茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧山中正吉家住宅(近江日野商人ふるさと館) ~滋賀県蒲生郡日野町~

旧山中正吉家住宅は、江戸時代末期に建てられた、日野商人・山中正吉家の旧宅です。幾度かの増改築を経て昭和13年(1938)頃に現在の姿となり、現在は近江日野商人ふるさと館として公開されています。

170_201707021916144d4.jpg




主屋玄関。左手のモルタル壁の部分は、昭和初期に増築された新座敷の洋間です。

173_20170710211901936.jpg




玄関内部。通り土間に続いており、右手は式台を上がると「みせのま」「ぶつま」と続きます。

251_20170702191622779.jpg




主屋「ぶつま」。主屋は伝統的な農家の構造で、数寄屋や洋間を取り入れた新座敷とは対照的です。

177_2017070219161781e.jpg




主屋の釘隠しはコウモリを模ったもの。江戸時代以前、コウモリは縁起の良い動物と考えられていました。

238_2017070219162149a.jpg




主屋に隣接して設けられた桟敷と、塀に開けられた桟敷窓。日野祭の山車を見物するために設けられたもので、日野の旧家によく見られます。

190_2017070219161845b.jpg




通り土間に面して設けられた電話室。

200_20170702191620ad6.jpg




通り土間には、かまどが設けられています。通り土間を隔てた北側には新座敷が続きます。

174_20170702191746dd9.jpg




新座敷主室。洗練された数寄屋風の座敷で、貴賓用の応接室でした。

220_201707102119038c6.jpg




新座敷の仕切欄間には、桐や鳳凰の見事な透かしが施されています。

222.jpg




新座敷には、電熱暖炉を備えた洋間も設けられています。

228_20170702191936d50.jpg




新座敷の浴室。シャワーを備えた洋風の空間で、窓にはステンドグラスも見られます。

204_201707021917495db.jpg




新座敷浴室の脱衣場。浴室とは対照的に和風の空間です。

201_20170702191747668.jpg




脱衣場の照明。

209_2017070219174599d.jpg



山中正吉家は、前回ご紹介した山中兵右衛門家の分家で、初代正吉は駿河国大間村(現・静岡県富士市)で天保2年(1831)から酒造業を経営し、財をなしました。その後山中正吉商店、富士高砂酒造株式会社と名を変え、現在も富士市で営業しています。

221_20170710212515db0.jpg
スポンサーサイト
 
 
 
 

旧山中兵右衛門家住宅(近江日野商人館) ~滋賀県蒲生郡日野町~

旧山中兵右衛門家住宅は、日野商人として江戸中期から活躍してきた山中兵右衛門家の本邸として、昭和11年(1936)に建てられた木造二階建ての和風建築です。昭和56年(1981)に日野町に寄贈され、現在は日野商人ふるさと館として一般公開されています。

156_201707021830022fb.jpg




表玄関内部。格天井を備えた、来客用の格式高い玄関です。

108_20170702182957669.jpg




一階・第一応接室。現在は展示室として利用されています。

111_20170702182958ad5.jpg




第一応接室には電熱器が置かれています。国産第一号のものと言われます。

114_20170702182959b3c.jpg




第二応接室。一見フローリングのように見える床は寄木張りで、創建当初のものです。

116_20170702183000e82.jpg




切子細工による、第二応接室の照明器具。こちらも創建当初のものです。

123_20170702183251545.jpg



貴賓用の応接室だった、一階・奥座敷。日野商人の邸宅は表通りから見えない奥の部屋に多くの資金をかけていると言われますが、この奥座敷でも屋久杉の天井をはじめ、随所に高級材が使用されています。

125_20170702184012893.jpg




奥座敷床の間。床柱に杉の四方柾目、床脇に欅の一枚板と、高級材が使用されています。付書院の組子の意匠も見事。

154_201707021836294d5.jpg




鳳凰の透かしが施された、奥座敷の仕切欄間。桐の一枚板を使用しています。

131_201707021836317d0.jpg




欄間窓の組子も、美しい意匠。

141_20170702183633462.jpg




継ぎ目のない赤松の一枚板が敷かれた、奥座敷の廊下。

139_20170702183631ab1.jpg




奥座敷の襖には、七宝焼きによる引手が取り付けられています。

138_2017070218374440d.jpg




玄関のすぐ北側にある電話室と階段室。階段室の扉には屋久杉が使用されています。

145_20170702183745a11.jpg




欅を使用した階段。二階は展示室として大幅に改修されてしまっているので、割愛します。

152_20170702183746839.jpg




主屋北側にある庭園。敷地内には土蔵二棟も現存します。

137_20170702183744952.jpg


旧山中兵右衛門家住宅は、昭和恐慌による失業者救済のための「お助け普請」として、6代目兵右衛門自らの設計により建てられました。当時としては珍しかった自家水道や水洗トイレ、バリヤフリーの先駆けとなる段差のない敷居など、随所に先進技術が取り入れられています。なお、山中兵右衛門家は日野出身の商家ですが、初代が駿河国御殿場(現・静岡県御殿場市)に店舗を構えてからは沼津や小田原を中心に商売を行い、現在も駿東郡清水町で酒類の販売を行っています。

163_20170702183748572.jpg


次回は山中兵右衛門家から分家した、旧山中正吉家住宅をご紹介します。

 
 
 
 

慶雲館 ~滋賀県長浜市~

長浜市にある慶雲館は、明治天皇の長浜滞在時の行在所として、明治20年(1887)に建てられた木造二階建ての和風建築です。長浜の実業家・浅見又蔵が私費を投じ、3か月ほどの突貫工事で建設、昭和10年(1935)から長浜市の所有となり、現在は一般公開されています。今回、約2年振りに再訪しました。

679_20170623232126206.jpg




主屋北面。主屋は寄棟造り桟瓦葺ですが、玄関車寄せのみ杮葺になっています。

729_201706232321308de.jpg




玄関内部。主屋は総檜造りになっています。

725_20170623232209ce7.jpg




一階は、東西に3つの座敷が並び、南面は広縁が通されています。

636_20170623232121ca8.jpg




一階西端の座敷には、数寄屋風の床の間が設けられています。

633_20170623232120c80.jpg




一階東端の座敷。炉が設けられ、茶室として使用されたようです。

638_20170623232123acf.jpg




バリエーション豊かな、一階の欄間。

704_20170623232127e84.jpg



一階南面の広縁は、畳が敷かれ縁座敷になっています。建物外には、「植治」こと7台目小川治兵衛が手掛けた庭園が広がりますが、そちらは次回取り上げたいと思います。

643_2017062323212453b.jpg




二階への階段手摺。長浜のシンボルである瓢箪の意匠が施されています。

650_2017062323233314a.jpg




二階・36畳の広間。南面は高欄が設けら、現在は埋め立てにより後退していますが、かつては庭園を挟んですぐ南側に琵琶湖が広がっていました。

653_2017062323232584a.jpg




二階・玉座の間。明治天皇と昭憲皇后を迎えるための部屋でした。

655_20170626190248df5.jpg




二階・広間の襖絵。作者が誰なのか分かりませんでしたが、創建当初のものといいます。

661_20170623232326b16.jpg




襖の引手も、見事な意匠。

675_2017062323233000b.jpg




広間のレトロな照明器具は、梅の花をモチーフにしたものです。

666_20170623232327e2f.jpg




二階広間の東側には、15畳の座敷が隣接しています。

652_20170623232323497.jpg



慶雲館は、とても工期3か月で建てられたとは思えない上質な和風建築です。天皇の行在所としての役目を終えたのちも、浅見又蔵の別邸として使用されました。なお、浅見又蔵は長浜の薬種商の出身で、22歳のときに浅見家の養子となり、浜縮緬の製造で浅見家を長浜有数の豪商へと発展させました。また、県会議員や町会議員を務め、銀行や小学校の設立に関わるなど、長浜の近代化に大きく貢献しています。

IMG_8204_20170626191125498.jpg


次回は慶雲館の庭園をご紹介します。


 
 
 
 

内野邸 ~神奈川県小田原市~

小田原市板橋の旧東海道沿いにある内野邸は、醤油醸造業を営む内野家の住居兼店舗として、明治36年(1903)に建てられました。主屋と袖蔵、穀蔵、かつての醤油工場などが残され、毎月第2・第4の土日に一般公開されています。

005_2017061018364189b.jpg



主屋は木造2階建てで、蔵造りの形式をとっています。外壁を黒漆喰塗り込めとし、玄関や窓には鉄扉を備え、窓周りに銅板を張るなど、防火を強く意識した構造になっています。

057_20170610183640478.jpg




一階の店舗入口。アーチ型の洋風意匠が特徴です。

056_20170610183638dbf.jpg




一階・事務所。かつてはここで醤油の計り売りが行われていました。

006_2017061018403686b.jpg




一階・玄関。写真中央の柱は、欅を用いた大黒柱です。

052_20170610183637f1d.jpg




一階・座敷。書院障子の組子には見事な意匠が見られます。

032_20170610184029be2.jpg




一階・座敷の欄間。櫛形の意匠です。

036_201706101840326fa.jpg




一階座敷の北面と東面は、猫間障子で区画されています。上部の欄間も見事な意匠。

033_20170610184031603.jpg




主屋北側に増築された隠居所。茶室としても使用されていたようです。

044_2017061018403362a.jpg




主屋北西隅に設置された客用階段。主屋ではこの他にも、配膳用にもう一つ階段が設置されています。

049_20170610184034f46.jpg




客間として使用された、二階・10畳座敷。二階は10畳と8畳の座敷が南北に並んでいます。

009_20170610184238260.jpg




干網と亀甲の意匠が施された、10畳座敷の書院障子。細い組子を繋ぎ合わせた、見事な意匠です。

008_201706101842373eb.jpg




二階10畳座敷も、北面と東面が猫間障子で囲まれています。上部の欄間の意匠も見事。

011_20170610184239ec1.jpg




10畳座敷の南側に並ぶ、8畳座敷。10畳座敷が主客用であるのに対し、こちらは付き人のための部屋でした。

023_20170610184351682.jpg




座敷の仕切り欄間には、雌雄の鳳凰の透かし。

021_20170610184350ba8.jpg



内野家は、万延元年(1860)、酒造業を営んでいた本家から分家したのを始まりとし、「ブコー(武功)醤油」というブランドで3代に渡り醤油醸造業を営みました。昭和55年(1980)に醤油醸造業を廃業すると、一時は内野邸の解体も検討されたようですが、現在は内野家所有のもと、非営利団体・板橋まちなみファクトリーによって管理されています。なお、小田原はかつて別荘地として多くの政財界人が別邸を構えた地で、内野邸の近くにも松永安左ヱ門の老欅荘や、山縣有朋の古稀庵庭園などが残されています。

020_20170610184348d98.jpg


 
 
 
 

旧広瀬家住宅 (広瀬歴史記念館) ~愛媛県新居浜市~

旧広瀬家住宅は、明治10年(1877)、初代住友総理人・広瀬宰平の邸宅として旧金子村久保田(現・新居浜市久保田町)に建てられた、明治時代の和風建築です。明治18年に現在地に移築され、現在は広瀬歴史記念館として一般公開されています。

599_201705281128090e0.jpg




ともに重要文化財に指定されている、木造二階建ての母屋(右)と、明治22年増築の新座敷(左)。新座敷は、住友と関係が深く当時名工と言われた大工棟梁・八木甚兵衛の手によります。

717.jpg




母屋一階の中心にある居間。和室ですが暖炉や掘りごたつが設けられ、採光のため天窓が開けられるなど、快適さを備えた作りになっています。

610.jpg




母屋一階の奥に位置する料理場。明治30年代に八木甚兵衛により建てられたもので、見事な梁組と小屋組が見られます。

617_20170528112813f10.jpg




母屋一階・本座敷。新座敷に対して古座敷とも呼ばれていました。

604_20170528112810744.jpg




本座敷では、当時としては珍しく障子や欄間にガラスがはめ込まれています。

690_20170528112815757.jpg




階段室。明治31年(1898)に改造され、居間、本座敷双方から二階へ上がれるようになっています。

687_20170528113243554.jpg




「望煙楼」と名付けられた母屋二階。数寄屋風の座敷が設けられ、便所には洋式便器も設置されています。

671_201705281132416a6.jpg




二階は移築後に改造されており、北方に瀬戸内海を望むことができます。

674_20170528113242f8a.jpg




渡り廊下で母屋と接続された新座敷。別子開坑200年祭の迎賓館として増築されたもので、広瀬邸において最も格式の高い部屋になっています。

619_2017052811305179f.jpg




新座敷の床の間は付書院と琵琶床を備え、天井は格天井になっています。

650_20170528113048a7a.jpg




櫛形の意匠が施された、新座敷の仕切り欄間。

639_20170528113046fba.jpg




新座敷の雪隠。当時としては非常に珍しい、国産の陶器製の洋風便器が設置されています。

638_20170531202101d7a.jpg




新座敷の茶室。正統な数寄屋造りになっています。

655_20170528113049482.jpg




敷地東側に広がる庭園。大阪の庭師・植木屋清兵衛により造られた、明治期らしい自然主義庭園です。

709_20170528113357dc7.jpg



現在一般公開されているのは母屋と新座敷、庭園のみとなっていますが、このほかにも旧広瀬邸では離れや土蔵など往時の建物がほぼ完全に残っており、明治期の住宅建築としてはとても貴重な遺構と言えます。敷地内に建てられた展示館では、広瀬宰平と広瀬が支配人を務めた別子銅山、新居浜市の歴史に関する資料が展示されています。

702_20170528112816f08.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop