茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧林芙美子邸 (新宿区立林芙美子記念館) ~東京都新宿区~

新宿区落合にある旧林芙美子邸は、『放浪記』『浮雲』などで知られる作家・林芙美子の住居として、昭和16年(1941)に建てられたものです。現在は林芙美子記念館となり、通常は建物内部の立入りできませんが、年に数回、特別公開時に内部を見学することができます(2017年11月11日訪問)。

IMG_9372.jpg



建物は、右手の主屋(生活棟)と左手の離れ(アトリエ棟)が並列する構造になっています。建設当時は戦時中で住宅一棟あたりの坪数に制限があったため、主屋を芙美子名義に、離れを内縁の夫・手塚緑敏名義としていました。

IMG_9343.jpg



伝統的な古民家を思わせる主屋。主屋・離れとも、山口文象が設計を担当しています。和風を無理に崩すことなく、それでいて余計な装飾を排したシャープなデザインと機能的な構造は、日本のモダニズム建築の先駆者であり和風建築への造詣も深かった、山口ならではの作品と言えます。

IMG_9348.jpg


主屋玄関。林芙美子はフランスから帰国後、下落合の洋館で暮らした後、昭和14年(1939)から当地に新居の建設を始めました。芙美子は建築に関する本を200冊近く読んだ上で、設計者と大工を連れて大徳寺や京都の民家を見学して廻るなど、新居建設へのこだわりが強かったようで、建物内部には随所に彼女の趣向が現れています。

IMG_9319.jpg



玄関内部では、正面に客間へと続く取次の間、左奥に茶の間へ続く入口と、公の空間と私的な空間を分ける工夫が見られます。天井板の張り方にも特徴が見られます。

IMG_9292_20180128120326d61.jpg




玄関脇にある客間。芙美子の原稿を待つ編集者たちが通された部屋です。

IMG_9252_20180128120325ba3.jpg




作り付けの二段ベッドが備えられた使用人室。

IMG_9254.jpg



主屋北西に位置する台所。人造石洗い出しによる流し台は、小柄だった芙美子の身長に合わせて作られています。

IMG_9356.jpg




中庭に面した浴室。総檜造りの浴槽が置かれ、水滴が落ちないよう天井は斜めになっています。

IMG_9274.jpg




一家団らんの場だった、茶の間。南・西面に広縁を設け、ガラス戸越しに庭を眺められる開放的な空間で、二段押入れや収納式神棚など、機能的な収納も備えています。

IMG_9283.jpg




茶の間奥に設けられた小間。芙美子の母・キクが使用したといわれます。

IMG_9267_2018012812080970f.jpg




主屋の西側に、中庭を挟んで離れが建ちます。

IMG_9325.jpg




離れ・寝室。庭に面した南側を筵張りの傾斜天井とし、余計な装飾を排した、モダンな数寄屋造りと言えます。

 




寝室北側に続く、次の間。インド更紗の張られた押入れは、布団の収納に使用されていました。

IMG_9335.jpg




次の間北側の書庫。

IMG_9233.jpg




離れの中央に位置する書斎。芙美子が執筆に使用していた部屋で、雪見障子越しに庭を眺めることができます。

IMG_9208.jpg




書斎の北側には、裏庭に面して濡れ縁が設けられています。





離れの西端は、画家だった夫・緑敏のアトリエでした。邸内で唯一、椅子坐の部屋で、天井には大きく天窓が開けられています。

IMG_9245.jpg




アトリエでは、漆喰壁に、手斧削りを施した黒い梁や柱がアクセントになっています。

IMG_9244.jpg


旧林芙美子邸は、作家・林芙美子の終の棲家であるとともに、和風でありながらモダニズム的なデザインと機能性を兼ね備えた、優れた住宅建築でもあります。似たような試みとしては、吉田五十八(いそや)が自身の作品で表現した「近代数寄屋」が知られていますが、吉田の作品に比べ、旧林芙美子邸はより純粋な和風建築に近く、和風と近代の「融合」ではなく「和風そのものの近代化」という印象を受けました。

IMG_9256.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

旧前田家本邸・和館 ② ~東京都目黒区~

前回に引き続き、旧前田家本邸・和館です。

二階への階段。二階は通常非公開ですが、毎年10月末~11上旬にかけて開催される東京都文化財ウィークで特別公開されます。

079_201611172012102f6.jpg



階段踊り場には、白タイル貼りのトイレと風呂場があります。

118_201611172012152fe.jpg



踊り場から二階を見る。

085_20161117201211cb3.jpg



階段室の天井は竿縁が二重に渡されています。

086_2016111720121277d.jpg



二階・居間。格式高い正統な書院造りです。

093_20161117201214fc5.jpg



居間の床脇。壁は雲形金砂子(金箔を粉末にしたもの)で仕上げられています。

098_201611172014166b2.jpg



居間の東面と南面は窓を大きくとり、高欄を巡らせて楼閣風としています。

087_2016111720142281e.jpg



居間の天井。格天井を崩したような特異なデザインです。

102_201611172014172f3.jpg



居間のシャンデリア。一階広間と同じく花形のデザインです。

112_20161117201418ee6.jpg



居間の脇にある洗い場。階段踊り場のトイレ・風呂場と同じく、白タイルでモダンな印象です。

115_2016111720142038d.jpg



和館の西側には、茶室が付属します。

133_20161117201556d21.jpg



茶室も通常は非公開で、文化財ウィークの際に特別公開されます。

132_20161117201555fbb.jpg



庭から見た茶室。設計は木村清兵衛によります。

147_2016111720160036c.jpg


昭和5年(1930)に前田家本邸の迎賓館として建てられた和館ですが、太平洋戦争中に前田家当主・利為が事故死し、その後疎開してきた中島飛行機の本社として使用されることになります。終戦後は隣接する洋館とともに連合軍に接収されますが、昭和31年(1956)に国へ返還され、昭和42年からは和館・洋館を含めた旧前田家本邸の敷地全体が駒場公園として整備され、一般開放されています。

145_2016111720155886a.jpg

 
 
 
 

旧前田家本邸・和館 ① ~東京都目黒区~

東京都目黒区の駒場公園は、かつて旧加賀前田家16代当主・前田利為(としなり)侯爵の邸宅でした。公園内には、昭和4年(1929)に建てられた洋館とともに、迎賓館として昭和5年に竣工した和館が残されています。二回に分けて、今回は一階部分を中心にご紹介します。

和館北側の表門と格子の塀。

010_20161113180033a24.jpg




表門を内側から見る。表門は妻側を唐破風とした薬医門で、玄関へのアプローチには露地風の石畳が敷かれています。

167_20161101221409aac.jpg




和館の設計は、明治~昭和初期に多くの寺院建築を手がけた帝室技芸員・佐々木岩次郎らによります。木造二階建てで、一階北面に玄関を設け、西側は渡廊下で洋館と接続しています。

071_2016110122140572f.jpg




和館南面。二階部分は楼閣風の造りで、写真では見えませんが二階屋根頂部に宝珠を上げています。

142_201611012214074b7.jpg




一階南面には火燈窓が設けられています。

155_20161101221731bc6.jpg




玄関内部。船底天井になっています。

172_20161101221410560.jpg




一階廊下。畳敷きの広々とした廊下です。

037_2016111719290074a.jpg




一階南側の広間。客間と次の間の二間からなり、あわせて約40畳の広さがあります。

033_2016111318003644d.jpg




一階・客間。伝統的な書院造ですが、違い棚と付書院を伴う、格式の高い造りです。

032_201611131800344e9.jpg




付書院と火燈窓。

078_20161101221536e6f.jpg




透かし彫りが見事な、広間の欄間。

157_20161101221541b59.jpg




広間の南側には縁座敷が巡り、その外に池泉庭園が広がります。

086_201611012215366e5.jpg




090_20161101221635d67.jpg




広間東側の10畳和室。こちらも正統な書院造りです(東京都文化財ウィーク開催時期のみ公開)。

120_20161101221637636.jpg


②へ続きます。次回は二階内部と茶室をご紹介します。

 
 
 
 

旧清水家住宅書院 ~東京都世田谷区~

周辺の再開発が著しい二子玉川駅から徒歩10分程、二子玉川公園の一角に、旧清水家住宅書院はあります。

086_20161019204951211.jpg



中根岸(現・台東区)にあった清水家屋敷の離れとして、明治43年(1910)頃に建てられたと伝わります。大正9年(1919)には瀬田の清水家屋敷に移築され、旧小坂家住宅などとともに、国分寺崖線沿いの別荘街を構成していました。

083_20161019204949d3f.jpg




建物は、書院の間と次の間の二部屋から構成されます。

026_201610192049479d2.jpg




書院の間は十一畳の広さがあります。天井は格式高い格天井で、格縁は黒漆が塗られています。

019_20161019204945613.jpg




書院の間・床の間。床脇の襖絵は、金箔地に葛と藤を描いた立派なもので、写真をもとに復元されています。

075_20161019204948bda.jpg




付書院の板欄間。こちらも写真をもとに復元したもので、桐の柾目板に、菊華流水が描かれています。

055_20161019205101ec4.jpg




次の間。広さは五畳で、書院の間の半分です。

072_20161019205102fab.jpg




次の間窓際の天井には、網代が施されています。

078_20161019205204899.jpg




書院の間・次の間間の欄間。竹串を使用しているものと思われます。

036_20161019205059089.jpg




建物の南・西面には縁側が設けられています。縁座敷のように見えますが、ござが敷かれているだけで、板敷です。

013_201610192052018d4.jpg




建物の部材は全体の6割が従来のもので、梁や小屋組などには新材が使用されています。

015_20161019205203139.jpg




長い間瀬田の地にあった旧清水家住宅書院ですが、平成25年(2013)、二子玉川公園に日本庭園・帰真園が造られると、その敷地内に移築されました。建物全体の4割が新材で復元され、東側に管理棟が増築されるなど、往時の姿をそのまま残しているわけではありませんが、国分寺崖線沿いの別邸建築の多くが失われている今日において、旧清水家住宅書院は貴重な存在と言えます。小規模ながらも、実に見応えのある建築でした。

042_20161019205100cfc.jpg


 
 
 
 

旧朝倉家住宅② ~東京都渋谷区~

旧朝倉家住宅②です。

見学順路は再び一階に戻ります。一階の西半分は、中庭を中心に和室が配置された、日常生活用の空間となります。

083_201606261458184ae.jpg




角の杉の間。形式的な書院造です。

152_201606261458139ec.jpg




角の杉の間の縁側。外には緑豊かな庭が広がります。

078.jpg




奥の杉の間。こちらは略式の書院造で、高級とされる板目材をふんだんに使用しています。

111_20160626202928daf.jpg




奥の杉の間は窓を大きくとっています。庭の緑が畳に映り込んでいました。

104_20160628205252eca.jpg




杉の間の奥にある、茶室と丸窓の間。

164_20160626150331657.jpg




玄関脇の洋間。執事の事務や日常的な来客対応に使用されていました。

117_20160626150334ef7.jpg




洋間の天井は格式高い、折上格天井になっています。

121.jpg




庭から見る主屋外観。

143_201606261505362b4.jpg




庭から見る杉の間。庭は崖線の高低差を利用した造りになっています。

139_20160626150537bf8.jpg


旧朝倉家住宅を紹介する際の決まり文句になっていますが、カフェやアパレルショップが建ち並ぶ代官山という場所を考えると、約100年間変わらずに建ち続けている旧朝倉家住宅は、やはり貴重な存在と言えます。庭にはもみじが多いので、紅葉の時期に訪れてみるのも良さそうです。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop