茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧根津家住宅(山梨市根津記念館)~山梨県山梨市~

山梨市にある「根津記念館」は、「鉄道王」と呼ばれた実業家・根津嘉一郎の邸宅を博物館として開放したものです。全く存在を知らず、たまたま牧岡郷土文化会館を訪れる際に見つけて、気になって寄ってみました。

246_201410132324160b1.jpg




敷地西側、旧青梅街道に面した長屋門と掘割。

169_20141013231119669.jpg




主屋は、昭和8年(1933)に建てられた二階建て和風建築です。

233_2014101323154841f.jpg




主屋北面。屋根は入母屋瓦葺きですが、むくりが見られます。各階とも、瓦葺き屋根の直下に銅板葺きの庇を設けています。

247_20141013232118849.jpg




主屋玄関。

171_20141013231120b9e.jpg




主屋は木造建築ですが、コンクリート布基礎、ボイラー設備、屋内消火栓、電気配線の埋め込みなど、当時の先端技術を導入した先進的な建築でした。

173_201410132311213b1.jpg




一階座敷。数寄屋風の書院造りになっています。

176_20141013231123afc.jpg




二階座敷。シンプルでありながら、上品でモダンな美的センスを感じさせます。

184_20141013231125ae1.jpg




二階座敷の仕切り欄間。

189_20141013231758ab4.jpg




旧主屋の南側には、青山荘が隣接しています。迎賓館として使用されていた建物で、残されていた図面と基礎に基づいて、解体以前の姿に復元されています。

217_20141013232155ca9.jpg





194_20141013231756c06.jpg





195_20141013231758d30.jpg





197_20141013231802fc0.jpg




青山荘の前面には、復元された池泉回遊式の庭園が広がっています。根津嘉一郎自身による作庭と言われます。

214_201410132323355f8.jpg



根津嘉一郎は山梨県出身の豪商・実業家で、明治期に東京で「甲州財閥」を形成し、明治8年(1905)には東武鉄道の社長に就任、経営再建にあたりました。「社会から得た利益は社会に還元する義務がある」というのがモットーで、地元・山梨の各小学校にピアノを寄贈したり、旧制武蔵高等学校を設立するなど、教育事業にも力を入れていたと言われます。平成15年(2003)、根津家が土地と建物を山梨市に寄贈し、根津記念館として平成20年(2008)に初めて一般公開されました。現存する主屋、長屋門、土蔵はいずれも国の有形文化財に登録されています。

188_201410132317543f2.jpg

スポンサーサイト
 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop