茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

つるべすし弥助 ~奈良県吉野郡下市町~

つるべすし弥助は、奈良県下市町にある、創業800年の老舗料理屋です。昭和初期に建てられた本館と別館が現在も使用されています。





本館外観。木造2階建て、屋根は入母屋造り桟瓦葺きで、ベンガラの塗られた外壁が華やかな印象を与えます。





本館玄関。格天井や下地窓など、凝った造りです。





本館1階は待合室と調理場が主で、客間は階段を上がった2階となります。





階段を上がると左(写真奥)が本館、右が別館への渡り廊下となります。まずは本館から見て行きます。




本館2階の中心となる大広間。床の間のある18畳半と17畳半の2間続きで、筬欄間で仕切られています。





大広間の隣にも6畳の座敷と次の間があります。

つるべすし弥助・本館2階座敷



2階座敷の欄間。富士と松原の見事な透かし彫りです。

つるべすし弥助・本館2階座敷     



続いて別館を見て行きます。別館は木造3階建てで、本館とは渡り廊下で接続されています。

つるべすし弥助・別館外観   



別館2階。廊下沿いに3つの客間が並びます。

つるべすし弥助・別館2階  


別館2階の客間は、いずれも7~8畳の数寄屋風の座敷となっています。南側は全面ガラス窓で、桟と框は弧を描く洋風の意匠となっています。





こちらの客間は、独特の落とし掛けや円窓など、凝った意匠が見られます。





客間入口の天井も、意匠が凝らされています。





こちらの欄間は、かつて使用されていた釣瓶型のすし桶を意匠しています。





別館3階は、3間続きの大広間となります。合わせて22畳の広さがあり、南側は縁側にガラス窓と、開放的な造りとなっています。




3間のうち、南側の座敷。屈曲した竹を用いた床柱や、華やかな下地窓など、凝った意匠の座敷です。





3間のうち、北側の座敷。こちらは付書院を備えています。

つるべすし弥助・別館3階座敷    



別館3階各室を隔てる欄間には、近江八景を意匠した透かしが施されています。こちらは「堅田落雁」。

つるべすし弥助・別館3階座敷   




こちらは大津の「石山秋月」。



つるべすし弥助は「日本最古の鮨屋」とされ、創業は平安末期の文治年間(1185~1190)と伝わります。現在の本館と別館は、旧店舗が焼失した直後、吉野実業学校(現・県立吉野高等学校)建築科教師の設計で再建されたものと伝わります。なお、営業はお昼のみで、3900円で、名物「鮎すし」を始めとする定食を頂くことができます。

つるべすし弥助・別館3階座敷   


スポンサーサイト



 
 
 
 

旧川本家住宅(町家物語館)~奈良県大和郡山市~

大和郡山市にある洞泉寺町は、昭和33年(1958)の売春禁止法施行までの間、遊郭(赤線)として栄えた地区です。町内にある旧川本家住宅は、大正13年(1924)に建てられた妓楼建築で、現在は「町家物語館」として一般公開されています(遊郭=妓楼など遊女屋の集まる区画、妓楼=遊女屋)。

旧川本家住宅・本館外観  



建物は妓楼として使用されていた本館と、川本家の生活空間だった座敷棟で構成されます。通りに面した本館は木造3階建てで、正面(東面)は、1階が親子格子(3本子持ち)の窓に菱格子の欄間、2階が親子格子(2本子持ち)の窓に筬欄間、3階が欄間のない千本格子の窓と、各階で少しずつ意匠が異なっています。





書院造のような意匠の玄関。見学順路に沿って、まずは本館から見て行きます。





1階帳場。右手の棚は娼妓のロッカーとして使用されたもので、娼妓の源氏名が貼られています。




帳場の隣にある仏間の欄間。本館1階は帳場、仏間のほか、娼妓溜や客引控室、家計部屋などで構成され、客間は配置されていません。





仏間の書院廻りにも、凝った意匠の欄間が見られます。





本館と座敷棟の間にある中庭。棕櫚竹(シュロチク)のある、京町家風の坪庭です。

旧川本家住宅・中庭




モダンなタイル張りの手洗い。近くの階段から2階へと上がります。




2階に上がるとすぐ、8畳の座敷があります。案内所として使用された部屋で、娼妓と客はここで合流しました。

旧川本家住宅・2階案内所




2階吹き抜けから見える猪目(いのめ)窓。ハート型のように見えますが、猪の目を象ったものです。

旧川本家住宅・猪目窓




本館2階・客間。踏込床のある3畳座敷で、ほとんど全ての客間が同様の意匠となっています。

旧川本家住宅・2階客間




2階から3階への大階段。現在では毎年春に雛人形が飾られ、大和郡山の新たな風物詩となっています。





3階客間。3階には9室の客間が配置されています。

旧川本家住宅・3階客間



1階に戻り、今度は座敷棟を見学します。座敷棟1階の中心となるのが12畳の大広間で、賓客の応接に使用されたものと思われます。

 旧川本家住宅・座敷棟1階大広間



大広間の床の間。前彫の床柱、川本家の家紋を意匠した書院欄間など、凝った作りとなっています。

旧川本家住宅・1階大広間




大広間の窓や明かり欄間の格子も、美しい意匠です。




座敷棟の奥にある、家族用の浴室。タイル張りの洋風の浴室で、天井の中心飾りには川本家の家紋が意匠されています。

旧川本家住宅・浴室



浴室の奥にある便所。結霜ガラスの小窓も見事ですが、床はかつてガラス張りで、その下は金魚の泳ぐ水槽だったとのこと。

旧川本家住宅・1階便所



旧川本家住宅は、妓楼「川本楼」として昭和33年(1958)まで使用され、その後は下宿として使用されていました。平成11年(1999)に大和郡山市が買収し、復元・耐震工事を経て平成30年(2018)から一般公開されています。

旧川本家住宅・2階階段



洞泉寺町には他にも複数の妓楼建築が残されていましたが、今年に入り次々と取り壊されており、旧川本家住宅と同じく3階建ての旧山中楼(写真右手)も、既に取り壊しが決まっています。妓楼という建物の性格上、保存や公開には賛否があると思いますが、全国的にかつての遊郭の風景が次々と失われていく中、これだけの規模・質の妓楼が保存・公開されているのは貴重な例と言えます。

旧川本家住宅と旧山中楼


 
 
 
 

志賀直哉旧居(奈良学園セミナーハウス)~奈良県奈良市~

奈良市高畑にある志賀直哉旧居は、白樺派の作家・志賀直哉の邸宅として、志賀直哉自身の設計により昭和4年(1929)に建てられました。木造平屋建て(一部2階建て)の主屋、表門、塀が現存し、学校法人奈良学園による管理の下、一般公開されています。

志賀直哉旧居・主屋と表門


中庭から見た主屋北棟と茶室。主屋は中庭を囲むように北・南の2棟とこれを繋ぐ渡り廊下で構成され、北棟は2階建てで志賀の書斎や客間など公的なスペース、南棟は平屋で志賀と家族のプライベートスペースとなっています。





玄関は主屋北西部に設けられています。主屋内部は、見学順路に沿って2階から見ていきます。

志賀直哉旧居・玄関




順路に従って、2階から見学します。船底天井の廊下の右手に書斎、奥に客間が配置されています。

志賀直哉旧居・2階




2階書斎。6畳の南面した明るい部屋です。

志賀直哉旧居・2階書斎



客間は数寄屋風の座敷となっています。床の間にある写真は、この場所に安置されていた観音像(谷崎潤一郎から譲られたもので、現在は早稲田大学会津八一記念博物館で保管)のものです。

志賀直哉旧居・2階客間




客間は、北・東の2面に窓が開けられた、開放的な造り。

志賀直哉旧居・2階客間



次に1階を見ていきます。1階の書斎は、板張りの床、太い梁と葦簀を張った天井、地袋のある床の間風のスペースなど、凝った造りとなっています。

志賀直哉旧居・1階書斎




主屋東側に隣接する茶室。6畳の茶室で、北側(写真左手)には書院風の張り出しが見られます。

志賀直哉旧居・茶室




茶室の天井は、竿縁の通った平天井、化粧屋根裏の掛込天井、葦簀張りの落天井と、バリエーション豊かです。




主屋北棟から南棟への渡り廊下に、浴室があります。後世の改変で原型を失っていましたが、往時の姿に復元されています。

志賀直哉旧居・浴室



南棟にある食堂は、志賀のセンスが遺憾なく発揮された和洋折衷のスペースです。モダンなデザインの照明は往時のもので、左手奥には、数寄屋風の赤松の長押に下に、牛皮のベンチが作り付けられています。

志賀直哉旧居・食堂




食堂の西と隣にある台所。プロパンガスや冷蔵庫など、当時最新の設備が備えられていました。

志賀直哉旧居・台所



食堂南側にあるサンルームも、葦簀張りの化粧屋根裏にガラス張りの天窓、敷瓦の床など、志賀のセンスがよく表れています。志賀と親交のあった文人画家が頻繁に訪れ、「高畑サロン」と呼ばれました。

志賀直哉旧居・サンルーム




食堂東側にある、夫人の部屋。床柱に皮付きの赤松、床框に竹を用いた数寄屋風の座敷です。

志賀直哉旧居・夫人の部屋




南棟南東部にある、子供勉強部屋。庭に面しており、天井は格天井、床は往時としては珍しいコルク敷となっています。

志賀直哉旧居・子供勉強部屋




南棟全景。左手がサンルームと食堂、右奥に夫人の部屋や子供勉強部屋があります。





主屋北側にある表門。寄棟造りの屋根が特徴的な棟門です。

志賀直哉旧居・表門



志賀直哉旧居は昭和4年(1929)、志賀直哉自身の設計をもとに、京都の数寄屋大工の棟梁・下島松之助の施工により建てられました。志賀はここに13年間居住し、この間に代表作『暗夜行路』を完成しています。昭和14年(1939)、志賀一家の東京移住に際し、建物と土地は民間人に売却されました。

志賀直哉旧居・主屋と池



太平洋戦争終結後、志賀直哉旧居は連合国軍総司令部に接収され、その後は長く厚生省の宿泊所として使用されますが、昭和53年(1978)に学校法人奈良学園が買収し、古写真などに基づき平成21年(2009)に往時の姿に復元されています。数寄屋と洋風の融合、食堂やサンルームのデザイン、合理的な各部屋の配置など、志賀直哉のセンスが随所に表れた、質の高い和風住宅建築です。

志賀直哉旧居・夫人の部屋


 
 
 
 

旧遠山家住宅(遠山記念館)【後編】~埼玉県比企郡川島町~

旧遠山家住宅、後編です。前編では東棟と中棟1階を紹介しましたが、今回は中棟2階と西棟を紹介します(2017年9月、2019年10月撮影)。





中棟2階・応接室。1階とはうって変わり、アール・ヌーヴォー調のシャンデリア、寄木張りの床など、洋風の意匠が目を惹きます。

旧遠山家住宅・中棟2階応接室



一方、応接室は格天井を崩したような天井や床の間も設けられ、和洋折衷の部屋となっています。天井は春日杉の杢目板、床の間には桑杢目(床柱)、赤松(落掛)、欅玉杢(床框・地板)といった良材が使用されています。

旧遠山家住宅・中棟2階応接室




応接室の北東部にある寝室。こちらも和洋折衷の部屋となっています。

旧遠山家住宅・中棟2階寝室




寝室に置かれたベッド。

旧遠山家住宅・中棟2階寝室



応接室と寝室では、窓の上に高窓が設けられています。オパールガラスを用いた珍しいもので、繊細な唐草模様の透かし彫りが意匠されています。

旧遠山家住宅・中棟2階寝室

 



応接室、寝室ともに床は寄木張りですが、デザインが数種類あり、こちらも見応えがあります。





寝室に隣接する便所。こちらも天井は格天井ですが、床や腰壁にはタイルを用いるなど、やはり和洋折衷となっています。

旧遠山家住宅・中棟2階便所




中棟2階には、14畳の座敷もあります。こちらも天井は春日杉の杢目板、床回りには桐四方柾目(床柱)、桐柾目(落掛)、檜(床框)、桑杢目(床脇)と、良材がふんだんに使用されています。

旧遠山家住宅・中棟2階座敷




座敷南側は平書院が設けられ、天井は杉杢目板と網代の目透かしによる上品な意匠となっています。





続いて西棟を見て行きます。西棟は、遠山元一が母のプライベートスペースとして設けた数寄屋風の棟で、真行草の3つの座敷と、仏間、台所などで構成されます。





屈曲と化粧屋根裏が美しい、中棟から西棟への渡り廊下。

旧遠山家住宅・渡り廊下




西棟内部に入ると廊下の趣は変わり、半分が畳敷、半分が板敷で、天井は掛込天井となります。

旧遠山家住宅・西棟畳廊下




客間として使用された、西棟・8畳半間。「行の間」と呼ばれ、錆竹の落掛、杉杢目板と網代の目透かしによる天井など、洗練された数寄屋風の座敷となっています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




「草の間」と名付けられた、西棟・7畳間。こちらは踏込床のある茶室で、床柱や天井竿縁には皮付材を用い、壁は経年で色が変化する「黒差し天王寺」と呼ばれる土壁になっています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




7畳間の南東2面は平瓦が敷かれ、建物内部と庭園を繋ぐようなスペースとなっています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




寝室として使用された、西棟・12畳間。こちらは「真の間」で、屋久杉杢目板(天井)、北山杉絞丸太(床柱)、桐柾目(落掛)、松杢目(付書院)など、やはり高級材をふんだんに使用されています。





12畳間の欄間。桐材を用いて、見事な桐の彫刻が施されています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




旧遠山家住宅は、遠山元一の弟・芳雄の指揮の下、旧石川組製紙西洋館などを手掛けた室岡惣七の設計により、3万5千人もの職人の手により建設されました。今回紹介した以外にも、土蔵や茶室、庭園が現存し、一連の建造物が重要文化財に指定されています。





以前から「近代和風建築の傑作」と評価されており、管理人もかれこれ5回ほど訪れていますが、棟ごと部屋ごとに違う趣向、随所に惜しみなく用いられた高級材、それでいて決して駄趣味にならず洗練された各部の意匠など、訪れる度に感動を覚える建築です。なお、中棟2階は通常非公開で、年に数回の特別公開日にのみ公開されます。

旧遠山家住宅・西棟畳廊下


 
 
 
 

旧遠山家住宅(遠山記念館)【前編】~埼玉県比企郡川島町~

埼玉県川島町にある旧遠山家住宅は、日興證券の創立者・遠山元一が、生家の再興と母の住まいとして、昭和11年(1936)に建てた近代和風建築です。東棟、中棟、西棟の3棟を渡り廊下で繋いだ大規模な住宅建築で、見所が多いため2回に分けて紹介します。初回は東棟と中棟1階を紹介します(2014年11月、2017年9月、2019年10月撮影)。




正面から見た中棟(写真左)と東棟(写真右)。東棟は茅葺屋根で伝統的な農家風の造り、2階建ての中棟は対照的に近代的な座敷や洋間を備えています。





東棟にある表玄関。客用の玄関で、入母屋破風を冠した立派な車寄せが設けられています。





表玄関車寄せ内部。格式高い式台、巨大な鞍馬石の沓脱石、欅の玉杢材を市松に配した格天井など、見事なものです。





表玄関を上がった、取次の間。

旧遠山家住宅・東棟取次の間




表玄関から、畳敷の廊下を進んでいきます。




東棟の中心となる居間。東棟は農家風の造りで、当初は天井がなく小屋組が露出していましたが、防寒のために見事な網代天井が張られました。





居間の天井は、細部まで趣向が凝らされています。

旧遠山家住宅・東棟居間




居間の東側には、家族用の内玄関が設けられています。土間部分は人造石研ぎ出しによるものです。

旧遠山家住宅・東棟内玄関




東棟から中棟への渡り廊下。畳敷の廊下で、天井は舟底天井になっています。





渡り廊下には書院風の空間が設けられています。地袋の市松の意匠が見事。

旧遠山家住宅・渡り廊下



渡り廊下の途中にある浴室。天井は見事な唐傘天井になっています。旧遠山家住宅は建築当初から全館給湯で、浴室にはシャワーも設置されています。

旧遠山家住宅・浴室




数寄屋風の脱衣所。





脱衣所の隣には化粧の間があります。掛込天井や面皮柱を用いるなど、数寄屋風に仕上げています。

旧遠山家住宅・中棟化粧室



賓客の接待や行事に使用された、中の間1階の座敷。北山杉(床柱)、桐の四方柾目(落掛)、欅の玉杢(床脇)、杉の四方柾目(天井)など高級材がふんだんに使用され、壁は宝石などに使われる柘榴石(ガーネット)の砂壁となっています。

旧遠山家住宅・中棟1階座敷




座敷の書院欄間。桐柾材に七宝花菱の透かしを意匠した、見事なものです。

旧遠山家住宅・中棟1階座敷




次の間から見た座敷。仕切欄間は桐を用いた筬欄間で、襖には家名に因んで「遠山に松」が描かれています。

旧遠山家住宅・中棟1階座敷




大広間の外側は、三方に畳敷の広縁が巡らされ、庭園を眺めることができます。

旧遠山家住宅・中棟1階畳廊下




中棟1階の客用便所。数寄屋風の上品な造りになっています。

旧遠山家住宅・中棟1階便所




次回は中棟2階と西棟を紹介します。

旧遠山家住宅・照明


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop