茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧田中銀行主屋 (旧田中銀行博物館) ~山梨県甲州市~

旧田中銀行主屋は、山梨県甲州市勝沼町にある明治期の擬洋風建築です。もともと勝沼郵便電信局舎として明治30年代に建てられたもので、大正9年(1920)から田中銀行社屋として、昭和11年(1936)以降は田中銀行頭取だった田中家の住宅として使用されました。現在は旧田中銀行博物館として一般公開されています(2017年8月5日訪問)。

388_20180211133404dec.jpg




明治期の山梨県内には、藤村紫朗の指導の下、多くの擬洋風建築が建てられました。旧田中銀行主屋は、旧睦沢学校などの藤村式建築を手掛けた、松木輝殷の施工とされます。

426_20180211133459a88.jpg



木造二階建て、屋根は入母屋造桟瓦葺で、正面に千鳥破風を備えています。一方で窓は上げ下げ窓、外壁には灰漆喰を使用して石造りのように見せるなど、和洋折衷のデザインになっています。

368_2018021113340296f.jpg



一階玄関ポーチ。天井は菱組天井になっており、扉には塗装による「ペンキ木目」が描かれています。ペンキ木目は、建物内の他の扉にも見られます。

386_20180211133403194.jpg




玄関ポーチの支柱には、細かい矢羽根状の装飾が施されています。

425_20180211133406b05.jpg




一階内部。郵便電信局舎時代は4つの部屋に分かれていましたが、銀行社屋として使用するにあたって壁が撤去されています。

370_2018021113365062b.jpg



一階には銀行時代にカウンターが設置されていましたが、住宅時代に撤去されたようです。天井には古民家で見られるような立派な梁が通されています。

387_20180211133648576.jpg




一階に展示されている事務用の机。銀行時代に頭取が実際に使用していたものです。

372_20180211133645b20.jpg




一階には電話室も設けられています。

374_2018021113364607f.jpg




一階便所の、陶器製の便器。

381_2018021113364684f.jpg




二階への階段は螺旋階段になっており、手摺にも洋風意匠が見られます。

385_20180211133805eca.jpg




二階は中央の廊下を挟み、左右に和室が設けられています。

380_201802111338044bd.jpg




二階和室は、第二次大戦中に田中本家へ疎開していた北白川宮家の侍従・水戸部孚が住居として使用していました。

379_2018021113380396e.jpg




現在も北白川宮家にまつわる調度類が多数残り、展示されています。

376_2018021113380695b.jpg




二階・バルコニー手摺の意匠。

378_20180211133808352.jpg




主屋の北側には、大正9年に建てられた土蔵が残されています。

428_201802111334016b0.jpg




コンクリート製の門柱。中央にはガス灯が設けられています。

432_201802111340303ba.jpg





長い間、田中家の住宅として使用されていた旧田中銀行主屋ですが、平成9年(1997)に国の有形文化財に登録され、翌平成10年には勝沼町(現在の甲州市)に寄贈され、同17年から博物館として一般公開されています。山梨県内には旧津金学校旧室伏学校など「藤村式」の擬洋風建築がいくつか残されていますが、いずれも校舎建築であり、旧田中銀行は藤村式建築の流れをくむ銀行建築として、貴重な存在と言えます。

424_20180211134031102.jpg
スポンサーサイト
 
 
 
 

須玉歴史資料館=旧津金学校校舎(山梨県北杜市)

山梨県の藤村式擬洋風建築・3回目は、北杜市にある須玉歴史資料館です。明治7年(1874)に建てられた、かつての津金学校の校舎です。

256_2014100820352574a.jpg





太鼓楼、二階部分のバルコニー、玄関の車寄せ、隅石など、藤村式建築の特徴を備えています。

292_201410082035235a5.jpg






263_2014100820351566a.jpg





259_201410082035287f9.jpg





265_20141008203516943.jpg




現存する藤村式の校舎の中でも、総面積120坪と規模が大きく、他の校舎と違って長方形、屋根は寄棟造りになっています。

288_20141008203522401.jpg




他の校舎と同じく、内部には教室が復元されており、当時学校教育で使用されていた教材や備品が展示されています。

271_20141008203517817.jpg





274_20141008203519f26.jpg




最上部の太鼓楼には、現在も太鼓が備置されています。

281_20141008203520fd4.jpg


津金学校は創建以来ずっとこの地を離れたことがない(移築されていない)そうで、創建時と同じ土地に現存する擬洋風建築としては、静岡県の旧見付学校と並んで最古のものだそうです。現在は資料館として開放され、一部はカフェになっています。入館料は200円ですが、入場券のデザインがとても格好いい!「POST CARD」って書いてあるけど、ほんとに投函できるんだろうか・・・

257_201410082035263f6.jpg



 
 
 
 

増穂町民俗資料館=旧舂米学校校舎(山梨県南巨摩郡富士川町)

山梨県の藤村式擬洋風建築・2回目。富士川町にある富士川町民俗資料館です。明治9年(1876)、旧舂米(つきよね)学校の校舎として建てられたもので、現在は増穂小学校の敷地内に残されています。

005_201410082050341ca.jpg




二階部分のバルコニーや玄関の車寄せ、太鼓楼など、藤村式の特徴を備えています。

006_20141008205036148.jpg





009_2014100820503759b.jpg




県内に現存する他の藤村式建築とはデザインが異なる部分が多く、背面部は左右非対称になっています。

010_201410082050396f6.jpg





012_201410082050409f3.jpg




太鼓楼も他の藤村式建築と違って六角形、屋根には鯱が上がっているという、何とも不思議な外観…

018_2014100820504343e.jpg




内部は資料館として開放されています。僕の大好きな、古い木造建築の匂い…

023_201410082050452b3.jpg




もともと舂米学校は、地元の実業家・小林林太郎の多額の寄付によって、現在の場所よりも北東にある舂米地区に建てられましたが、明治21年、増穂尋常小学校として現在の場所に移築されています。

027_201410082050340b1.jpg





024_2014100820504620f.jpg


資料館として公開されている旧舂米学校校舎ですが、見学できるのは水曜・日曜日と、第2土曜日だけで、しかも12~13時は昼休みとなり見学できないのがちょっと不便・・・。僕が到着したのは第2土曜日の11時55分でしたが、5分前なのにすでに昼休みに入ってしまっていて、13時まで待たなくてはいけない羽目になりました…笑

017_20141008205042323.jpg




次回は北杜市の藤村式建築・須玉歴史資料館です。


 
 
 
 

牧岡郷土文化会館=旧室伏学校校舎(山梨県山梨市)

道の駅まちおかの脇に建つ牧岡郷土文化会館は、明治期に建てられた室伏学校の校舎で、「藤村式」と呼ばれる、山梨県特有の擬洋風建築として、その姿を今に残しています。

132_20141008200240769.jpg



明治6年(1873)、山梨県権令(県令)に就任した藤村紫朗は、産業・土木とともに教育政策を推進して山梨県の近代化に努め、県内各地に擬洋風建築の小学校校舎を建設しました。

165_20141082018031d.jpg




旧室伏学校校舎もその頃建てられたもので、木造二階建てで宝形造り、玄関には車寄せ、二階部分にはバルコニー、最上部に太鼓楼を設けるなど、「藤村式建築」の特徴を備えています。

156_20141008195944c19.jpg




出隅は黒漆喰塗りの隅石積み、窓には鎧戸が設置されています。

159_2014100819594640b.jpg






内部は資料館として開放されています。二階部分は展示室に、一階部分には当時の教室が残されています。

143_2014100819594146a.jpg





139_201410081959403cc.jpg



旧室伏学校庁舎は明治8年(1875)に建てられ、翌明治9年に室伏学校として開校しました。その後は保育所や公民館として利用され、地域住民からは「インキ壺」という愛称で親しまれてきました。平成15年に現在の場所に移築され、市の有形文化財に指定されています。

137_20141008195938e9c.jpg



「藤村式」の校舎は、旧室伏学校も含めると、山梨県内に5ヵ所残されています。次回は富士川町に残る藤村式建築「舂米学校」をご紹介します。


 
 
 
 

新潟・山形探訪③~新潟市の洋館(新潟県新潟市)~

新潟市には、古い洋館が多数残されています。紅葉めぐりの間に訪れた、幾つかの洋館を上げてみます。


064.jpg
中央区中大畑町にある、旧金井写真館(現・金井文化財館、明治三十年築)




066.jpg
中央区中大畑町にある、新潟カトリック教会(昭和二年築)




165.jpg
新潟市歴史博物館。焼失した二代目新潟市庁舎を、平成に入り外観復元したものです




161.jpg
歴史博物館敷地に移築された、旧・第四銀行住吉町支店(昭和二年築)




147.jpg
歴史博物館敷地にある旧・新潟運上所(税関)(明治二年築、重要文化財)




168.jpg




183.jpg
白山公園にある、旧・新潟県議会議事堂(現・新潟県政記念館、明治十六年築、重要文化財)




185.jpg




233.jpg
旧・新潟県議会議事堂の議場


現在の新潟市には、新潟港が江戸末期の開港五港の一つだったこともあってか、古くから多くの洋館が存在していました。今回は一部しか回ることができませんでしたが、市内には新津記念館をはじめ、他にも多くの洋館が残っています。


撮影日:2013年11月21日



 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop