茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧邸御室 ~京都府京都市~

双ヶ丘の方麓、京都市右京区御室にある旧邸御室(おむろ)は、昭和12年(1937)に建てられた近代和風住宅です。個人所有ですが、イベントスペースなどに利用され、年に一度、不定期で一般公開されています。




木造2階建ての主屋。改造されている箇所も多く見られますが、概ね創建当初の雰囲気は保たれているものと思われます(2階は特別公開時でも非公開)。

IMG_4067.jpg




玄関内部。式台玄関で、天井は化粧屋根裏、取次には書院が設けられています。

IMG_4113.jpg




取次の先にある、4畳半の茶室。

IMG_4000.jpg




1階・座敷。応接間として使用されたものと思われ、次の間を含めると22畳の広さがあります。床柱をはじめ、柱には檜が用いられています。

IMG_4003_20190728122924a55.jpg




座敷の琵琶棚と書院。天井の網代は、杉の皮を用いたものです。

IMG_4075_20190730204222854.jpg




座敷の欄間。桐の一枚板に、ダイナミックに富士を意匠しています。

IMG_4015.jpg




富士の山裾には、よく見ると三保の松原が広がっています。

IMG_4024.jpg




座敷の襖にも、欄間と対になるように三保の松原が描かれています。





座敷南側の広縁。天井は見事な網代張り、明かり欄間は通気性を考慮して開閉式になっています。

IMG_4030_20190728122929722.jpg




座敷脇の便所。ここでも見事な網代天井が見られます。

IMG_4007.jpg




座敷の北側に続く洋間と土蔵。

IMG_4097.jpg




洋間の格天井。天井画は後年、日本画家・武藤彰氏により描かれたものです。

IMG_4012.jpg




1階東側はかつて居住スペースだったようで、現在では喫茶室や従業員室として使用されています。

IMG_4090.jpg



主屋南側に広がる庭園。双ヶ丘の山裾を背景に利用した廻遊式庭園ですが、いかにも近代以降の日本庭園といった感じで、これといって優れた意匠などは見られません。

IMG_4070.jpg




庭園の上部には、「双庵」と名付けられた茶室があります。主屋と同じく、昭和12年(1937)に建てられたものです。

IMG_4061.jpg




双庵は4畳半に水屋を伴い、北側には付書院風の窓をつけて開放的な作りとしています。

IMG_4041_2019072812342928e.jpg




双庵の西部には、待合も残されています。

IMG_4050.jpg



旧邸御室の施主や設計者は不明ですが、昭和44年(1969)に現所有者の父・株式会社山三製材所社長の山本三夫が購入したことが分かっています。建築としての質の高さ、門跡寺院である仁和寺にほど近い立地など、かなりの家柄の人物により建てられたであろうことが伺えます。

IMG_3994.jpg


スポンサーサイト



 
 
 
 

辻家住宅(辻家庭園) ~石川県金沢市~

金沢市寺町にある辻家住宅は、大正中期、旧加賀藩家老・横山家の別荘に建てられた近代和風建築です。昭和22年(1947)から辻家の所有となり、現在は結婚式場として利用されています。

IMG_3470_2019071620285464e.jpg




主屋は木造平屋建て、屋根は桟瓦葺きの入母屋と寄棟で、南東部には洋間(写真右手)が設けられています。

IMG_3476_20190716204631e19.jpg



主屋の北面と東面は縁側が通され、庇の下はほぼ全面ガラス戸になっています。室内からは金沢市街を望むことができます。

IMG_3482_20190716204633c31.jpg  




主屋南面に張り出した玄関。

IMG_3481.jpg




玄関内部は、鮮やかな赤壁に見事な格天井。

IMG_3487.jpg




玄関右手は洋間になっています。

IMG_3488.jpg



主座敷となる、「群青の間」。目の覚めるような青い壁はラピスラズリによるもので、床柱には北山杉、床板に欅の玉杢、その他には檜材と、高級材がふんだんに使用されています。

IMG_3499.jpg




書院欄間には、鶴の透かしが意匠されています。

IMG_3504.jpg




松の透かしが意匠された、群青の間の欄間。

IMG_3506.jpg




ラウンジとして使用されている座敷。こちらも緑色の壁が鮮やかです。

IMG_3489_20190715155606044.jpg




幾何学的な組子意匠の付書院。

IMG_3493.jpg




こちらの欄間の透かしは、キジと梅でしょうか。

IMG_3547_20190716202854873.jpg




便所前の廊下にある流し。レトロなタイルや手斧削りの縁など、凝った作りです。

IMG_3507.jpg




主屋から渡り廊下を進むと、離れがあります。

IMG_3514.jpg



離れは建物が辻家の所有となって以降の増築ですが、自然木を用いた床柱や付書院の意匠など、見事な作りになっています。

IMG_3535.jpg




光琳桐が意匠された欄間。





離れ手前にある「梅の間」。こちらも昭和22年以降の増築のようで、現在は親族の控え室に利用されています。

IMG_3542.jpg



建物の外には、斜面を利用した庭園の一部が残されています。無鄰菴や平安神宮などを手掛けた近代の名作庭家・7代目小川治兵衛により、大正初年頃に作庭されたものです。

IMG_3522.jpg




庭園の主景となる大滝と流れ。大滝は、溶岩を鉄筋コンクリートで固めて造られています。

IMG_3525.jpg



横山家は加賀八家に数えられた名家で、明治以降は男爵となり、尾小屋鉱山の経営により財を成しました。その繁栄ぶりは「金沢は横山で持つ」と言われたほどで、別荘は20万円(現在の40億円)をかけて造営されたと言われます。今回、こちらで行われた友人の結婚式に出席したため見学することができましたが、平日で式が入っていない日であれば一般の見学も可能なようです。

IMG_3513.jpg


 
 
 
 

旧園邸・松向庵 ~石川県金沢市~

金沢市西町にある旧園邸は、大正10年(1921)頃、羽二重商を営んでいた本郷長次郎により建てられた数寄屋建築です。平成4年(1992)に金沢市の所有となり、現在は(公財)金沢文化振興財団の管理の下、一般公開されています。

IMG_3189_20190707111306bb0.jpg




主屋は木造2階建てで、各階とも外壁は下見板張り、屋根は切妻桟瓦葺になっています。もとは居宅ではなく茶会の会場として建てられたもので、内部では各部屋に炉が切られています。

IMG_3122.jpg




玄関内部。式台、舞良戸、竿縁天井と、全体的にシンプルながらも上質さが窺えます。

IMG_3124.jpg




玄関を上がると、すぐ右手に坪庭があります。この坪庭を中心に、建物が構成されています。

IMG_3175.jpg





主屋1階・広間。奥の座敷が10畳、手前は7畳半の仏間です。

IMG_3130.jpg



座敷では全体の意匠構成は至ってシンプルですが、琵琶棚には欅の一枚板、各柱には杉柾目と、高級材が用いられています。北側は土間縁となっており、引戸の外には露地が設けられています。

IMG_3134.jpg




座敷の天井には屋久杉が使用されています。見事な木目です。

IMG_3181.jpg




仏間。床脇に仏壇が格納されていたようです。

IMG_3131.jpg




座敷と仏間の間には、格式高い筬(おさ)欄間。

IMG_3144.jpg




こちらは栗の釘隠し。

IMG_3133.jpg




座敷の西側に隣接する、6畳の次の間。床と水屋が設けられています。

IMG_3138.jpg




次の間の釘隠し。

IMG_3140.jpg




主屋の西面は土間になっており、奥へ進むと土蔵もあります。

IMG_3158.jpg




主屋2階は、2間の簡素な座敷のみで構成されています(2階は非公開です)。

IMG_3162.jpg




1階に戻り、坪庭の南側にある座敷。手前の次の間には水屋が設けられ、この座敷の外にも露地が意匠されています。

IMG_3164.jpg




間越欄間は竹を1本渡しただけのシンプルなもの。当初からの意匠のようです。

IMG_3167.jpg




主屋の東側には、3畳台目の茶室「松向庵」が付属します。

IMG_3155.jpg




松向庵の水屋。

IMG_3149.jpg




旧園邸は、表千家12代家元・千宗左(惺斎)の指導の下に造営されたもので、のちに園家の居宅として使用されました。華やかな意匠の多い大正期の和風建築にあって、旧園邸では高級材を用いながらも装飾を最小限にしており、シンプルでモダンな印象を受けます。

IMG_3178_201907071120337b5.jpg


 
 
 
 

旧中林邸 (付・松声庵) ~石川県金沢市~

金沢市高岡町にある旧中林邸は、表千家茶道家・中林宗代氏の居宅だった、昭和初期(推定)の数寄屋建築です。主屋と門(木戸)、塀が現存し、(公財)金沢文化振興財団の管理の下、曜日を限定して公開されています。

IMG_3043.jpg




主屋は木造2階建てで、1階部分が南北に雁行する構造になっています。玄関は正面となる北側に設けられています。

IMG_3051.jpg




玄関内部。欄間に隙間が設けられ、軽やかな印象です。

IMG_3054.jpg



玄関を入ると畳敷の廊下となります。自然木を利用した長押や、葦簀(よしず)張りの化粧屋根裏など、随所に数寄屋の遊び心が感じ取れます。

IMG_3107.jpg




南北2間続きの1階座敷。どちらの座敷も6畳で、炉が切られています。

IMG_3057.jpg




2間のうちの、南側の座敷。床の間は、踏込床の一種・原叟床(げんそうどこ)を崩したような様式です。

IMG_3055.jpg




南側座敷の天井。全面網代ですが、左側では竿縁が通されています。

IMG_3102.jpg



1階・北側の座敷。こちらも書院を省略しており、角竹の床柱、自然木の落掛、手斧削りを残した床框など、やはり数寄屋風の座敷です。

IMG_3063.jpg




2つの座敷の間越欄間。なんともモダンな意匠です。

IMG_3061.jpg




襖絵の引手にも、さり気ない遊び心。

IMG_3067.jpg




座敷南側の土間縁と化粧屋根裏。引戸のガラス窓は当初のもので、その外は露地になっています。

IMG_3081.jpg



座敷の奥にある水屋。中林宗代氏は表千家の師範だったそうで、生活の場だけではなく、茶道の教室としての役割も持っていたでしょう。

IMG_3069.jpg




2階は、座敷(8畳)と次の間(4畳半)だけの小さな空間になっています。見事な木目の天井板は、屋久杉でしょうか。





2階の欄間は、竹の節をうまく意匠に利用したもので、旧西園寺公望別邸で見られるものと似ています。

IMG_3092.jpg




2階襖の引手は、鳳凰の意匠。

IMG_3097.jpg




門は数寄屋風の簡素な木戸ですが、板戸の木目や手斧削りの格子など、味があります。

IMG_3113.jpg



旧中林邸に付属する形で、5畳と3畳の2つの茶室で構成される「松声庵」(写真左手前)があります。建築年代は不明ですが、もとは幕末~明治期の数寄者・金谷三次郎の居宅にあったもので、大正期に常盤町の油谷邸に移築、平成13年(2001)に旧中林邸内に再移築されました。

IMG_3114_20190706220832470.jpg



松声庵の5畳。地板の少し奥まった所に床柱を立て、脇壁に吹抜けを入れた原叟床と呼ばれる様式で、表千家6世・原叟宗左(覚々斎)好みとされます。

IMG_3078.jpg



松声庵の3畳。こちらは半畳大の正方形の地板を敷いた桝床(ますどこ)と呼ばれる様式で、ここでは丸い炉と向板(点前座の向こうに入れた板)が敷かれているのが特徴です。

IMG_3074.jpg



旧中林邸の正確な建築年代は不明で、金沢市の教育委員会に問い合わせたところ、昭和初期の建築であることは確認が取れているとのことでした。現在は土日と火木の午前中に公開されているほか、茶室としての貸出も行なっているようです。なお、市のHPやパンフレットでは、旧中林邸も含めて「松声庵」として紹介されていますので、ご注意下さい。

IMG_3048.jpg


 
 
 
 

金沢地方検察庁旧検事正官舎(付・旧高峰家住宅離れ)~石川県金沢市~

金沢地方検察庁旧検事正官舎は、金沢城址の北側・黒門地区にある、明治期の和風建築です。現在は和館の一部(座敷)と洋館(応接間)のみが保存され、「黒門前緑地」の休憩館として公開されています。
※ 検事正=地方検察庁トップ

IMG_2995.jpg




和館と応接間はいずれも木造平屋建て、屋根は寄棟桟瓦葺で、和館西面に客用玄関が設けられています。

IMG_3038.jpg




玄関車寄せの天井は、格天井になっています。

IMG_2985.jpg




玄関内部。ここからでは内部の様子は全く窺えません。

IMG_3033.jpg




玄関を入った内側は廊下になっています。左に進むと座敷、右に進むと洋館です。

IMG_3030.jpg




10畳の広さがある、和館座敷。琵琶床と付書院のある書院造で、天井は見事な折上格天井です。

IMG_2987_20190630195215751.jpg




書院障子の組子意匠。

IMG_2992.jpg




座敷の欄間。天井の折上部分には、金唐革紙(きんかわからかみ)が張られています。

IMG_2999.jpg




欄間の透かし彫り。竹と菖蒲でしょうか。

IMG_3002.jpg




こちらは梅と菊…?

IMG_3003.jpg




明かり欄間の意匠。

IMG_3027.jpg




障子にはめ込まれたガラスには、山や田畑の風景が描かれています。

IMG_3029.jpg




座敷の南側には縁側が通されています。

IMG_3031_20190630195213ea9.jpg




洋館内部。現在は事務室として使用されています。

IMG_3015_201906301954384e4.jpg




洋館の照明と天井中心飾り。照明の支柱には、アール・ヌーヴォー風の装飾が見られます。

IMG_3018.jpg



和館の北東部に、旧高峰家住宅の離れが移築されています。アドレナリンやタカジアスターゼを発明した科学者・高峰譲吉の父の居宅として、明治5年(1872)に現在の大手町に建てられたものです。昭和39年(1964)に湯湧町の江戸村へ移築、平成13年に現在地へ再移築されました。

IMG_3036_20190630195525a67.jpg



離れは、床のある9畳と4畳半の茶室、その奥の3畳の水屋が移築・保存されています。いずれも天井には「江戸サラサ」風の紙が張られています。

IMG_3011.jpg




3畳の水屋。舟底天井になっています。

IMG_3024.jpg



金沢地方検察庁旧検事正官舎は、明治43年(1910)、兼六園下に建てられ、大正7年(1918)に現在地へ移築されました。もとは現存部分の2倍以上の規模があったようです。旧高峰家住宅離れも含めて、平成13年(2001)に黒門前緑地として現在の姿に整備されています。

IMG_2997.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop