茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

三宜楼 ~福岡県北九州市~

北九州市門司区にある三宜楼(さんきろう)は、昭和6年(1931)に建てられた料亭建築です。昭和30年代に廃業となり、平成21年に北九州市が建物の所有権を取得、その後修復工事を経て同26年から一般公開されています。


602_201710291919538d7.jpg




木造三階建てで、現存する三階建ての木造建築では九州最大と言われます。


778_20171029191953ed4.jpg



玄関は一階東面に設けられています。欄間には屋久杉が使用され、天井も竿縁天井に一部格天井を合わせた、凝った造りになっています。

605_201710291919515ce.jpg




一階座敷。一階は、大部分がふぐ料理店「三宜楼茶寮」の店舗として使用されているため、見学が制限されています。

613_20171029192202cf2.jpg



一階のギャラリーはかつての配膳室で、二階まで吹き抜けとなっています。往時は土間で、奥には調理場が続いていました。天井の長方形の部分は、当時画期的だった電動式リフトの痕跡です。

732_20171029192200ff5.jpg




一階北西部にある、支配人居室。仏壇が設けられています。

728_2017103020362829c.jpg




「出世階段」とも呼ばれる二階への階段には、四つの下地窓があり、下から順に松、雲、山、月を表しているとされます。

734_2017102919220031e.jpg




二階には64畳の大広間があります。

653_20171029192349768.jpg




大広間の床の間は琵琶床を備え、床柱には紫檀と黒檀が使用されています。火燈窓や書院障子の組子意匠も見所。

636_20171029192351651.jpg




格天井や矢羽根の意匠も見られる、大広間の天井。

757_2017102919284441d.jpg




大広間の西側は能舞台が設けられています。こちらは見事な折り上げ格天井が見られます。

663_20171029192350a54.jpg



二階・ダンスホール手前のベンチ。ガラス窓の向こうは、戦後、三宜楼を接収した米軍によりダンスホールとして使用されていたようです。

745_20171029192444ef3.jpg




三階廊下。竿縁天井の一部を網代張りにしています。左手には往時の電話室も。

690_20171029192529dfb.jpg




三階北東隅の座敷は「俳句の間」と呼ばれ、高浜虚子も訪れたそうです。窓の外には関門海峡を望むことができます。

703_20171029192717d28.jpg




三階廊下の壁面にも、意匠が凝らされています。三階には「俳句の間」以外にも複数の部屋がありますが、修復が進んでおらず、公開されていません。

686_20171029192532916.jpg




二階西側階段の天井にも、細やかな意匠が見られます。

724.jpg




部屋ごとに異なる下地窓や欄間の意匠も、三宜楼の見所です。

617_20171029193155f4c.jpg








615_201710291931526de.jpg







648_20171029193154a81.jpg



門司は近代の洋風建築が多く現存することで知られていますが、戦前は木造三階建ての料亭建築が複数件存在していたようです。現在ではそのほとんどが取り壊されてしまいましたが、三宜楼だけは往時と変わらぬ威容を誇っています。

694_20171029192719d95.jpg



次回は旧門司三井倶楽部を取り上げます。


スポンサーサイト
 
 
 
 

一松邸 ~大分県杵築市~

一松(ひとつまつ)邸は、城下町・杵築の南台に建つ、近代和風建築です。法曹界や政界で活躍した一松定吉の居宅として昭和4年(1929)に建てられたもので、同32年(1957)に杵築市へ寄贈されたのち、現在地へ移築され一般公開されています。

297_201710211235011bc.jpg




主屋は木造平屋建て、入母屋造桟瓦葺です。武家屋敷風の造りを基調としながらも、質素倹約の武家屋敷では見られないような凝った意匠が随所に見られます。

188_20171021123502fb8.jpg




玄関には車寄せが設けられています。

292_201710212152306e9.jpg




式台を備えた玄関。

290_2017102113232928a.jpg




玄関を入りすぐ右手にある一の間。応接間として使用されたものと思われます。

213_2017102113004800c.jpg




一の間は書院造の座敷です。床の間には琵琶床が備えられ、床柱には孔雀杢のある黒柿が使用されています。

220_20171021130049631.jpg




一の間付書院の組子意匠。

207_2017102113004703a.jpg




一の間書院障子の上段部分には、松皮菱の細かな組子意匠が施されています。

229_201710211303446c1.jpg




一の間の仕切欄間には桐の一枚板が使用され、富士と松原の透かしが施されています。

222_20171021131124092.jpg




一の間は三方をガラス戸で囲まれており、縁桁には長さ13メートルの杉丸太が通されています。

285_20171021131840ff4.jpg




一の間の南西部に位置する三の間。床の間には棟札が。

234_20171021131242ca5.jpg




菊や桐の透かしを施した、三の間の仕切欄間。

240_201710211312435af.jpg




主屋の南端に位置する二の間。丸窓や腰掛天井など、数寄屋風の意匠が見られます。

251_20171021131511d57.jpg




二の間の床の間と仏壇。

255_2017102113163625d.jpg




二の間の仏壇は造り付けのもので、障子には見事な組子意匠を見ることができます。

269_20171021131638743.jpg




二の間は家族の寝室として使用され、季節によって風通しを調節できるよう、取り外しのきく「掛障子」が見られます。

260_20171021131637c89.jpg




二の間に隣接する、夫人のタンス置き場。往時は畳の周囲の板敷部分に、タンスが並べられていました。

275_20171021131741426.jpg




タンス置き場奥の便所。白いタイル貼りのモダンな意匠となっています。

280_2017102113174098e.jpg



八坂川沿いの丘陵上に建つ一松邸。一松定吉は美和村(現在の豊後高田市)出身で、杵築藩の剣術・槍術の指南役だった一松家に養子に入り、法曹界で活躍したのち、第一次吉田内閣では逓信大臣、厚生大臣、建設大臣などを歴任しました。昭和48年(1973)に逝去しますが、その後杵築市の名誉市民第一号に選出されています。

401_2017102219022265e.jpg



次回は杵築の長昌寺に残る枯山水庭園を取り上げます。
 
 
 
 

旧堀氏庭園 ②楽山荘 ~島根県鹿足郡津和野町~

旧堀氏庭園、後編です。主屋の東部に、明治33年(1900)、第15代・堀藤十郎礼造によりに建てられた客殿・楽山荘と池泉庭園が残ります。

1008.jpg




楽山荘は、木造二階建ての数寄屋建築です。屋根は入母屋造り桟瓦葺きで、各階とも庭園に面した東面に濡れ縁・広縁を設けています。

906.jpg




玄関は南西部に設けられています。

1027.jpg




玄関は、式台を備えた格式高い造り。

1029_2017100120433100f.jpg




一階・主座敷。庭園に面した8畳の座敷で、床柱や付書院などに数寄屋風の意匠が見られます。

914.jpg




主座敷床脇の長押は、釿(ちょうな)削りを意匠として見せています。

1021_201710012039377c5.jpg




主座敷北側の、次の間。こちらも8畳で、踏込床を備えた数寄屋造りになっています。

1002.jpg




主座敷と次の間の仕切り欄間。大根の彫刻が施された、ユニークな意匠です。

919.jpg




一階次の間から庭園を見る。

1003_2017100120280214f.jpg




一階南東部には3畳の茶室が付属しています。

929_20171001203552df7.jpg




二階・次の間。違い棚のある床の間や竹を使用した欄間など、独特の意匠が見られます。

945_20171001202918a96.jpg



二階・主座敷。琵琶床を備えた書院造りで、床柱には名栗が施され、床框には金箔が埋め込まれるなど、凝った造りになっています。

962_20171001202918620.jpg




二階・座敷の仕切り欄間。雲を模った板欄間には燕が、裏面には花が描かれています。

948_20171001203122bdc.jpg




二階広縁から庭園を望む。

942.jpg




二階南西部にある、8畳茶室。

972_201710012030093e3.jpg




その他、意匠の数々。

922_20171001203126f7a.jpg





1001.jpg





988.jpg





960.jpg


堀氏はもと吉見氏の家臣で、戦国時代から当地で鉱山開発を行っていたとされます。江戸時代には銅山経営により財を成し、明治に入ると15代・藤十郎礼造による事業拡大で、「中国の銅山王」と呼ばれるほど隆盛を極めました。二回に渡って旧堀氏庭園を取り上げましたが、紹介した以外にも、付近には「和楽園」と呼ばれる大正期の池泉庭園や、大正6年(1917)に堀氏が建てた木造洋風建築・旧畑迫病院が現存し、往時の天領差配家としての繁栄ぶりを窺うことができます。

992.jpg

 
 
 
 

旧堀氏庭園 ①主屋と主庭 ~島根県鹿足郡津和野町~

山陰探訪4日目、市街地を離れ、津和野の山間に残る旧堀氏庭園を訪ねます。二回に分けて、まずは主屋と主庭を取り上げます。

1059.jpg


堀家は江戸時代、天領だった当地において、大森代官による管理の下、代々銅山年寄役を務める差配家でした。石垣上に白亜の土蔵が建ち並ぶ姿は、まるで近世城郭のような趣きです。

802_20171001100352016.jpg


表門を入って正面に建つ主屋。天明5年(1785)の建築で、木造二階建て、屋根は入母屋造りで石州赤瓦で葺かれています。

803_20171001101911617.jpg




玄関内部。奥には土間が続いています。

809.jpg




玄関に面した、三畳の間。二階への箱階段が設けられています。

891_20171001100514cfa.jpg




玄関西側にある電話室。

889_2017100110051206b.jpg




広間。10畳の広さがあります。

811.jpg




主屋のほぼ中央に位置する、中の間。明治期に当主の居間として整備されたもので、壁には金庫、天井には明かり採りが設けられています。

813.jpg




北東部の土間。煉瓦造りの三連式カマドが設置されています。

816_20171001100519d03.jpg




主屋の主室となる座敷。8畳二間で構成されます。

819.jpg




座敷は応接用の部屋として使用されたものと思われ、床の間を備えた書院造りになっています。

823_201710011006431bd.jpg




鶴を模った、座敷の欄間。組子の繊細な意匠に驚かされます。

883_20171001100646216.jpg




釘隠しにも凝った意匠が見られます。

836_20171001100643907.jpg






879.jpg




座敷の南側、土塀との間には庭園が築かれています。堀氏庭園には3つの日本庭園が存在しますが、主屋南庭は最も古いもので、主庭とされます。

873_20171001101459856.jpg




主庭は江戸末期の作庭、平庭式枯山水の様式をとり、南部から西部にかけて石組が見られます。

870_20171001101459d1d.jpg




主庭南西隅にある、三尊の枯滝石組。

900_201710011008379f4.jpg




主庭の飛石と、イヌマキの生垣。

901.jpg


後編に続きます。次回は明治時代に建てられた客殿、楽山荘をご紹介します。


 
 
 
 

絲原家住宅 ~島根県仁多郡奥出雲町~

山陰探訪2日目、出雲市街から車を一時間余り走らせ、奥出雲町の山間にある絲原(いとはら)家住宅を訪ねます。

018_20170909195850b2c.jpg


絲原家は江戸時代に「たたら製鉄」と呼ばれる製鉄業により財をなした旧家で、同じく出雲で製鉄業を営んでいた田部家、櫻井家とともに「鉄師御三家」と称されました。広大な敷地内には、明治〜大正期に建てられた主屋、前座敷と、その他の土蔵、茶室と、江戸末期に作庭された庭園が現存します。




主屋は大正13年(1924)、10代・徳右衛門の植林した材を使用して13代武太郎により建てられました。木造二階建て、入母屋屋根を山陰地方特有の赤瓦(建築当初は栗そそぎ)で葺き、東面に玄関と車寄せを設けています。

095_201709091958527b7.jpg



主屋南部は平屋の書院となります。書院東部と南部には「出雲流」の庭園が広がりますが、こちらについては次回の記事でご紹介したいと思います。

129_20170909200045412.jpg




主屋玄関。賓客用の玄関で、天井は格式高い格天井になっています。

098_20170909200043f00.jpg



重厚な梁組が見られる、主屋中央の土間。主屋は現在も居住区域として使用されているため、二階は見学不可、一階も室内へ上ることはできません。

100_20170909200044209.jpg




土間から南部の書院方向を望む。独特の意匠の欄間が目を引きます。

105_20170909220528202.jpg




客間としても使用される書院。正式な書院造りになっています。

144_201709092001457a4.jpg




書院と二の間との間の仕切欄間には、出雲地方の古歌“八雲立つ”にちなんだ、八雲を象った個性的な意匠が見られます。

113_20170909220531723.jpg




主屋東部にある前座敷。平屋の書院建築で、明治期に創建、昭和11年(1936)に一部改造されています。

050_2017090920032800b.jpg




前座敷・上の間(前座敷も主屋同様、室内へ上がっての見学は不可となっています)

142_20170909200328959.jpg




前座敷上の間から二の間を見る。

140_20170909200326178.jpg




前座敷の仕切欄間には、細かな意匠が施されています。

133_20170909200331547.jpg




前座敷・控えの間。隣には和洋折衷の応接間があり、近衛文麿も滞在したそうです。

068_201709092003298af.jpg




御成門と前座敷。御成門は藩主専用の門で、江戸末期の建築とされます。

058_201709092004269d2.jpg



書院南部にある茶室・為楽庵(いらくあん)。大正13年(1924)の主屋建造時に、松江の向月亭を参考に建てられたものです。

028_20170909200424750.jpg




前座敷南部の南倉。明治期の建築で、外壁には海鼠壁が見られます。



江戸時代から製鉄業を営んできた絲原家ですが、大正末期に廃業し、その後は山林業に転業しました。かつては松江藩だけで全国の鉄生産量の7割を占め、絲原、田部、桜井の奥出雲鉄師三家だけでも全国の4割を占めていたといいます。奥出雲の緑に囲まれてほぼ完存する絲原家住宅は、出雲の郷土史においても、製鉄業の歴史においても、また建築・造園史においても極めて貴重な遺産と言えます。

057_20170909200459041.jpg


次回は絲原家の庭園を取り上げます。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop