茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧五十嵐歯科医院(旧五十嵐邸) ~静岡県静岡市~

旧五十嵐歯科医院は、静岡市東部、かつて東海道の宿場町だった蒲原の地に建つ洋風建築です。もともとは江戸~明治時代に建てられた町屋建築でしたが、歯科医院開業のため大正3年(1914)に洋風建築へと改築されました。

IMG_6327.jpg



木造二階建て桟瓦葺きで、街道に面した南面を正面とします。東側と西側は昭和14年(1939)頃までに、北側の離れは昭和15年頃に増築されています。

IMG_6233.jpg




玄関。玄関上部と西側増築部分の庇には、歯型の軒下飾りが見られます。

IMG_6237.jpg




一階・見世の間。洋風の外観とは打って変わり、建物内部はほとんどが和室になっています。

IMG_6282.jpg




見世の間には電話室があります。「二三番」というのはかつての五十嵐歯科医院の電話番号で、今でも電話機は現役だそうです。

IMG_6283.jpg




一階・中の間から仏間方向を見る。中の間には、金歯に使用する金を保管するための金庫が置かれています。仕切り欄間の意匠も見事。

IMG_6285.jpg




後に増築された一階・座敷。居室として使用されていたようです。

IMG_6287.jpg




座敷の各欄間には近江八景が彫られています。こちらは堅田の浮御堂でしょうか。

IMG_6289.jpg




通り土間に設置された階段。二階は診療室と待合所となります。

IMG_6280.jpg




二階・西側座敷(待合室)手前の襖。花鳥風月が描かれた豪華なもので、欄間には富士山と松原が彫られています。

IMG_6241_2017022620200102c.jpg




二階・西側座敷。明治期の元老・田中光顕も使用した貴賓用の待合室です。襖は鷹と松を墨で描いた立派なもので、床の間の壁はこんにゃくと葛で固められているそうです。

IMG_6244.jpg




二階・東側座敷。

IMG_6270.jpg




東側座敷の欄間。菱型の凝った意匠です。

IMG_6274.jpg




二階・診療室。壁はと天井は漆喰、床はリノリウムが貼られています。南面はほぼ一面ガラス窓で、採光と通気性を備えています。

IMG_6254.jpg




診療室の隣にある技工室。治療に使用する器具が置かれていたところです。

IMG_6257.jpg



旧五十嵐歯科医院は、外観を洋風としながら内部には町屋の面影が色濃く残るという、特徴的な建築で、同じく静岡市内に残る旧エンバーソン邸旧マッケンジー邸と比べても異色の存在と言えます。蒲原地区には他にも橋澤家住宅や佐藤家住宅、田中光顕の別荘だった青山荘などの近代洋風建築が残りますが、現在一般公開されているのは旧五十嵐歯科医院のみです。

IMG_6261.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

旧マッケンジー邸 ~静岡県静岡市~

ウィリアム.M.ヴォーリズは、日本における洋風建築の発展に貢献した外国人の一人で、彼の手掛けた建築は全国各地に残されています。静岡市駿河区の海岸沿いに建つ旧マッケンジー邸もそのうちの一つで、静岡県内で唯一現存するヴォーリズ建築として知られています。

IMG_6330.jpg




竣工は昭和15年(1940)で、当時日本で流行していたスパニッシュスタイルの洋館となっています。スタッコ仕上げの白壁、天文台と階段室を兼ねた搭屋、八角形の食堂、アーチ型の窓など、変化に富んだ外観です。


IMG_6336.jpg




木のドアを伴う、アーチ型の玄関。窓下の市松タイルも美しい。

IMG_6342.jpg




一階・玄関ホール。

IMG_6387.jpg




一階南面にあたる居間。南面には大きな窓を設け、その外には小さなテラスを備えています。

IMG_6344.jpg




一階・書斎。書斎は床だけでなく壁も木で仕上げられています。

IMG_6345.jpg




一階・食堂。正面を張り出させて大きな窓を設け、壁には三角形の棚を造り付けるなど、特徴的な空間です。

IMG_6406.jpg




食堂の張出し部はサンルームを兼ねていました。

IMG_6411.jpg




一階北西隅に位置する台所。白を基調とした清潔感溢れる空間で、ガスコンロや冷蔵庫など、アメリカから輸入された当時最新の家電が今も残されています。

IMG_6378.jpg




塔屋内部にあたる階段室。大窓と、その下に造り付けられたベンチが特徴です。

IMG_6395.jpg




二階・夫婦寝室。左手の壁の向こうにはウォークイン・クローゼットが備えられ、南面の窓からは駿河湾を望むことができます。

IMG_6355.jpg




二階・浴室。トイレと風呂が一体となっています。

IMG_6392.jpg




二階・裁縫室。

IMG_6364.jpg




二階・客用寝室。二階には客用寝室が二部屋あります。

IMG_6369.jpg




二階・客用浴室。こちらもトイレと風呂が一体となっていて、隣の客用寝室と繋がっています。

IMG_6368.jpg



旧マッケンジー邸の家主だったマッケンジー夫妻は、大正7年(1918)に来日したアメリカ人夫婦で、夫ダンカンは茶貿易商として静岡の茶を海外へ広め、妻エミリーは社会福祉家として静岡を拠点に活動していました。夫ダンカンの死後も妻エミリーは静岡に留まり活動を続けますが、昭和47年(1972)に高齢を理由にアメリカへ帰国しています。エミリー夫人帰国の際、マッケンジー邸は静岡市へ寄贈され、現在は静岡市の管理の下、一般公開されています。

IMG_6404.jpg


 
 
 
 

旧エンバーソン住宅 ~静岡県静岡市~

旧エンバーソン住宅は、カナダの宣教師ロバート・エンバーソンの自邸として、明治37年(1904)現在の静岡市葵区に建てられた木造洋館です。現在は日本平動物園の脇に移築され、一般公開されています。

建物正面となる南面。張り出し部分は一階が玄関ポーチ、二階はバルコニーとなっています。桟瓦葺きの屋根には屋根裏窓が設置されています。

354.jpg




西面は一階にバルコニー、二階にサンルームを設けています。バルコニーのアーチが印象的。

358_20161031004004a8f.jpg




一階玄関ホール。階段手摺りの擬宝珠が印象的です。

370_20161031004005a2e.jpg




玄関ホールにある靴箱。現在建物内にある家具は別の場所から移されてきたものですが、この靴箱だけはエンバーソンが実際に使用していたものだそうです。

424_20161031004009d0d.jpg




一階、応接間。暖炉は移築時に新設されたものです。

374.jpg




一階北西に位置する居間。

380_20161031004537a20.jpg




応接室と居間を隔てる引戸の襖には、掛川産の葛布(くずふ)と呼ばれる織物が使用されています。

421.jpg




一階、食堂。昭和33年(1958)に改造されています。

385_20161031004539864.jpg




厨房~食堂間の壁には配膳用の小窓が開けられています。厨房は主屋に隣接する別棟にありましたが、昭和33年(1958)に別棟ごと解体され、現存しません。

387.jpg




一階、風呂場。白漆喰とタイルの壁が、清潔感を感じさせる空間です。

392.jpg




二階には計4か所の洋室があります。

410.jpg




いかにもそれっぽく見えますが、ソファやドレッサーは一般公開の際、他の施設から移されたものです。

411_201610310049129ca.jpg




二階西面のサンルーム。窓ガラスには気泡が見られます。

401_20161031004709c79.jpg




ロバート・エンバーソンは、カナダ・メソジスト教会の宣教師で、明治34年(1901)に来日、伝道活動のほかにも、市民や軍人に英語を教えたり、「静岡ホーム」と呼ばれる託児所を運営したりと、教育家としても活躍しました。エンバーソンの帰国後もエンバーソン邸の建物は教会関係者によって使用され、昭和61年(1986)に静岡市へ寄贈され現在地へ移築されています。現在は静岡市の指定文化財になっています。

408_20161031004709bf6.jpg

 
 
 
 

六華苑(旧諸戸清六邸)① ~三重県桑名市~

三重県桑名市にある六華苑は、桑名の実業家・諸戸清六の邸宅だった場所です。敷地内には大正2年(1913)に建てられた和館、洋館、離れ屋、蔵などの建造物が残っています。約3年振りの再訪、初回は洋館を中心にご紹介します。

005_201609051653262b8.jpg




洋館と和館は東西に連結しています。洋館南面には一階にベランダ、二階にはサンルームが設けられています。洋館の設計は、日本の近代建築の礎を築いたイギリス人建築家、ジョサイア・コンドルによります。

007_201609051653288bf.jpg




洋館東面。玄関には車寄が設けられ、六華苑のシンボルである四階建ての塔屋が聳えます。塔屋には当時国内生産されていなかった曲面ガラスが採用されています。

014_20160905165329ae3.jpg




一階南面のベランダ。サッカーボールのような模様のタイルが何ともカッコいいです。

114_2016090516544730b.jpg




玄関を内部から見る。

040_20160905165449508.jpg




玄関のドアにはステンドグラスが貼られています。

017_201609051653316e8.jpg




一階食堂。ウッディ―な色調で統一されています。

078_20160905165446b3c.jpg




一階客間。明るい色調の部屋で、洋館部分で最も格式の高い造りとなっています。天井にはコンドルが好んで用いたという薔薇模様が見られます。

026_2016090516532581b.jpg




一階応接室。塔屋の内部にあたります。

044_20160905165716226.jpg




一階トイレ。床には、ベランダや玄関と同じ白黒の模様が見られます。壁の白いタイルもカッコいい。。

034_201609051654503cd.jpg




階段を上がり二階へ向かいます。階段の手摺にはハートを逆さにした透かしが見られます。

046_20160905165718093.jpg




二階寝室。

054_201609051657199bd.jpg




二階書斎。一階客間の真上にあたり、同じ間取りとなっています。

056_20160905165836d68.jpg




二階居間。南側にサンルームが隣接する、明るい部屋となっています。

066_201609051657216f4.jpg




居間の収納。ここだけは襖が付けられ和風な造りとなっています。

071_20160905165715a34.jpg




二階、サンルーム。屈曲したデザインは、設計者コンドルの好みといいます。窓の外に、広大な庭が広がります。

061_20160905170003d1d.jpg


②に続きます。

 
 
 
 

大日本報徳社(静岡県掛川市)

掛川城の北東に、大日本報徳社の本社があります


PA275660.jpg
正門と大講堂(1903年築)




PA275707.jpg
大講堂正面。和洋折衷の構造になっています




PA275711.jpg
大講堂内部




PA275720.jpg
大講堂内部




PA275677.jpg
仰徳学寮(旧有栖川邸を移築)




PA275678.jpg
冀北学舎




PA275724.jpg
仰徳記念館(旧有栖川邸)の内部




PA275732.jpg
報徳図書館。コンクリート造の洋館です




PA275738.jpg

大日本報徳社は、二宮尊徳(金次郎)の思想を普及させる目的で、岡田佐平治によって設立され、現在は公益社団法人に認定されているそうです。掛川の本社には大講堂、仰徳記念館、仰徳学寮、冀北学舎などの建築が残り、このうち大講堂は国の重要文化財に指定されています。


撮影日:2013年10月26日



 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop