茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧陸奥宗光邸「聴漁荘」 ~神奈川県中郡大磯町~

神奈川県大磯町にある旧陸奥宗光邸「聴漁荘(ちょうぎょそう)」は、関東大震災で被災した旧陸奥宗光邸を復元する形で、大正14年(1925)に建てられた近代和風建築です。現在は古河電工(株)の所有となり非公開ですが、明治150年記念公開」として実施された特別公開に参加しましたので、ご紹介します。

旧陸奥宗光邸・外観①




南側から見た外観。建物は木造平屋建て、屋根は入母屋・寄棟造桟瓦葺で、屋根の下部には庇を伴います。





建物東面。右手の張り出し部分が玄関となります。

旧陸奥宗光邸・外観③




玄関上部には、「聴漁荘」の扁額があります。円覚寺派の管長を務めた太田晦厳が命名したものと言われています。

旧陸奥宗光邸・玄関①




玄関内部。上がり框を使用していない点が特徴とされます。

旧陸奥宗光邸・玄関内部




玄関を入って右手にある書生室。陸奥宗光が執筆した外交記録『蹇蹇録(けんけんろく)』編集のため書生が使用した部屋とされます。

旧陸奥宗光邸・書生室




玄関を入って左手には広間があります。10畳と8畳の2間続きで、応接間と主人室を兼ねていたようです。

旧陸奥宗光邸・応接室兼主人室①




広間の床の間は琵琶床を備え、竹の落掛け皮付き柱を用いるなど、数寄屋を取り入れた上品な意匠になっています。掛軸は、庭の滝をモチーフに、日本画家の巨匠・横山大観が描いたものと言われます。

旧陸奥宗光邸・応接室兼主人室(床の間)




付書院には、松皮菱の繊細な組子意匠。

旧陸奥宗光邸・応接室兼主人室(付書院)




竹を用いた、広間の欄間。

旧陸奥宗光邸・応接室兼主人室(欄間)




広間は東南西の三面が広縁とガラス戸で囲まれ、明るく開放的になっています。

旧陸奥宗光邸・応接室兼主人室(広縁)




広間北側を通る中廊下。右手の棚には屋久杉が使用されています。

旧陸奥宗光邸・廊下





広間の西側、中廊下の先には家族用の和室があります。

旧陸奥宗光邸・和室①




家族用和室も、網代張りの落天井や飾り窓など、数寄屋風の意匠が取り入れられています。

旧陸奥宗光邸・和室②




家族用和室の西側にある、茶の間。こちらも、織部床や竹を用いた落掛けなど、数寄屋風の意匠が見られます。

旧陸奥宗光邸・茶の間




家族用和室の北側にある洗面室。こちらも皮付き柱や竹の長押など、数寄屋を感じさせる空間です。

旧陸奥宗光邸・洗面室




洗面室に隣接する脱衣室。奥は浴室となります。

旧陸奥宗光邸・脱衣室




浴室は曇りガラスが使用され、明るく開放的な雰囲気になっています。唐傘天井やタイル張りの床も見事。

旧陸奥宗光邸・浴室




浴室にはシャワーも設置されています。

旧陸奥宗光邸・浴室(シャワー)



旧陸奥宗光邸は、もともと明治27年(1894)に、陸奥宗光の別邸として、現在地と同じ場所に建てられました。現在の建物は関東大震災後の再建であるため、実際に陸奥宗光によって使用されたことはなく、長く古河家の別邸として使用されていたようです。なお、旧大隈重信邸の記事でも触れましたが、国は隣接する旧大隈重信邸、旧伊藤博文邸(滄浪閣)、旧西園寺公望邸を含む一帯を「明治記念大磯邸園」として整備し、将来的には通年公開を予定しているとのことです。

旧陸奥宗光邸・外観④


スポンサーサイト



 
 
 
 

旧大隈重信邸 ~神奈川県中郡大磯町~

神奈川県大磯町にある旧大隈重信邸は、内閣総理大臣を2度務め、日本史上初の政党内閣を立ち上げたことでも知られる政治家・大隈重信の別邸として、明治30年(1897)に建てられた近代和風建築です。現在は古河電工(株)の所有となり非公開となっていますが、「明治150年記念公開」として実施された特別公開に参加しましたので、ご紹介します。

旧大隈重信邸・外観



建物の西部にあたる、「富士の間」外観。木造平屋建てで、当初は茅葺だった屋根は、現在ではアルミ板棒葺に変えられています。

旧大隈重信邸・富士の間(外観)




西側に設けられた玄関。車寄せが大きく張り出しています。

旧大隈重信邸・玄関①



車寄せの垂木、玄関扉、欄間と、どれも左右対称・直線を意識したもので、明治期の建築とは思えない、合理的でモダンなデザインとなっています。

旧大隈重信邸・玄関②




玄関内部。入って右手が応接空間である富士の間、左手が居住空間へと続く廊下となります。

旧大隈重信邸・玄関内部




玄関と富士の間の間にある応接間。こちらも明治期の建築とは思えない、モダンな空間になっています。

旧大隈重信邸・応接間




16畳と10畳の2部屋からなる、富士の間。旧大隈邸には毎日のように来客があり、ここで宴が開かれたそうです。

旧大隈重信邸・富士の間




富士の間、床の間と付書院。床柱には百日紅(さるすべり)が使用されています。

旧大隈重信邸・富士の間(床の間)




書院障子と板欄間の意匠。

旧大隈重信邸・富士の間(書院障子と欄間)




鶴をかたどった釘隠。

旧大隈重信邸・富士の間(釘隠)




富士の間、欄間の意匠。

旧大隈重信邸・富士の間(欄間)




富士の間を取り巻く広縁。富士の間は東面と南面がほぼ全面ガラス戸で、明るく開放的な空間となっています。

旧大隈重信邸・富士の間(広縁)



富士の間の東方にある「神代(じんだい)の間」外観。富士の間が来客のための空間だったのに対し、神代の間は大隈の居室として使用されました。

旧大隈重信邸・神代の間(外観)




富士の間から神代の間へと続く廊下。欅の一枚板が使用されています。

旧大隈重信邸・廊下




廊下の北側に、四つの和室が配置されています。家族の居室として使用されたものでしょうか。

旧大隈重信邸・和室




神代の間、書斎。数寄屋風の空間で、天井や引き戸に神代杉が使用されていることから、神代の間と呼ばれていました。

旧大隈重信邸・神代の間(書斎)




書斎に隣接する寝室。神代の間は、書斎と寝室の2部屋で構成されています。

旧大隈重信邸・神代の間(寝室)




神代の間では東南西の三面がガラス戸になっていて、入側が通されています。

旧大隈重信邸・神代の間(ガラス戸と入側)




神代の間のガラス戸には、非常に凝った、幾何学的なデザインの桟が見られます。

旧大隈重信邸・神代の間(ガラス戸①)


旧大隈重信邸は、竣工からわずか4年で古河市兵衛に譲渡され、その後は古河電工の所有となりました。一部増改築を受けているものの、関東大震災にも耐え、ほぼ建築当初のまま残されています。なお、国は隣接する旧陸奥宗光邸(聴漁荘、次回紹介予定)、旧伊藤博文別邸(滄浪閣)、旧西園寺公望別邸を含む一帯を「明治記念大磯邸園」として整備中で、将来的にこれらの施設は通年で公開される予定です。

旧大隈重信邸・神代の間(ガラス戸②)


 
 
 
 

日光田母沢御用邸② ~栃木県日光市~

田母沢御用邸、後編です。今回は、3階建て部分の三階から、旧小林年保別邸時代に建てられた二階建て部分を中心にご紹介します(2018年1月訪問)。

IMG_9008_201804211231111a5.jpg



旧紀州徳川家江戸中屋敷から移築された、三階建て部分の三階・御展望室。御展望室は数寄屋風のくだけた造りで、通常は非公開、毎年冬場に特別公開されます。

IMG_8912_201804211231061f3.jpg




北側の土壁には、ステンシルの手法による丸窓が設けられています。

IMG_8903_20180421123105d0e.jpg




御展望室の南面。ガラス戸の外側には高欄が設けられています。

IMG_8916_201804211231098cf.jpg




御展望室の天井には、朱漆塗りの竿縁と竹の竿縁が交互に通されています。

IMG_8913_20180421123107363.jpg




赤坂仮皇居時代に増築された御食堂。天皇・皇后両陛下が日常の食事をとられた所です。

IMG_8953_20180421123215f74.jpg



同じく赤坂仮皇居時代に増築された御湯殿。江戸時代までの風呂は浴槽がなく「かかり湯」が一般的でしたが、皇室においてもこの入浴法がとられていたようで、湯殿の床は傾斜がつけられ、中央の排水溝から水が流れるようになっています。

IMG_8965_201804211232169a3.jpg




御用邸の南西部に位置する二階建て部分・皇后宮。

IMG_9037_201804211237516f2.jpg




皇后宮は、御用邸造営前の小林家別邸時代の建築で、明治22年(1889)頃のものと推定されています。

IMG_9014_2018042112374929f.jpg




皇后宮の一階は、皇后御座所と御寝室(奥)が並びます。

IMG_8969_20180421123314000.jpg




皇后宮一階の呉服棚。奥は御寝室となります。

IMG_8981_20180421123320fc7.jpg



皇后宮一階のシャンデリアは、女性らしい華やかなもの。赤い部分は、塩酸と硝酸の混合水に金を混ぜることで発色させているそうです。

IMG_8977_2018042112331795f.jpg




そのほか、皇后宮では様々な意匠の建具を見ることができます。

IMG_8970.jpg






IMG_8979_20180421123318a09.jpg






IMG_8982_20180421123321f54.jpg




皇后宮の西側に付属する御湯殿。こちらも先ほどの湯殿と同じく、排水のため床に傾斜を設けています。

IMG_8987_201804211235511d5.jpg




皇后宮の西側にある、高等女官部屋。皇后の身の回りの世話をした女官たちが使用したのでしょう。

IMG_8989_201804211235521c5.jpg



建物のほぼ中心に位置する、内謁見所。付書院のある典型的な書院造りですが、シャンデリアや絨毯など洋風の要素も備えています。

IMG_8999.jpg



日光田母沢御用邸は、建築だけで1360坪もの規模を有する、国内有数の近代和風建築です。これだけの規模の建築が完存していることも驚きですが、御用邸だけあって、その建築としての質の高さは群を抜いており、平成15年(2003)には重要文化財に指定されています。

IMG_9002.jpg
 
 
 
 

日光田母沢御用邸① ~栃木県日光市~

栃木県日光市にある日光田母沢(たもざわ)御用邸は、明治32年(1899)、嘉仁親王(のちの大正天皇)の静養所として、日光出身の実業家・小林年保の別邸跡に造営されました。江戸、明治、大正の三時代の建築が一体として残されており、国の重要文化財に指定されています(2018年1月訪問)。

IMG_9018.jpg



御用邸の建築は、赤坂離宮などに使用されていた旧紀州徳川家江戸中屋敷の三階建て部分、明治に入り小林年保別邸として建てられた皇后御座所などの二階建て部分、明治〜大正時代に増築された平屋建て部分などから構成されます。

IMG_9025.jpg



北端に設けられた玄関棟。御花御殿(旧久邇宮家)から移築されたもので、唐破風を冠した立派な車寄せが目を惹きます。

IMG_8843.jpg




車寄せの天井は、柾目の向きを市松に配置した、見事な格天井。

IMG_9038.jpg



長い廊下の先は、大正期の増築部分となります。御用邸の設計は、創建時には宮内省内匠寮の建築家・木子清敬が、大正の増築時にはその子・幸三郎が、それぞれ担当しています。

IMG_8856.jpg




大正期増築部分の表御食堂。テーブルや椅子が置かれ、賓客との食事会に使用されていました。

IMG_8858.jpg




表御食堂の床は、欅の柾目寄木張りで、デザイン・技術とも見事なものです。

IMG_8863.jpg



同じく大正期増築の、御玉突所。床は欅の柾目と板目を組み合わせた寄木張りで、先ほどの御食堂とは違ったデザインになっています。

IMG_8868.jpg



天皇の公式の謁見の際に使用された、謁見所。同じく大正期の増築で、檜の格天井に、欅の玉杢を用いた西楼棚など、格式の高さが際立つ部屋です。

IMG_8877.jpg




大正期増築部分の御手洗。便所の中まで畳が敷かれています。

IMG_8887.jpg




三階建て部分(旧紀州徳川家江戸中屋敷)の一階にあたる、御学問所(梅の間)。こちらも柾目を市松に配した格天井で、格縁には朱漆が塗られています。

IMG_8889_20180415104339f38.jpg




同じく三階建て部分の一階に設けられた御座所を、次の間から見る。御座所は天皇の執務室で、次の間との仕切欄間には、絵扇が付けられています。

IMG_8943.jpg




御学問所の奥に、二階への階段が設けられます。

IMG_8896_20180415104452d71.jpg




三階建て部分の二階・御日配所。大正天皇はこの部屋から、皇居内にある三殿への遥拝を日課にしていたそうです。

IMG_8899.jpg




二階・剣璽(けんじ)の間。三種の仁義のうち剣と勾玉は、天皇の行幸時に皇居から持ち出され、奥の上段に安置されました。左手の窓には明治時代のガラスがそのまま使用されています。

IMG_8925_2018041510444831c.jpg




剣璽の間の杉戸絵は、江戸時代からのものが残されています。

IMG_8932.jpg




剣璽の間に隣接する、御寝室。電灯が設置されず、燭台に蝋燭を灯して明かりとしていました。

IMG_8923.jpg


後編へ続きます。

 
 
 
 

旧山本条太郎別荘・無畏庵 (神霊教鎌倉錬成場霊源閣) ~神奈川県鎌倉市~

鎌倉市にある無畏庵は、明治〜大正期の実業家・山本条太郎の別荘として大正7年(1918)に建てられた近代和風建築です。現在は神霊教鎌倉錬成場が管理しており通常は非公開ですが、昨年秋の特別公開に参加しましたので、内部の様子をご紹介します。

IMG_9607_20171230174650fb8.jpg



主屋は木造平屋建てで入母屋桟瓦葺き、複数の棟を雁行型に配置し、南側には相模湾を望む眺望を取り入れています。設計は、大河内山荘の設計で知られる笛吹嘉一郎の父・笛吹嘉三郎によります。

IMG_9396_201801092056286e3.jpg




玄関内部。主屋は自然の高低差を利用して建てられており、玄関棟は他の棟より一段低い所に設けられています。

IMG_9711.jpg




玄関棟から主屋主要部へ続く渡り廊下。網代の舟底天井や、竹張りの建具など、数寄屋風の意匠が見られます。

IMG_9495.jpg




渡り廊下から階段を上がると、いよいよ主屋の主要部となります。

IMG_9422.jpg




階段を上がって左手にある居間。書院造りで、床框には黒柿、天井には桐の柾目板が使用されています。

IMG_9687.jpg




階段を上って右手にある客間。京風の数寄屋造りで、欄間や床脇は京都・残月亭を模したものとされます。

IMG_9542_201712301748531a2.jpg




客間の照明には鈴虫の飾りが見られますが、建築当初のものなのかは不明のようです。

IMG_9528.jpg




客間の欄間。残月亭の「踊り桐」の写しとされます。

IMG_9491_20171230174849202.jpg




客間の入側は縁座敷になっており、小屋組の垂木は丸太と竹を交互に配しています。

IMG_9470_201712301748557ba.jpg




客間から奥へと続く廊下は、畳敷きになっています。

IMG_9425.jpg




廊下の梁では、釿削りを意匠として見せています。

IMG_9426.jpg




客間の西にある、6畳の茶室。

IMG_9433.jpg




主屋の北部に茶室棟が続きます。

IMG_9622_20171230175209eb6.jpg




茶室棟は、山本家から土地と建物を譲り受けた九鬼悠巌氏により、昭和31年(1956)に増築されたものです。

IMG_9629.jpg




茶室手前の水屋。天井は玄関同様、筵張(むしろばり)の舟底天井になっています。

IMG_9667.jpg




主屋最奥部にある茶室。掛込天井には天窓が開けられています。

IMG_9642.jpg




茶室北部にある腰掛待合。

IMG_9402.jpg



山本条太郎は福井出身の実業家で、三井物産の取締役などを務めた後、政治家としても活躍しました。無畏庵は、鎌倉に現存する関東大震災以前の別荘建築として貴重な存在であり、また質の高い数寄屋建築であることから、主屋、門、腰掛待合、練塀が国の有形文化財に登録されています。

IMG_9517_20171230174850636.jpg

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop