茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

北方文化博物館新潟分館 ~新潟県新潟市~

新潟市にある北方文化博物館新潟分館は、油田開発で財を成した清水常作の別邸として、明治28(1895)年に建てられました。現在は沢海(現・江南区)にある北方文化博物館の分館となり、一般公開されています。

北方文化博物館新潟分館・西側



建物は「和洋館並列型」と呼ばれる様式で、南北に主屋(和館)と洋館を並べて配置しています。主屋は創建当初のもの、洋館は昭和3年(1928)、当時居住していた伊藤九郎太が、娘婿のために増築したものとされます。

北方文化博物館新潟分館・主屋と洋館



主屋は木造2階建て、屋根は寄棟造桟瓦葺となっています。現在は1階西側に玄関がありますが、これは博物館として改修された際に設けられたものです。

北方文化博物館新潟分館・主屋




主屋1階・10畳の座敷。「松風」と呼ばれています。

北方文化博物館新潟分館・主屋1階座敷(松風)




座敷の付書院。書院欄間は土壁を二階菱風に意匠した、珍しいものになっています。

北方文化博物館新潟分館・主屋1階座敷(松風)




座敷の間越欄間には、見事な松の透し彫り。

北方文化博物館新潟分館・主屋1階座敷(松風)



座敷の東・南面は土縁となり、欅の一枚板が用いられています。土縁の外には庭園がありますが、あまり感心できるものではないため、ここでは割愛させて頂きます。

北方文化博物館新潟分館・主屋1階土縁




1階次の間。神棚の下に、略式の床が設けられています。

北方文化博物館新潟分館・主屋1階次の間




「松風」の奥にも、8畳の数寄屋風の座敷があります。昭和3年(1928)に増築されたもので、「坐忘」と呼ばれています。

北方文化博物館新潟分館・主屋1階座敷(坐忘)




主屋2階の座敷。枇杷床のある数寄屋風の座敷で、「潮音堂」と呼ばれています。

北方文化博物館新潟分館・主屋2階座敷(潮音堂)




2階座敷の付書院。書院欄間には、波の透し彫りが意匠されています。

北方文化博物館新潟分館・主屋2階座敷(潮音堂)




間越欄間にも、波と蝙蝠の透し。

北方文化博物館新潟分館・主屋2階座敷(潮音堂)



主屋の南側に建つ洋館。木造2階建て、外壁はドイツ壁と呼ばれるモルタル塗りで、正面には主屋から移された和風の玄関が付いています。

北方文化博物館新潟分館・洋館



洋館は、歌人・美術史家・書家である會津八一が晩年に居住していました。現在は八一や良寛和尚に関する資料が展示されています。

北方文化博物館新潟分館・洋館




洋館入口の扉の意匠。

北方文化博物館新潟分館・洋館




主屋の北側には、「清行庵」と名付けられた茶室があります。大正13年(1924)に建てられた、3畳台目の茶室です。

北方文化博物館新潟分館・茶室(清行庵)




待合と土蔵。土蔵は大正4年(1915)、待合は大正13年に建てられたものです。

北方文化博物館新潟分館・待合と土蔵




敷地の南東部を囲む煉瓦塀。内側はモルタル塗りで、アーチが連続する意匠となっています。

北方文化博物館新潟分館・煉瓦塀



表門は土蔵と同じく大正4年の建築です。数寄屋風の腕木門で、もともとは現在より右方に建っていましたが、新潟地震後の修復で現在位置に移されました。

北方文化博物館新潟分館・門


北方文化博物館新潟分館は、清水常作の別邸として建てられましたが、大正4年に横越町の豪農・伊藤家の一族・伊藤九郎太が購入、居住しました。昭和21年(1946)、伊藤家7代が設立した財団法人史跡文化振興会の所有となり、昭和24年に財団名を北方文化博物館に変更しています。

北方文化博物館新潟分館・主屋と洋館


スポンサーサイト



 
 
 
 

旧齋藤家別邸【後編】~新潟県新潟市~

旧齋藤家別邸、後編です。今回は主屋2階と庭園を紹介します(2019年11月訪問)。

旧齋藤家別邸・主屋




主屋2階は、20畳の大広間を中心に構成されます。

旧齋藤家別邸・二階大広間




大広間・座敷。表千家の茶室・残月亭を模したもので、床周りには桑、栃、カリンなどの銘木が使用されています。

旧齋藤家別邸主屋・二階大広間




大広間の間越欄間。桐の一枚板に、菊の透かしが意匠されています。

旧齋藤家別邸主屋・二階大広間




大広間は北・西の二面をガラス窓とした開放的な造りで、眼下に庭園を見下ろすことができます。

旧齋藤家別邸主屋・二階大広間




大広間から見下ろす庭園。

旧齋藤家別邸・紅葉の庭園




入側の化粧屋根裏。杉皮を用いています。

旧齋藤家別邸主屋・二階入側




菖蒲が描かれた、大広間の襖。

旧齋藤家別邸主屋・二階大広間



大広間西側には、もう一つ座敷があります。こちらは数寄屋風で、皮付きの杉を用いた床柱や、杉板と葦を用いて南北で異なる意匠とした天井など、凝った造りになっています。

旧齋藤家別邸主屋・二階座敷




2階・便所。猪の目の飾り窓や矢羽根の天井など、こちらも凝った造りです。

旧齋藤家別邸主屋・二階便所




2階の階段踊り場にある板戸絵「竹鶏図」。1階の板戸絵と同じく、佐藤紫煙の作品です。

旧齋藤家別邸主屋・二階




主屋から出て、庭園を歩きます。当代の庭園は堕趣味なものが多い印象がありますが、この庭は造形的に優れた意匠こそ見られないものの、景観はなかなか美しいものがあります。

旧齋藤家別邸・紅葉の庭園




西側から野筋を廻遊していくと、四阿があります。屋根はもともと茅葺でしたが、現在では荒廃しています。

旧齋藤家別邸・四阿




四阿の奥にある滝石組。

旧齋藤家別邸・滝石組



築山頂部にある茶室。8畳の座敷と4畳の茶室で構成され、後に表千家家元により「松鼓庵(しょうこあん)」と命名されています。

旧齋藤家別邸・茶室(松鼓庵)




築山東部にある待合。屋根は寄せ棟造銅板葺で、外壁には割竹が用いられています。

旧齋藤家別邸・待合




待合内部。天井は杉皮の網代張り、床は豆砂利の洗い出し仕上げとなっています。

旧齋藤家別邸・待合



敷地南部に建つ表門。旧齋藤家別邸の建つ地はもともと料亭のあった場所で、現在でも隣には行形亭(いきなりや)という老舗料亭があります。

旧齋藤家別邸・門



齋藤家は越前・三国港出身の清酒問屋で、明治期に入ると北前船経営や銀行業、化学工業に事業を拡大し、越佐汽船会社(昭和7年に現在の佐渡汽船株式会社に買収)を創業するなど、地域の発展に貢献しました。4代目齋藤喜十郎は衆議院議員、貴族院議員を務めています。

旧齋藤家別邸・二階大広間



第二次大戦後、旧齋藤家別邸は連合国軍に接収され、昭和28年(1953)には建設会社・加賀田組の加賀田勘一郎へと所有が移ります。その後は加賀田組の所有となり、平成17年(2005)に加賀田組の所有からも離れますが、市民有志の保存活動により平成21年(2009)から新潟市が所有、修復工事を経て一般公開されています。

旧齋藤家別邸・紅葉


 
 
 
 

旧齋藤家別邸【前編】~新潟県新潟市~

旧齋藤家別邸は、海運業や銀行業を経営し、新潟の3大財閥に数えられた豪商・4代目齋藤喜十郎の別邸として、大正7年(1918)に造営されました。以前、当ブログでも紅葉の様子を紹介しましたが、今回は建築について触れたいと思います(2019年11月訪問)。

旧齋藤家別邸・主屋と庭園



別邸は、「庭屋一如」の構想のもと、建築と庭園が一体となった構成になっています。主屋、土蔵、門、庭園などが現存しますが、前編となる今回は主屋1階を紹介します。

旧齋藤家別邸・主屋と庭園



主屋は木造2階建て、屋根は入母屋造り桟瓦葺で、銅板葺の庇を伴っています。各階とも、庭園に面した北側と西側は窓が大きくとられ、開放的な造りになっています。





主屋南面に設けられた玄関。玄関周辺の外壁は網代張りになっています。

旧齋藤家別邸・主屋玄関




玄関内部の天井は細かな格天井で、周囲の縁には意匠として鉋の削り跡を残しています。

旧齋藤家別邸・主屋玄関



10畳の座敷と次の間で構成される、主屋1階の大広間。間越欄間は黒漆塗りで、「月の字崩し」の意匠になっています。

旧齋藤家別邸・主屋一階大広間



大広間の座敷。付書院と床脇を備えた正式な書院造で、金蒔絵を施した漆塗りの違い棚、「曳舟」の透かしを施した書院欄間など、凝った意匠が見られます。

旧齋藤家別邸・主屋一階大広間




大広間の畳縁は、縁起の良い鶴のデザイン。

旧齋藤家別邸・主屋一階大広間



大広間を取り巻く縁側は、外側半分が板敷で化粧屋根裏、内側半分が畳敷で市松の格天井という、珍しい意匠になっています。

旧齋藤家別邸・主屋一階縁座敷




大広間から庭園を望む。庭園では、春には新緑、秋には紅葉を楽しむことができます。




大広間脇の板戸絵。主屋には三ヶ所に板戸絵が残されていますが、いずれも岩手県一関の日本画家・佐藤紫煙の作品で、こちらは「牡丹孔雀図」です。

旧齋藤家別邸・主屋一階



大広間の西にある仏間。上げ下げ戸で収納できる仏壇(現存せず)と神棚のある床を備え、天井は杉を用いた市松の格天井になっています。

旧齋藤家別邸・主屋一階仏間




仏間の北側にある、4畳半の茶室。鴨居に竹を用いるなど、野趣のある意匠になっています。

旧齋藤家別邸・主屋一階茶室



仏間と茶室の西方、一段高い場所に11畳半の西の間があります。4代目齋藤喜十郎がプライベートや応接に使用した座敷です。

旧齋藤家別邸・主屋一階西の間




西の間の平書院。欄間の透かしや障子の桟の意匠が見事です。

旧齋藤家別邸・主屋一階西の間



西の間北側は、高欄を備えた縁廊下があります。高欄も竹の節を交互にずらすなど、遊び心が感じられます。

旧齋藤家別邸・主屋一階西の間




西の間南側にある、8畳の次の間。欅の吊棚が特徴で、床柱や床板には栃の木を用いています。

旧齋藤家別邸・主屋一階西の間




西の間・間越欄間。竹の彫刻は、池上芳太郎の作品とされます。

旧齋藤家別邸・主屋一階西の間



主屋の東にある北土蔵。土蔵の北側にはかつて離れ座敷や湯殿がありましたが、昭和57年に取り壊され、2階屋に建て替えられています。

旧齋藤家別邸・北土蔵




後編に続きます。

旧齋藤家別邸・主屋一階大広間


 
 
 
 

天徳寺庭園 ~福井県三方上中郡若狭町~

天徳寺は、福井県三方上中郡若狭町にある、高野山真言宗の寺院です。本堂書院脇と観音堂前に、それぞれ江戸初期作庭と推定される庭園があります(2019年9月訪問)。

<本堂書院庭園>
本堂書院庭園は、本堂の南東に築かれています。山畔を利用して東西に細長く池泉(現在は涸池)を穿った、江戸初期末頃の庭園によく見られる地割になっています。






北西方向から見た全景。庭園は本堂の南側(写真右奥)へと続いていますが、この付近は近年になって新たに追加されたようで、石組意匠などが本庭にはそぐわないものになっています。






山畔には2ヶ所に枯滝石組が築かれています。こちらは庭園西端にあるもので、雑草に阻まれ見えづらいですが頂部を三尊形式としています。

天徳寺庭園・枯滝石組




山畔中央付近には蓬莱石とされる巨石が据えられています。蓬莱石は、蓬莱山(中国神仙思想における、不老不死の仙薬がある山)を表現した、蓬莱山水庭園によく見られる意匠ですが、このような巨石での表現は見たことがありません。





庭園西部にある、もう一つの枯滝石組。こちらも雑草が酷く、辛うじて滝組であることが分かるレベルです。

天徳寺庭園・枯滝石組




蓬莱石下部の山畔や護岸にも、立石を中心に鋭い石組が見られ、池中には複数の岩島が配置されています。

天徳寺庭園・護岸石組




池泉中央付近には、薄い板石による石橋が架けられています。





池泉北東端にある集団石組。亀石組のようにも見えます。

天徳寺庭園・集団石組




<観音堂庭園>
川を挟んで寺の東方に、馬頭観世音を祀る観音堂があります。観音堂の前には、2つの池泉を並べ中央に石橋を渡した、いわゆる泮池(はんち)の形式の池泉庭園があります。

天徳寺観音堂庭園・全景




北部池泉の護岸石組。鋭い立石を中尊とした、三尊形式の力強い石組です。





同じく北部池泉の護岸石組。こちらも傾斜をつけた鋭い立石を中心に、力強い石組になっています。

天徳寺観音堂庭園・護岸石組




南部池泉の岩島。こちらも巨石を用いています。





南部池泉の南東隅には、巨石を用いた力強い滝石組があります。

天徳寺観音堂庭園・滝石組




側面から見た滝石組。頂部の立石は前方に強く傾斜しています。

天徳寺観音堂庭園・滝石組




滝石組の下には石橋が架かっています。

天徳寺観音堂庭園・滝石組と石橋




上部から見た石橋。自然石を用いたもので、3ヶ所に巨石による橋添石が据えられています

天徳寺観音堂庭園・石橋




庭園から離れ、境内を南へ進むと、「瓜割の滝」があります。水温が低く瓜が自然に割れたことからこの名がついたと言われ、名水百選にも選ばれています。




天徳寺は養老7年(723)、泰澄大師が当地に馬頭観音を安置したことに始まります。天徳元年(957)には、村上天皇の勅願により観音堂をはじめ諸伽藍が建立され、天徳寺と称するようになりました。

天徳寺・全景




作庭に関する記録は確認されていませんが、本堂庭園、観音堂庭園とも天和年間(1681~1684)頃の作庭と推定されています。いずれも江戸初期の特色を備えた庭で、若狭地域の古庭園としては、小浜市の圓照寺庭園と並ぶ名庭と言えるでしょう。



 
 
 
 

小浜の古い町並み ~福井県小浜市~

福井県西部に位置する小浜は、江戸時代、小浜城の城下町や北前船の寄港地として栄えました。「若狭の小京都」と呼ばれ、重要伝統的建造物群保存地区である「小浜西組」を中心に、古い町並みが残されています。

小浜西組の町並み(三丁町)




小浜市まちの駅にある芝居小屋・旭座。明治期の建築で、市内住吉区で倉庫として使用されていたものを移築復元したものです。

小浜・旭座




旭座の向かいにある、栖水館(せいすいかん)。江戸末期の町家を改築したもので、「町屋ギャラリー」として古美術品などを展示しています。

小浜・栖水館




旭座や栖水館のある通りを西へ進みます。こちらは大正期に建てられた民家を改築した料亭・ほり川田村長。

小浜・ほり川田村長





さらに歩を西へ進めると、住吉区に入ります。この辺りから、むくり屋根や「ばったり(折りたたみ式の商品陳列台)」といった、京町家の特徴を持つ古い町家が増えてきます。

小浜西組の町並み




八幡神社大鳥居付近の町並み。後ろに見える山は戦国時代、若狭守護・武田氏の居城だった後瀬山城址で、山上には郭や石垣などの遺構が残されています。

小浜西組の町並み




八幡神社の表参道沿いにある、高島歯科医院。大正14年(1925)に建てられた瀟洒な洋風建築です。

小浜・高島歯科医院




八幡神社の表参道から、丹後街道に入ります。ここから西、飛鳥区や香取区にかけて、「小浜西組」として国の重要伝統的建造物群保存地区になっています。

小浜西組の町並み




丹後街道沿いには、袖壁のある古い町家が集中しています。

小浜西組の町並み




丹後街道沿いにある、町並み保存資料館。大正期の町家を改築したものです。

小浜・町並み保存史料館




丹後街道を西へ進みます。

小浜西組の町並み




鹿島区にある丹波屋酒店。主屋の奥には茶室もあるようです。

小浜西組の町並み




鹿島区の西、大原区の町並み。

小浜西組の町並み





大原を過ぎ、丹後街道から一本西の通りに入ると、飛鳥区の三丁町に入ります。

小浜西組の町並み(三丁町)





三丁町は、柳町、猟師町、清水町の三町をあわせた呼称で、江戸時代には茶屋街として栄えました。

小浜西組の町並み(三丁町)





三丁町では千本格子のある町家が建ち並び、現在でも芸妓を抱える料亭があります。

小浜西組の町並み(三丁町)




三丁町にある、明治~昭和期の料亭・蓬嶋楼(ほうとうろう)。建物は明治初期に建てられたもので、現在は資料館として土日祝日のみ一般公開されています。

小浜・蓬嶋楼




三丁町にある料亭・酔月。蓬嶋楼と同じく明治初期の料亭建築で、現在は「町並みと食彩の館」として公開されています。

小浜・酔月



小浜湾の風景。小浜は古くから交通の要衝として重視され、若狭国の国府も小浜に置かれていたと推定されています。古代から「御食国(みつけくに)」として朝廷に御食料を納めたり、江戸時代には小浜を起点とする「鯖街道」を通じて海産物が京都へ運ばれるなど、京都とも縁の深い地でした。現在の町並みの基礎が作られたのは江戸時代初期、京極氏によって小浜城が築かれた頃と言われます。

小浜湾


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop