茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

備中松山城 ~岡山県高梁市~

岡山県高梁市にある備中松山城は、標高430メートルの小松山山頂に築かれた近世山城です。現在も山頂には重要文化財の天守をはじめ、櫓や石垣などの遺構が残されています。

IMG_3787.jpg



本丸へは、高梁高校の裏手にある登山口から登ります。高梁高校はかつての根小屋(山城における平時の居館・政庁)跡で、石垣や庭園などの遺構が残っています(庭園については次回紹介予定)。




根小屋跡から30分ほど山道を登ると、中太鼓櫓跡の石垣が見えてきます。ここから本格的に山城部分の城域となります。

IMG_3843.jpg




中太鼓櫓跡から少し歩くと、大手門跡に到達します。

IMG_3767.jpg




大手門跡には桝形の石垣が見事に残されています。かつてはここに櫓門が構えられていました。

IMG_3768.jpg



大手虎口を見下ろすように、幾重にも石垣が築かれています。右側斜面は天然の岩盤をそのまま城壁として利用しており、城の要害ぶりが伺えます。

IMG_3771.jpg




大手虎口直上に位置する三の丸と、厩曲輪の石垣。

IMG_3837.jpg



黒門跡の石垣。左奥の櫓台には四の平櫓が建てられ、黒門を突破しようとする敵に、櫓、厩曲輪、上段の二の丸から集中砲火を浴びせることができるようになっていました。

IMG_3833.jpg




黒門跡を過ぎると、二の丸の高石垣が立ちはだかります。右手の坂を上がった所には、二の櫓門が聳えていました。

IMG_3778.jpg




二の丸に入ると、正面にようやく天守と本丸の建築群が見えてきます。

IMG_3782.jpg




本丸虎口の両脇を固める、五の平櫓(手前)と六の平櫓(奥)。いずれも平成6年(1994)に復元されたものです。

IMG_3784.jpg



本丸の岩盤上に聳える天守。天和三年(1683)、当時の藩主・水谷勝宗により建てられたとされる望楼型天守です。二重二階ながら延べ床面積が広く、破風や出窓を多く設けることで重厚に見せています。

IMG_3814.jpg




天守二階内部。

IMG_3810.jpg




本丸東面の高石垣と、南御門(復元)。

IMG_3820.jpg




復元された本丸腕木御門。手前側は天然の岩盤が城壁として取り込まれています。

IMG_3822.jpg




本丸北端の岩盤上に建つ二重櫓。天和年間の水谷勝宗による改修時に建てられたと推定されています。

IMG_3829_201806032057063ed.jpg



本丸北方、尾根の鞍部にある堀切。ここから北に続く尾根上に天神丸址、大松山城址と続きますが、道沿いに獣の糞が多く見られたため、危険を感じ今回は引き返しました。

IMG_3830.jpg



備中松山城の歴史は古く、鎌倉時代に砦が築かれたのが始まりとされます。戦国期には備中の戦国大名・三村氏の持ち城となりますが、天正2年(1574)に小早川隆景の攻撃を受け落城、三村氏は滅亡します。江戸時代に入ると池田氏が入城し備中松山藩が成立、水谷勝宗の頃に大改修を受け現在見られる姿となりました。現存12天守の中では最も標高の高い位置にあり、時期や条件が合えば、雲海に浮かぶ姿を見ることができるようです。

IMG_3797.jpg



スポンサーサイト
 
 
 
 

一乗谷朝倉氏遺跡 〜福井県福井市〜

GW3日目、4年振りに、福井市郊外の一乗谷へ。一乗谷は戦国大名・朝倉氏の本拠地で、一乗川沿いの谷間と周囲の山々が一つの城砦でした。国の特別史跡に指定され、戦国時代の山城、居館、城下町址の一帯が「一乗谷朝倉氏遺跡」として整備されています。

一乗谷への北の入口となる、下城戸の土塁と水堀。

541.jpg





下木戸の石垣。枡形虎口になっています。

341.jpg




城下町平面復原地区。昭和四十二年(1967)からの発掘調査で発見された屋敷跡や井戸、側溝がそのまま復元されています。

346_201605202134575f9.jpg




町並復原地区。戦国時代の城下町と武家屋敷を忠実に再現しています。

352_2016052023320570f.jpg




町並復原地区の武家屋敷跡。庭園があったようで、石組が残されています。

358_20160520214155f67.jpg




一乗谷を南北に流れる一乗川。

361_20160520214156a30.jpg




館址の北にある瓜割清水。生活用水に使われていたと考えられ、現在も水が湧いています。

365.jpg




館址の土塁と水堀。

364.jpg




館址に建つ唐門。江戸時代に建てられたものですが、すっかり一乗谷のシンボルとなっています。

503_201605202145231e3.jpg




館址。朝倉家代々の当主の居館だった場所で、礎石や庭園が残されています。

488_2016052021452214c.jpg




館跡の庭園。朝倉氏の文化水準の高さを物語る遺構です。

379.jpg




湯殿庭園。一乗谷には、国の特別名勝に指定されている庭園が全部で4カ所残ります。次回記事で詳しく触れたいと思います。

418_20160520214519cd8.jpg




上城戸の土塁と堀。一乗谷の南端となります。

526.jpg




朝倉氏が一乗谷を本拠としたのは7代孝景(敏景)の頃といい、以後朝倉氏5代に渡って栄えました。庭園などに見られる文化水準の高さや、全盛期には人口1万人を超えるなど、「北の京」と呼ばれましたが、天正元年(1573)織田信長の軍勢に攻められ、当主義景は自害。朝倉氏の滅亡とともに、一乗谷も灰燼に帰しました。

521.jpg



次回は一乗谷の庭園群を取り上げます。



 
 
 
 

山陰・山陽探訪 ⑲岡山城~ 岡山県岡山市~

山陰・山陽探訪、最後は旭川にたたずむ岡山城を訪れます。

IMG_0258.jpg




後楽園側(搦手)から見上げる天守。織田信長の安土城天主を模しているといい、天守台の平面は安土城と同じく五角形をしています。

IMG_0260.jpg




廊下門。昭和41年(1966)、鉄筋コンクリート造で復元されたものです。

IMG_0261.jpg




本丸表書院(中の段)に現存する月見櫓。元和~寛永年間(1615~1644)に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。

IMG_0267.jpg




昭和41年(1966)に復元された不明門。本丸表書院(中の段)から本丸本段への入り口です。

IMG_0272.jpg





本丸本段に建つ天守。慶長2年(1597)、宇喜多秀家により建てられましたが昭和20年(1945)に戦災で焼失しました。現在の天守は昭和41年(1966)に鉄筋コンクリート造により復元されたものです。

IMG_0275.jpg




下見板張りの黒い外観から、別名「烏城(うじょう)」とも呼ばれています。5層6階の望楼型天守で、鯱や鬼瓦には金箔が塗られ、桃山時代を象徴する外観になっています。

IMG_0278.jpg





IMG_0284.jpg





表書院の地下から発掘された、宇喜多氏時代の石垣。

IMG_0287.jpg




大納戸櫓台の石垣。小早川秀秋により築かれたと考えられています。

IMG_0289.jpg




大手門跡の石垣。桝形虎口になっています。

IMG_0291.jpg




岡山城は、もともとはその名を石山城といい、浦上宗景の家臣・宇喜多直家の居城でした。直家の後を継いだ子・秀家は石山城を近世城郭として大改修し、岡山城が誕生します。関ヶ原合戦後に秀家が改易されると、その後は小早川秀秋、池田忠雄が入城しました。その後は鳥取城から池田光政が入城し、以後、明治まで池田氏の居城として存続しました。

IMG_0280.jpg





 
 
 
 

山陰・山陽探訪 ⑧大内氏館址 ~山口県山口市~

山陰・山陽探訪3日目。この旅のテーマの一つとして、山口を本拠とし、山口を「西の京都」と呼ばれるまで繁栄させた大内氏に関連する史跡や庭園を訪れたい、というのがありました。今回はその大内氏の本拠だった、山口の居館址を訪れました。

現在、大内氏代々の居館址は龍福寺の境内となっています。

IMG_9540.jpg




龍福寺本堂(国重要文化財)はもともと大内氏の氏寺であった興隆寺から移築されたもので、室町時代の建築様式を今に伝えています。

IMG_9538.jpg




館址西側には、発掘調査をもとに木戸が復元されています。付近には、同じく発掘調査で見つかった石組の水路が展示されています。

IMG_9492.jpg




館址北側に復元された土塁と虎口。堀痕には砂利が敷かれています。現地案内板には、龍福寺山門脇の竹藪にも土塁が残ると書かれていますが、現在では確認できません。

IMG_9505.jpg




館の南東部には発掘調査により、池泉式庭園があったことが確認され、復元されています。大内氏は文化・芸術を奨励した大名というイメージが強いのですが、それにしてはずいぶんと簡素な庭、という印象を受けます。一応、発掘に基づいて忠実に再現されている筈ではあるのですが…

IMG_9496.jpg




龍福寺境内にある、「豊後岩」。庭園に使用するため豊後国から運ばれましたが、雨の夜は豊後に帰りたがって泣いていたという伝承があります。

IMG_9537.jpg




館の北東部には、やはり発掘調査をもとに枯山水庭園が復元されています。

IMG_9525.jpg




恐らく御殿の裏庭のような小さな庭だったのでしょうが、石組の力強さは、素晴らしいものがあります。大内氏最後の当主、17代・義長の頃に改変されているようです。

IMG_9527.jpg




館址の北側、八坂神社境内には、当時「築山館」と呼ばれるもう一つの館がありました。

IMG_9517.jpg




築山館は、大内氏第16代・義隆が、居館に増設する形で築いたものと考えられています。今でも北西隅に、高さ3m近い大きな土塁を残しています。

IMG_9519.jpg



八坂神社西側の「竪小路」は、中世から明治まで山口のメインストリートとして栄えました。
今でも辛うじて面影が残ります。

IMG_9491.jpg



大内氏館の北西にある瑠璃光寺には、嘉吉2年(1442)に建てられた五重塔が現存します。もともとは大内氏により開かれた香積寺の塔で、大内文化の最高傑作とされ国宝に指定されています。余計な装飾を廃したシンプルかつ計算されつくしたデザインは、時代を超えた普遍的な美を感じさせます。

image6.jpg



大内氏は周防国の多々良氏を祖とし、戦国時代、第16代・義隆の頃には西国最大の大名となります。14代・政弘から16代・義隆の頃にかけて、山口を中心に「大内文化」と呼ばれる独特の文化が形成され、特に文化・芸術に熱心だった16代・義隆は、宣教師や公家を保護、明との貿易を独占化し、山口は「西の京」と呼ばれるほどの繁栄ぶりだったといいます。しかし義隆の代に重臣・陶隆房が謀反、義隆は自害し、これが原因となり大内氏は滅亡しました。


次回は上山口へ移動し、善生寺の庭園を訪れます。

 
 
 
 

四国探訪⑪~玉藻公園=高松城址(香川県高松市)~

高松港に臨む玉藻公園は、かつての高松城址です。現在は埋め立てにより海岸線は後退してしまいましたが、往時は「玉藻の浦」と呼ばれた海岸線に築かれた「海城」で、今治城・中津城とともに「日本三大水城」に選定されています。 現在は主要部分が公園として整備され、着見櫓・水手御門・艮櫓及び披雲閣が重要文化財に指定されています。

647_20141004161343de6.jpg




現存する着見櫓(延宝4年(1767)築)と水手御門(江戸末期築)

671_20141004161728018.jpg




水手御門と渡櫓

649_201410041613451ae.jpg




三の丸に建つ披雲閣(大正6年(1917)築)

676_20141004161340dbd.jpg




現在の披雲閣は、三の丸御殿「披雲閣」を模して建てられた近代和風建築です。

680_20141004161341046.jpg




海水を取り入れている本丸の水堀

640_20141004161342162.jpg




堀のエメラルドグリーンの美しさは、息を飲むほどです。

658_2014100416172467e.jpg




本丸の堀にかかる「鞘橋」(再建)

652_20141004161338e48.jpg



南蛮造りの天守が聳えていた天守台

690_201410041617203c9.jpg




桜の馬場に移築された旧北の丸艮櫓(延宝5年(1677)築)

706_20141004161722edf.jpg



高松城は別名「玉藻城」とも呼ばれ、天正15年(1587)に生駒親正によって築城されました。寛永17年(1640)、生駒氏がお家騒動で出羽屋島へ転封となると、徳川光圀の兄・松平頼重が入城し、城を大改修、南蛮造りの天守を建造しました。玉藻の浦に臨むその美しさは、「わだつみの 玉藻の浦を前にしぬ 高松の城龍宮のごと」(与謝野晶子)と評されました。

 
693_20141004161722dcd.jpg

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop