茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧亀岡家住宅 ~福島県伊達市~

福島県伊達市にある旧亀岡家住宅は、伊達崎村(現在の桑折町伊達)の実業家・亀岡正元の住宅として、明治37年(1904)頃に建てられたと推定される和洋折衷の大型住宅建築です。平成7年(1995)、伊達市保原総合公園内の現在地へ移築され、現在は国の重要文化財に指定されています。

IMG_8588.jpg



建物は座敷棟と居住棟から構成されます。座敷棟は木造二階建て、寄棟造り桟瓦葺で、正面に八角形の展望室と玄関ポーチを設けています。赤瓦の屋根、屋根上の尖塔風の通気孔、銅板張りの外壁など、個性的な外観になっています。

IMG_8586.jpg




座敷棟の玄関ポーチには、見事な折上げ格天井が見られます。

IMG_8597_20180121103603cc6.jpg




座敷棟の背面には平屋建ての居住棟が付属します。現在は座敷棟の玄関は使用されておらず、居住棟から内部に入ります。

IMG_8598.jpg




居住棟入口の内側は、土間と板の間で構成される炊事場になっています。洋風の外観に比べ、建物内部は大部分が和風の座敷になっています。

IMG_8619.jpg



居住棟の主室となる、主人居間。「けやきの間」と呼ばれ、見事な折上げ額縁格天井や松竹梅の欄間など、全体にケヤキ材が使用されています。ガラス戸には家名に因んだ亀甲紋の格子が見られます。

IMG_8620.jpg



主人居間の奥にある家族居間。こちらも天井はケヤキ材を使用したもので、木目が市松状になるように配置された折上げ格天井になっています。付書院には、主人居間と同じく亀甲紋の組子が見られます。

IMG_8622.jpg




主人居間や家族居間では、床板や付書院に鶴亀の彫刻が施されています。

IMG_8623.jpg



次の間から見る座敷棟一階の正座敷。「杉の間」とも呼ばれ、床柱の柾目材をはじめ主に秋田杉を使用しています。正座敷、次の間とも天井は僅かに折上げた格天井になっています。

IMG_8626.jpg



座敷棟南東隅にある主人書斎。旧亀岡家住宅で唯一の洋間で、天井は中央を折上げた唐傘天井になっています(案内では「中央折上傘板張天井」となっていました)。

IMG_8627.jpg




座敷棟玄関のガラス戸。旧亀岡家住宅で見られるガラスは、全てイタリアから輸入品です。

IMG_8628.jpg




座敷棟の北端にある廻り階段。ケヤキ材をふんだんに使用し洋風意匠を施した、豪華なものです。

IMG_8629.jpg




階段の直下にあたる一階脇座敷の天井は、階段の曲線に合わせた、珍しいひねり天井になっています。

IMG_8631.jpg

 
座敷棟二階は、中央と四周を廊下が巡り、それらの間に3つの座敷が配置されています。

IMG_8632.jpg



二階・西座敷。床柱に鉄刀木、床框には紫檀、落し掛けには黒柿と、高級材がふんだんに使用され、付書院の格子は全て面取りされています。

IMG_8674.jpg  



二階・東座敷。床廻りには花梨、黒柿、鉄刀木、栗、欅などの銘木を使用し、上質な数寄屋風の意匠としています。中でも埋もれ木を使用した落し掛けや、珍しい「うずら杢」の黒柿を使用した床柱の控え柱は見所です。

IMG_8634.jpg




東座敷の床天井も、菱形の格天井と、凝った造りになっています。

IMG_8635.jpg




二階南面の出窓部分(アルコープ)。左端にはひねりをもたせた階段が設けられ、その上は八角形の三階展望室となります(非公開)。

IMG_8636.jpg




二階の四周を取り巻く廊下では、コーナー部分の床板や天井板が放射状に張られ、天井の竿縁がカーブを描く独特の意匠となっています。

IMG_8637.jpg


施主・亀岡正元は、蚕種製造により財をなし、後には伊達崎村長や県会議員なども務めた人物です。旧亀岡家住宅の設計者ははっきりしませんが、岡山県内に多く残る江川三郎八の作品との共通点が多いとされ、江川による設計と考えられているようです。上質な木材をふんだんに使用し、随所に個性的な意匠や優れた技術を見ることができる、優れた住宅建築です。

IMG_8630.jpg

スポンサーサイト
 
 
 
 

新潟・山形探訪⑥~鶴岡の洋館(山形県鶴岡市)~

更新がすっかり遅れております…
先月の新潟・山形の旅2日目、鶴岡の洋館めぐりです



<大寳館>
 鶴岡公園内にある擬洋風建築で、大正天皇の即位を記念して建設され、大正四年(1915)に完成したものです。バロック様式とルネッサンス様式を取り入れた、美しい洋館です。内部は一般公開されています。

265_20131227233001dcd.jpg



383_20131227233115b37.jpg





<旧鶴岡警察署庁舎>
 致道博物館内に現存する擬洋風建築で、明治十七年(1884)高橋兼吉の設計により建設されました。ルネッサンス様式に大入母屋や入母屋破風を取り入れた、風格のある洋館です(内部は非公開ですが、一般公開に向けてこれから整備を始めるとのことです)

370_2013122723311380b.jpg




301_20131227233003ff8.jpg





<旧西田川郡役所>
 致道博物館内にある擬洋風建築で、廃藩置県後の群制度に伴い、明治十四年(1881)高橋兼吉の設計で建設されました。ルネッサンス様式を基調とし、中央に時計塔やバルコニーを設置した美しい洋館です。国の重要文化財に指定されており、内部は一般公開されています。

303_201312272330048cb.jpg



378_2013122723311425b.jpg



313_20131227233005a5e.jpg





<鶴岡カトリック教会>
 鶴岡公園東方にある、カトリック教会。聖堂(天主堂)は明治三十六年(1903)、司祭館は大正三年(1914)建設の洋館で、聖堂(天主堂)は明治期のロマネスク建築の最高傑作とされ、国の重要文化財に指定されています。


424_20131227233116cde.jpg




428_201312272331172b8.jpg




432_201312272331581bc.jpg


撮影日:2013年11月22日



 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop