茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧春田鉄次郎邸 ~愛知県名古屋市~

旧春田鉄次郎邸は、陶磁器貿易商として財を成した実業家・春田鉄次郎の邸宅として、大正13年(1924)に建てられた和洋折衷建築です。前回取り上げた旧豊田佐助邸の西隣にあり、旧豊田邸に申し出て見学することができます。

248_20170817205638ee4.jpg



主屋は木造二階建て、和と洋が入り混じった独特の外観になっています。設計は、「関西建築界の父」と呼ばれた武田五一によります。





ベイウィンドウが設けらた、一階南面隅の洋間。

245_201708172056387bb.jpg



客用玄関は一階南面に開けられています。玄関を入ると一階の洋間部分となりますが、こちらは現在フレンチレストランの店舗として使用されていて、見学できません。

239_20170817205824562.jpg




見学者は奥の内玄関から内部へ入ります。

232_20170817205822e80.jpg




内玄関内部。天井には刺繍による模様が施されています。

226_20170817205904574.jpg




一階・和室。昭和を感じさせる家電や家具が保存展示されています。

202_20170817205820f51.jpg




一階・洋室。

205_20170817205822adb.jpg




二階・洋室。寝室として使用されていたようです。

207_20170817210021aef.jpg




二階洋室、天井の意匠。





二階・和室。付書院と琵琶床を伴った書院造りになっていて、南面には広縁が通されています。

210_20170817210022b70.jpg




和室付書院の欄間意匠。鳳凰と光琳桐の透かしが施されています。

214_20170817210023194.jpg




広縁の手摺にも、細かな意匠。

215_201708172100246fd.jpg




和室の北側に隣接する、二階・洋室。置かれているソファは大正時代のものと言われます。

219_20170817210132255.jpg




和室と洋間の間の仕切欄間。筋抜きを施しただけの素朴な意匠です。

218_20170817210131fd7.jpg


旧春田鉄次郎邸の建つ地区は江戸時代、尾張藩中級武士の邸宅が建ち並んでいた地区で、明治以降になると多くの財界人が邸宅を構え、現在でも旧豊田佐助邸や旧井元為三郎邸、旧川上貞奴邸など戦前の洋館が多く残されています。なお、旧春田邸の西隣はかつて春田家が所有した土地で、春田鉄次郎が設立した大洋商工株式会社の事務所や、武田五一設計の集合住宅から構成される「文化住宅」が存在していましたが、残念ながら現在はすべて取り壊され結婚式場になっています。

251_20170817205640bce.jpg

スポンサーサイト
 
 
 
 

旧豊田佐助邸 ~愛知県名古屋市~

名古屋市東区主税町にある旧豊田佐助邸は、トヨタグループ創始者である豊田佐吉の弟・豊田佐助の邸宅として建てられた、和洋館並列型の近代建築です。現在は名古屋市による管理の下、一般公開されています。

118_2017081619575172a.jpg



和館は大正12年(1923)、洋館はそれ以前に建てられたとされます。主屋である洋館は、もともと豊田佐吉の長女夫婦のために建てられたもので、当初外壁は漆喰塗り込めだったようですが、和館増築時に白いタイル貼りに改められています。


119_20170815204014fa3.jpg





格天井やタイル床のデザインが美しい、洋館南面の玄関ポーチ。

123_20170816195347a8a.jpg



洋館一階の応接間。洋館一階には、三つの洋室が設けられています。





和館一階は四つの和室で構成され、周囲は廊下で囲まれています。

132_2017081520415769f.jpg




庭園に面した、和館一階の廊下。窓の下部は、通気を考慮した無双窓になっています。

139_201708152041599e0.jpg




和館二階・東側の和室。二階は客用の空間だったようで、襖絵や欄間など、凝った意匠が見られます。

143_20170815204254245.jpg




鳳凰の透かしが施された、二階の仕切り欄間。

146_20170815204256074.jpg




こちらの欄間障子も、個性的なデザインです。

149_20170815204251257.jpg




和館二階の主室となる、西側の和室。床の間には琵琶床が設けられています。

158_2017081620071394a.jpg




和館二階(手前)と洋館二階(右奥)の接続部分。スキップフロア風に、洋館二階が和館二階より一段高くなっています。

190_20170815204531cd8.jpg




洋館二階。洋風の外観とは対照的に、内部は12畳半の和室が二つ並ぶ構造になっています。

166_201708162031471d0.jpg




洋館二階は、和室を取り巻くように廊下が巡らされています。

164_20170815204527d83.jpg




洋館二階、カーテンボックスの意匠。

173_20170815204730794.jpg




洋館二階の換気口。「とよだ」の文字を鶴亀のデザインで表現したもので、一階の換気口も同様のデザインになっています。

180_20170815204731b82.jpg


豊田佐助は豊田佐吉の末弟で、兄の事業を支援しながら、兄が創業した豊田紡織の社長を務めるなど、自身も実業家として活躍しました。太平洋戦争後、米進駐軍に接収された旧豊田佐助邸ですが、昭和45年(1970)にアイシン精機(株)の所有となり、平成7年(1995)には名古屋市が同社から借り受けて一階公開を開始しています。なお、かつては二階建ての離れや風呂場も残っていたようですが、平成7年に解体され現存していません。

181_20170815204732bec.jpg


 
 
 
 

旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎(名古屋市市政資料館) ~愛知県名古屋市~

旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎は大正12年(1922)、名古屋控訴院、名古屋地方裁判所、名古屋区裁判所の3つの裁判所機能を持つ庁舎として建てられた、ネオ・ルネッサンス様式の洋風建築です。以前訪問した際は休館日で入館できなかったため、約4年振りに再訪しました。

107_20170814095155181.jpg



建物は煉瓦・鉄筋コンクリート造3階建て、屋根はスレート葺で、南面中央にはドーム屋根を備えた搭屋を設けています。平面は「日」の字型で、ほぼ左右対称の構造になっています。





煉瓦と花崗岩のコントラストが美しい外壁。設計は司法省営繕課、工事主任は司法技師・金刺森太郎が務めています。

110_20170814094950ff0.jpg



玄関を入ると、すぐに二階への階段となります(一階は留置場)。大理石による手摺が見事です。

082_201708140953419c2.jpg




二階から三階までを吹き抜けとした、中央階段室。大理石による手摺やステンドグラスなど、豪華な作りに圧倒されます。

045_201708141011533f8.jpg




中央階段室踊り場のステンドグラス。天秤を表現したものです。

091_201708140957146ec.jpg




中央階段室天井のステンドグラス。日輪により、公明正大な裁判を表現しているとされます。

018_2017081409534067c.jpg




中央階段室の手摺。鉄骨部分に幾何学的なデザインが見られます。

096_20170814095343300.jpg




中央階段室二階の柱には、漆喰で大理石模様を描いた、「マーブル塗り」という珍しい手法が用いられています。

104_2017081417474616b.jpg




三階を東西に貫く廊下。左手のギリシャ風の柱には、黄漆喰が使用されています。

101_20170814095812e12.jpg




三階・会議室。壁と天井は漆喰塗りの上から紙貼りを施しており、天井は中央部を折上げ天井としています。





会議室の照明と天井中心飾り。

102_20170814095813b5a.jpg




三階展示室に復元された陪審法廷。昭和3年(1928)、当庁舎の隣に新築された陪審庁舎の法廷を移設したものです。

063_20170814100036d66.jpg




三階に復元された、控訴院第2号法廷。庁舎新築時の法廷を再現したものです。

074_2017081410003631c.jpg





中央階段室以外の階段手摺にも、美しいデザインが見られます。

088_20170814100037fdf.jpg


旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎は、昭和22年(1947)に名古屋高等裁判所と名古屋地方裁判所の庁舎となり、昭和54年(1979)まで使用されました。昭和59年(1984)には玄関、中央階段室、三階会議室以外の内装を除いて国の重要文化財に指定され、保存工事を経て、平成元年(1989)から名古屋市市政資料館として公開されています。

037_20170814095809639.jpg

 
 
 
 

旧伊庭家住宅 ~滋賀県近江八幡市~

近江八幡市安土町にある旧伊庭(いば)家住宅は、旧住友財閥2代目総理事・伊庭貞剛(ていごう)の四男・伊庭慎吉の邸宅として、大正2年(1913)に建てられました。木造二階建て、屋根は切妻天然スレート葺き、外壁はハーフティンバー様式で、設計はW.M.ヴォーリズによります。ヴォーリズの作品としては珍しく、内部に和風を取り入れた和洋折衷の建築となっています。

068_2017070217470207c.jpg




ベンガラで赤く塗られた玄関。現在の玄関は後年に増築されており、ヴォーリズは関与していないようです。

046_201707021747041d0.jpg




一階北面に通された廊下。床は板張り、天井は竹の網代と、英国的な外観からは想像できない純和風な作りになっています。

052_201707021746593e2.jpg




一階北東隅の和室。襖には春の風景が描かれています。

049_201707021747057c0.jpg




慎吉夫妻が最もよく使用していたという、一階中心部の和室。一階は大部分が和室で構成されています。

056_20170704204627e31.jpg




一階南側の和室。左手、庭園に面した縁側状の部分は後年の増築です。

060_20170702174832b12.jpg




こちらの和室の襖には、秋の風景が描かれています。

061_2017070420462497b.jpg




サロンとして使用されていたと思われる、一階・洋間。北側には暖炉を備えています。

085_201707042046267e0.jpg




一階洋室の小窓は、十字架をデザインしたものと言われます。

093_201707021748313ca.jpg




現在は事務室として使用されているサンルーム。創建当初は天井と窓のない、屋外テラスだったようです。

101_20170702175004c48.jpg




色付きのダイヤガラスを使用した、サンルームの窓。

104_20170702175005c8a.jpg




サンルームの床は、青を基調とした爽やかなタイル貼りになっています。

100_20170702175006a8d.jpg




一階東部の和室。一見茶室に見えますが、炉は設けられていません。

089_20170702174829e76.jpg




一階の中心にある階段室。創建当初は階段下に玄関が開けられ、玄関ホールとして機能していました。

071_2017070217511263c.jpg




二階洋室。天井や引き戸は和風になっています。伊庭慎吉は絵画を趣味とし、二階は主にアトリエとして使用されていたようです。

074_20170704204625115.jpg


伊庭慎吉の父・伊庭貞剛は旧住友財閥の二代目総理事で、初代総理事・広瀬宰平の実の甥になります。叔父・広瀬が推し進めた近代化のために問題化していた別子銅山の煙害問題の解決に尽力し、住友林業や住友銀行を設立するなど、現在の住友グループの基礎を築きました。子の慎吉は沙沙貴神社の神主や安土村長を務めていますが、旧伊庭家住宅の建設資金の多くは父・貞剛が提供したそうです。旧伊庭家住宅は昭和53年(1978)に安土町の所有となり、一時は解体予定となっていましたが、地元有志の寄付により修繕が行われ、現在は民間団体により管理・保存されています。

073_20170705195339aab.jpg

 
 
 
 

旧久松家別邸・萬翠荘 (愛媛県松山市)

萬翠荘(ばんすいそう)は、旧松山藩主・久松家の当主だった久松定謨(さだこと)伯爵の別邸として、大正11年(1922)に建てられたフランス・ルネッサンス様式の洋館です。2014年に一度訪れ、当ブログでもご紹介しましたが、改めて取り上げます。

1025.jpg



構造は鉄筋コンクリート造2階(地下1階)建てで、東南隅に尖塔を、二階南面にはバルコニーを設けています。外壁はタイル張り、屋根は上部を銅板、下部を「鱗瓦」と呼ばれる半円形の天然スレート葺きとする、マンサード屋根になっています。





一階南面に設けられた玄関。上部にはペディメントを伴います。

1030.jpg




玄関では、扉や欄間にアール・ヌーヴォー風の装飾が施され、床は大理石を市松風に敷いています。

267_201705292056399ae.jpg




玄関内扉。階段は大理石製、欄間にはアール・ヌーヴォー風のステンドグラスがはめ込まれています。

1017.jpg




一階東南部にあたる謁見の間。サロンとして使用されていた部屋です。

265_20170529205455a54.jpg



大理石を用いた、謁見の間のマントルピース。萬翠荘では各部屋に大理石のマントルピースが設置されていますが、いずれも当時最先端だったガス暖房を備えています。

1009.jpg




一階・晩餐の間。木工が多く用いられ、天井も格天井と、和の雰囲気が感じられます。

1007.jpg




晩餐の間の照明は、水晶を使用した豪華なもの。

999.jpg




階段室を兼ねた玄関ホール。階段手摺にはチーク材の一本木が使用されています。

927.jpg



階段踊り場には巨大なステンドグラスがあり、萬翠荘における見所の一つとなっています。宇野澤辰雄、別府七郎と並んで、日本におけるステンドグラス製作のパイオニアである木内真太郎の作品です。

929.jpg




二階・迎賓室。天井には中心飾りをはじめ、細かな彫刻が施されています。

949_201705292056461f8.jpg




迎賓室入口上部のステンドグラス。各部屋の入口上部には、それぞれ異なるデザインのステンドグラスがはめ込まれています。

948_201705292056446d1.jpg




二階・貴賓室。白を基調とした、清楚な空間です。

955_20170529205649286.jpg



貴賓室西側。窓に囲まれた開放的な空間で、裕仁親王(昭和天皇)が滞在時にここで食事をしたそうです。

962_201705292058280d8.jpg


萬翠荘は愛媛県で最古のコンクリート建築で、設計はお隣・愛媛県庁や三津浜の旧石崎汽船本社を手掛けた木子七郎によります。太平洋戦争終結後、一時的に米軍に接収されますが、その後は裁判所や美術館の施設として使用され、現在は管理棟とあわせて重要文化財に指定されています。

993_20170529205641487.jpg 


1ヶ月近くに渡って四国の庭園や建築を取り上げてきましたが、今回の記事で最後となります。お付き合い頂きありがとうございました。

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop