茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

古町・花街の古い町並み ~新潟県新潟市~

新潟市中央区の「新潟島」に、古町と呼ばれるエリアがあります。かつて8番町、9番町と呼ばれた地区は、料亭、置屋、待合茶屋などが多く存在した花街で、現在でもその面影が残されています。

古町の町並み



町並みは、東堀通りと西堀通りに挟まれたエリアにあります。狭い料亭や割烹が密集し、それらの間を狭い路地が走っています。

古町の町並み



東新道沿いにある鍋茶屋。弘化3年(1846)創業、現在の建物は明治43年(1910)に建てられた木造3階建てのものです。

古町・鍋茶屋



鍋茶屋は古町のシンボルとも言うべき存在で、東新道は鍋茶屋に因んで「鍋茶屋通り」とも呼ばれています。

古町・鍋茶屋



鍋茶屋の向かいにある川辰仲(かわたつなか)。鍋茶屋に派遣する芸妓を置いていた置屋で、現在は廃業し予約制で公開されているようです。

古町の町並み




さらに東新道を北へ歩くと、趣のある古民家が散見されます。

古町の町並み



東新道沿いにある料亭・かき正。こちらは昭和4年(1929)創業で、建物は木造3階建てで創業当初からのものです。

古町・かき正



東新道沿いにある旧待合茶屋・美や古。建物は昭和初期のもので、現在は平日の2時間だけ、カフェとして営業しているようです。

古町・美や古




美や古から路地を挟んで南側にも、昭和初期頃のものと思われる、置屋らしき建物が残されています。

古町の町並み



美や古の隣にある料亭・有明。こちらは明治40年(1907)創業の料亭で、建物は明治後期~大正初期のものと推定されているようです。

古町・有明




こちらは昭和13年(1938)創業の割烹・やひこ。建物は創業当初のものと思われます。

古町・やひこ




やひこの手前、細い路地を入ると、何やら東西に長い長屋が。

古町の町並み




そのまま大通り(東堀通り)に出たら、長屋の正面はこんな感じでした。こちらもかつての置屋なんでしょうか。

古町の町並み




東堀通り沿いにある料亭・一〆(いちしめ)。建物は新しいですが、明治5年(1872)創業の老舗です。

古町・一〆




今度は西新道沿いを歩きます。こちらは待合茶屋・初田中。





西新道沿いにある食事処・すゞ家。昭和初期の置屋を改装したものです。

古町・すゞ屋




西新道沿いの置屋・かすみ(左)と、割烹・おお江(右)。

古町の町並み




西堀通り沿いにある割烹・金辰。こちらは昭和初期創業のようで、竹を用いた玄関部分の意匠が見事です。

古町・金辰



もともと古町は遊廓が点在する場所でしたが、明治31年(1898)、県が十四番町に公娼としての遊廓を開設し、その他の地区での遊女屋営業を禁止したことから、花街として発展しました。付近には旧齋藤家別邸など近代の住宅建築が残る「白壁通り」や、今も妓楼建築が散在する十四番遊廓の跡地があります。

古町・六軒小路

スポンサーサイト



 
 
 
 

小浜の古い町並み ~福井県小浜市~

福井県西部に位置する小浜は、江戸時代、小浜城の城下町や北前船の寄港地として栄えました。「若狭の小京都」と呼ばれ、重要伝統的建造物群保存地区である「小浜西組」を中心に、古い町並みが残されています。

小浜西組の町並み(三丁町)




小浜市まちの駅にある芝居小屋・旭座。明治期の建築で、市内住吉区で倉庫として使用されていたものを移築復元したものです。

小浜・旭座




旭座の向かいにある、栖水館(せいすいかん)。江戸末期の町家を改築したもので、「町屋ギャラリー」として古美術品などを展示しています。

小浜・栖水館




旭座や栖水館のある通りを西へ進みます。こちらは大正期に建てられた民家を改築した料亭・ほり川田村長。

小浜・ほり川田村長





さらに歩を西へ進めると、住吉区に入ります。この辺りから、むくり屋根や「ばったり(折りたたみ式の商品陳列台)」といった、京町家の特徴を持つ古い町家が増えてきます。

小浜西組の町並み




八幡神社大鳥居付近の町並み。後ろに見える山は戦国時代、若狭守護・武田氏の居城だった後瀬山城址で、山上には郭や石垣などの遺構が残されています。

小浜西組の町並み




八幡神社の表参道沿いにある、高島歯科医院。大正14年(1925)に建てられた瀟洒な洋風建築です。

小浜・高島歯科医院




八幡神社の表参道から、丹後街道に入ります。ここから西、飛鳥区や香取区にかけて、「小浜西組」として国の重要伝統的建造物群保存地区になっています。

小浜西組の町並み




丹後街道沿いには、袖壁のある古い町家が集中しています。

小浜西組の町並み




丹後街道沿いにある、町並み保存資料館。大正期の町家を改築したものです。

小浜・町並み保存史料館




丹後街道を西へ進みます。

小浜西組の町並み




鹿島区にある丹波屋酒店。主屋の奥には茶室もあるようです。

小浜西組の町並み




鹿島区の西、大原区の町並み。

小浜西組の町並み





大原を過ぎ、丹後街道から一本西の通りに入ると、飛鳥区の三丁町に入ります。

小浜西組の町並み(三丁町)





三丁町は、柳町、猟師町、清水町の三町をあわせた呼称で、江戸時代には茶屋街として栄えました。

小浜西組の町並み(三丁町)





三丁町では千本格子のある町家が建ち並び、現在でも芸妓を抱える料亭があります。

小浜西組の町並み(三丁町)




三丁町にある、明治~昭和期の料亭・蓬嶋楼(ほうとうろう)。建物は明治初期に建てられたもので、現在は資料館として土日祝日のみ一般公開されています。

小浜・蓬嶋楼




三丁町にある料亭・酔月。蓬嶋楼と同じく明治初期の料亭建築で、現在は「町並みと食彩の館」として公開されています。

小浜・酔月



小浜湾の風景。小浜は古くから交通の要衝として重視され、若狭国の国府も小浜に置かれていたと推定されています。古代から「御食国(みつけくに)」として朝廷に御食料を納めたり、江戸時代には小浜を起点とする「鯖街道」を通じて海産物が京都へ運ばれるなど、京都とも縁の深い地でした。現在の町並みの基礎が作られたのは江戸時代初期、京極氏によって小浜城が築かれた頃と言われます。

小浜湾


 
 
 
 

三国の古い町並み ~福井県坂井市~

景勝地「東尋坊」で知られる三国町は、福井県坂井市北部にある港町です。古くから水運・海運の拠点として発展し、現在も北本町、南本町、神明、山王の周辺に古い町並みが残されています。

三国・北本町の町並み




えちぜん鉄道三国駅から西へ歩くと、観光エリアとなっている「きたまえ通り」に着きます。ここからまずは北本町を歩きます。




北本町にある旧岸名家住宅。材木商の邸宅で、妻入り屋根の正面に平入りの下屋の付いた、「かぐら建て」と呼ばれる三国固有の作りとなっています。

三国・旧岸名家住宅



古い商家を改装した無料休憩所・三國湊町家館。庇の押さえ木が反り上がっている点は、「かぐら建て」とともに、三国の町家の特徴です。

三国・三國湊町家館





「きたまえ通り」を南へ進むと、南本町に入ります。

三国・南本町の町並み




南本町にある旧大木道具店。大正期の和風建築で、現在はレストランとして再利用されています。

三国・旧大木道具店



三国の町並みのシンボルである、旧森田銀行本店。大正9年(1920)に建てられた鉄筋コンクリート造の洋館で、現在は無料で一般公開されています(次回紹介予定)。




南本町にある、元三国大野屋。越前大野藩が財政再建のため全国に設置した「大野屋」のうちの一つで、建物は「かぐら建て」になっています。

三国・元三国大野屋




南本町の町家「雲乃井」。現在は、アーバンデザインセンターの拠点として再利用されています。





南本町の宮太(みやた)旅館。明治期創業の旅館で、現在は閉業しているようですが、建物は明治期のものと言われます。

三国・宮太旅館





さらに南本町を南へと歩きます。

三国・南本町の町並み



南本町にある盆栽店・みくに園。江戸時代後期の町家を改装したもので、1階には大正期頃のものと思われるガラス戸が見られます。





南本町の津田由商店。うだつのある立派な町家です。

三国・津田由商店



南本町を過ぎると山王に入ります。こちらは森田銀行を創立した豪商・森田家の邸宅(森田本家)で、周囲の町家よりも一回り大きなものになっています。





山王の町並み。さらに南へ進むと、三国神社に到達します。

三国・山王の町並み




山王にある竹沢金物店。庇にむくりが見られる点も、三国の町家の特徴の一つです。

三国・山王の町並み




山王にある三國神社。永禄7年(1564)に建立された山王宮を前進とし、明治に入り現在の名称に改められています。

三国神社




北本町の北方、神明にも古い町家が多く残されています。こちらは江戸末期に建てられた近藤古美術。

三国・近藤古美術 




神明にはかつて、滝谷出村という大きな遊郭がありました。料亭・魚志楼(写真手前)をはじめ、花街の面影を残す建物が散在しています。

三国・神明の町並み




大正期に建てられた三国港の駅舎。三国は、古くは九頭竜川や兵庫川を利用した水運拠点として、江戸時代には北前船の寄港地として発展しましたが、明治以降、鉄道の開通により次第に衰退していきました。現在観光エリアとして整備されているのは一部だけですが、観光エリア以外にも立派な町家が広範囲に渡って残されており、かつての繁栄ぶりを窺うことができます。

三国港駅舎
 

 
 
 
 

木之本の古い町並み ~滋賀県長浜市~

滋賀県長浜市の木之本は、浄信寺(木之本地蔵院)の門前町として、また北国街道と北国脇往還の合流する宿場町として、古くから栄えてきました。北国街道沿いを中心に、現在も古い町並みが残されています。

木之本・古い町並み




北国街道と北国脇往還の分岐点から、北国街道を北(金沢方面)へと進みます。ちなみに北国脇往還は木之本から関ヶ原を結ぶ街道で、関ヶ原で中山道に合流します。

木之本・古い町並み




嘉永5年(1852)創業の、大幸醤油。建物は創業時のものと考えられています。

木之本・大幸醤油




江戸時代、南木之本村の庄屋を務めた竹本助六家住宅。

木之本・竹本助六家





北国街道を北進すると、うだつのある立派な町家が建ち並びます。

木之本・古い町並み



昭和10年(1935)に建てられた旧湖北銀行木之本支店。イオニア式の円柱が特徴の洋風建築で、現在は「きのもと交遊館」として使用されています。

旧湖北銀行木之本支店




戦前の洋風建築と思われる、たばこや呉服店。昭和初期頃の建築でしょうか。

木之本・たばこや呉服店



延享元年(1744)に建てられた冨田八郎家住宅(冨田酒造)。冨田家は佐々木京極氏を祖とし、戦国時代に京極氏が没落すると帰農して酒屋を営みながら庄屋を務めました。地酒「七本槍」は北大路魯山人も愛したとされる銘酒です。

木之本・冨田八郎家




木之本宿の本陣だった竹内五左衛門家住宅。

木之本・竹内五左衛門家





竹内五左衛門家住宅の軒下には、古い薬の看板がいくつも吊るされています。明治26年(1893)、当時の当主が日本薬剤師第1号の免状を取得しているそうです。

木之本・竹内五左衛門家




木之本の町並みの中心となる、浄信寺。「木之本地蔵院」の別称で知られ、境内には江戸中期作庭の池泉観賞式庭園が現存します。

木之本・浄信寺




浄信寺の手前は「札の辻」と呼ばれるT字路で、江戸時代の高札場でした。

木之本・札の辻




浄信寺を過ぎ、町並みはさらに北へと続きます。この辺りの町家は近年に改修されているようですが、町家の雰囲気は保たれています。

木之本・古い町並み




弘化4年(1874)に建てられた、上阪五郎右衛門家住宅。北木之本村の庄屋だったようです。

木之本・上阪五郎右衛門家




木之本宿の脇本陣だった山路清平家住宅(山路酒造)。天文元年(1532)創業の酒蔵で、会社HPによると国内で5番目に古い酒蔵だとか。旧冨田八郎家住宅とともに、木之本でも一際目を惹く建築です。

木之本・山路清平家





山路家を過ぎると道幅は一気に狭くなり、旧街道の趣が増します。

木之本・古い町並み




木之本では室町時代から昭和初期まで、年に2回、民家を宿として牛馬市が開かれていました。こちらの馬宿平四郎家住宅は、山内一豊の妻・千代が、夫の出世のきっかけとなった名馬を購入したことで知られています。

木之本・馬宿平四郎




木之本駅付近から札の辻へと伸びる、浄信寺の表参道。駅近くの路地沿いには、かつての旅籠らしき旅館も散在しています。

木之本・古い町並み




木之本駅の近くにある江北図書館。昭和12年(1937)、旧伊香郡農会庁舎として建てられた木造洋風建築です。

木之本・江北図書館




木之本は明治の町村制施行時に木之本村、大正7年(1918)には木之本町となりますが、平成22年(2010年)、長浜市に編入されています。江戸時代後期に2度の大火に遭っているようで、現存する町家はそれ以降に建てられたもののようです。今回、4年ぶりの再訪となりましたが、古い建築が変わらず残されていることに安心しました。

木之本・古い町並み


 
 
 
 

湯田中・渋温泉の古い町並み ~長野県下高井郡山ノ内町~

長野県山ノ内町の湯田中(ゆだなか)周辺は、古くから湯治場として栄え、現在でも多数の温泉街があります。古くからの温泉街の雰囲気が色濃く残る、湯田中から渋温泉にかけての町並みをご紹介します(2018年7月訪問)。

IMG_6508.jpg



長野電鉄の終点・湯田中駅から町歩きを始めます。湯田中駅の旧駅舎は昭和2年(1927)に建てられた木造洋風建築で、現在は「楓の館」として展示室などに利用されています。

IMG_6571.jpg




湯田中駅から東方に5分ほど歩くと、湯田中の温泉街に入ります。老舗の温泉旅館が軒を連ねます。

IMG_6561.jpg



湯田中にある老舗温泉旅館・見崎屋。明治期に建てられたとされる見事な木造旅館建築で、現在は廃業しているようですが、江戸時代には松代藩主も利用したという、由緒ある旅館です。

IMG_6413.jpg





湯田中温泉から渋温泉へと向かう途中、立派な近代和風建築がありました。旅館か料亭として使用されていたものでしょうか。

IMG_6424.jpg




渋温泉へと向かう途中にある、安代の温泉街。この辺りから道は石畳となり、温泉街の雰囲気が増してきます。

IMG_6425.jpg




安代の温泉街を抜けると、渋の温泉街に入ります。昔ながらの温泉旅館が軒を連ねます。

IMG_6553.jpg




温泉街らしからぬ洋館もあります。昭和初期頃の建築でしょうか。

IMG_6430.jpg




渋温泉の老舗温泉旅館・多喜本。現在の建物は、大正~昭和初期にかけて建てられたようです。

IMG_6433.jpg



一番湯周辺の町並み。渋温泉には全部で9ヶ所の外湯があり、温泉街の宿泊施設を利用すれば、これらの外湯を自由に回ることができます。

IMG_6444.jpg



渋温泉のシンボル・金具屋。木造4階建ての斉月楼は昭和11年(1936)に建てられたもので、群馬県の老舗旅館・積善館とともに、『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったとも言われています。


IMG_6450.jpg




渋温泉最古の温泉旅館と言われる、湯本旅館。木造2階建ての建物は、大正期に建てられたものです。

IMG_6518.jpg




明治期の建築とされる、つばたや本館。こちらも江戸時代に松代藩主が利用したとされる、由緒ある旅館です。

IMG_6517.jpg




つばたや本館の向かいには、別館もあります。別館は現在では使用されていないようです。

IMG_6514.jpg




つばたやを過ぎ、渋温泉のメインストリートを更に東へ進むと、温泉寺への参道となります。

IMG_6475.jpg



温泉寺は14世紀に臨済宗の寺院として建立され、弘治2年(1556)に曹洞宗に改宗・復興された寺院です。創建時から境内に温泉が湧いていて、武田信玄もよく湯治に訪れていたそうです。

IMG_6478.jpg




横湯川沿いに佇む、旧臨泉閣。昭和4年(1929)に建てられた木造3階建ての旅館建築で、現在は廃業しています。

IMG_6502.jpg




狭い路地が入り組んでいるところも、渋温泉の町並みの特徴です。

IMG_6484.jpg




至る所に、探索したくなるような小道が。

IMG_6490.jpg



私事ですが、湯田中は6年前、社会人2年目だった頃に人生初の一人旅で訪れた、思い入れのある場所です。その後、色々な温泉地を訪ねましたが、湯田中温泉と渋温泉は、島根県の湯泉津(ゆのつ)と並んで個人的に最も好きな温泉街の一つです。

IMG_6486.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop