庭」と名付けられたこの庭は、唐の高僧・百丈懐海禅師の言葉「独坐大雄峰(どくざだいゆうほう)」をコンセプトとして作庭されています。

瑞峯院庭園・独坐庭中心部



独坐庭は準平庭式の枯山水で、同時に中国神仙思想に基づく蓬莱庭園となっています。白砂敷により海洋を、築山と石組により海洋に浮かぶ蓬莱山と山脈を表現しています。


瑞峯院庭園・独坐庭中心部



最も西(右手)にある石組が蓬莱石組で、同時に「大雄峰」(険しい高山)を表現しています。立石を傾斜させた力強い手法で、前方の白砂中には、三尊形式の岩島(写真左)も意匠されています。

IMG_3300_2021011021551095f.jpg




大雄峰から連なる石組は、出島状に白砂中へ鋭く突出しています。横石を長く使った、重森三玲らしい手法です。

瑞峯院庭園・独坐庭石組



東方から見た一連の石組群。立石を手前(写真右方向)に強く傾斜させることで、鋭さと勢いのある表現となっていることが分かります。

瑞峯院庭園・独坐庭石組




岩島と砂紋。

 瑞峯院庭園・独坐庭の砂紋と岩島




庭園は大雄峰の石組の西方、茶室「餘慶庵」の前面へと続きます。

瑞峯院庭園・独坐庭州浜




餘慶庵の前面では、苔地による穏やかな州浜の意匠となり、石組は設けられていません。

瑞峯院庭園・独坐庭州浜




苔地部分に設けられた石橋。青石を用いた美しい石橋ですが、後年に改変されているのか、なぜか地表との隙間がなくなってしまっています。

瑞峯院庭園・独坐庭石橋



茶室「餘慶庵」と方丈の間は、露地となっています。重森三玲による作庭当初は、石畳敷の創作的な露地だったようですが、後年に現状に改変されたようです。

瑞峯院庭園・餘慶庵と露地




餘慶庵の腰掛待合。この辺りの飛石意匠も、作庭当初のものとは異なっています。

瑞峯院庭園・餘慶庵待合と露地



方丈北庭となる「閑眠庭」。こちらも重森三玲によるもので、キリシタン大名であった大友宗麟に因み、十字架状に石組を配しています。




方丈は開創当時(天文年間)の建物とされ、重要文化財に指定されています。大徳寺山内でも、大仙院書院、龍源院方丈に継ぐ古建築です。

瑞峯院庭園・方丈と独坐庭



瑞峯院は天文年間(1532~1555)、大友義鎮(後の宗麟)が、大徳寺の徹岫宗九(大満国師)を開山として開創したと伝わります。

瑞峯院庭園・敷石



庭園は、京都林泉協会設立30周年記念と、大満国師405年遠忌を兼ねて、昭和36年(1961)に作庭されました。拝観不可や撮影不可の庭園が多い大徳寺山内にあって、常時公開されている庭園で、写真撮影も可能です。

瑞峯院庭園・独坐庭石組


 
 
 
 

本年もよろしくお願いいたします。

※写真は、奥多摩・大岳山から撮った富士山です(本日撮影)

大岳山からの富士


当ブログをご覧の皆様


いつもご覧いただき、ありがとうございます。

一日遅れましたが、改めまして、本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、多くの人にとって過酷な一年だったかと思います。私自身、仕事がコロナの影響を大きく受け、とにかく激務に耐えた一年でした。お陰様でなんとかブログを更新するだけの健康状態は維持できていますが、今年も厳しい状況は続きそうです。

なかなかブログの取材に行けず、仕事以外でろくに人にも会えない状況で、昨年は例年以上にアートや音楽に支えられた一年だったように思います。



アートの分野では、昨年、当ブログのテーマにも関係するような展覧会が多く開催されました。


*きたれ、バウハウス(東京ステーションギャラリー)
モダニズム建築や現代のインテリアデザインに多大な影響を与えた造形学校・バウハウスの創立100周年を記念して開催。どのような思想のもと、どのような教育が行われ、どのような作品が生み出されたのか、バウハウスについて網羅的に知ることのできる展覧会でした(画像:「bauhaus 100 japan」HPより)。
 
tokyo_station_gallery-bauhaus100japan-1-1.jpg  



*分離派建築会100年展(パナソニック汐留美術館)
山田守、石本喜久治、堀口捨己、山口文象らが参加した、日本初の建築運動とされる分離派建築会の設立100周年を記念して開催。歴史主義建築とモダニズム建築との間で、今日ではその存在があまり認知されていないように思える分離派建築会ですが、今回の展覧会では、平和記念東京博覧会での建築作品をはじめ、多くの図面や写真とともにその軌跡を知ることができ、期待以上の内容でした(画像:パナソニック汐留美術館HPより)。




*石元泰博写真展(東京都写真美術館、東京オペラシティアートギャラリー)
バウハウスの流れを汲み、「造形写真」「多重露光」で知られる写真家・石元泰博の生誕100年を記念して開催。モダニスト的な視点で建築や町並み、日本庭園を捉えた写真家で、管理人の最も好きな写真家の一人です(画像:東京都写真美術館HPより)。

石元康博写真展



*生命の庭(東京都庭園美術館)
日本を代表する現代作家8人の作品を通じて、人間と自然との関係性を問い直した展覧会。当ブログでも紹介した旧朝香宮邸の建築と、現代作家たちの作品との、美しい調和に触れることができました。特に、漆喰を用いて花鳥風月を表現した佐々木愛さんの作品や、青木美歌さんのガラスによるインスタレーションには、ハッとさせられました(画像:東京都庭園美術館HPより)。






それから、(ブログと直接関係なくてすみませんが…)昨年は個人的に、特に音楽の支えが大きかった一年でした。音楽がなければ、とっくに心が折れていたかもしれません。


*青葉市子
美しい歌声とガットギター(ときどきピアノ)による、幽玄な世界観が魅力の音楽家。銀座sony parkや原美術館からのオンラインライブは、詩的かつ幻想的で、この上なく美しいものでした。年末に発表されたアルバムも、色々と思う所はありますが、音楽の新しい扉が開かれたような、鮮烈で魂こもった名盤。私とさほど変わらない年齢なのに、恐ろしいまでの表現力です。



*Robert Wyatt
イギリスのシンガー・ソングライターで、もともとはカンタベリーのサイケデリック~ジャズロックバンド、Soft Machineのドラム兼ヴォーカルでした。1974年に下半身不随となって以降は、Brian EnoやPaul Wellerをはじめ、多くのミュージシャンと交流を持ちながら、ソロで数々の作品を発表しました。ドラマーとしても好きですが、ソロになってからの作品は、万人を包み込むかのような温かみに満ちています。



*The Byrds
1960年代、「フォーク・ロック」というジャンルのイメージを確立し、サイケデリック・ロックの先駆的存在にもなった、アメリカのロックバンド。12弦ギターによるキラキラと瑞々しいサウンドは、優しく幽玄でありながら、しっかりと芯があります。日本では地味な存在ですが、その影響力は小さくなく、最近のアメリカ・インディーシーンのアーティスト辺りにも、その影響が窺えます。






さて、だいぶ脱線しましたが…


外出が難しい状況が続いていますが、しばらくは昨秋に訪れた京都・近江の庭園をUPしていきたいと思いますので、よろしければお付き合いいだければ幸いです。


長くなりましたが、皆さまも、健康にはくれぐれもお気をつけください。


今年こそ、心安らぐ一年になりますように。



国立博物館・法隆寺博物館

※国立博物館・法隆寺博物館(1999、谷口吉生)

 
 
 
 

本法寺庭園 ~京都府京都市~

本法寺は、京都市上京区にある日蓮宗の寺院です。書院東部には桃山期、総合芸術家・本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が手掛けたとされる枯山水庭園があります(2020年11月21日撮影)。

本法寺庭園・枯滝と紅葉



庭園は、書院からの観賞を本位とした築山式の枯山水庭園で、「巴(ともえ)の庭」と呼ばれています。この呼称は、3つの築山を巴の紋様のように配置していることに由来しているようですが、現在ではこれらの築山のうち2つのみが現存しています。

本法寺庭園・中心部景観



3つのうち、中央にある築山。庭園の主景となる部分で、中心には枯滝石組を築き、下部を入江のような地割として、石橋を架けています。

本法寺庭園・枯滝と石橋



枯滝は、頂部に青石の立石を用い、中段には栗石を敷き詰めて水の流れを表現し、下部には白い縞目の青石を用いて水が落ちる様を表現しています。

本法寺庭園・枯滝石組
 



枯滝下部の石橋。自然石を用いた古風なもので、室町期を思わせる手法です。

本法寺庭園・石橋
 



3つのうち、南西部にある築山。築山といっても高さがなく、集団石組といった趣です。

本法寺庭園・集団石組




最も西部の集団石組。二重に組まれており、作庭当初の手法が残されているものと思われます。

本法寺庭園・集団石組



築山前面の平庭部分には、10個の切石による蓮池と、半円2個を合わせた円形石が意匠されています。「日蓮」を表現しているようですが、具象的で庭全体の意匠とそぐわないため、後世に新たに加えられたものと考えられています。

本法寺庭園・蓮池と日輪  




本法寺は永享8年(1436)、日親上人により、東洞院綾小路に開創されました。天正15年(1587)、豊臣秀吉の命により現在地へ移転となりますが、本阿弥家の菩提寺であったことから、本阿弥光二・光悦父子の支援により伽藍が整備されました。

本法寺・本堂と開山堂




作庭に関する記録は確認されていないようですが、様式や手法から、寺の移転と同時期に、寺伝どおり光悦が作庭したものと推定されています。「日蓮」の意匠が注目されがちですが、室町から桃山期への過渡的な地割と、独創的な手法の枯滝石組が、この庭の最大の魅力でしょう。

本法寺庭園・枯滝と紅葉


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
145位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
7位
サブジャンルランキングを見る>>
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop