茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

立花氏庭園(御花)② 洋館~福岡県柳川市~

立花氏庭園、後編です。前回は明治期の日本庭園である松濤園と建築群をざっと取り上げましたが、今回は現存建築群で最も見所のある洋館を紹介します。

1407.jpg



北側から見た洋館。洋館は和館や庭園(松濤園)の造営と同じ、明治43年(1910)に建造されました。フレンチルネッサンス様式で、木造二階建て、銅板及びスレート葺きで、設計は西原吉次郎によります。

1410.jpg




大広間(和館)から見た南面。中央には煙突が設けられています。

1443_20171115204613b83.jpg



玄関ポーチは北側に設けられています。現在はこちらからの入館はできませんが、円柱や天井の中心飾りが、伯爵邸としての華やかさと風格を表しています。

1584.jpg




三連アーチとイオニア式円柱が設けられた、玄関内部。

1539.jpg




玄関内部の照明と天井中心飾り。立花邸では、創建当初から自家発電設備が備わっていたそうです。

1460.jpg




玄関脇の小部屋。

1479_201711152050014a1.jpg




一階・食堂。一階で最も広い部屋で、南面にはマントルピースが備えられています。

1467.jpg



木材による曲線や直線の組み合わせが美しい、食堂天井。

1471_20171115205110a5a.jpg




食堂西側の壁には、配膳用と思われる小窓が開けられています。

1469.jpg




階段室は東西計2か所ありますが、こちらの西側階段室が来客用でした。

1497.jpg




二階の大部分を占める広間。現在は結婚式等の催事にも使用されています。

1491_201711162112505ac.jpg




二階広間にも南面にマントルピースが設置されています。大きな鏡は、部屋を大きく明るく見せるためのものです。

1518.jpg




広間のマントルピースには、アイリスの絵柄が描かれたタイルが張られています。

1519.jpg




広間の照明と天井中心飾り。中心飾りは洋館で最も大きなものです。

1511.jpg




広間の天井は、廻り縁や持ち送りにも細かな彫刻が施されています。

1522.jpg




古代ギリシャ風意匠の広間入口。

1529.jpg




広間北側の小部屋。玄関ポーチの上部にあたります。

1527.jpg



立花氏は戦国武将として知られる立花宗茂以来、代々柳川藩主を務めた大名家で、廃藩置県後は伯爵の地位を与えられました。洋館をはじめとする立花邸は、旧柳川城御花畑に明治43年(1910)に造営されたもので、第二次大戦後は立花家が創業した料亭旅館「御花」となり、現在も営業しています。幼い頃から訪れてみたかったところでしたが、明治期の洋館、和館、庭園がほぼ当時のまま残っている様は見事で、城下町・柳川を象徴する風景と言えます。

1408.jpg



スポンサーサイト
 
 
 
 

旧日本生命保険株式会社九州支店(福岡市赤煉瓦文化館) ~福岡県福岡市~

地下鉄天神駅の東方、前回取り上げた福岡県公会堂貴賓室から徒歩5分ほどの所に、赤煉瓦造の洋館があります。日本生命保険株式会社(現・日本生命保険相互会社)の九州支店として使用されていた建物で、現在は「福岡市赤煉瓦文化館」として一般公開されています。

1233.jpg


建物は、東京駅舎を手掛けた辰野片岡事務所の辰野金吾と片岡安の設計により、明治42年(1909)に建てられたものです。煉瓦造二階建て(地下一階)で天然スレート葺、「辰野式フリー・クラシック」と呼ばれる様式で、左右非対称の複雑なデザインになっています。

1236_20171110234045f42.jpg



煉瓦張と花崗岩による外壁、小塔と屋根窓を配したデザインは、19世紀末イギリスの「クイーンアン様式」を手本とした「辰野式」建築の特徴です。

1143.jpg




一階東部の玄関。玄関ポーチは小規模ですが、花崗岩によるを使用した立派な造りになっています。

1137.jpg




玄関ホール。右手が入口、左手は受付カウンターになっています。

1147.jpg



玄関ホールのカウンターは大理石製で、窓口部分には木製のカウンターグリルがはめ込まれています。

1149.jpg



 
カウンターグリルには、アール・ヌーヴォー風の意匠。

1215.jpg



玄関ホールの天井中心飾りや照明吊り具にも、アール・ヌーヴォー風のデザインが見られます。

1150.jpg




玄関ホール北側の東応接室。中央搭屋部分の一階にあたります。

1163.jpg



 
西応接室。各部屋とも照明吊り具はアール・ヌーヴォー風のデザインになっています。

1171.jpg



 
西応接室のマントルピース。マントルピースは部屋ごとにデザインが異なっています。

1211.jpg




建物の中心にある階段室。階段は手摺と支柱を除いて鉄製です。

1172.jpg


 
階段手摺子には、曲線を用いた見事なデザインが見られます。オリジナルは戦時中に供出され、昭和47年(1972)に復元されています。

1210.jpg




二階から階段室を見る。奥の搭屋部分には螺旋階段が付いています。
 
1191.jpg




二階・医員室。隣の診査室とともに、顧客への健康診断に使用された部屋です。

1183.jpg




建物内の部屋で最も広い、二階・会議室。

1197.jpg


 
会議室にはマントルピースとともに、大きな鏡が設置されています。照明を反射して室内を明るくするためのものです。

1204.jpg



会議室の東側は応接室として使用されたようで、天井中心飾りやカーテンボックスが設けられるなど、格調高い造りになっています。

1187.jpg




会議室と応接室を隔てるアーチ。

1185_20171110233906752.jpg


旧日本生命保険株式会社九州支店は昭和44年(1969)に重要文化財に指定され、その後福岡市の所有となり福岡市歴史資料館となります。平成6年(1994)に歴史資料館としての役目を終えますが、その後は福岡市赤煉瓦文化館と名を変え、平成14年には一階事務室に福岡市文学館が開館しています。

1201_201711102339099be.jpg




 
 
 
 

旧福岡県公会堂貴賓館 ~福岡県福岡市~

旧福岡県公会堂貴賓館は、天神駅の東方、西中洲に残る明治期の洋館です。明治43年(1910)、第13回九州沖縄八県連合共進会の来賓接待所として建てられたもので、昭和61年(1986)の修復工事を経て、現在は一般公開されています。

1094.jpg



設計は福岡県土木部の建築主任技師・三條栄三郎によります。木造二階建て、フレンチルネッサンス様式の建築で、屋根は銅板葺(当初は天然スレート葺)、外壁は石造に見えますがモルタル壁となっています。

1088_20171108211152171.jpg




北東隅には八角形の搭屋を設け、一階東面と南面にはテラスを巡らせています。

1097.jpg




屋根には採光のための窓が設けられています。ペディメントやメダイヨンのレリーフ、テラスの手摺の意匠も見所です。

1114_20171109214022d39.jpg



一階北面の正面玄関。天井や窓の格子に優れたデザインを見ることができます。

949_20171108211409a4d.jpg



現在はカフェとなっている一階・食堂。壁紙は建築当初のものを復元、シャンデリアは同じく三條栄三郎が手掛けた、旧福岡県会議事堂から移されたものです。

956_20171108211410863.jpg




食堂の北東隅は、八角形の塔屋部分の一階にあたります。

960_20171108211404de7.jpg




食堂のマントルピース。大理石製です。

958_20171108211403f33.jpg




一階南東隅の遊戯室。かつてビリヤード台が置かれていました。

972_2017110821162047e.jpg




一階中央の階段室。玄関ホールを兼ねています。

1081.jpg




二階・食堂。

991_201711082117250cf.jpg



食堂の天井は、紋様打ち出しの亜鉛鉄板張りになっています。一階食堂のものを除き、建物内のシャンデリアは、一階食堂のものを参考に新しく作製されたものです。

979_20171108211618aea.jpg




二階・西寝室。壁紙や調度類は、修復時に明治期のイメージに合わせて作られたもので、往時のものではありません。

1000.jpg



浴室兼便所。床は人造石研出タイル張りで、右手には板壁に囲まれた脱衣所があります。人造石研出タイルは、一階テラスの床にも見られます。

1018.jpg




二階・貴賓室。天井には修復時に発見された、青空と雲の絵があります。

1045.jpg




貴賓室は一階食堂の真上で、北東隅は塔屋部分の二階にあたります。

1036.jpg




貴賓室の塔屋部分の天井。壁面には5つの丸窓が開けられています。

1032.jpg




二階・談話室。

1053.jpg




談話室天井には、漆喰による見事な中心飾りが見られます。

1060.jpg


旧福岡県公会堂貴賓館は、共進会開催中に閑院宮夫妻の宿泊所として使用され、共進会終了後は公会堂として一般開放されていました。戦後は裁判所や水産高校、福岡県教育庁の庁舎として使用されます。昭和56年(1981)には県庁舎移転に伴い取り壊しが決定しましたが、市民団体の活動により保存が決定、同59年には重要文化財に指定されています。

1010.jpg

 
 
 
 

旧門司三井倶楽部 ~福岡県北九州市~

旧門司三井倶楽部は、三井物産の迎賓館として大正10年(1921)に門司・谷町に建てられた洋館です。平成6年(1994)に門司港レトロ地区に移築され、現在は重要文化財に指定されています。

835_20171031203812007.jpg



主屋となる洋館は木造二階建てで、屋根はスレート葺、外壁はモルタル掃き付け仕上げで、木骨を見せるハーフティンバー様式となっています。切妻屋根や出窓を多く設けており、見る者に重厚な印象を与えます。

831_20171031203813b37.jpg




南面に設けられた玄関。

905.jpg




玄関の床はタイル張りになっています。

904_2017103120385611a.jpg




玄関の欄間には、大海をイメージさせる船をデザインしたステンドグラスが見られます。

900_20171031203853367.jpg




一階ホール。現在は北九州市の観光案内所として使用されています。

897.jpg




一階ホールのマントルピース。マントルピースは部屋ごとにデザインが異なります。

901_20171104224933d19.jpg



一階ホールの照明と天井中心飾り。天井の中心飾りも、部屋ごとにデザインが異なっています。

848_20171031203859eef.jpg




一階は4つの部屋がありますが、このうち3部屋はレストランとして使用されています。

841.jpg




イベントホールとして使用されている、一階南東隅の大客室。

888.jpg




大客室の照明と中心飾り。

889_20171031204018443.jpg



階段室。二階はかつての居間、寝室、浴室が「アインシュタインメモリアルルーム」として、北西の2部屋が「林芙美子資料室」として公開されています。

854_201710312041106c8.jpg



二階・居間。大正11年(1922)、来日したアインシュタイン博士は旧門司三井倶楽部に5日間滞在し、この部屋を使用したといいます。

866_20171031204142dc6.jpg




居間の天井中心飾りは、他の部屋で見られるような漆喰を塗り固めたものではなく、木彫りのものになっています。

865_20171031204141b54.jpg




二階・寝室。こちらもアインシュタイン博士が来日時に使用しました。

873_20171031204144feb.jpg




寝室の天井と中心飾りの意匠。

877.jpg




寝室にはアインシュタイン博士滞在時のベッドが復元されています。

878_20171031204147ae4.jpg




二階・浴室。腰壁と床はタイル張りになっています。

882_20171031204819c2b.jpg




主屋の北側には付属屋(和館)も接続しています。往時は管理人の住居として使用されていました。

919_20171101202228efb.jpg




旧門司三井倶楽部は、第二次大戦後に当時の国鉄に買収され、国鉄職員の厚生施設「門鉄会館」として使用されました。昭和62年(1987)に国鉄清算事業団に移管となり、解体が予定されていましたが、平成2年に北九州市に無償譲渡され保存が決定、現在地に移築され、現在では門司港レトロ地区を象徴する存在となっています。


885.jpg


 
 
 
 

門司港地区の近代建築群 ~福岡県北九州市~

北九州市北東部に位置する門司は、明治・大正と国際貿易港として栄えた港町です。重要文化財に指定されている門司港駅舎を初め、多くの近代建築が残り、「門司港レトロ」として観光スポットになっています。

943_20171028091317dad.jpg



門司港駅のすぐ東方にある、旧横浜正金銀行門司支店。昭和9年(1934)竣工の鉄筋コンクリート造の洋風建築で、現在は北九州銀行門司支店として使用されています。

772_20171028090654e40.jpg



明治24年(1891)に建てられた旧九州鉄道本社(国登録有形文化財)。煉瓦造りの洋風建築で、現在は九州鉄道記念館の本館として公開されています。

795.jpg



関門海峡を見下ろす丘陵に建つ、旧門司市役所(国登録有形文化財)。昭和5年(1930)に建てられたモダニズム建築で、現在は北九州市門司区役所として使用されています。

799_201710280908438b6.jpg




かつての料亭・三宜楼(さんきろう)。昭和6年(1931)に建てられた、木造三階建ての和風建築です。

774_20171028090840863.jpg



三宜楼は昭和30年代に料亭としての役割を終え、現在は北九州市による管理の下、一般公開されています。次回記事で単独で取り上げます。

694_20171028090838ba0.jpg



門司港地区の北東、浜町にある旧門司郵便局電話課庁舎。大正13年(1924)の建築ですが、大正期とは思えないモダンな外観です。

809_20171028091525a00.jpg




旧門司郵便局電話課庁舎は、現在ではNTTの所有となり、門司電気通信レトロ館として公開されています。

811_20171028091527e0b.jpg



門司港レトロ地区の中心にある、旧門司三井倶楽部(重要文化財)。大正10年(1921)、谷町に建てられたハーフティンバー様式の洋館で、平成6年(1994)に現在地へ移築されました。

831.jpg



旧門司三井倶楽部は一階がカフェ、二階はアインシュタインメモリアルルームと林芙美子記念館となり、一般公開されています。後日単独で取り上げます。

837_20171028090656f06.jpg



三井倶楽部の向かいに建つ、旧三井物産門司支店。昭和12年(1937)竣工のモダニズム建築で、現在はギャラリーや店舗として使用されています。

769.jpg



三井倶楽部の隣に建つ、旧日本郵船門司支店。昭和2年(1927)の竣工のモダニズム建築で、海運大手三社の一つ・日本郵船の社屋でした。




大理石やタイルを使用した、旧日本郵船門司支店の玄関ホール。建物は現在では「門司郵船ビル」となり、海運会社や海運関係団体などの事務所が入居しています。

827.jpg



こちらも海運大手三社の一つ・商船三井(旧大阪商船)の事務所だった、旧大阪商船門司支店(国登録有形文化財)。八角形の塔が印象的な、大正6年(1917)竣工の洋館で、現在はギャラリーや貸しホールとして使用されています。

941.jpg



明治42年(1909)に建てられた煉瓦造りの洋館、旧門司税関庁舎。長い間荒廃していましたが、平成3年(1993)に往時の姿に復元され、現在はカフェやギャラリーとして使用されています。

933_20171028091432caf.jpg
 



旧門司税関のすぐ近くにある、北九州市立国際友好記念図書館。かつて中国・大連市にあった、東清鉄道汽船の事務所を複製したもので、近代建築ではありません(平成7年築)。

815.jpg


門司は古くから関門海峡を監視する要衝でしたが、明治22年(1889)国の特別輸出港に指定されて以降、国際貿易港都市として発展しました。現在では北九州市を代表する観光スポットで、同じ古い港町でも、横浜や神戸とはまた違った独特の雰囲気があります。なお、有名な門司港駅は改修工事中だったので、今回は撮影できずでした。。

816_20171029102251867.jpg 


次回は三宜楼を取り上げます。

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop