茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧山崎家別邸 ~埼玉県川越市~

旧山崎家別邸は、古い町並みで有名な川越市に残る、大正期の住宅建築です。川越の老舗菓子屋「亀屋」の五代目である山崎嘉七の隠居所として大正14年(1925)に建てられ、陸軍の演習で川越を訪れた皇族や、大韓帝国最後の皇太子・李垠を迎えるなど、私的迎賓館としても使用されました。

001_20170308195712c4a.jpg




設計は日本初の住宅作家の一人とされる保岡勝也で、二階建ての洋館と平屋建ての和館が一体となった和洋館並列の形式をとります。

014_20170305182323939.jpg




洋館西面に設置された玄関ドア。ガラス部分には、アール・ヌーヴォー風の装飾が見られます。

004_20170305182322c1f.jpg




内玄関は北面に付けられています。北面は、洋館だけでなく和館や土蔵の外壁にもモルタルが塗られています。

102_20170305182329e01.jpg




洋館・階段室。二階は寝室や書斎となりますが、非公開です。

024_20170307203418a01.jpg




高さ2m近くある、階段室のステンドグラス。鳥と花を描いたもので、日本のステンドグラス制作における先駆者・小川三知の作品です。

084_20170305182327c3e.jpg




階段室下部の壁面にもステンドグラスがありますが、こちらは作者不明のようです。

085_2017030721043754a.jpg




洋館一階・客室。南面(左手)の扉の外には、庭園に出るためのベランダとテレースが付属しています。

029_20170305182804967.jpg




客室のステンドグラス。こちらは別府ステンド硝子製作所の作品です。

089_20170305182811a30.jpg




洋館一階・食堂。こちらも準備室との間の窓に、別府ステンド硝子製作所によるステンドグラスがはめ込まれています。

035_20170305182805d03.jpg




和館一階・客間。床の間は琵琶棚を備え、広縁側(南側)には付書院を伴います。

038_2017030518280648c.jpg




客間は全体的に数寄屋風の趣で、壁は京壁、襖の腰部には市松模様が施されています。

052_20170305182808736.jpg




客間南側の広縁。天井は内側と外側で意匠を変えています。

057_2017030518280953f.jpg




客間の東側にある、居間。北側に床の間と神棚を備え、南側は掛込天井としています。

055_20170305183222c07.jpg




居間の東側に隣接するベランダ。サンルーム的な空間で、北側には孫のために設けられた児童室が隣接しています。

059_20170305183220556.jpg



旧山崎家別邸の設計者・保岡勝也は、東京帝国大学の出身で、三菱合資会社(現・三菱地所)に入社し、東京丸の内の事務所群を設計しました。大正2年(1913)の独立後、旧八十五銀行本店(現・埼玉りそな銀行川越支店)をはじめとする川越の近代建築を手掛けたほか、東京都文京区の旧麻田駒之助邸(現・平野家住宅)などの住宅建築を設計しています。なお、旧山崎家別邸の主屋南面に残る庭園及び茶室も、保岡勝也が手掛けています。

097_20170308202602337.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

旧朝香宮邸(東京都庭園美術館本館)② ~東京都港区~

旧朝香宮邸・後編です。今回は二階部分を中心にご紹介します。


二階・書斎。アンリ・ラパンによる設計で、部屋の四隅に飾り棚を置くことで円形の空間としています。家具もアンリ・ラパンによる設計。

061_201703041246282fc.jpg




アーチ型の天井が印象的な、二階・殿下居間。アンリ・ラパンによる設計で、カーテンや壁紙にはアール・デコ調のデザインが見られます。

059_20170304124634375.jpg




殿下居間のレジスターカバーも、噴水をイメージしたアール・デコ調のデザイン。

114_201703051246279f8.jpg




二階南面に設置されたベランダ。宮内省内匠寮による設計で、大きな窓と大理石によるスタイリッシュな床が印象的。

063_20170304124629919.jpg




二階・殿下寝室。南側はベランダと繋がり、西には第一浴室、妃殿下寝室と続きます。

062_20170305123227462.jpg




二階・第一浴室。天井の中心飾りやモザイクタイルが敷き詰められた床など、洗練されたデザインが見られます。

066_20170304124631ab3.jpg




妃殿下寝室のラジエーターカバーは、妃殿下自身によるデザイン。

068_2017030412463323c.jpg





二階・妃殿下居間。こちらのレジスターカバーも、妃殿下自身によるデザインです。

072_20170304125115a28.jpg




二階・北側ベランダ。夏期の家族の団欒の空間だったようで、タイル貼りの腰壁と床、広間との仕切りの窓のフレームなど、モダンで優れたデザインが見られます。

079_201703041251185c6.jpg




北側ベランダは、腰壁にスクラッチタイル、床には布目タイルを使用した、手の込んだ造りです。

082_20170304125119a7a.jpg




二階廊下のレジスターカバー。青海波とかもめをイメージした、旧朝香宮邸においては珍しい和風のデザインです。

076_2017030412511619e.jpg




二階・姫宮居間。モミジ材の寄木による床や天井の中心飾りも見事。

085_20170304125122789.jpg




建物西側にある、第二階段。星型の照明が特徴的です。

084_20170304125121fb4.jpg




一階から見る第二階段。小窓のアール・デコ風のデザインが秀逸です。

099_20170304125504a7a.jpg




第二階段の手摺にも、アール・デコ調の見事なデザイン。

093_20170304125501b3d.jpg




見所が多すぎて全てを紹介しきれませんが、旧朝香宮邸では照明やレジスターカバーのデザインも部屋ごとに異なっており、さながら建物全体が一つのアート作品と言えます。なお、毎年9月~12月に開催される建物をテーマとした展示期間中の平日以外は、建物内部の撮影はできませんのでご注意を!

129_20170304125500d41.jpg


 
 
 
 

旧朝香宮邸(東京都庭園美術館本館)① ~東京都港区~

JR目黒駅の北東、港区白金台の地に建つ東京都庭園美術館本館は、昭和8年(1933)に朝香宮鳩彦王の邸宅として建てられた近代建築です。昭和22年(1947)に朝香宮家が熱海へ移ってからは、吉田茂の公邸や国賓のための迎賓館として使用され、昭和56年(1983)に東京都の所有となり、同58年から一般公開されています(平成28年11月訪問)。

132_20170302202207a63.jpg



鉄筋コンクリート造二階建て(一部三階建て、地下一階)で、全体設計は宮内省内匠寮、内部設計はフランスの室内装飾家アンリ・ラパンによります。外観はシンプルなモダニズム建築ですが、建物内部にはアール・デコ調の様々な意匠が施され、「アール・デコの館」と呼ばれています(外観も、通気口など一部にアール・デコ調の装飾が見られます)。

135_2017022820505975f.jpg




一階・正面玄関。天然石による、床のモザイク模様の美しさに驚かされます。

003_20170228205100111.jpg




玄関扉はガラス製で、女神のレリーフはフランス人宝飾家ルネ・ラリックの作品です。

006_201702282051025ba.jpg




アンリ・ラパン設計による、一階・大広間。一階の内装の大部分を、アンリ・ラパンが手掛けています。

119_20170228205057d8c.jpg




一階・次室。中央に香水塔が設置され、床にはモザイク・タイルによるアール・デコ風のデザインが見られます。

018_2017022820505691a.jpg




一階・小客室。少人数用の客室で、壁面にはアンリ・ラパンによる油絵が張られています。

021_20170302202209768.jpg




一階・大客室。天井のアール・デコ風のデザイン、アンリ・ラパンによる壁画、ルネ・ラリックによる歯車状のシャンデリア、エッチング・ガラスをはめ込んだ扉など、部屋全体がまるで美術館のようです。

029_20170228205323729.jpg




大客室の扉。エッチング・ガラスに描かれた幾何学的な花のモチーフには、キュビスムからの影響が色濃く表れています。

028_20170228205323892.jpg




大客室の暖炉。レジスターカバーには扉と同様、幾何学的な花のモチーフが見られます。

031_20170228205325203.jpg




一階・大食堂。会食用の部屋で、天井からはルネ・ラリックによる照明を吊るし、南面は円形の張り出し窓を設け、開放的な空間としています。

040_20170228205326f77.jpg




一階・小食堂。基本的には洋風ですが、建物内で唯一床の間が設けられています。

101_201702282057056ca.jpg




大広間に付けられた、第一階段。

043_20170228205328363.jpg




第一階段の手摺。こちらにも、幾何学的な花の模様がデザインされています。

111_2017022820532102a.jpg




二階・広間から第一階段を見る。

049_20170228205329202.jpg




二階・広間。二階は主に家族の生活空間として使用されていました。

053_20170228205706402.jpg


②へ続きます。

 
 
 
 

明治学院記念館 ~東京都港区~

明治学院構内、インブリー館の隣に、明治23年(1890)に建てられた洋風建築が残ります。神学部の校舎及び図書館として使用されていた建物で、現在では「明治学院記念館」として、毎年11初旬の学祭期間中に特別公開されています。

001_20161120200217029.jpg




建物は二階建てで、創建当初は総煉瓦造でしたが、明治27年(1894)の地震で大破し、二階のみ木造に変更されています。

005_201611202002121d6.jpg




設計は明治学院の教員だったH.M.ランディス教授によります。当時アメリカで流行していたネオゴシックの様式を取り入れています。

002_201611202002111fc.jpg



一階内部から玄関を振り返る。建物内は一階が小チャペルと資料展示スペース、二階は会議室や事務室として使用されています。

121_20161120200215832.jpg




かつて書庫だった、一階・小チャペル。

125_201611202006187b1.jpg






127_20161120200620cfb.jpg




階段ホール。

122_20161120200616b7e.jpg






131_20161120200621de3.jpg






140_20161120200747549.jpg




二階・会議室。かつて図書館だった部屋です。

137_201611202007442a8.jpg



建物とは直接関係ないですが、会議室には大正期にアメリカから持ち込まれたオルガンが展示されています。かつて明治学院内に存在した「サンダム館」に置かれていたアメリカ製のリードオルガンで、現在でも演奏可能とのことです。

134_2016112020074326a.jpg



インブリー館(左)と明治学院記念館(右)。記念館の対面にはW.M.ヴォーリズの設計による礼拝堂も現存し、学生の入学式や卒業式に使用されています。

007_20161120200214c90.jpg



明治23年(1890)に建てられた明治学院記念館ですが、度重なる震災や火災等により、その都度姿を変えて現在の姿となりました。なお、隣接するインブリー館と同じく、もともとは現在地より東方に建っていましたが、昭和39年(1964)、曳家により現在地へ移されています。


 
 
 
 

明治学院インブリー館 ~東京都港区~

東京都港区白金台にある明治学院大学は、明治20年(1887)に開校した、国内最古のミッション系大学です(管理人の母校でもあります)。校内には明治~大正期に建てられた洋館が3棟残されており、毎年11月の学祭期間中に特別公開されますが、今回はそのうちの一つ、インブリー館をご紹介します。

004_20161120153249812.jpg




インブリー館は明治22年(1889)頃、宣教師の住居として建てられました。木造二階建て、外壁は下見板張り、屋根は銅版葺(創建当初は瓦葺)となっています。

006_20161120145335b4b.jpg



設計者は不詳ですが、1870年~1880年代のアメリカの木造住宅建築の様式を取り入れており、外国人が設計に関与していると考えられています。和室や廊下を一切設けず、和風の意匠も見られない、当時としては珍しい本格的な洋風建築です。

009_20161120145336af0.jpg




一階・応接室。一階は、壁は漆喰、木部はワニスで仕上げられています。

062_20161120145338fb4.jpg




応接室の暖炉。天井の煙突に繋がっています。

063_201611201453326ff.jpg




寄木板張りの床。床の寄木意匠は各部屋ごとに異なっています。

108_20161120145913c42.jpg




応接室の南側はサンテラスのようになっています。

106_201611201455532b4.jpg




階段ホール。一階、二階とも、この階段ホールを中心に各部屋が配置されています。

071_20161120145554af9.jpg




階段踊り場の小窓。

098_2016112015114653a.jpg



階段を上がり二階へと向かいます。

074_2016112014554911c.jpg




階段上の天井は、館内で唯一和風な作りになっています。

095_20161120145551392.jpg




階段裏側は、各部屋の床と同じく寄木になっています。

089_201611201455500d1.jpg




各部屋のドアも寄木。

083_20161120145710108.jpg




二階は主にプライベートスペースとして使用されていたと考えられています。一階と同様、二階の各部屋の壁は漆喰塗りですが、木部はペンキで仕上げられています。

081_20161120145709469.jpg




二階東面にはバルコニーが設けられています。奥の建物は同じく明治期に建てられた明治学院記念館です(次回紹介予定)。

093_20161120145712f47.jpg



インブリー館は、もともと現在よりも東方に建っていましたが、昭和39年(1964)に国道一号線拡張のため、曳家により現在地へと移されました。平成7年(1995)~9年にかけては解体修復工事が行われ、創建当初の姿に復元されています。なお、インブリー館の名称は、明治学院神学部教授だったW.インブリー氏が長年居住したことによります。

110_20161120145912f0d.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop