茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧中山晋平邸(中山晋平記念館) ~静岡県熱海市~

旧中山晋平邸は、戦前に多くの童謡や流行歌を生み出した作曲家・中山晋平の旧宅です。昭和19年(1944)に熱海市西山に建てられたもので、現在は熱海梅園敷地内に移築され「中山晋平記念館」として一般公開されています。

IMG_8708.jpg




建物は木造二階建て、屋根は入母屋造銅板葺で、各階とも南・東面は一面ガラス張りになっています。主屋の西側に玄関棟が設けられています。

IMG_8723.jpg




玄関内部。柱や落とし掛けに皮付丸太を使用し、数寄屋風としています。

IMG_8839_201803251121034d7.jpg




玄関から右手へ進むと、6畳の居間があります。

IMG_8750_20180407221629bcc.jpg




居間の壁には、作り付けの収納が備えられています。

IMG_8751.jpg




居間・欄間の意匠。

IMG_8776.jpg




居間の東側に座敷があります。8畳の広さで、雪見障子を隔てた東側と南側には入側が設けられています。

IMG_8755.jpg




座敷の付書院。

IMG_8763.jpg




付書院板欄間の透かし。

IMG_8768.jpg




玄関棟を挟んで西側にも和室があります。

IMG_8743.jpg




玄関棟西側の和室は、広さ4畳半とこじんまりとしています。中山晋平が使用していたピアノや蓄音機が展示されています。

IMG_8741.jpg




主屋まで戻り、狭い階段から二階へと上がります。

IMG_8746.jpg




二階・階段室。左手に板の間、右手に座敷が配置されます。

IMG_8790.jpg




階段室の天井は、格天井を崩したような、遊び心のある意匠になっています。

IMG_8798.jpg




二階・10畳の座敷。

IMG_8802.jpg




二階座敷の付書院。板欄間や障子の組子には、一階とは異なる意匠が施されています。

IMG_8805.jpg




二階座敷を取り巻く入側。

IMG_8812.jpg




入側の欄間には、五線譜に因んで5本の竹格子が付けられています。

IMG_8816.jpg




中山晋平は明治20年(1887)、現在の長野県中野市に生まれ、東京音楽学校卒業後、『カチューシャの唄』『東京行進曲』などのヒット曲や、『てるてる坊主』『証城寺の狸囃子』といった著名な童謡を生み出しました。

IMG_8829.jpg




昭和3年(1928)以降は、ビクターの専属作曲家として活躍しますが、昭和19年(1944)、疎開のため熱海に本邸を建て、昭和27年(1952)に亡くなるまで使用しています。

IMG_8821.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

旧松本家住宅(掛川市竹の丸) ~静岡県掛川市~

静岡県掛川市にある旧松本家住宅は、江戸時代から掛川で葛布問屋を営んでいた松本家の住宅として、明治36年(1903)に建てられた和風建築です。掛川城竹の丸址にあることから、現在は「掛川市竹の丸」として一般公開されています。5年程前に一度紹介していますが、昨秋再訪したため、改めて取り上げます(2017年9月訪問)。

001_20180228215600033.jpg



旧松本家住宅は、商売及び生活空間としての主屋(木造平屋建て)と、特別な客をもてなすための離れ(木造二階建て)、土蔵などから構成されます。離れはもともと平屋でしたが、大正9年(1920)に二階部分を増築しています。

136_20180228215602c54.jpg




主屋南面に設けられた式台玄関。近年になって復元されたもので、武家屋敷のような格調高い造りになっています。

004_201803031204387d6.jpg





主屋仏間(2013年10月撮影)。主屋は南側が見世、帳場、応接室などの公的な空間とし、北側は仏間、茶の間など私的な空間になっています。





主屋・台所。現在はフローリングが敷かれていますが、往時は土間でした。小屋組が見事で、梁は長いもので18メートルもあるといいます。

012_20180228220146d68.jpg




主屋北西に続く離れ。二階南面は、東半分が和風の高欄、西半分が洋風の鉄製バルコニーという、ユニークな造りになっています。

154_2018030312043790e.jpg




離れ一階の座敷。北側五畳分を一段高くし、上段の間としています。右手には「家人の間」が続きます。

026_20180228220142e6c.jpg




家人の間には小さな床の間が設けられています。地袋付きで、落し掛けには手斧削りを意匠として残しています。

175_20180228220450ed5.jpg




離れ二階・貴賓室。床の間のある書院造ですが、椅子坐で、南面にバルコニーを設け欄間にはステンドグラスを嵌め込むなど、和洋折衷の空間になっています。壁紙には葛布が張られています。

063_201802282202531f6.jpg




貴賓室のステンドグラス。オウムがデザインされています。

119_20180228220448b07.jpg




こちらは四十雀でしょうか。

118_2018022822044793b.jpg




貴賓室の付書院。板欄間には鳳凰が意匠されています。

039_20180228220254156.jpg




貴賓室の床は寄木張りになっています。市松の美しい意匠です。

092_201802282202561a4.jpg



貴賓室東面の板戸には、樹齢200年の杉の一枚板が使用されています。貴賓室の東側には、廊下を挟んで座敷が配置されています。

126_201802282202567b3.jpg




離れ二階・座敷。数寄屋風の書院造で、桐材を多用していることから「桐の間」と呼ばれていたようです。





座敷の南東隅には床の間が設けられ、天井は屋久杉を使用した格天井になっています。

114_20180228220359896.jpg




座敷の東面は入側が通されています。

109_201803031204391c1.jpg




座敷北側の水屋。

095_2018022822035624f.jpg




座敷の襖には、桐の模様や桐を象った引手が見られます。

088_20180228220634ba6.jpg



松本家は、もともと掛川の中町で葛布問屋「松屋」を経営し、掛川藩の御用達として、苗字・帯刀を許される家柄でした。廃藩置県で旧掛川城竹の丸の地を取得し、当主・松本義一郎により住宅が建設されましたが、昭和11年(1936)に松本家の東京移住に伴い、土地と建物は掛川町(現・掛川市)に寄贈されました。長い間、市職員の厚生施設等に使用されていたため荒廃していましたが、平成19年からの修復工事により、往時の姿に復元されています。

185_20180228220659eef.jpg


 
 
 
 

喜楽亭 ~愛知県豊田市~

喜楽亭は、豊田市神明町に創業した同名料理旅館の建物として、大正~昭和初期にかけて建てられた和風建築です。現在は豊田市産業文化センターの敷地内に移築され、一般公開されています。

568_20170823215016f59.jpg


正面となる東面。建物は木造二階建て、入母屋屋根はむくりを持たせてあり、二階には高欄が巡らされています。一階中心部分は大正期に建てられ、一階前部分は昭和元年から3年にかけて、一階裏部分と二階は昭和15年頃に増築されたものです。

570_201708232150184d9.jpg




一階東面に設けられた、こじんまりとした玄関。

702_201708232150226b6.jpg




玄関内部。床はモダンなタイル張りです。

573_2017082321501834d.jpg




式台を上がると、格天井と三階菱の意匠。

696_20170823215021e51.jpg




一階南面は広い廊下が東西に通され、廊下に沿って座敷が並んでいます。

583_20170823215145d06.jpg




一階廊下の天井。竿縁のちょっとした意匠に、遊び心が見られます。





昭和に入り増築された、一階南西部の座敷。八畳と六畳の二間から構成されます。

649_201708232152555fb.jpg



八畳間は、天井の中央を網代の舟底天井とし、床柱や落とし掛けには松竹梅の自然木を使用するなど、遊び心溢れる数寄屋造りになっています。

647_20170823215252302.jpg




隣の六畳間には、菱形の雪見障子も。

601_201708232152498c6.jpg





階段を上がり二階へと向かいます。階段手摺には、細かな彫刻による滑り止めが施されています。

618_201708282105176d5.jpg




琵琶床を備えた、二階・西側の八畳間。二階も昭和に入り増築されたもので、三つの八畳間と二つの納戸から構成されます。





二階西側の八畳間の天井には、格天井を崩したようなデザインが見られます。

674_2017082421022644f.jpg




二階東側の八畳間。こちらは付書院を伴っています。




二階納戸の引き戸には、筋なしの見事な松の一枚板が使用されています。これだけでも100年ものだそうですが、二階広縁の床板には、400年ものの松の一枚板が使用されています。

661_201708242059459b2.jpg




その他にも、随所に細やかな意匠が見受けられます。

613_20170824210033aff.jpg





653_2017082321514185a.jpg





633_201708282117438f6.jpg  





639_201708260022006a2.jpg
 

喜楽亭は昭和42年(1967)の旅館廃業後、しばらくは民家として使用され、昭和57年(1982)に豊田市に寄贈され現在地に移築されました。民家として使用されていた時期にさらなる増改築があったようで、移築にあたって料理旅館の頃の姿に復元されています。


659.jpg


 
 
 
 

旧西園寺公望別邸・坐漁荘 ~愛知県犬山市~

坐漁荘(ざぎょそう)は、公爵・西園寺公望の別邸として、大正9年(1920)に静岡県庵原郡興津町(現・静岡市清水区)に建てられた和風建築です。昭和46年(1971)に博物館明治村へ移築され、一般公開されています。

451_2017013021034162e.jpg




木造二階建ての純和風建築で、外壁は檜皮張になっています。棟札によれば、設計は住友の技師・則松幸十とされます。

452_20170201202431731.jpg




玄関から取次ぎへと上がります。木の皮を擦り込んだ襖が特徴的。

447_201701302103496ab.jpg




一階・座敷。移築前、窓の外には興津の海を望むことができました。

497_20170130210343922.jpg




座敷・次の間の仕切り欄間には、光琳桐の透かしが見られます。

516_20170130210531cef.jpg




こちらは竹を使用した、遊び心の感じられる欄間。西園寺は竹を好んだそうで、坐漁荘内部では至る所に竹が使用されています。

519_20170201202430f79.jpg




一階北東隅にあたる応接室。坐漁荘における唯一の洋間で、昭和に入り増築されています。

499_20170130210345fd8.jpg




応接室に付随するサンルーム。当時は紫外線が健康に良いと考えられていたことから、坐漁荘では紫外線を通す「ヴァイタガラス」が使用されています。

501_20170130210346e21.jpg




数寄屋風の、一階・化粧室。湯殿の脱衣場を兼ねています。

525_201701302105332b5.jpg




一階・湯殿。竹を使用した数寄屋風の天井が見事です。

506_20170130210534e62.jpg




一階・女中室。坐漁荘では女中室が3間あり、各部屋に通じた呼び鈴が備えられていました。

515_20170130210537594.jpg




二階・座敷。

509.jpg




座敷・次の間の仕切り欄間。写真では分かりづらいですが、2枚の桐板の間に、竹の節を梯子状に挟んでいます。

527_20170131214202a56.jpg




座敷の障子は、継目と縦桟とを半分ずつずらして貼る、「石垣張り」になっています。技術を要する高度な手法ですが、坐漁荘では石垣張りの障子が数ヶ所に見られます。

528_20170130210700ad5.jpg




座敷の外側には広縁が通されています。窓の外にはかつて興津の海が広がっていました。

511.jpg




主屋とともに明治村へ移築された門と塀。かつて東海道に面していた部分で、門の手前を桝形とし、左手に番所のような警備詰所を置くなど、まるで城郭の虎口のような入口になっています。

440_20170130210348f0f.jpg


坐漁荘は明治村の和風建築の中でもとりわけ規模が大きく、また細部の意匠も凝っていて、一見に値する建築です。ただし旧東松家住宅と同じく、15分置きに実施されるガイドツアーに参加しなければ内部を見学することができませんので、ご注意下さい(建物ガイドの時刻はこちら)。なお、もともとの所在地だった静岡市興津地区にも、平成16年(2004)にオリジナルとまったく同じ造りの坐漁荘が復元され、こちらは「興津坐漁荘」の名称で一般公開されているようです。



 
 
 
 

旧東松家住宅 ② ~愛知県犬山市~

東松家住宅、後編です。

2階・座敷。小規模な部屋が多い東松家住宅にあって、10畳の広さを備えます。

395_20170120173227829.jpg




座敷の雪見障子。

816.jpg




3階・南側の座敷。こちらも10畳の広さがあります。

385_20170120174712402.jpg




座敷の欄間には光琳桐の意匠。

399_20170120174704190.jpg




3階は、部屋ごとに段差を設けた、「スキップフロア」風の造りになっています。

798.jpg




3階・8畳和室。炉はありませんが、数寄屋風の造りになっています。

826.jpg




8畳和室の西側は、通り土間の吹き抜けに面しています。

806.jpg




8畳和室西側、通り土間の壁面に開けられた窓は、当時隣に建っていた建物の屋根に合わせて、傾斜をつけた配置になっています。

387_20170120174700112.jpg




茶室から通り土間を見下ろす。

386_2017012017471375a.jpg




3階・北側の座敷。炉が開けられ、茶室として使用されました。

389.jpg





側面から見た旧東松家住宅全景。奥行きが深く、典型的な町屋の構造であることが分かります。

833.jpg



2回に分けて取り上げましたが、旧東松家住宅は近代和風建築としては珍しい3階建てで、スキップフロア風の段差をつけた構造や遊び心溢れる意匠など、見所の多い建物です。なお、旧東松家住宅では決まった時刻に15分間のガイドを行っていて、ガイドに参加しないと2階・3階部分の見学はできませんので、注意が必要です。建物ガイドの時刻はこちら

390_20170120174703457.jpg

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop