茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

古町・花街の古い町並み ~新潟県新潟市~

新潟市中央区の「新潟島」に、古町と呼ばれるエリアがあります。かつて8番町、9番町と呼ばれた地区は、料亭、置屋、待合茶屋などが多く存在した花街で、現在でもその面影が残されています。

古町の町並み



町並みは、東堀通りと西堀通りに挟まれたエリアにあります。狭い料亭や割烹が密集し、それらの間を狭い路地が走っています。

古町の町並み



東新道沿いにある鍋茶屋。弘化3年(1846)創業、現在の建物は明治43年(1910)に建てられた木造3階建てのものです。

古町・鍋茶屋



鍋茶屋は古町のシンボルとも言うべき存在で、東新道は鍋茶屋に因んで「鍋茶屋通り」とも呼ばれています。

古町・鍋茶屋



鍋茶屋の向かいにある川辰仲(かわたつなか)。鍋茶屋に派遣する芸妓を置いていた置屋で、現在は廃業し予約制で公開されているようです。

古町の町並み




さらに東新道を北へ歩くと、趣のある古民家が散見されます。

古町の町並み



東新道沿いにある料亭・かき正。こちらは昭和4年(1929)創業で、建物は木造3階建てで創業当初からのものです。

古町・かき正



東新道沿いにある旧待合茶屋・美や古。建物は昭和初期のもので、現在は平日の2時間だけ、カフェとして営業しているようです。

古町・美や古




美や古から路地を挟んで南側にも、昭和初期頃のものと思われる、置屋らしき建物が残されています。

古町の町並み



美や古の隣にある料亭・有明。こちらは明治40年(1907)創業の料亭で、建物は明治後期~大正初期のものと推定されているようです。

古町・有明




こちらは昭和13年(1938)創業の割烹・やひこ。建物は創業当初のものと思われます。

古町・やひこ




やひこの手前、細い路地を入ると、何やら東西に長い長屋が。

古町の町並み




そのまま大通り(東堀通り)に出たら、長屋の正面はこんな感じでした。こちらもかつての置屋なんでしょうか。

古町の町並み




東堀通り沿いにある料亭・一〆(いちしめ)。建物は新しいですが、明治5年(1872)創業の老舗です。

古町・一〆




今度は西新道沿いを歩きます。こちらは待合茶屋・初田中。





西新道沿いにある食事処・すゞ家。昭和初期の置屋を改装したものです。

古町・すゞ屋




西新道沿いの置屋・かすみ(左)と、割烹・おお江(右)。

古町の町並み




西堀通り沿いにある割烹・金辰。こちらは昭和初期創業のようで、竹を用いた玄関部分の意匠が見事です。

古町・金辰



もともと古町は遊廓が点在する場所でしたが、明治31年(1898)、県が十四番町に公娼としての遊廓を開設し、その他の地区での遊女屋営業を禁止したことから、花街として発展しました。付近には旧齋藤家別邸など近代の住宅建築が残る「白壁通り」や、今も妓楼建築が散在する十四番遊廓の跡地があります。

古町・六軒小路

スポンサーサイト



 
 
 
 

湯田中・渋温泉の古い町並み ~長野県下高井郡山ノ内町~

長野県山ノ内町の湯田中(ゆだなか)周辺は、古くから湯治場として栄え、現在でも多数の温泉街があります。古くからの温泉街の雰囲気が色濃く残る、湯田中から渋温泉にかけての町並みをご紹介します(2018年7月訪問)。

IMG_6508.jpg



長野電鉄の終点・湯田中駅から町歩きを始めます。湯田中駅の旧駅舎は昭和2年(1927)に建てられた木造洋風建築で、現在は「楓の館」として展示室などに利用されています。

IMG_6571.jpg




湯田中駅から東方に5分ほど歩くと、湯田中の温泉街に入ります。老舗の温泉旅館が軒を連ねます。

IMG_6561.jpg



湯田中にある老舗温泉旅館・見崎屋。明治期に建てられたとされる見事な木造旅館建築で、現在は廃業しているようですが、江戸時代には松代藩主も利用したという、由緒ある旅館です。

IMG_6413.jpg





湯田中温泉から渋温泉へと向かう途中、立派な近代和風建築がありました。旅館か料亭として使用されていたものでしょうか。

IMG_6424.jpg




渋温泉へと向かう途中にある、安代の温泉街。この辺りから道は石畳となり、温泉街の雰囲気が増してきます。

IMG_6425.jpg




安代の温泉街を抜けると、渋の温泉街に入ります。昔ながらの温泉旅館が軒を連ねます。

IMG_6553.jpg




温泉街らしからぬ洋館もあります。昭和初期頃の建築でしょうか。

IMG_6430.jpg




渋温泉の老舗温泉旅館・多喜本。現在の建物は、大正~昭和初期にかけて建てられたようです。

IMG_6433.jpg



一番湯周辺の町並み。渋温泉には全部で9ヶ所の外湯があり、温泉街の宿泊施設を利用すれば、これらの外湯を自由に回ることができます。

IMG_6444.jpg



渋温泉のシンボル・金具屋。木造4階建ての斉月楼は昭和11年(1936)に建てられたもので、群馬県の老舗旅館・積善館とともに、『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったとも言われています。


IMG_6450.jpg




渋温泉最古の温泉旅館と言われる、湯本旅館。木造2階建ての建物は、大正期に建てられたものです。

IMG_6518.jpg




明治期の建築とされる、つばたや本館。こちらも江戸時代に松代藩主が利用したとされる、由緒ある旅館です。

IMG_6517.jpg




つばたや本館の向かいには、別館もあります。別館は現在では使用されていないようです。

IMG_6514.jpg




つばたやを過ぎ、渋温泉のメインストリートを更に東へ進むと、温泉寺への参道となります。

IMG_6475.jpg



温泉寺は14世紀に臨済宗の寺院として建立され、弘治2年(1556)に曹洞宗に改宗・復興された寺院です。創建時から境内に温泉が湧いていて、武田信玄もよく湯治に訪れていたそうです。

IMG_6478.jpg




横湯川沿いに佇む、旧臨泉閣。昭和4年(1929)に建てられた木造3階建ての旅館建築で、現在は廃業しています。

IMG_6502.jpg




狭い路地が入り組んでいるところも、渋温泉の町並みの特徴です。

IMG_6484.jpg




至る所に、探索したくなるような小道が。

IMG_6490.jpg



私事ですが、湯田中は6年前、社会人2年目だった頃に人生初の一人旅で訪れた、思い入れのある場所です。その後、色々な温泉地を訪ねましたが、湯田中温泉と渋温泉は、島根県の湯泉津(ゆのつ)と並んで個人的に最も好きな温泉街の一つです。

IMG_6486.jpg


 
 
 
 

小諸の古い町並みと洋館(長野県小諸市)

紅葉を撮りに懐古園を訪れたあと、小諸の町並みを歩いてみました


PB025746.jpg
小諸義塾。1893年築の木造洋館です




PB025783.jpg
千曲川に臨む水明楼。小諸義塾塾長・木村熊二の別荘だったものです




PB025936.jpg
小諸宿・旧本陣主屋




PB025957.jpg
小諸宿の脇本陣・粂屋




PB025964.jpg
小諸宿・旧本陣問屋




PB025973.jpg
本町の町並み




PB025975.jpg
本町の町並み(ほんまち町屋館)




PB025979.jpg
本町の町並み




PB026010.jpg
本町の町並み




PB025988.jpg
本町にある洋館




PB025991.jpg
大手の町並み




PB025997.jpg
大手の町並み




PB025996.jpg
城下に残る小諸城大手門




PB026007.jpg

小諸は古くから城下町として栄え、江戸時代には北国街道の宿場町としても栄えました。現在でも古い町屋や蔵などが至る所に残されており、往時を偲ばせてくれます。


撮影日:2013年11月2日



 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop