茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

願行寺庭園 ~奈良県吉野郡下市町~

奈良県下市町にある願行寺(がんぎょうじ)は、「下市御坊」とも呼ばれる、浄土真宗本願寺派の寺院です。本堂と大書院に挟まれた一画に、室町末期作庭と推定される枯山水庭園があります。

  


庭園は蓬莱式の枯山水で、大書院からの観賞を本位として作庭されています。正面となる南側を低い築山とし、その前面は栗石敷として大海を表現しています。




正面築山の石組。中央に立石で遠山石を意匠し、その下部は枯滝とされますが、荒廃していて全容が掴めません。

IMG_0572_20200517204219d85.jpg   


庭園西部の集団石組。鋭く傾斜した立石が、玉澗や雪舟の水墨山水画を思わせます。




栗石敷部分には、3石による岩島が意匠されています。菱型の板石と山形の立石を用いたもので、やはり玉澗などの水墨山水画を思わせる、抽象的かつ鋭い手法です。

願行寺庭園・岩島    



岩島の左手には豪快な洞窟石組が見られます。蓬莱神仙思想における、仙人の住む洞窟を表現したもので、桃山~江戸初期の庭園によく見られるものです。





岩島と洞窟石組。奥の築山にも、巨石を用いた護岸石組が見られます。

願行寺庭園・岩島と洞窟石組  




築山は庭園東部まで続いており、東端付近には山形の巨石で蓬莱石(写真上部)が意匠されています。

願行寺庭園・蓬莱石組




庭園に臨む大書院。江戸時代に再建されたものです。

願行寺・書院



桃山期の建築とされる本堂。願行寺は本願寺三世・覚如の長子・存覚ゆかりの寺院で、応仁年間、本願寺中興の祖・蓮如により再建されました。吉野地方における本願寺勢力の拠点として隆盛を誇りますが、天正6年(1578)、織田信長に属した筒井順慶により焼かれました。

願行寺・本堂



作庭に関する資料はありませんが、地割や石組手法などから、永禄10年(1567)前後のものと推定されています。奈良県屈指の古庭園と評価されており、鋭くも優美な石組に、室町期の造形意識の高さが表れています。なお、庭園拝観を希望される場合は、事前にお寺へ電話連絡されることをおすすめします。

 願行寺庭園・中心部景観


スポンサーサイト



 
 
 
 

當麻寺西南院庭園 ~奈良県葛城市~

西南院(さいないん)は、奈良県葛城市の古刹・當麻寺の塔頭寺院です。境内には、江戸中期~末期作庭と推定される池泉観賞式庭園があります。以前当ブログで紹介していますが、再訪したので全面的に更新します。




庭園は書院南側、山畔を利用して築かれています。池泉は江戸中期の凹形池泉を踏襲して中央に出島を設け、東部では細く流れのように地割されています。山畔には滝石組を築き、斜面は当代庭園の特徴である小刈込を配しています。





池泉中央の出島は亀出島とされます。西部(写真右手)に小石で亀頭石が意匠されています。

當麻寺西南院庭園・亀出島



亀出島の左手も軽い出島となっています。こちらは鶴出島とされますが、鶴としての意匠は見られず、形式だけのものになっています。

當麻寺西南院庭園・鶴出島




2つの出島を結ぶ石橋。下部の岩島は舟石のようにも見えます。

當麻寺西南院庭園・石橋




山畔の滝石組。植栽に隠され詳細は不明ですが、手法的には弱い印象です。





池泉北岸には礼拝石が据えられています。

當麻寺西南院庭園・礼拝石




池泉東部は流れのように細くなり、ここにも石橋が架けられています。

當麻寺西南院庭園・石橋




池泉と書院の間には飛石が打たれていますが、丸みがかった石ばかりで力強さは感じられません。

當麻寺西南院庭園・飛石




山畔から見た書院と庭園。庭園は観賞式ですが、山畔を伝って外周のみ廻遊できるようになっています。

當麻寺西南院・書院と庭園




山畔から見下ろした亀出島(左)と鶴出島(右)。

當麻寺西南院庭園・鶴出島と亀出島




庭園内には二か所に水琴窟が設けられています。

當麻寺西南院庭園・水琴窟




池泉越しに望む西塔(国宝)。西塔は天平期に建てられた三重塔で、庭園に景観として取り込まれています。

當麻寺西南院・庭園と西塔




西南院は白鳳12年(661)、當麻寺の裏鬼門の守護として創建されたと伝わります。庭園は寺伝によると江戸初期に作庭されたものを江戸中期に一音法印が改修したとされますが、江戸中期~末期の庭園らしく、景観は美しいものの造形的な魅力は乏しいものになっています。

當麻寺西南院・全景



當麻寺は推古天皇20年(612)、用明天皇の第3皇子で聖徳太子の弟・麻呂古親王が開いた万法蔵院を起源とします。国宝の本堂、東塔、西塔(いずれも平安期の建立)、重要文化財の金堂・講堂など貴重な古建築が現存し、古庭園としては西南院のほかに、前回紹介した中之坊庭園、護念院庭園があります。

當麻寺・本堂  

 
 
 
 

當麻寺中之坊庭園 ~奈良県葛城市~

中之坊は、奈良県葛城市にある當麻寺(たいまでら)の中心的な塔頭です。書院南側に、桃山期作庭とされる池泉観賞式庭園が残されています。以前当ブログで紹介していますが、再訪したので全面的に更新します。

當麻寺中之坊庭園・池泉と築山



庭園は書院南西に池泉を穿ち、中島は設けず、池泉西側を築山としています。寺伝では、桃山期に作庭されたものを、大名であり茶人の片桐貞昌(石州)が江戸初期に改修したとされますが、裏付けとなる資料がなく、実際のところは不明です。

當麻寺中之坊・書院と庭園



正面となる東側から見た池泉と築山。築山中央に滝石組を設け、その左手には大きく出島を意匠し、江戸中期の庭に多く見られるような凹字形の池泉となっています。





築山中央にある滝石組。前方には水分石が配置されています。

當麻寺中之坊庭園・滝石組




築山と護岸の石組。この辺りの石組は力強いものになっています。

當麻寺中之坊庭園・護岸石組



池泉はさらに東方へと延びます。この辺りは護岸石組も弱く、後世の改修を受けているか、後世に池泉が拡張されたのかもしれません。

當麻寺中之坊庭園・池泉




池泉越しに望む東塔(国宝)。東塔は平安期の三重塔で、庭園の借景として巧みに取り入れられています。

當麻寺中之坊・庭園と東塔




東塔下の山畔にも古風な石組が見られますが、全体的に荒廃しています。

當麻寺中之坊庭園・山畔部石組




このほか、書院西方には枯山水部分があります。

當麻寺中之坊庭園・枯山水部分




枯山水部分にある、亀島とされる集団石組。南端(向かって左手)に亀頭石が残されています。

當麻寺中之坊庭園・亀石組




飛石を挟んで亀島の向かいにも、集団石組が見られます。こちらは亀島に対する鶴島と推定されています。

當麻寺中之坊庭園・鶴石組




庭園に臨む書院。片桐貞昌が後西天皇を迎えるために建てたと伝わり、重要文化財に指定されています。

當麻寺中之坊・書院外観




書院に付属する茶室・丸窓席。やはり片桐貞昌が整備したと伝わります。




當麻寺は中将姫ゆかりの古刹で、推古天皇20年(612)、用明天皇の第3皇子で聖徳太子の弟・麻呂古親王が開いた万法蔵院を起源とします。中之坊は代々の別当が住房とした境内最古の塔頭で、奈良時代、當麻寺別当・実雅により中院として開創されました。霊宝殿には白鳳・天平期の仏像や絵画をはじめ、貴重な寺宝が保存・展示されています。

當麻寺中之坊・書院と庭園


 
 
 
 

伊藤氏庭園 ~福井県南条郡南越前町~

福井県南越前町にある伊藤氏庭園は、江戸中期作庭と推定される池泉観賞式の蓬莱庭園です。通常は非公開ですが、年に1度特別公開されます(2019年10月訪問)。

※ お願い
伊藤氏庭園は通常の観光地とは異なり、あくまで個人所有の庭園です。普段は無住で、公開日以外の日は庭園の見学はできません。所有者や周辺住民の方に迷惑がかかるので、公開日以外の訪問、立入り、周囲の散策等は絶対にしないで下さい(ここ最近は毎年10月に公開されているようです。例年、公開日が近づくと南越前町のホームページにアップされますので、見学を希望される方はそちらをチェックして下さい)。





庭園は主屋の南側に築かれています。廻遊もできますがあくまで観賞本位の庭園で、山畔を築山に見立てて石組を意匠し、池泉には中島を一島配しています。




通説では、江戸中期以降に流布した作庭書『築山庭造伝』をもとに、江戸中期に作庭されたと言われます。一方、同書は江戸中期刊行の通称「前編」と末期刊行の通称「後編」があり、重森三玲は本庭の地割が「後編」掲載の「真之築山之全図」に類似しているとし、通説を否定し江戸末期作庭としています。




山畔中央の石組。頂部に立石で本尊石、そのすぐ下部に平石で座禅石が意匠され、その右下にある奇岩は松茸石と呼ばれています。

伊藤氏庭園・石組



本尊石の右手にある山腰石(さんようせき)。築山の斜面に配置するものとして、『築山庭造伝(前編)』で紹介される役石です。





築山東部の石組。右手の巨石は不動石とされます。

伊藤氏庭園・石組



山畔左方には、「真之築山之全図」のものとよく似た滝があります。滝の左下部には安居石(あんごうせき)、二谷三方石(ふただにさんぽうせき)、オシドリ石といった役石が配置されています。




池泉東部には、自然石と切石を用いた石橋が架かっています。石橋の袂付近には舟石も見られます。





池泉中央付近にある中島。蓬莱島を兼ねた亀島のようですが、規模は小さく石組も控えめになっています。




中島の右手には、山畔側から出島が突出しています。このように池泉中央に出島を設け凹形とする地割は、江戸中期の庭園に多く見られるものです。




出島右手の山畔には集団石組があり、中国の故事「虎の子渡し」を意匠したものと言われます。前方の池中には、怒濤石と呼ばれる洞窟風の岩島が配されています。




池泉西端にも小さな出島が設けられています。亀島に対する鶴出島とされ、その右手には二神石が配置されています。





二神石は池泉東部にも見られます。池泉の両端に二神石を据えるのは、『築山庭造伝(前編)』どおりの手法です。

伊藤氏庭園・石組



築120年近く経つという、伊藤邸の主屋。伊藤氏は平氏の落人を祖とすると伝わり、江戸時代には代々当地の庄屋を務めました。




庭園は、医業を営んだ10代・助左ェ門により作庭されたと伝わります。ほぼ作庭当初の姿を保っていると思われ、民家に残る古庭園としては、赤田氏庭園(滋賀県長浜市・非公開)、池氏庭園(滋賀県長浜市・非公開)、中田氏庭園(長野県松本市)、深田氏庭園(鳥取県米子市)などと並ぶ、有数の名庭と言えるでしょう。




※本記事の掲載については、庭園所有者の方の承諾を得ています。

 
 
 
 

西教寺庭園(客殿庭園・大本坊庭園)~滋賀県大津市~

西教寺は、滋賀県大津市にある、天台宗真盛宗総本山の寺院です。境内には複数の庭園がありますが、そのうち江戸時代に築かれた客殿庭園と大本坊庭園を紹介します(2019年10月訪問)。




客殿庭園は、重要文化財である客殿の西側に築かれています。客殿からの観賞を本位とした庭園で、地割や石組手法から、江戸中期の作庭と推定されています。




出島を設けた凹形の池泉、山畔の石組と刈込意匠などは、当代庭園の典型的な様式とされます。山畔北部(写真右奥)には枯滝石組も設けられています。





池泉中央付近の出島。亀出島を兼ねているようです。





正面山畔の集団石組。亀出島に対する鶴石組とされ、蓬莱石組も兼ねているのでしょう。




池泉には中島がなく、舟石らしき岩島一島のみが配置されています。舟石の対岸には舟着石らしき板石も配置されています。





池泉東部の滝口。滝石組と言えるほどの石組ではなく、後世の改変を受けているようにも思えます。





山畔北部にある枯滝石組。立石を中心に構成されていますが、客殿から離れているため肉眼では詳細が掴めません。





池泉南端には切石橋も架けられています。




本堂から見た客殿外観。慶長3年(1598)に、旧伏見城御殿の一部を移築したものと言われ、狩野永徳作と伝わる各部屋の襖絵など、桃山様式を伝える美しい建築です。

西教寺・客殿




庭園に臨む、客殿茶の間。

西教寺・客殿




境内北部にある大本坊書院の南側にも、江戸初期作庭と推定される枯山水庭園があります。




庭園は書院からの観賞を本位とし、南側を低い築山として南東角に枯滝を設け、築山の前面は白砂敷としています。一見禅院枯山水のように見えますが、飛石を打って露地風の意匠も取り入れている点がこの庭の特徴です。






築山に築かれた枯滝石組。三尊手法のもので、複雑な形状の奇岩を用いています。




白砂敷部分に配置された飛石。抽象的表現である枯山水に、実用的である飛石は不相応にも思えますが、江戸中期以降に多く現れる、枯山水と露地との融合様式の先駆的なものとして評価されています。

西教寺大本坊庭園・飛石




北西方向から望む庭園。随所に刈込が意匠されています。





大本坊外観。現在の建物は、昭和期に再建されたものです。

西教寺・大本坊




庭園とは直接関係ありませんが、境内には明智光秀一族の墓があります。西教寺は桃山期、織田信長の比叡山焼討ちにより全焼しますが、その後明智光秀の支援により再興され、明智家の菩提寺とされました。




江戸中期に建てられた本堂。寺伝によると、西教寺は聖徳太子により創建され、平安期、延暦寺を再興した良源上人により念仏の道場とされました。昼夜を問わず念仏を唱える「不断念仏」の道場として知られ、全国に400以上の末寺を抱えていると言われます。

西教寺・本堂


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop