茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

福山市福寿会館 ~広島県福山市~

広島県福山市、福山城二の丸址にある福寿会館は、海産物商・安部(あんべ)和助の別荘として昭和初期に建てられた、和洋館並列型の住宅建築です。本館(和館)、西茶室、洋館、南茶室、土蔵などの建築物と庭園が残り、福山市の管理の下、一般公開されています。

IMG_2766.jpg




建物の中心となる本館は、木造平屋建ての数寄屋で、入母屋造桟瓦葺、庇は桟瓦と檜皮で葺かれています。昭和10年(1935)から同12年頃にかけて建てられたもので、西側に西茶室(写真左手)と、東側には洋館が続いています。

IMG_2650.jpg




本館の玄関は東側に設けられています。唐破風を冠した立派な車寄が、施主の財力を物語っています。

IMG_2665.jpg




本館玄関の格天井。玄関外扉とともに、高級木材を使用した豪華なものになっています。

IMG_2668.jpg




本館の主室となる大広間。床の間と違い棚を備えた書院造で、21畳もの広さを誇ります。

IMG_2680.jpg




床の間の左手は貴人畳とされ、見事な折上格天井と、書院には火灯窓が設けられています。

IMG_2716.jpg




大広間や広間の襖には、ユニークなデザインの引手が付けられています。引手のバリエーションは気づいただけでも10種類近くありました。

IMG_2725.jpg





本館の南面には入側が通され、前面に築かれた庭園と、福山城の復元天守を眺めることができます。

IMG_2739.jpg





本館西側の便所。ここにも数寄屋風の洗練された意匠が見られます。

IMG_2693.jpg




便所の天井は、2パターンの網代と筵張による、洒落たデザイン。

IMG_2699.jpg



本館と西茶室を繋ぐ渡廊下。西茶室は昭和15年(1940)の増築で、設計は大河内山荘などを手掛けた当代を代表する数寄屋建築家・笛吹(うすい)嘉一郎によります。

IMG_2691.jpg




西茶室・客間。踏込床を備えた数寄屋風の座敷です。

IMG_2719.jpg




西茶室には、3畳台目の茶室と2畳中板付きの茶室があります。茶室内の地袋や障子腰板も、網代や竹皮で丁寧に仕上げられています。

IMG_2706.jpg



本館東側にある洋館。本館と同時期に建てられたようで、木造一部二階建て、外壁はモルタル仕上げで、屋根は二階建て部分が洋瓦葺、平屋部分が桟瓦葺になっています。二階部分の南面には、メダイヨンや窓上の装飾など、ルネッサンス風の意匠が見られます。

IMG_2625.jpg




洋館正面となる北面。現在は一階が喫茶室、二階が貸会議室として使用されています。

IMG_2760.jpg




アーチ型の洋館玄関。エンタシス風の円柱や洋風のレリーフなど、特に凝った造りになっています。

IMG_2639.jpg




洋館一階内部。

IMG_2748.jpg



洋館一階の天井には、当初のままのシャンデリアが保存されています。天井の中心飾りやモールディングの装飾、四隅のレリーフなども見応えがあります。

IMG_2750.jpg




洋館二階。シャンデリアや天井中心飾りは、一階のものとはデザインが異なっています。

IMG_2742.jpg



庭園の南側にある、南茶室(望城亭)。西茶室と同じく笛吹嘉一郎の設計により昭和初期に建てられました。周囲には腰掛待合や雪隠も残されています。

IMG_2644.jpg


福寿会館の施主・安部和助は福山の実業家で、「削り節」を発明したことで知られています。福山城天守が戦災で焼失したにも関わらず、戦災を免れた福寿会館は、所有者の交代を経て、昭和28年(1953)に福山市へ寄贈され、市の迎賓館として使用されたのち、修復工事を経て平成21年(2009)から一般公開されています。


スポンサーサイト
 
 
 
 

日光田母沢御用邸② ~栃木県日光市~

田母沢御用邸、後編です。今回は、3階建て部分の三階から、旧小林年保別邸時代に建てられた二階建て部分を中心にご紹介します(2018年1月訪問)。

IMG_9008_201804211231111a5.jpg



旧紀州徳川家江戸中屋敷から移築された、三階建て部分の三階・御展望室。御展望室は数寄屋風のくだけた造りで、通常は非公開、毎年冬場に特別公開されます。

IMG_8912_201804211231061f3.jpg




北側の土壁には、ステンシルの手法による丸窓が設けられています。

IMG_8903_20180421123105d0e.jpg




御展望室の南面。ガラス戸の外側には高欄が設けられています。

IMG_8916_201804211231098cf.jpg




御展望室の天井には、朱漆塗りの竿縁と竹の竿縁が交互に通されています。

IMG_8913_20180421123107363.jpg




赤坂仮皇居時代に増築された御食堂。天皇・皇后両陛下が日常の食事をとられた所です。

IMG_8953_20180421123215f74.jpg



同じく赤坂仮皇居時代に増築された御湯殿。江戸時代までの風呂は浴槽がなく「かかり湯」が一般的でしたが、皇室においてもこの入浴法がとられていたようで、湯殿の床は傾斜がつけられ、中央の排水溝から水が流れるようになっています。

IMG_8965_201804211232169a3.jpg




御用邸の南西部に位置する二階建て部分・皇后宮。

IMG_9037_201804211237516f2.jpg




皇后宮は、御用邸造営前の小林家別邸時代の建築で、明治22年(1889)頃のものと推定されています。

IMG_9014_2018042112374929f.jpg




皇后宮の一階は、皇后御座所と御寝室(奥)が並びます。

IMG_8969_20180421123314000.jpg




皇后宮一階の呉服棚。奥は御寝室となります。

IMG_8981_20180421123320fc7.jpg



皇后宮一階のシャンデリアは、女性らしい華やかなもの。赤い部分は、塩酸と硝酸の混合水に金を混ぜることで発色させているそうです。

IMG_8977_2018042112331795f.jpg




そのほか、皇后宮では様々な意匠の建具を見ることができます。

IMG_8970.jpg






IMG_8979_20180421123318a09.jpg






IMG_8982_20180421123321f54.jpg




皇后宮の西側に付属する御湯殿。こちらも先ほどの湯殿と同じく、排水のため床に傾斜を設けています。

IMG_8987_201804211235511d5.jpg




皇后宮の西側にある、高等女官部屋。皇后の身の回りの世話をした女官たちが使用したのでしょう。

IMG_8989_201804211235521c5.jpg



建物のほぼ中心に位置する、内謁見所。付書院のある典型的な書院造りですが、シャンデリアや絨毯など洋風の要素も備えています。

IMG_8999.jpg



日光田母沢御用邸は、建築だけで1360坪もの規模を有する、国内有数の近代和風建築です。これだけの規模の建築が完存していることも驚きですが、御用邸だけあって、その建築としての質の高さは群を抜いており、平成15年(2003)には重要文化財に指定されています。

IMG_9002.jpg
 
 
 
 

日光田母沢御用邸① ~栃木県日光市~

栃木県日光市にある日光田母沢(たもざわ)御用邸は、明治32年(1899)、嘉仁親王(のちの大正天皇)の静養所として、日光出身の実業家・小林年保の別邸跡に造営されました。江戸、明治、大正の三時代の建築が一体として残されており、国の重要文化財に指定されています(2018年1月訪問)。

IMG_9018.jpg



御用邸の建築は、赤坂離宮などに使用されていた旧紀州徳川家江戸中屋敷の三階建て部分、明治に入り小林年保別邸として建てられた皇后御座所などの二階建て部分、明治〜大正時代に増築された平屋建て部分などから構成されます。

IMG_9025.jpg



北端に設けられた玄関棟。御花御殿(旧久邇宮家)から移築されたもので、唐破風を冠した立派な車寄せが目を惹きます。

IMG_8843.jpg




車寄せの天井は、柾目の向きを市松に配置した、見事な格天井。

IMG_9038.jpg



長い廊下の先は、大正期の増築部分となります。御用邸の設計は、創建時には宮内省内匠寮の建築家・木子清敬が、大正の増築時にはその子・幸三郎が、それぞれ担当しています。

IMG_8856.jpg




大正期増築部分の表御食堂。テーブルや椅子が置かれ、賓客との食事会に使用されていました。

IMG_8858.jpg




表御食堂の床は、欅の柾目寄木張りで、デザイン・技術とも見事なものです。

IMG_8863.jpg



同じく大正期増築の、御玉突所。床は欅の柾目と板目を組み合わせた寄木張りで、先ほどの御食堂とは違ったデザインになっています。

IMG_8868.jpg



天皇の公式の謁見の際に使用された、謁見所。同じく大正期の増築で、檜の格天井に、欅の玉杢を用いた西楼棚など、格式の高さが際立つ部屋です。

IMG_8877.jpg




大正期増築部分の御手洗。便所の中まで畳が敷かれています。

IMG_8887.jpg




三階建て部分(旧紀州徳川家江戸中屋敷)の一階にあたる、御学問所(梅の間)。こちらも柾目を市松に配した格天井で、格縁には朱漆が塗られています。

IMG_8889_20180415104339f38.jpg




同じく三階建て部分の一階に設けられた御座所を、次の間から見る。御座所は天皇の執務室で、次の間との仕切欄間には、絵扇が付けられています。

IMG_8943.jpg




御学問所の奥に、二階への階段が設けられます。

IMG_8896_20180415104452d71.jpg




三階建て部分の二階・御日配所。大正天皇はこの部屋から、皇居内にある三殿への遥拝を日課にしていたそうです。

IMG_8899.jpg




二階・剣璽(けんじ)の間。三種の仁義のうち剣と勾玉は、天皇の行幸時に皇居から持ち出され、奥の上段に安置されました。左手の窓には明治時代のガラスがそのまま使用されています。

IMG_8925_2018041510444831c.jpg




剣璽の間の杉戸絵は、江戸時代からのものが残されています。

IMG_8932.jpg




剣璽の間に隣接する、御寝室。電灯が設置されず、燭台に蝋燭を灯して明かりとしていました。

IMG_8923.jpg


後編へ続きます。

 
 
 
 

旧中山晋平邸(中山晋平記念館) ~静岡県熱海市~

旧中山晋平邸は、戦前に多くの童謡や流行歌を生み出した作曲家・中山晋平の旧宅です。昭和19年(1944)に熱海市西山に建てられたもので、現在は熱海梅園敷地内に移築され「中山晋平記念館」として一般公開されています。

IMG_8708.jpg




建物は木造二階建て、屋根は入母屋造銅板葺で、各階とも南・東面は一面ガラス張りになっています。主屋の西側に玄関棟が設けられています。

IMG_8723.jpg




玄関内部。柱や落とし掛けに皮付丸太を使用し、数寄屋風としています。

IMG_8839_201803251121034d7.jpg




玄関から右手へ進むと、6畳の居間があります。

IMG_8750_20180407221629bcc.jpg




居間の壁には、作り付けの収納が備えられています。

IMG_8751.jpg




居間・欄間の意匠。

IMG_8776.jpg




居間の東側に座敷があります。8畳の広さで、雪見障子を隔てた東側と南側には入側が設けられています。

IMG_8755.jpg




座敷の付書院。

IMG_8763.jpg




付書院板欄間の透かし。

IMG_8768.jpg




玄関棟を挟んで西側にも和室があります。

IMG_8743.jpg




玄関棟西側の和室は、広さ4畳半とこじんまりとしています。中山晋平が使用していたピアノや蓄音機が展示されています。

IMG_8741.jpg




主屋まで戻り、狭い階段から二階へと上がります。

IMG_8746.jpg




二階・階段室。左手に板の間、右手に座敷が配置されます。

IMG_8790.jpg




階段室の天井は、格天井を崩したような、遊び心のある意匠になっています。

IMG_8798.jpg




二階・10畳の座敷。

IMG_8802.jpg




二階座敷の付書院。板欄間や障子の組子には、一階とは異なる意匠が施されています。

IMG_8805.jpg




二階座敷を取り巻く入側。

IMG_8812.jpg




入側の欄間には、五線譜に因んで5本の竹格子が付けられています。

IMG_8816.jpg




中山晋平は明治20年(1887)、現在の長野県中野市に生まれ、東京音楽学校卒業後、『カチューシャの唄』『東京行進曲』などのヒット曲や、『てるてる坊主』『証城寺の狸囃子』といった著名な童謡を生み出しました。

IMG_8829.jpg




昭和3年(1928)以降は、ビクターの専属作曲家として活躍しますが、昭和19年(1944)、疎開のため熱海に本邸を建て、昭和27年(1952)に亡くなるまで使用しています。

IMG_8821.jpg


 
 
 
 

旧松本家住宅(掛川市竹の丸) ~静岡県掛川市~

静岡県掛川市にある旧松本家住宅は、江戸時代から掛川で葛布問屋を営んでいた松本家の住宅として、明治36年(1903)に建てられた和風建築です。掛川城竹の丸址にあることから、現在は「掛川市竹の丸」として一般公開されています。5年程前に一度紹介していますが、昨秋再訪したため、改めて取り上げます(2017年9月訪問)。

001_20180228215600033.jpg



旧松本家住宅は、商売及び生活空間としての主屋(木造平屋建て)と、特別な客をもてなすための離れ(木造二階建て)、土蔵などから構成されます。離れはもともと平屋でしたが、大正9年(1920)に二階部分を増築しています。

136_20180228215602c54.jpg




主屋南面に設けられた式台玄関。近年になって復元されたもので、武家屋敷のような格調高い造りになっています。

004_201803031204387d6.jpg





主屋仏間(2013年10月撮影)。主屋は南側が見世、帳場、応接室などの公的な空間とし、北側は仏間、茶の間など私的な空間になっています。





主屋・台所。現在はフローリングが敷かれていますが、往時は土間でした。小屋組が見事で、梁は長いもので18メートルもあるといいます。

012_20180228220146d68.jpg




主屋北西に続く離れ。二階南面は、東半分が和風の高欄、西半分が洋風の鉄製バルコニーという、ユニークな造りになっています。

154_2018030312043790e.jpg




離れ一階の座敷。北側五畳分を一段高くし、上段の間としています。右手には「家人の間」が続きます。

026_20180228220142e6c.jpg




家人の間には小さな床の間が設けられています。地袋付きで、落し掛けには手斧削りを意匠として残しています。

175_20180228220450ed5.jpg




離れ二階・貴賓室。床の間のある書院造ですが、椅子坐で、南面にバルコニーを設け欄間にはステンドグラスを嵌め込むなど、和洋折衷の空間になっています。壁紙には葛布が張られています。

063_201802282202531f6.jpg




貴賓室のステンドグラス。オウムがデザインされています。

119_20180228220448b07.jpg




こちらは四十雀でしょうか。

118_2018022822044793b.jpg




貴賓室の付書院。板欄間には鳳凰が意匠されています。

039_20180228220254156.jpg




貴賓室の床は寄木張りになっています。市松の美しい意匠です。

092_201802282202561a4.jpg



貴賓室東面の板戸には、樹齢200年の杉の一枚板が使用されています。貴賓室の東側には、廊下を挟んで座敷が配置されています。

126_201802282202567b3.jpg




離れ二階・座敷。数寄屋風の書院造で、桐材を多用していることから「桐の間」と呼ばれていたようです。





座敷の南東隅には床の間が設けられ、天井は屋久杉を使用した格天井になっています。

114_20180228220359896.jpg




座敷の東面は入側が通されています。

109_201803031204391c1.jpg




座敷北側の水屋。

095_2018022822035624f.jpg




座敷の襖には、桐の模様や桐を象った引手が見られます。

088_20180228220634ba6.jpg



松本家は、もともと掛川の中町で葛布問屋「松屋」を経営し、掛川藩の御用達として、苗字・帯刀を許される家柄でした。廃藩置県で旧掛川城竹の丸の地を取得し、当主・松本義一郎により住宅が建設されましたが、昭和11年(1936)に松本家の東京移住に伴い、土地と建物は掛川町(現・掛川市)に寄贈されました。長い間、市職員の厚生施設等に使用されていたため荒廃していましたが、平成19年からの修復工事により、往時の姿に復元されています。

185_20180228220659eef.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop