茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧邸御室 ~京都府京都市~

双ヶ丘の方麓、京都市右京区御室にある旧邸御室(おむろ)は、昭和12年(1937)に建てられた近代和風住宅です。個人所有ですが、イベントスペースなどに利用され、年に一度、不定期で一般公開されています。




木造2階建ての主屋。改造されている箇所も多く見られますが、概ね創建当初の雰囲気は保たれているものと思われます(2階は特別公開時でも非公開)。

IMG_4067.jpg




玄関内部。式台玄関で、天井は化粧屋根裏、取次には書院が設けられています。

IMG_4113.jpg




取次の先にある、4畳半の茶室。

IMG_4000.jpg




1階・座敷。応接間として使用されたものと思われ、次の間を含めると22畳の広さがあります。床柱をはじめ、柱には檜が用いられています。

IMG_4003_20190728122924a55.jpg




座敷の琵琶棚と書院。天井の網代は、杉の皮を用いたものです。

IMG_4075_20190730204222854.jpg




座敷の欄間。桐の一枚板に、ダイナミックに富士を意匠しています。

IMG_4015.jpg




富士の山裾には、よく見ると三保の松原が広がっています。

IMG_4024.jpg




座敷の襖にも、欄間と対になるように三保の松原が描かれています。





座敷南側の広縁。天井は見事な網代張り、明かり欄間は通気性を考慮して開閉式になっています。

IMG_4030_20190728122929722.jpg




座敷脇の便所。ここでも見事な網代天井が見られます。

IMG_4007.jpg




座敷の北側に続く洋間と土蔵。

IMG_4097.jpg




洋間の格天井。天井画は後年、日本画家・武藤彰氏により描かれたものです。

IMG_4012.jpg




1階東側はかつて居住スペースだったようで、現在では喫茶室や従業員室として使用されています。

IMG_4090.jpg



主屋南側に広がる庭園。双ヶ丘の山裾を背景に利用した廻遊式庭園ですが、いかにも近代以降の日本庭園といった感じで、これといって優れた意匠などは見られません。

IMG_4070.jpg




庭園の上部には、「双庵」と名付けられた茶室があります。主屋と同じく、昭和12年(1937)に建てられたものです。

IMG_4061.jpg




双庵は4畳半に水屋を伴い、北側には付書院風の窓をつけて開放的な作りとしています。

IMG_4041_2019072812342928e.jpg




双庵の西部には、待合も残されています。

IMG_4050.jpg



旧邸御室の施主や設計者は不明ですが、昭和44年(1969)に現所有者の父・株式会社山三製材所社長の山本三夫が購入したことが分かっています。建築としての質の高さ、門跡寺院である仁和寺にほど近い立地など、かなりの家柄の人物により建てられたであろうことが伺えます。

IMG_3994.jpg


スポンサーサイト



 
 
 
 

旧浅田邸 ~兵庫県朝来市~

兵庫県朝来市生野にある旧浅田邸は、大正~昭和初期にかけて建てられた和洋館並列型の住宅建築です。現在は隣接する旧吉川家住宅(分家)とともに、「口銀谷銀山ミュージアムセンター」として一般公開されています。

IMG_2588.jpg




主屋は昭和7年(1932)に建てられたもので、木造2階建て、屋根は入母屋桟瓦葺で、1階と2階の間には銅板葺の庇が巡らされています。当代の木造和風住宅らしく、各階とも南・東の2面は全面ガラス窓になっています。

IMG_2593.jpg




主屋の東側に、渡り廊下で繋げられた洋館があります。

IMG_2586.jpg




洋館は木造平屋建てで、傾斜の強い切妻屋根が特徴です。外壁はスクラッチタイル貼り、腰部は石造りで、花崗岩と思われます。

IMG_2520_20190626210838974.jpg




玄関は主屋北東部に設けられています。格天井に式台を備えた、格式高い作りになっています。

IMG_2526.jpg




現在はカフェスペースとして使用されている1階・座敷。床脇を省略し書院を平書院とした、略式の書院造になっています。

IMG_2540_20190626211330ff6.jpg




座敷の間越欄間。鶴と松の彫刻が意匠されています。

IMG_2546.jpg




座敷の南・東の2面には入側が巡らされています。

IMG_2538_20190626211329001.jpg




座敷の障子は雪見障子になっており、明かり欄間は通気のため開閉できるようになっています。

IMG_2578.jpg




1階・電話室。扉には結霜ガラスが用いられています。

IMG_2571.jpg




2階・座敷。こちらは付書院に床脇を備えた、正式な書院造になっています。

IMG_2559.jpg




付書院には、書院欄間に格狭間(こうざま)の意匠。

IMG_2562.jpg



間越欄間は左右で異なる彫刻が見られます。こちらは近江八景の一つ「粟津晴嵐(あわづのせいらん)」でしょうか。

IMG_2554.jpg




こちらの欄間も、近江八景の一つ「瀬田夕照(せたのせきしょう)」と思われます。

IMG_2557.jpg




1階に戻り、渡り廊下を経て洋館へと向かいます。

IMG_2530.jpg




渡り廊下の途中にある、便所の明かり窓。松皮菱の明かり窓に、結霜ガラスがはめ込まれています。

IMG_2531_20190626212022193.jpg




洋館内部。こちらも現在はカフェスペースとして使用されています。

IMG_2533_20190626212024d8d.jpg




主屋の南東部には、平屋建ての離れが付属します。

IMG_2507.jpg




離れ内部。書斎にでも使用されたのでしょうか。

IMG_2582.jpg




旧浅田邸は、兵庫県議会議員や衆議院議員を務めた浅田貞次郎の三男・養蔵の邸宅として建てられたもので、平成22年(2010)から一般公開されています。生野には江戸時代~戦前の建築が多く残されていますが、中でも旧浅田邸は、戦前の洋館付き住宅として貴重な遺構です。

IMG_2610.jpg


 
 
 
 

生野書院 ~兵庫県朝来市~

生野(いくの)書院は、銀山で知られる朝来市生野にある、大正期の林木商の邸宅です。現在は、生野の町や銀山の資料を展示する資料館として公開されています。

IMG_2423.jpg



主屋は明治期の建築とも言われ、木造2階建て、伝統的な町家に近い外観となっています。東側(写真右手)には増築部分があります。

IMG_2426.jpg




表門は、生野銀山初代鉱山長・朝倉盛明の官邸から移築されたものです。

IMG_2442.jpg




内側(北側)から見た主屋。玄関周りは後世に改修されているようです。

IMG_2492_20190623202441a9f.jpg




玄関を入ると、内部は土間になっています。土間のうち西側は、店舗として使用する「店土間」だったようです。

IMG_2489.jpg




土間に面した6畳間。店舗事務所として使用されていたのでしょう。

IMG_2448_20190626200449135.jpg




現在は事務所になっている、居住スペースへの入口。式台には桜材の一枚板が使用されているようです。

IMG_2488.jpg




事務所脇には栗材を用いた大黒柱があります。階段は後世に加えられたものです。

IMG_2487.jpg




一階座敷。8畳の座敷に次の間が付属します。

IMG_2451.jpg




座敷の欄間には、光琳桐の透かしが意匠されています。

IMG_2484.jpg



1階増築部分の座敷。こちらも8畳の広さで、後世の改変により炉が切られています。次の間は仏間になっています。

IMG_2472_20190626200841b57.jpg




コウモリを模った、床脇天袋の引手。コウモリは古くから福を呼ぶ動物として、商家の釘隠しや引手の意匠に取り入れられました。

IMG_2470.jpg




欄間には見事な富士の透かし。

IMG_2463.jpg




仏間の窓にはチェッカーガラスが用いられています。組子の意匠も見事。





2階座敷。違い棚は、3段の棚板を入れ違いにかけた、「雁木棚」と呼ばれる様式になっています。

IMG_2475.jpg




2階座敷・書院障子の意匠。書院欄間は紗綾(さや)形崩しの文様になっています。

IMG_2477_20190623202941b2e.jpg




欄間は、桟を細かく縦に入れた筬(おさ)欄間になっています。

IMG_2479.jpg




北側窓の手摺には、霞模様の透かし。

IMG_2482_201906262012542a1.jpg




2階次の間の天井は台形で、一種の舟底天井になっています。

IMG_2481_20190623202944daa.jpg



生野書院では高級材や見事な意匠など、近代和風建築としての魅力が随所に見られますが、公開されている情報がほとんどなく、施主はもとより、その歴史についてもほとんど調べることができませんでした。なお、生野にはこのほかにも、旧浅田邸(次回紹介予定)、生野クラブ、カフェ芒種など、いくつかの近代和風建築が残されています。

IMG_2454_20190626201803cc5.jpg

 
 
 
 

旧藤井家住宅 (コヤノ美術館西脇館) 【後編】 ~兵庫県西脇市~

兵庫県西脇市の旧藤井家住宅、後編です。今回は、大正期に建てられた浴室・便所棟と、昭和初期に建てられた離れをご紹介します。

IMG_1473.jpg




南から見た、浴室・便所棟(手前)と離れ。どちらも、前回紹介した主屋や洋館とは廊下で繋がっています。

IMG_1477.jpg




浴室・便所棟の、家族用浴室へと続く廊下。天井は舟底天井になっています。

IMG_1571.jpg




家族用の浴室。壁と床にはレトロなタイルが張られています。

IMG_1527.jpg




こちらは客用の浴室。天井は唐傘天井になっています。

IMG_1532.jpg




浴室・便所棟の便所。ここでも格天井や網代の引戸など、凝った造りが見られます。

IMG_1569.jpg



書院の付いた、客用便所。便器は大正期に東洋陶器株式会社(現TOTO株式会社)が海外向けに製造していたものとされ、国内に残されているのは極めて珍しいそうです。

IMG_1535.jpg



浴室・便所棟の洗面台。縁の手斧削りや地袋の網代が見事ですが、水跳ね防止のために、流しにガラスの棒を隙間なく並べるなど、実用面でも工夫が見られます。

IMG_1526.jpg



主屋から見た離れ(正面)、浴室・便所棟(左)、衣装蔵(右)。離れは客棟として京都の宮大工により施工されたもので、木造2階建て、当代の和風建築らしくガラス窓を多く用いています。

IMG_1506.jpg



離れは1階・2階とも、東西2つの座敷とそれぞれの次の間で構成されます。屋久杉(天井)や桧の柾目(柱)など、高級材が用いられています。

IMG_1541.jpg



離れ1階・主座敷。床周りには、桐の四方柾(床柱)、黒柿(床框)、泡杢(あわもく)の欅の一枚板(床脇地板)など、高級材がふんだんに使用されています。

IMG_1543.jpg




主座敷の書院。棚板には、桑の木の一枚板が使用されています。

IMG_1567.jpg




離れ1階の間越欄間は、桐柾目の一枚板を贅沢に使用したもの。

IMG_1546.jpg



離れ1階・西側の座敷。踏込床に、落し掛けを2段にした数寄屋風の座敷で、上段の落し掛けには手斧削りが施されています。

IMG_1548.jpg




離れ2階・主座敷。琵琶床が備えられ、床脇が簡素に纏められるなど、1階よりも自由な造りになっています。

IMG_1556.jpg




離れ2階・主座敷の書院。棚板には欅の玉杢(たまもく)材が使用され、欄間には竜の透かしが意匠されています。

IMG_1555.jpg




離れ2階・主座敷の間越欄間。屋久杉の鶉杢(うずらもく)の一枚板が使用されています。

IMG_1560.jpg




離れ2階・西側の座敷。数寄屋風の座敷で、天井は掛け込み天井になっています。

IMG_1564.jpg




2つの座敷の間越欄間は、京都の五山を模した、大胆な意匠です。

IMG_1565.jpg



旧藤井家住宅を建てた藤井滋吉は、地元・西脇の豪農で、かつて存在した播州鉄道鍛冶屋線の延線や、西脇商業銀行の設立に貢献しました。藤井家の移住後、旧藤井家住宅は長く空き家となり荒廃していましたが、大阪市のコヤノ美術館が購入、平成17年(2005)~同20年に修復されました。これだけの建築群がほぼ完存している様は壮観で、同じ西脇市内の旧来住家住宅とともに、極めて質の高い近代和風建築と言えるでしょう。

IMG_1454.jpg


 
 
 
 

旧藤井家住宅 (コヤノ美術館西脇館) 【前編】 ~兵庫県西脇市~

兵庫県西脇市にある旧藤井家住宅は、豪農・藤井滋吉の邸宅として、明治~昭和初期にかけて建てられた近代和風建築です。建築年代の異なる主屋、洋館、浴室・便所棟、離れ、衣装蔵、米蔵、門、塀などの建物群が現存し、現在はコヤノ美術館西脇館として、毎週土曜日と日曜日に一般公開されています。

IMG_1509.jpg



南西方向から見た主要建物群。写真右奥から左手にかけて、主屋、洋館、浴室・便所棟、離れと続いています。前編となる今回は、主屋と洋館をご紹介します。

IMG_1475.jpg



正面(東)から見た主屋。明治23年(1890)に建てられたもので、木造2階建て、外壁の浅黄色の漆喰や、むくりのある入母屋屋根など、同じ西脇市にある旧来住家住宅主屋とよく似た外観です。

IMG_1455.jpg




主屋玄関の内側は、土間になっています。高い天井に見事な小屋組が、いかにも豪農の邸宅といった趣です。

IMG_1576.jpg




土間に設けられた台所。かまどや流し台が残されています。

IMG_1461.jpg




屋根裏の隠し部屋への階段。隠し部屋は、強盗などから身を潜めるための避難場所だったようです。

IMG_1459.jpg




土間から式台を上がったところに、仏間があります。

IMG_1487_20190516202708dd1.jpg




仏壇。内側が金、外側が黒漆仕上げと、立派なものです。





仏間の欄間。趣向を凝らした見事な意匠です。

IMG_1486_2019051620270675f.jpg




仏間の奥には、次の間を挟んで座敷があります。客間として使用された部屋で、付書院と床脇を備えた正統な書院造になっています。

IMG_1498_20190516202702007.jpg




座敷と次の間の間越欄間には、大阪の名所の風景が彫られています。こちらは「天神橋」。

IMG_1491_20190516202647d6f.jpg




こちらの欄間は「造幣局前のポンポン船」。右端には初代通天閣も見えています。

IMG_1493_20190516203323591.jpg   



座敷の裏にある客用の洗面所。折上格天井に、白タイル張りの洗面台、幾何学的な窓の意匠や網代の地袋など、非常に凝った造りになっています。

IMG_1574.jpg




客用便所。当時としては珍しい水洗便所で、見事な書院に、床板は樟の一枚板と、贅沢な造りです。

IMG_1504.jpg




主屋西側の座敷。客間と比べると砕けた造りで、居室として使用されたものと思われます。

IMG_1510.jpg




主屋の西に、離れへと続く長廊下が延びています。この廊下の途中、左手に洋館と浴室・便所棟があります。

IMG_1513.jpg




洋館は応接間、水屋、書斎で構成されます。こちらは応接間で、重厚で幾何学的な格天井が特徴的です。

IMG_1514.jpg




応接間に付属する水屋。戦後に造られた自家製の冷凍庫が残されています。

IMG_1516.jpg



応接間の隣には書斎があります。旧藤井家住宅では、空き家だった頃に調度のほとんどが盗難に遭っているそうで、この部屋も含め、展示されている調度は往時のものではありません。

IMG_1522.jpg




洋館外観。洋館は大正期に建てられたもので、木造平屋建てで、外壁はモルタル掃付け仕上げになっています。

IMG_1479_20190516202707f67.jpg 



後編は、浴室・便所棟と離れをご紹介します。
 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop