茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧西園寺公望別邸・坐漁荘 ~愛知県犬山市~

坐漁荘(ざぎょそう)は、公爵・西園寺公望の別邸として、大正9年(1920)に静岡県庵原郡興津町(現・静岡市清水区)に建てられた和風建築です。昭和46年(1971)に博物館明治村へ移築され、一般公開されています。

451_2017013021034162e.jpg




木造二階建ての純和風建築で、外壁は檜皮張になっています。棟札によれば、設計は住友の技師・則松幸十とされます。

452_20170201202431731.jpg




玄関から取次ぎへと上がります。木の皮を擦り込んだ襖が特徴的。

447_201701302103496ab.jpg




一階・座敷。移築前、窓の外には興津の海を望むことができました。

497_20170130210343922.jpg




座敷・次の間の仕切り欄間には、光琳桐の透かしが見られます。

516_20170130210531cef.jpg




こちらは竹を使用した、遊び心の感じられる欄間。西園寺は竹を好んだそうで、坐漁荘内部では至る所に竹が使用されています。

519_20170201202430f79.jpg




一階北東隅にあたる応接室。坐漁荘における唯一の洋間で、昭和に入り増築されています。

499_20170130210345fd8.jpg




応接室に付随するサンルーム。当時は紫外線が健康に良いと考えられていたことから、坐漁荘では紫外線を通す「ヴァイタガラス」が使用されています。

501_20170130210346e21.jpg




数寄屋風の、一階・化粧室。湯殿の脱衣場を兼ねています。

525_201701302105332b5.jpg




一階・湯殿。竹を使用した数寄屋風の天井が見事です。

506_20170130210534e62.jpg




一階・女中室。坐漁荘では女中室が3間あり、各部屋に通じた呼び鈴が備えられていました。

515_20170130210537594.jpg




二階・座敷。

509.jpg




座敷・次の間の仕切り欄間。写真では分かりづらいですが、2枚の桐板の間に、竹の節を梯子状に挟んでいます。

527_20170131214202a56.jpg




座敷の障子は、継目と縦桟とを半分ずつずらして貼る、「石垣張り」になっています。技術を要する高度な手法ですが、坐漁荘では石垣張りの障子が数ヶ所に見られます。

528_20170130210700ad5.jpg




座敷の外側には広縁が通されています。窓の外にはかつて興津の海が広がっていました。

511.jpg




主屋とともに明治村へ移築された門と塀。かつて東海道に面していた部分で、門の手前を桝形とし、左手に番所のような警備詰所を置くなど、まるで城郭の虎口のような入口になっています。

440_20170130210348f0f.jpg


坐漁荘は明治村の和風建築の中でもとりわけ規模が大きく、また細部の意匠も凝っていて、一見に値する建築です。ただし旧東松家住宅と同じく、15分置きに実施されるガイドツアーに参加しなければ内部を見学することができませんので、ご注意下さい(建物ガイドの時刻はこちら)。なお、もともとの所在地だった静岡市興津地区にも、平成16年(2004)にオリジナルとまったく同じ造りの坐漁荘が復元され、こちらは「興津坐漁荘」の名称で一般公開されているようです。



スポンサーサイト
 
 
 
 

旧東松家住宅 ② ~愛知県犬山市~

東松家住宅、後編です。

2階・座敷。小規模な部屋が多い東松家住宅にあって、10畳の広さを備えます。

395_20170120173227829.jpg




座敷の雪見障子。

816.jpg




3階・南側の座敷。こちらも10畳の広さがあります。

385_20170120174712402.jpg




座敷の欄間には光琳桐の意匠。

399_20170120174704190.jpg




3階は、部屋ごとに段差を設けた、「スキップフロア」風の造りになっています。

798.jpg




3階・8畳和室。炉はありませんが、数寄屋風の造りになっています。

826.jpg




8畳和室の西側は、通り土間の吹き抜けに面しています。

806.jpg




8畳和室西側、通り土間の壁面に開けられた窓は、当時隣に建っていた建物の屋根に合わせて、傾斜をつけた配置になっています。

387_20170120174700112.jpg




茶室から通り土間を見下ろす。

386_2017012017471375a.jpg




3階・北側の座敷。炉が開けられ、茶室として使用されました。

389.jpg





側面から見た旧東松家住宅全景。奥行きが深く、典型的な町屋の構造であることが分かります。

833.jpg



2回に分けて取り上げましたが、旧東松家住宅は近代和風建築としては珍しい3階建てで、スキップフロア風の段差をつけた構造や遊び心溢れる意匠など、見所の多い建物です。なお、旧東松家住宅では決まった時刻に15分間のガイドを行っていて、ガイドに参加しないと2階・3階部分の見学はできませんので、注意が必要です。建物ガイドの時刻はこちら

390_20170120174703457.jpg

 
 
 
 

旧東松家住宅 ① ~愛知県犬山市~

旧東松(とうまつ)家住宅は、名古屋市・堀川沿いに建てられた和風建築です。昭和40年(1965)、愛知県犬山市の博物館明治村に移築され、一般公開されています。

408_20170120172836954.jpg



現在は木造3階建てですが、江戸末期の創建当初は平屋建てで、2階の前半部は明治28年(1895)に、3階部分は明治34年(1901)に増築されたと考えられています。

406.jpg




入口を潜ると、通り土間に入ります。

402.jpg





通り土間は3階まで吹き抜けになっています。吸い込まれそうな高さ。

403_20170120172832879.jpg




通り土間に面した「ミセ」。もともと東松家は油屋で、明治20年代後半からは銀行業も経営していました。

400_201701201728305ee.jpg




「ミセ」の脇にある階段は、引出しを兼ねています。

812.jpg





一階・座敷。年末だったので、床の間には鏡餅が。

391_2017012017282809d.jpg




座敷奥の階段を上がると、2階の小部屋に入ります。この小部屋から奥の茶室への廊下は露地をイメージしており、小部屋の床の板敷部分は飛石を表しているそうです。

379_20170120173223873.jpg





小部屋の襖には千鳥の引手。

393_20170120173226cc7.jpg





こちらの引手は舟を漕ぐ櫂を模っています。

787_20170120173228335.jpg




露地に見立てたという、小部屋から茶室へ続く廊下。通り土間の吹き抜けに面しており、障子の下部は無双窓になっています。

817.jpg




半月の透かしを施した、待合の障子。遊び心の感じられる意匠です。

382.jpg




2階・茶室。こぢんまりとした空間です。

793.jpg



②に続きます。

 
 
 
 

島田市博物館分館 (旧桜井家住宅) ~静岡県島田市~

島田市の旧宿場町にある島田市博物館分館は、明治24年(1891)に実業家・桜井家の住宅として建てられた和風建築です。※各部屋の名称は現地解説によります

293.jpg




建物は木造2階建て、内部には静岡県出身の版画家・海野光弘の作品が展示されています(季節によって展示が変わるようです)。

291_20161030172807255.jpg




土間の台所には、煉瓦造りの立派な竃が残っています。

282.jpg




一階「主人の間」。主人の日常生活に使われた部屋です。左奥に「仏間」「家族の部屋」と続きます。

242_20161030173301cff.jpg




一階「子ども部屋」。明治33年(1900)頃に増築された部分で、昭和20年(1945)頃から子ども部屋として使用されたようです。

246_201610301733028c6.jpg




「子ども部屋」の窓。組子はシンプルながら上品なデザインです。

270_20161030173304a50.jpg




一階南面の縁側。

271_20161030173305464.jpg




縁側の外には回遊式の庭園が残されています。

248_20161030173453c15.jpg




一階「上客の間」。建物内で最も格の高い部屋で、太平洋戦争中には海軍中隊によって使用されました。

277_20161030173300f07.jpg




「上客の間」の釘隠しは、モミジを象っています。

264_20161030173450652.jpg




二階・8畳の和室。数寄屋風の造りで、来客時に茶室として使用されました。

254_2016103017344933e.jpg




二階北面の縁側。

252_201610301734488a1.jpg




敷地の街道側は板塀が巡らされています。

240_20161030173655549.jpg




敷地の南側を通る川越(かわごし)街道。周辺は「大井川川越遺跡」として国史跡に指定され、町屋が復元されています。

238_2016103017365683e.jpg




桜井家は江戸時代からこの地に居を構えた地主で、明治以降は金融業も経営していたようです。建物は平成12年(2000)に島田市の所有となり、博物館分館として使用されています。

243_2016103017280533d.jpg


 
 
 
 

旧長谷川邸 ~三重県松阪市~

松阪市にある旧長谷川邸は、三井家、小津家とともに「松阪三大豪商」と言われた木綿問屋・長谷川家の住宅です。主屋、離れ、蔵などの建物がほぼ完存し、かつての豪商の暮らしぶりを垣間見ることができます。

232_2016090822524235e.jpg




魚町通りに面した町屋造りの主屋。両サイドには立派なうだつが見られます。

235_20160908225243207.jpg




主屋内部。主屋は長谷川邸で最古の建物と考えられ、17世紀の建築と推定されています。保護のため建物内部へ入ることはできません。

241_2016090822524511f.jpg




主屋西端に位置する角屋。数寄屋風の造りになっています。

249_2016090822540148e.jpg




享保6年(1721)建造の大蔵。邸内で最も大きい蔵で、朱塗りの扉が印象的です。

245_2016090822524113d.jpg




主屋北側に隣接する大正座敷。大正3年(1914)に建てられた、二階建ての楼閣建築です。

289.jpg




大正座敷、一階広間。14畳もの広さがあり、邸内で最も格式高い造りになっています。こちらも保護のため建物内部へ入ることはできません。

265_2016090822540350c.jpg




縁側上部は通気性を考えた造り。垂木は、断面が正方形のものと円形のものが交互に設置されています。

256_20160908225402589.jpg




大正座敷を囲う塀には、網代が施されています。

288_20160908225650a0d.jpg




主屋の西にある離れ。明治22年(1889)に建てられたと伝わります。

305.jpg




離れには角屋として茶室が付属します。

307_20160908225653c00.jpg




離れ西側には、明治期作庭の池泉回遊式の庭園が広がります。離れと庭園のある場所は、江戸時代に紀州藩の奉行所が置かれていた土地で、明治以降に長谷川家の所有となっています。

308_20160908225648498.jpg



長谷川家は屋号を「丹波屋」と称し、江戸日本橋に店を構え繁栄しました。江戸の店の経営は支配人に任せ、主人は松阪で経営の統括を行うという、いわゆる「江戸店持ち」と呼ばれる商人の代表的な存在とされます。旧長谷川邸の建物は、現在は重要文化財に指定され、毎週日曜日と祝日限定で公開されています。

277_2016090822565299e.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop