茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

絲原家住宅 ~島根県仁多郡奥出雲町~

山陰探訪2日目、出雲市街から車を一時間余り走らせ、奥出雲町の山間にある絲原(いとはら)家住宅を訪ねます。

018_20170909195850b2c.jpg


絲原家は江戸時代に「たたら製鉄」と呼ばれる製鉄業により財をなした旧家で、同じく出雲で製鉄業を営んでいた田部家、櫻井家とともに「鉄師御三家」と称されました。広大な敷地内には、明治〜大正期に建てられた主屋、前座敷と、その他の土蔵、茶室と、江戸末期に作庭された庭園が現存します。




主屋は大正13年(1924)、10代・徳右衛門の植林した材を使用して13代武太郎により建てられました。木造二階建て、入母屋屋根を山陰地方特有の赤瓦(建築当初は栗そそぎ)で葺き、東面に玄関と車寄せを設けています。

095_201709091958527b7.jpg



主屋南部は平屋の書院となります。書院東部と南部には「出雲流」の庭園が広がりますが、こちらについては次回の記事でご紹介したいと思います。

129_20170909200045412.jpg




主屋玄関。賓客用の玄関で、天井は格式高い格天井になっています。

098_20170909200043f00.jpg



重厚な梁組が見られる、主屋中央の土間。主屋は現在も居住区域として使用されているため、二階は見学不可、一階も室内へ上ることはできません。

100_20170909200044209.jpg




土間から南部の書院方向を望む。独特の意匠の欄間が目を引きます。

105_20170909220528202.jpg




客間としても使用される書院。正式な書院造りになっています。

144_201709092001457a4.jpg




書院と二の間との間の仕切欄間には、出雲地方の古歌“八雲立つ”にちなんだ、八雲を象った個性的な意匠が見られます。

113_20170909220531723.jpg




主屋東部にある前座敷。平屋の書院建築で、明治期に創建、昭和11年(1936)に一部改造されています。

050_2017090920032800b.jpg




前座敷・上の間(前座敷も主屋同様、室内へ上がっての見学は不可となっています)

142_20170909200328959.jpg




前座敷上の間から二の間を見る。

140_20170909200326178.jpg




前座敷の仕切欄間には、細かな意匠が施されています。

133_20170909200331547.jpg




前座敷・控えの間。隣には和洋折衷の応接間があり、近衛文麿も滞在したそうです。

068_201709092003298af.jpg




御成門と前座敷。御成門は藩主専用の門で、江戸末期の建築とされます。

058_201709092004269d2.jpg



書院南部にある茶室・為楽庵(いらくあん)。大正13年(1924)の主屋建造時に、松江の向月亭を参考に建てられたものです。

028_20170909200424750.jpg




前座敷南部の南倉。明治期の建築で、外壁には海鼠壁が見られます。



江戸時代から製鉄業を営んできた絲原家ですが、大正末期に廃業し、その後は山林業に転業しました。かつては松江藩だけで全国の鉄生産量の7割を占め、絲原、田部、桜井の奥出雲鉄師三家だけでも全国の4割を占めていたといいます。奥出雲の緑に囲まれてほぼ完存する絲原家住宅は、出雲の郷土史においても、製鉄業の歴史においても、また建築・造園史においても極めて貴重な遺産と言えます。

057_20170909200459041.jpg


次回は絲原家の庭園を取り上げます。


スポンサーサイト
 
 
 
 

喜楽亭 ~愛知県豊田市~

喜楽亭は、豊田市神明町に創業した同名料理旅館の建物として、大正~昭和初期にかけて建てられた和風建築です。現在は豊田市産業文化センターの敷地内に移築され、一般公開されています。

568_20170823215016f59.jpg


正面となる東面。建物は木造二階建て、入母屋屋根はむくりを持たせてあり、二階には高欄が巡らされています。一階中心部分は大正期に建てられ、一階前部分は昭和元年から3年にかけて、一階裏部分と二階は昭和15年頃に増築されたものです。

570_201708232150184d9.jpg




一階東面に設けられた、こじんまりとした玄関。

702_201708232150226b6.jpg




玄関内部。床はモダンなタイル張りです。

573_2017082321501834d.jpg




式台を上がると、格天井と三階菱の意匠。

696_20170823215021e51.jpg




一階南面は広い廊下が東西に通され、廊下に沿って座敷が並んでいます。

583_20170823215145d06.jpg




一階廊下の天井。竿縁のちょっとした意匠に、遊び心が見られます。





昭和に入り増築された、一階南西部の座敷。八畳と六畳の二間から構成されます。

649_201708232152555fb.jpg



八畳間は、天井の中央を網代の舟底天井とし、床柱や落とし掛けには松竹梅の自然木を使用するなど、遊び心溢れる数寄屋造りになっています。

647_20170823215252302.jpg




隣の六畳間には、菱形の雪見障子も。

601_201708232152498c6.jpg





階段を上がり二階へと向かいます。階段手摺には、細かな彫刻による滑り止めが施されています。

618_201708282105176d5.jpg




琵琶床を備えた、二階・西側の八畳間。二階も昭和に入り増築されたもので、三つの八畳間と二つの納戸から構成されます。





二階西側の八畳間の天井には、格天井を崩したようなデザインが見られます。

674_2017082421022644f.jpg




二階東側の八畳間。こちらは付書院を伴っています。




二階納戸の引き戸には、筋なしの見事な松の一枚板が使用されています。これだけでも100年ものだそうですが、二階広縁の床板には、400年ものの松の一枚板が使用されています。

661_201708242059459b2.jpg




その他にも、随所に細やかな意匠が見受けられます。

613_20170824210033aff.jpg





653_2017082321514185a.jpg





633_201708282117438f6.jpg  





639_201708260022006a2.jpg
 

喜楽亭は昭和42年(1967)の旅館廃業後、しばらくは民家として使用され、昭和57年(1982)に豊田市に寄贈され現在地に移築されました。民家として使用されていた時期にさらなる増改築があったようで、移築にあたって料理旅館の頃の姿に復元されています。


659.jpg


 
 
 
 

旧山中正吉家住宅(近江日野商人ふるさと館) ~滋賀県蒲生郡日野町~

旧山中正吉家住宅は、江戸時代末期に建てられた、日野商人・山中正吉家の旧宅です。幾度かの増改築を経て昭和13年(1938)頃に現在の姿となり、現在は近江日野商人ふるさと館として公開されています。

170_201707021916144d4.jpg




主屋玄関。左手のモルタル壁の部分は、昭和初期に増築された新座敷の洋間です。

173_20170710211901936.jpg




玄関内部。通り土間に続いており、右手は式台を上がると「みせのま」「ぶつま」と続きます。

251_20170702191622779.jpg




主屋「ぶつま」。主屋は伝統的な農家の構造で、数寄屋や洋間を取り入れた新座敷とは対照的です。

177_2017070219161781e.jpg




主屋の釘隠しはコウモリを模ったもの。江戸時代以前、コウモリは縁起の良い動物と考えられていました。

238_2017070219162149a.jpg




主屋に隣接して設けられた桟敷と、塀に開けられた桟敷窓。日野祭の山車を見物するために設けられたもので、日野の旧家によく見られます。

190_2017070219161845b.jpg




通り土間に面して設けられた電話室。

200_20170702191620ad6.jpg




通り土間には、かまどが設けられています。通り土間を隔てた北側には新座敷が続きます。

174_20170702191746dd9.jpg




新座敷主室。洗練された数寄屋風の座敷で、貴賓用の応接室でした。

220_201707102119038c6.jpg




新座敷の仕切欄間には、桐や鳳凰の見事な透かしが施されています。

222.jpg




新座敷には、電熱暖炉を備えた洋間も設けられています。

228_20170702191936d50.jpg




新座敷の浴室。シャワーを備えた洋風の空間で、窓にはステンドグラスも見られます。

204_201707021917495db.jpg




新座敷浴室の脱衣場。浴室とは対照的に和風の空間です。

201_20170702191747668.jpg




脱衣場の照明。

209_2017070219174599d.jpg



山中正吉家は、前回ご紹介した山中兵右衛門家の分家で、初代正吉は駿河国大間村(現・静岡県富士市)で天保2年(1831)から酒造業を経営し、財をなしました。その後山中正吉商店、富士高砂酒造株式会社と名を変え、現在も富士市で営業しています。

221_20170710212515db0.jpg
 
 
 
 

旧山中兵右衛門家住宅(近江日野商人館) ~滋賀県蒲生郡日野町~

旧山中兵右衛門家住宅は、日野商人として江戸中期から活躍してきた山中兵右衛門家の本邸として、昭和11年(1936)に建てられた木造二階建ての和風建築です。昭和56年(1981)に日野町に寄贈され、現在は日野商人ふるさと館として一般公開されています。

156_201707021830022fb.jpg




表玄関内部。格天井を備えた、来客用の格式高い玄関です。

108_20170702182957669.jpg




一階・第一応接室。現在は展示室として利用されています。

111_20170702182958ad5.jpg




第一応接室には電熱器が置かれています。国産第一号のものと言われます。

114_20170702182959b3c.jpg




第二応接室。一見フローリングのように見える床は寄木張りで、創建当初のものです。

116_20170702183000e82.jpg




切子細工による、第二応接室の照明器具。こちらも創建当初のものです。

123_20170702183251545.jpg



貴賓用の応接室だった、一階・奥座敷。日野商人の邸宅は表通りから見えない奥の部屋に多くの資金をかけていると言われますが、この奥座敷でも屋久杉の天井をはじめ、随所に高級材が使用されています。

125_20170702184012893.jpg




奥座敷床の間。床柱に杉の四方柾目、床脇に欅の一枚板と、高級材が使用されています。付書院の組子の意匠も見事。

154_201707021836294d5.jpg




鳳凰の透かしが施された、奥座敷の仕切欄間。桐の一枚板を使用しています。

131_201707021836317d0.jpg




欄間窓の組子も、美しい意匠。

141_20170702183633462.jpg




継ぎ目のない赤松の一枚板が敷かれた、奥座敷の廊下。

139_20170702183631ab1.jpg




奥座敷の襖には、七宝焼きによる引手が取り付けられています。

138_2017070218374440d.jpg




玄関のすぐ北側にある電話室と階段室。階段室の扉には屋久杉が使用されています。

145_20170702183745a11.jpg




欅を使用した階段。二階は展示室として大幅に改修されてしまっているので、割愛します。

152_20170702183746839.jpg




主屋北側にある庭園。敷地内には土蔵二棟も現存します。

137_20170702183744952.jpg


旧山中兵右衛門家住宅は、昭和恐慌による失業者救済のための「お助け普請」として、6代目兵右衛門自らの設計により建てられました。当時としては珍しかった自家水道や水洗トイレ、バリヤフリーの先駆けとなる段差のない敷居など、随所に先進技術が取り入れられています。なお、山中兵右衛門家は日野出身の商家ですが、初代が駿河国御殿場(現・静岡県御殿場市)に店舗を構えてからは沼津や小田原を中心に商売を行い、現在も駿東郡清水町で酒類の販売を行っています。

163_20170702183748572.jpg


次回は山中兵右衛門家から分家した、旧山中正吉家住宅をご紹介します。

 
 
 
 

慶雲館 ~滋賀県長浜市~

長浜市にある慶雲館は、明治天皇の長浜滞在時の行在所として、明治20年(1887)に建てられた木造二階建ての和風建築です。長浜の実業家・浅見又蔵が私費を投じ、3か月ほどの突貫工事で建設、昭和10年(1935)から長浜市の所有となり、現在は一般公開されています。今回、約2年振りに再訪しました。

679_20170623232126206.jpg




主屋北面。主屋は寄棟造り桟瓦葺ですが、玄関車寄せのみ杮葺になっています。

729_201706232321308de.jpg




玄関内部。主屋は総檜造りになっています。

725_20170623232209ce7.jpg




一階は、東西に3つの座敷が並び、南面は広縁が通されています。

636_20170623232121ca8.jpg




一階西端の座敷には、数寄屋風の床の間が設けられています。

633_20170623232120c80.jpg




一階東端の座敷。炉が設けられ、茶室として使用されたようです。

638_20170623232123acf.jpg




バリエーション豊かな、一階の欄間。

704_20170623232127e84.jpg



一階南面の広縁は、畳が敷かれ縁座敷になっています。建物外には、「植治」こと7台目小川治兵衛が手掛けた庭園が広がりますが、そちらは次回取り上げたいと思います。

643_2017062323212453b.jpg




二階への階段手摺。長浜のシンボルである瓢箪の意匠が施されています。

650_2017062323233314a.jpg




二階・36畳の広間。南面は高欄が設けら、現在は埋め立てにより後退していますが、かつては庭園を挟んですぐ南側に琵琶湖が広がっていました。

653_2017062323232584a.jpg




二階・玉座の間。明治天皇と昭憲皇后を迎えるための部屋でした。

655_20170626190248df5.jpg




二階・広間の襖絵。作者が誰なのか分かりませんでしたが、創建当初のものといいます。

661_20170623232326b16.jpg




襖の引手も、見事な意匠。

675_2017062323233000b.jpg




広間のレトロな照明器具は、梅の花をモチーフにしたものです。

666_20170623232327e2f.jpg




二階広間の東側には、15畳の座敷が隣接しています。

652_20170623232323497.jpg



慶雲館は、とても工期3か月で建てられたとは思えない上質な和風建築です。天皇の行在所としての役目を終えたのちも、浅見又蔵の別邸として使用されました。なお、浅見又蔵は長浜の薬種商の出身で、22歳のときに浅見家の養子となり、浜縮緬の製造で浅見家を長浜有数の豪商へと発展させました。また、県会議員や町会議員を務め、銀行や小学校の設立に関わるなど、長浜の近代化に大きく貢献しています。

IMG_8204_20170626191125498.jpg


次回は慶雲館の庭園をご紹介します。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop