茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

木之本の古い町並み ~滋賀県長浜市~

滋賀県長浜市の木之本は、浄信寺(木之本地蔵院)の門前町として、また北国街道と北国脇往還の合流する宿場町として、古くから栄えてきました。北国街道沿いを中心に、現在も古い町並みが残されています。

木之本・古い町並み




北国街道と北国脇往還の分岐点から、北国街道を北(金沢方面)へと進みます。ちなみに北国脇往還は木之本から関ヶ原を結ぶ街道で、関ヶ原で中山道に合流します。

木之本・古い町並み




嘉永5年(1852)創業の、大幸醤油。建物は創業時のものと考えられています。

木之本・大幸醤油




江戸時代、南木之本村の庄屋を務めた竹本助六家住宅。

木之本・竹本助六家





北国街道を北進すると、うだつのある立派な町家が建ち並びます。

木之本・古い町並み



昭和10年(1935)に建てられた旧湖北銀行木之本支店。イオニア式の円柱が特徴の洋風建築で、現在は「きのもと交遊館」として使用されています。

旧湖北銀行木之本支店




戦前の洋風建築と思われる、たばこや呉服店。昭和初期頃の建築でしょうか。

木之本・たばこや呉服店



延享元年(1744)に建てられた冨田八郎家住宅(冨田酒造)。冨田家は佐々木京極氏を祖とし、戦国時代に京極氏が没落すると帰農して酒屋を営みながら庄屋を務めました。地酒「七本槍」は北大路魯山人も愛したとされる銘酒です。

木之本・冨田八郎家




木之本宿の本陣だった竹内五左衛門家住宅。

木之本・竹内五左衛門家





竹内五左衛門家住宅の軒下には、古い薬の看板がいくつも吊るされています。明治26年(1893)、当時の当主が日本薬剤師第1号の免状を取得しているそうです。

木之本・竹内五左衛門家




木之本の町並みの中心となる、浄信寺。「木之本地蔵院」の別称で知られ、境内には江戸中期作庭の池泉観賞式庭園が現存します。

木之本・浄信寺




浄信寺の手前は「札の辻」と呼ばれるT字路で、江戸時代の高札場でした。

木之本・札の辻




浄信寺を過ぎ、町並みはさらに北へと続きます。この辺りの町家は近年に改修されているようですが、町家の雰囲気は保たれています。

木之本・古い町並み




弘化4年(1874)に建てられた、上阪五郎右衛門家住宅。北木之本村の庄屋だったようです。

木之本・上阪五郎右衛門家




木之本宿の脇本陣だった山路清平家住宅(山路酒造)。天文元年(1532)創業の酒蔵で、会社HPによると国内で5番目に古い酒蔵だとか。旧冨田八郎家住宅とともに、木之本でも一際目を惹く建築です。

木之本・山路清平家





山路家を過ぎると道幅は一気に狭くなり、旧街道の趣が増します。

木之本・古い町並み




木之本では室町時代から昭和初期まで、年に2回、民家を宿として牛馬市が開かれていました。こちらの馬宿平四郎家住宅は、山内一豊の妻・千代が、夫の出世のきっかけとなった名馬を購入したことで知られています。

木之本・馬宿平四郎




木之本駅付近から札の辻へと伸びる、浄信寺の表参道。駅近くの路地沿いには、かつての旅籠らしき旅館も散在しています。

木之本・古い町並み




木之本駅の近くにある江北図書館。昭和12年(1937)、旧伊香郡農会庁舎として建てられた木造洋風建築です。

木之本・江北図書館




木之本は明治の町村制施行時に木之本村、大正7年(1918)には木之本町となりますが、平成22年(2010年)、長浜市に編入されています。江戸時代後期に2度の大火に遭っているようで、現存する町家はそれ以降に建てられたもののようです。今回、4年ぶりの再訪となりましたが、古い建築が変わらず残されていることに安心しました。

木之本・古い町並み


スポンサーサイト



 
 
 
 

湯田中・渋温泉の古い町並み ~長野県下高井郡山ノ内町~

長野県山ノ内町の湯田中(ゆだなか)周辺は、古くから湯治場として栄え、現在でも多数の温泉街があります。古くからの温泉街の雰囲気が色濃く残る、湯田中から渋温泉にかけての町並みをご紹介します(2018年7月訪問)。

IMG_6508.jpg



長野電鉄の終点・湯田中駅から町歩きを始めます。湯田中駅の旧駅舎は昭和2年(1927)に建てられた木造洋風建築で、現在は「楓の館」として展示室などに利用されています。

IMG_6571.jpg




湯田中駅から東方に5分ほど歩くと、湯田中の温泉街に入ります。老舗の温泉旅館が軒を連ねます。

IMG_6561.jpg



湯田中にある老舗温泉旅館・見崎屋。明治期に建てられたとされる見事な木造旅館建築で、現在は廃業しているようですが、江戸時代には松代藩主も利用したという、由緒ある旅館です。

IMG_6413.jpg





湯田中温泉から渋温泉へと向かう途中、立派な近代和風建築がありました。旅館か料亭として使用されていたものでしょうか。

IMG_6424.jpg




渋温泉へと向かう途中にある、安代の温泉街。この辺りから道は石畳となり、温泉街の雰囲気が増してきます。

IMG_6425.jpg




安代の温泉街を抜けると、渋の温泉街に入ります。昔ながらの温泉旅館が軒を連ねます。

IMG_6553.jpg




温泉街らしからぬ洋館もあります。昭和初期頃の建築でしょうか。

IMG_6430.jpg




渋温泉の老舗温泉旅館・多喜本。現在の建物は、大正~昭和初期にかけて建てられたようです。

IMG_6433.jpg



一番湯周辺の町並み。渋温泉には全部で9ヶ所の外湯があり、温泉街の宿泊施設を利用すれば、これらの外湯を自由に回ることができます。

IMG_6444.jpg



渋温泉のシンボル・金具屋。木造4階建ての斉月楼は昭和11年(1936)に建てられたもので、群馬県の老舗旅館・積善館とともに、『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったとも言われています。


IMG_6450.jpg




渋温泉最古の温泉旅館と言われる、湯本旅館。木造2階建ての建物は、大正期に建てられたものです。

IMG_6518.jpg




明治期の建築とされる、つばたや本館。こちらも江戸時代に松代藩主が利用したとされる、由緒ある旅館です。

IMG_6517.jpg




つばたや本館の向かいには、別館もあります。別館は現在では使用されていないようです。

IMG_6514.jpg




つばたやを過ぎ、渋温泉のメインストリートを更に東へ進むと、温泉寺への参道となります。

IMG_6475.jpg



温泉寺は14世紀に臨済宗の寺院として建立され、弘治2年(1556)に曹洞宗に改宗・復興された寺院です。創建時から境内に温泉が湧いていて、武田信玄もよく湯治に訪れていたそうです。

IMG_6478.jpg




横湯川沿いに佇む、旧臨泉閣。昭和4年(1929)に建てられた木造3階建ての旅館建築で、現在は廃業しています。

IMG_6502.jpg




狭い路地が入り組んでいるところも、渋温泉の町並みの特徴です。

IMG_6484.jpg




至る所に、探索したくなるような小道が。

IMG_6490.jpg



私事ですが、湯田中は6年前、社会人2年目だった頃に人生初の一人旅で訪れた、思い入れのある場所です。その後、色々な温泉地を訪ねましたが、湯田中温泉と渋温泉は、島根県の湯泉津(ゆのつ)と並んで個人的に最も好きな温泉街の一つです。

IMG_6486.jpg


 
 
 
 

篠山の古い町並み② ~兵庫県篠山市~

篠山の古い町並み、後編です。今回は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている、河原町と御徒士町(おかちまち)をご紹介します。

IMG_9337.jpg




八上方面から旧篠山街道を西に進み、篠山川を渡ると河原町に入ります。京都方面からの篠山の玄関口にあたり、篠山城築城に合わせて町並みが整備されたと言われます。

IMG_9339_2018111722182447b.jpg




河原町一帯は「河原町妻入商家群」と呼ばれますが、妻入の町家だけでなく、平入の町家も多く残されています。うだつや千本格子、虫籠窓の見られるものや、黒漆喰塗籠のものなど、そのデザインはバリエーションに富んでいます。

IMG_9342.jpg






IMG_9351_20181117221828102.jpg






IMG_9354_2018111722210693f.jpg




江戸時代後期に建てられた高田家住宅。篠山の妻入商家を代表する建築です。

IMG_9355.jpg




かつて町医者だった小林家住宅。明治12年(1870)築の町家で、東半分が平入、西半分は妻入となっています。

IMG_9357.jpg



明治12年(1879)築の鳳凰会館。主に銀行に使用されていた建物で、平入の町家に妻入の土蔵が付属しています。

IMG_9362_201811172221117bd.jpg




旧街道沿いにある、篠山能楽資料館。全国で初めて設立された能楽専門の資料館です。

IMG_9363.jpg




広い間口を持つ川端家住宅。通りに面した主屋と土蔵はは明治前期に建てられたもので、ほかにも大正時代に建てられた離れが残されているようです。

IMG_9370.jpg




江戸時代に建てられた、西坂家住宅。高田家住宅と同じく、篠山の妻入商家を代表する建築です。

IMG_9372_2018111722223079a.jpg


河原町を西に抜けると、篠山城址にたどり着きます。。篠山城は慶長14年(1609)、徳川家康により築城された近世城郭で、建造物は失われているものの、見事な高石垣と水堀が残されています。

IMG_9391_20181117222515d09.jpg




平成12年(2000)に復元された、篠山城二の丸大書院。

IMG_9400.jpg




篠山城址の西側には、かつての武家屋敷街である御徒士町(おかちまち)の町並みがあります。

IMG_9408.jpg




御徒士町にある安間(あんま)家史料館。幕末に建てられた武家屋敷を利用した史料館です。

IMG_9416.jpg




御徒士町には、他にもかつての武家屋敷と思われる古民家が多数残されています。

IMG_9419.jpg




2回にわたり篠山の町並みを取り上げましたが、篠山は篠山城址を中心に古い町並みが広範囲に渡って残されていて、見所の多い町です。篠山には今回紹介した他にも、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている福住の町並みや、昭和12年(1938)築の木造校舎・八上小学校など、魅力的な町並みや建築が多く残されています。

IMG_9345_20181117221826d96.jpg


 
 
 
 

篠山の古い町並み① ~兵庫県篠山市~

兵庫県内陸部に位置する篠山市は、江戸時代を通じて、篠山城の城下町として発展しました。現在でも江戸時代の町家や近代の洋風建築が多く残り、観光地として人気を集めています。

IMG_9288.jpg




上二階町付近の町並み。商店街に、戦前の建築と思われる町家が残ります。

IMG_9227.jpg



上二階町から旧篠山街道を西に進むと、下二階町に入ります。

IMG_9273.jpg




下二階町にある、老舗料理旅館・潯陽楼。明治41年(1908)創業といい、篠山名物であるぼたん鍋が頂けるそうです。

IMG_9253_201811160948433ba.jpg




下二階町の個人宅。

IMG_9241.jpg




下二階町の古民家。無料休憩所として使用されています。

IMG_9242.jpg



街道から一本入った道も良い雰囲気。

IMG_9246_201811160948490d5.jpg



北新町にある大正ロマン館。大正12年(1923)、篠山町役場として建てられた木造擬洋風建築です。

IMG_9260.jpg



篠山城址のすぐ北側、青山歴史村に移築された旧澤井家長屋門。澤井家はかつての篠山藩士で、長屋門は文化年間(1804~1818)の建築とされます。

IMG_9269.jpg



呉服町にある篠山市立歴史美術館本館。篠山地方裁判所の庁舎として明治24年(1891)に建てられたもので、現存する木造裁判所建築としては国内最古とされます。

IMG_9228.jpg




呉服町にある鳳鳴酒造。主屋は江戸時代後期に建てられたものです。

IMG_9276.jpg




洋風のデザインが見られる呉服町の古民家。呉服町には近代の洋風建築が点在します。

IMG_9278.jpg




呉服町にある、井塚歯科医院。昭和初期頃のものと思われる洋館です。

IMG_9281.jpg



呉服町にある味庵一超。昭和初期のものと思われる洋館です。

IMG_9386.jpg




同じく呉服町にある木造洋館。昭和初期頃の建築でしょうか。

IMG_9388.jpg




呉服町から旧街道を南下すると立町に入ります。立町にも古い町家が点在しています。

IMG_9385.jpg




立町にある小田垣商店。丹波名物の黒豆を扱う商家で、こちらの主屋は江戸時代後期の建築です。

IMG_9381.jpg




小田垣商店に付属する離れ。大正年間のものと思われる木造二階建ての和風建築で、洋間も付属します。

IMG_9377.jpg




洋間内部。見学はできませんが、たまたまイベント中で、外側から見ることができました。

IMG_9375_20181116095538b55.jpg



②に続きます。

 
 
 
 

出石の古い町並み ~兵庫県豊岡市~

兵庫県内陸部に位置する豊岡市出石町は、古くから出石城(有子山城)の城下町として栄えてきました。明治期の大火により町の8割が焼失しましたが、現在でも城下町としての面影をよく伝えています。

IMG_8767.jpg




町並みを南北に走る田結庄(たいのしょう)通り。現在でも商店街として栄えています。

IMG_8800.jpg




田結庄通りには、昭和初期頃のものと思われる町家が多数残されています。

IMG_8799.jpg



うだつを備えた立派な町家。

IMG_8795.jpg


県道2号線沿いにある永楽館。明治34年(1901)に建てられた芝居小屋で、昭和39年(1964)に閉館したものの、平成20年に復活し、現在も歌舞伎や落語、演劇などの公演が行われています。

IMG_8819.jpg




田結庄通りに南北に交わる宵田通り。古い民家が密集しています。

IMG_8801.jpg



宵田通りにある旧浅井家住宅。ベンガラ格子が特徴的な町家で、現在は喫茶店として使用されています。

IMG_8764.jpg



宵田通りにある旧福富家住宅。明治期に建てられた豪商の邸宅で、現在は豊岡市立出石史料館として公開されています(詳しくは前回記事をご参照下さい)。

IMG_8698_20181028112430f18.jpg




通り沿いに連なる、出石酒造有限会社の酒蔵。出石酒造は宝永5年(1708)創業の老舗蔵元です。






旧出石郡役所。明治20年(1887)に建てられた木造の擬洋風建築で、現在は出石明治館として公開されています。

IMG_8648.jpg




出石の町並みを東西に貫く本町通り。

IMG_8810.jpg




本町通りの一本南にある、八木通り。出石の町並みのメインストリートです。

IMG_8790_20181028112137647.jpg




八木通りと大手前通りの交わる辺りは、観光地として最も賑わうエリアです。

IMG_8775.jpg




八木通りにある旧出石郵便局。昭和初期に建てられたコンクリート造の洋館で、現在は蕎麦屋に使用されています。

IMG_8773.jpg




八木通りの町家群。

IMG_8813.jpg




出石城大手門の櫓台に建つ辰鼓楼。明治4年(1871)に建てられたもので、出石のシンボル的な存在です。

IMG_8780.jpg




城下から望む出石城本丸跡。背後の山には戦国時代、但馬守護・山名祐豊の居城・有子山城がありました。

IMG_8817_201810282014146bf.jpg




出石城三の丸跡には、旧出石町役場の玄関車寄せ(昭和13年築)が残されています。

IMG_8785.jpg




内堀通りに面した出石藩家老屋敷。資料館として公開されています。

IMG_8792.jpg



出石は中世、但馬守護・山名氏の支配下にありましたが、天正8年(1570)山名氏は織田信長によって駆逐されます。江戸時代に入ると小出吉政により出石藩が開かれ、明治まで出石城の城下町として栄えました。なお、出石はそば本来の香りが楽しめる「皿そば」が有名ですので、出石に訪れた際はぜひお試し下さい(管理人は「甚兵衛」さんでそばを頂きました)。

IMG_8619_20181028112427af9.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop