茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

古民家山十邸 ~神奈川県愛甲郡愛川町~

神奈川県愛川町にある古民家山十(やまじゅう)邸は、明治16年(1883)、当地の豪農・熊坂半兵衛の住居として、中津川の河岸段丘上に建てられました。幾度か所有者が変わったのち、昭和63年(1988)に愛川町の所有となり、現在は一般公開されています。

IMG_7059.jpg




主屋は典型的な農家の構造をしていますが、屋根は当時珍しかったであろう瓦葺きとなっています。施工は愛川町半原の宮大工・矢内家の右仲、左仲、左文治の三兄弟とされます。

IMG_7062.jpg




主屋南面を占める土間。

IMG_7065.jpg




出居。邸内最大の部屋で、太い格縁の格天井は、前回ご紹介したお隣・厚木市の旧岸家住宅広間と似ています。

IMG_7067_20170424201421117.jpg




主屋北西隅にあたる大広間。付書院と違棚のある正統な書院造りで、天井の竿縁には黒漆が塗られています。

IMG_7083.jpg




大広間の書院障子。細やかな組子の意匠が見事です。

IMG_7075.jpg




大広間の仕切り欄間。

IMG_7118.jpg




大広間の障子は額入り障子になっており、座りながら外の庭園を眺めることができます。

IMG_7129.jpg




茶の間。奥に納戸、二の間と続きます。

IMG_7108.jpg




北東隅にあたる二の間。こちらも大広間と同じく正統な書院造りになっています。

IMG_7128.jpg




二の間の付書院。欄間の松の透かし、障子の幾何学的な組子が見事です。

IMG_7110.jpg




主屋の北部には、枯山水の庭園が造られています。

IMG_7100.jpg




明治期の庭園らしくあまり面白みはありませんが、枯滝上部の遠山石はまずまず見応えのあるものでした。

IMG_7142.jpg




庭園から主屋を見る。

IMG_7136.jpg



熊坂半兵衛の邸宅として建てられた山十邸ですが、昭和19年(1944)には思想家・大川周明の所有となり、同32年までその住居として使用されています。伝統的な農家の構造をしていながらも、細部に凝らされた意匠は見事で、格式の高さが感じらる建築です。なお、「山十」とは熊坂家の屋号です。

IMG_7066.jpg



スポンサーサイト
 
 
 
 

旧岸家住宅(厚木市古民家岸邸)② ~神奈川県厚木市~

旧岸家住宅、後編は主屋二階部分をご紹介します。二階は東西に並ぶ3つの座敷と、北側の洋間から構成されます。

073_20170419215019447.jpg




東側座敷。天井は神代杉の一枚板が使用されています。

053_20170418205212a5d.jpg




組子の意匠が繊細な、東側座敷の襖。

089_20170418205806fbd.jpg




中央の座敷。二階は一階に比べ天井が低いのですが、これは当時この地域で多く見られた、養蚕農家の住居構造から影響を受けたものとされます。

060_201704182052146bf.jpg




中央座敷の襖には、銀箔が貼られています。

091_20170418205808fe5.jpg




付書院を伴う、西側座敷。西側広縁の窓には、旧岸家住宅最大の見所である、色ガラスによる市松模様が見られます。

068_201704182052176a6.jpg




中央と西側の座敷の仕切り欄間。左右で意匠が異なる、凝った作りになっています。

066_20170418205216688.jpg




二階南面は、東西に広縁が通されています。

058_20170418205214d8d.jpg




広縁の窓。幾何学的な格子のデザインが見事です。

094_20170418205219e80.jpg




各部屋で意匠が異なる、襖の引手も見所。

087_20170418205806eb6.jpg





093_2017041820580942b.jpg




二階北側に位置する洋間。ここにも西側の窓に、赤い色ガラスがはめ込まれています。

IMG_7163.jpg




アール・ヌーヴォー風の装飾が見られる、洋間の照明。

111_20170418205624124.jpg




洋間の窓の格子も、凝ったデザイン。

110_2017041820562403b.jpg




階段手摺りにも、細やかな透かしが施されています。

052_2017041821052820f.jpg




明治24年に建てられた旧岸家住宅ですが、主屋は度々増改築を受けており、創建時とは少なからず姿を変えているようです。いずれにしても、各部屋で異なる建具等の意匠や色ガラスなど見所は多く、神奈川県内でも屈指の近代和風建築と言えます。

095_20170418205220e13.jpg


 
 
 
 

旧岸家住宅(厚木市古民家岸邸)① ~神奈川県厚木市~

厚木市郊外・上荻野にある旧岸家住宅は、当地の地主・岸家の住居として明治24年(1891)に建てられた和風建築です。幾度かの増改築を経て、現在は厚木市による管理の下、「厚木市古民家岸邸」として一般公開されています。見所が多いので2回に分けて、前編となる今回は主屋一階部分を中心にご紹介します。

135_201704161119221ff.jpg




主屋は木造二階建て、一階は六間取りに土間を設けた典型的な農家の造りですが、二階に座敷や洋間を設け、屋根を瓦葺きとするなど、当時最新の様式を取り入れています。

141_201704161119234c2.jpg




主屋南面に設けられた客用玄関。格天井や横壁の飾り窓など、格式の高さが際立つ空間です。

022_20170416111919671.jpg




客用玄関の飾り窓。

021_20170416111918bcf.jpg




一階・広間。天井は、松に黒漆を施した格天井になっています。

031_20170417205342c55.jpg




一階・中の間。主屋内部は、部屋ごとに欄間や襖のデザインが異なっています。

130_20170416112146c02.jpg




一階・控えの間。仕切り欄間には松竹梅の透かしが施されています。

042_20170416112143ee6.jpg




付書院を伴う、一階・奥座敷。

049_20170416112145b56.jpg




組子が見事な奥座敷の書院障子。板欄間には富士と松原の透かしが見られます。

119_20170416112311740.jpg




一階は、便所にまでも凝った作りが見られます。

131_201704161124040a3.jpg





132_2017041611240210c.jpg




その他の建具や照明も、デザインに富んでいます。

125_201704172053410e0.jpg






122_20170417205340325.jpg





010_20170416112505290.jpg





117_20170416112508333.jpg




二階への階段。欅に吹き漆を施しており、現在でも衰えぬ美しさに驚かされます。

043_2017041611214414d.jpg


②に続きます。次回は主屋二階をご紹介します。

 
 
 
 

旧川﨑家住宅(紫織庵)~京都府京都市~

地下鉄烏丸御池駅から徒歩約5分、京都市中京区にある旧川﨑家住宅は、綿布商を営んでいた豪商・井上利助によって大正15年(1926)に建てられた大塀造りの住宅建築です。昭和40年から平成9年まで白生地商・川﨑家の住宅・迎賓館として使用され、現在は浴衣や襦袢の製造・販売を行う株式会社丸栄によって、「京のじゅばん&町家の美術館・紫織庵」として使用されています。

341_20170313204949950.jpg




主屋東側に付属する玄関棟。手前の洋間部分はF.L.ライトの建築を参考に武田五一が設計したもので、外壁には旧帝国ホテルと同様の大谷石とタイルが使用されています。

438_20170313204948e1d.jpg




洋間内部は天井を折上格天井とし、床は寄木張り、東面には電熱暖炉を備えています。木材部分は全てチーク材を使用しています。

349.jpg




玄関棟の先端にある茶室。もともと「紫織庵」とは、この茶室の名称でした。

357_20170313204952c48.jpg




茶室は、当時数寄屋の名工と呼ばれた上坂浅次郎が手掛けています。

360_20170313204954819.jpg



主屋一階・客間。広さ15畳、一階の主室で、奥には仏間が続きます。仏間との間の欄間は東山三十六峰を模ったもので、当時の京都画壇で注目を集めていた竹内栖鳳の手によるものです。客間を含め、旧川﨑家住宅では和室部分を上坂浅次郎が手掛けています。

374_20170313204945a32.jpg




主屋一階・畳敷の中廊下。

371_20170313204943da2.jpg




主屋一階の東西両側には広縁が通され、西側広縁の外には京町屋らしく露地風の中庭が造られています。

370_20170313204942bf3.jpg




主屋西側に続く便所浴室棟。浴室と着替化粧室の戸は、湿気を逃がすために網代張りとなっています。

412_20170313205150a5b.jpg




主屋二階・洋間。サロンとして使用された部屋で、一階洋間同様、武田五一が設計を担当しています。

405_20170313205149cc8.jpg




洋間の照明は、アール・ヌーヴォー風の意匠が見事。

396_20170313205144d59.jpg




洋間東面にはステンドグラスも見られます。

390_20170313205142068.jpg




393_201703162106238aa.jpg




現在は「長襦袢友禅資料室」となっている、主屋二階・座敷。次の間との仕切り欄間には、光琳桐が彫られています。

419_20170313205152950.jpg




一階洋間の屋上は祇園祭の際に鉾見台として使用されたそうで、二階東側の広縁と通路で往き来できるようになっています。

403_201703132051475e7.jpg




伝統的な町家建築が多く残る京都ですが、数寄屋の中に洋風をうまく取り込んだ旧川﨑家住宅は、近代の京町家の様式を今に伝える貴重な存在です。主屋をはじめ当初の建物が一連で残り、洗練された質の高い意匠を随所に見ることができます。なお、見学にあたっては事前に紫織庵のホームページからの予約が必要となります。

383_2017031620162709d.jpg


 
 
 
 

旧木島櫻谷家住宅(櫻谷文庫)~京都府京都市~

京都市北区衣笠の地にある旧木島櫻谷家住宅は、明治末期から昭和初期にかけて活動した日本画家・木島櫻谷(このしまおうこく)の旧宅です。同じく京都市内に残る白沙村荘などとともに近代日本画家の旧宅として貴重な遺構で、敷地内には大正2年(1913)に竣工した主屋(和館)、洋館、画室が現存します。

212_2017031319495916d.jpg




主屋は木造二階建ての和館、その西に木骨モルタル造二階建ての洋館が並んでいます。

170_20170313195325c09.jpg




主屋一階・客間。炉はありませんが、数寄屋風の瀟洒な造りになっています。

125_20170313195000bed.jpg




主屋一階・仏間。

129_201703131950022b6.jpg




東山三十六峰を模った、仏間の欄間。

154_20170314220713113.jpg




主屋一階・居室。一階はもともと「田の字」型の典型的な農家の間取りだったものを、後年に改築していることが分かっています。

208_20170313194958ea0.jpg




主屋二階・控室。奥に座敷が続きます。

142_20170313195136c37.jpg




主屋二階・座敷。10畳の座敷2室が南北に配置されています。

165_20170313195133183.jpg




二階・南側座敷の床の間。天井は、北半分と南半分で意匠に変化をつけています。

155_201703131951325fa.jpg




二階は西側以外の三面に広縁が設置され、眺望に優れています。かつては周囲に高い建物がなく、北山や東山三十六峰を望むことができたといいます。

139_20170313195134727.jpg




主屋西方に建つ洋館。二階建て部分の応接棟と、奥に収蔵棟が続いています。

168_20170313195323e12.jpg




洋館二階への階段。緩やかなカーブが美しい、木造の螺旋階段です。

177_20170313195654753.jpg




洋館二階・応接間。床の間を設けた和洋折衷の造りで、内壁は漆喰、腰壁は押縁の竹を使用した板張りとなっています。

185_20170313195319d12.jpg




応接間では床の間や内壁に軸釘が打ち込まれ、部屋全体が掛け軸の展示室として機能していました。

182_20170313200005b14.jpg




敷地北部に残る、木造平屋建ての画室。画室の前面にはかつて池が広がっていましたが、現在では埋め立てられテニスコートになっています。

190_20170314211555036.jpg



木島櫻谷は京都三条室町の商家出身で、京都画壇の大家・今尾景年に師事し、円山四条派の流れをくみながらも西洋の写実的技法を取り入れた独特の作風で、京都画壇において人気を集めました。櫻谷の死後、財団法人櫻谷文庫が設立され、現在に至るまで旧木島櫻谷家住宅を管理しています。なお建物及び敷地内部は通常非公開で、現在は桃の節句に合わせて毎年3月の金土日祝日に特別公開されているようです。

191_20170313195322fdf.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop