茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧広瀬家住宅 (広瀬歴史記念館) ~愛媛県新居浜市~

旧広瀬家住宅は、明治10年(1877)、初代住友総理人・広瀬宰平の邸宅として旧金子村久保田(現・新居浜市久保田町)に建てられた、明治時代の和風建築です。明治18年に現在地に移築され、現在は広瀬歴史記念館として一般公開されています。

599_201705281128090e0.jpg




ともに重要文化財に指定されている、木造二階建ての母屋(右)と、明治22年増築の新座敷(左)。新座敷は、住友と関係が深く当時名工と言われた大工棟梁・八木甚兵衛の手によります。

717.jpg




母屋一階の中心にある居間。和室ですが暖炉や掘りごたつが設けられ、採光のため天窓が開けられるなど、快適さを備えた作りになっています。

610.jpg




母屋一階の奥に位置する料理場。明治30年代に八木甚兵衛により建てられたもので、見事な梁組と小屋組が見られます。

617_20170528112813f10.jpg




母屋一階・本座敷。新座敷に対して古座敷とも呼ばれていました。

604_20170528112810744.jpg




本座敷では、当時としては珍しく障子や欄間にガラスがはめ込まれています。

690_20170528112815757.jpg




階段室。明治31年(1898)に改造され、居間、本座敷双方から二階へ上がれるようになっています。

687_20170528113243554.jpg




「望煙楼」と名付けられた母屋二階。数寄屋風の座敷が設けられ、便所には洋式便器も設置されています。

671_201705281132416a6.jpg




二階は移築後に改造されており、北方に瀬戸内海を望むことができます。

674_20170528113242f8a.jpg




渡り廊下で母屋と接続された新座敷。別子開坑200年祭の迎賓館として増築されたもので、広瀬邸において最も格式の高い部屋になっています。

619_2017052811305179f.jpg




新座敷の床の間は付書院と琵琶床を備え、天井は格天井になっています。

650_20170528113048a7a.jpg




櫛形の意匠が施された、新座敷の仕切り欄間。

639_20170528113046fba.jpg




新座敷の雪隠。当時としては非常に珍しい、国産の陶器製の洋風便器が設置されています。

638_20170531202101d7a.jpg




新座敷の茶室。正統な数寄屋造りになっています。

655_20170528113049482.jpg




敷地東側に広がる庭園。大阪の庭師・植木屋清兵衛により造られた、明治期らしい自然主義庭園です。

709_20170528113357dc7.jpg



現在一般公開されているのは母屋と新座敷、庭園のみとなっていますが、このほかにも旧広瀬邸では離れや土蔵など往時の建物がほぼ完全に残っており、明治期の住宅建築としてはとても貴重な遺構と言えます。敷地内に建てられた展示館では、広瀬宰平と広瀬が支配人を務めた別子銅山、新居浜市の歴史に関する資料が展示されています。

702_20170528112816f08.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

吉田家住宅 ~徳島県美馬市~

吉田家住宅は、うだつの町並みで知られる徳島県美馬市脇町にある、江戸時代の藍商(藍染の原料を販売する商人)・吉田家の邸宅として、寛政4年(1792)に創建されました。近代以前の建築ですが、内部には随所に遊び心ある意匠が見られます。

487_20170526223309877.jpg




主屋は創建以来、三度の大きな増改築を受けています。街道に面した北面は虫籠窓やうだつの見られる町家造りですが、江戸末期に増築された南面は一階・二階とも縁側を通した、開放的な造りになっています。

482_2017052622330886f.jpg




北面に設けらた御成玄関。吉田家は江戸時代に本陣として使用され、こちらの玄関は本陣の主客を迎える玄関だったものと思われます。

480_201705262233069bb.jpg




一階・奥の間。主人と家族の日常生活の場でした。

440_201705262233058ed.jpg




奥の間と隣の居間の仕切り欄間には、見事な松の彫刻。

373_2017052622331274f.jpg




一階南西隅に位置する主座敷。最も格式の高い部屋で、本陣の主客の間として使用されていました。

451_20170526223556130.jpg




主座敷の付け書院。欄間には鶴の透かしが見られます。

393_20170526223451364.jpg




主座敷に付随する次の間(奥)とつなぎの間(手前)。

466_2017052622355788f.jpg




二階への階段が設けられた、一階前室。一階ではところどころ、内壁にベンガラが塗られている箇所があります。

396_20170526223453f13.jpg




二階は板の間と座敷から構成されます。見事な梁と小屋組が見られる板の間は、倉庫として使用されていたと考えられています。

408_201705262237583f2.jpg




二階・西の間。床の間を備えた8畳の座敷で、付け書院の欄間には鶴の透かしが施されています。

437.jpg




西の間の仕切り欄間は、付け書院の鶴に対応するかたちで亀が彫られています。

431_20170526223800aed.jpg




遊び心溢れる、様々なデザインの釘隠しも見所。

460_20170526223456bd7.jpg





459_20170526223455a2f.jpg





461_20170526223458e50.jpg



吉田家は屋号を「佐直」と称する藍商で、吉田直兵衛により寛政4年(1792)に創業しました。往時は脇町で1、2を争う豪商だったと言われ、見事な建築にその名残をうかがうことができます。主屋以外にも藍蔵や質蔵など計5棟が現存し、美馬市の文化財指定を受けています。

430_201705262237595df.jpg


 
 
 
 

四国探訪⑤~上芳我家住宅(愛媛県喜多郡内子町)~

上芳我家住宅は、内子町八日市地区に残る、かつての豪商の邸宅です。上芳我家は、江戸時代末期に同じ八日市地区の本芳我家から分家し、木蝋生産で財をなしました。

331_20140923133832556.jpg





330_20140924135335e6d.jpg





318_201409241353405e9.jpg




317_2014092413533858e.jpg




328_20140924135347dc3.jpg





314_201409241353367fb.jpg





320_20140924135342531.jpg





321_20140924135344f3b.jpg




326_20140924135345d32.jpg



内子は江戸時代後期から製蝋業が発展し、明治~大正期には生産量国内一位を誇っていましたが、大正期になると製蝋業の衰退とともにその製造場も姿を消すようになり、現在、その施設を完全に残しているのは全国で上芳我家のみと言われています。現在では屋敷全体が国の重要文化財に指定されています。

311.jpg



 
 
 
 

四国探訪②~道後温泉本館(愛媛県松山市)~

道後温泉は万葉集にも登場する古湯で、日本三古湯の一つに数えられています。そのシンボル的存在が、道後温泉本館です。

128_20140916085225c25.jpg




明治27年(1894)に建てられた近代和風建築ですが、数度にわたる増改築を受けており、その構造は複雑なものになっています。

124_20140916085224da6.jpg




最も古くに建てられた神の湯本館棟。三階建てで、二階と三階は北側に高欄を巡らし、最上部には「振鷺閣」と呼ばれる搭屋を頂きます。

120_20140916085228543.jpg




神の湯本館棟は、唐破風や高欄の意匠など、凝った装飾が施されています。

142_20140916085849275.jpg




本館東面。右は明治32年(1899)築の又新殿・霊の湯棟 左が大正13年(1924)築の南棟です。


134_20140916085843ade.jpg




又新殿・霊の湯棟は皇族用に建てられたものです。屋根は銅板葺き、幾重にも破風を連ねた重厚な造りで、二階には「玉座の間」があります。


133_20140916085850669.jpg




南館は二階建てで、南東部のみ三階建てとなります。二階と三階には高欄が巡ります。



137_20140916085847faa.jpg





135_20140916085844503.jpg




南東から見た南館と又新殿・霊の湯棟。


136_2014091608584609d.jpg





玄関棟は南館と同じく大正13年(1924)の建造です。唐破風の車寄せは、道後温泉のイメージそのものです。


129_201409160852268ae.jpg


道後温泉本館は、車寄せをはじめ至る所に設けられた唐破風や、高欄に施された彫刻、屋根に鷺を据えた振鷺閣と呼ばれる塔など、随所に意匠が凝らされた質の高い和風建築で、重要文化財にも指定されています。ちなみに、入浴だけなら料金は税込420円。ボディソープやシャンプーはありませんが(石鹸は50円払えば貰えます)、その辺のスーパー銭湯の半額の値段で入れるんだから、驚きです。

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop