茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

内野邸 ~神奈川県小田原市~

小田原市板橋の旧東海道沿いにある内野邸は、醤油醸造業を営む内野家の住居兼店舗として、明治36年(1903)に建てられました。主屋と袖蔵、穀蔵、かつての醤油工場などが残され、毎月第2・第4の土日に一般公開されています。

005_2017061018364189b.jpg



主屋は木造2階建てで、蔵造りの形式をとっています。外壁を黒漆喰塗り込めとし、玄関や窓には鉄扉を備え、窓周りに銅板を張るなど、防火を強く意識した構造になっています。

057_20170610183640478.jpg




一階の店舗入口。アーチ型の洋風意匠が特徴です。

056_20170610183638dbf.jpg




一階・事務所。かつてはここで醤油の計り売りが行われていました。

006_2017061018403686b.jpg




一階・玄関。写真中央の柱は、欅を用いた大黒柱です。

052_20170610183637f1d.jpg




一階・座敷。書院障子の組子には見事な意匠が見られます。

032_20170610184029be2.jpg




一階・座敷の欄間。櫛形の意匠です。

036_201706101840326fa.jpg




一階座敷の北面と東面は、猫間障子で区画されています。上部の欄間も見事な意匠。

033_20170610184031603.jpg




主屋北側に増築された隠居所。茶室としても使用されていたようです。

044_2017061018403362a.jpg




主屋北西隅に設置された客用階段。主屋ではこの他にも、配膳用にもう一つ階段が設置されています。

049_20170610184034f46.jpg




客間として使用された、二階・10畳座敷。二階は10畳と8畳の座敷が南北に並んでいます。

009_20170610184238260.jpg




干網と亀甲の意匠が施された、10畳座敷の書院障子。細い組子を繋ぎ合わせた、見事な意匠です。

008_201706101842373eb.jpg




二階10畳座敷も、北面と東面が猫間障子で囲まれています。上部の欄間の意匠も見事。

011_20170610184239ec1.jpg




10畳座敷の南側に並ぶ、8畳座敷。10畳座敷が主客用であるのに対し、こちらは付き人のための部屋でした。

023_20170610184351682.jpg




座敷の仕切り欄間には、雌雄の鳳凰の透かし。

021_20170610184350ba8.jpg



内野家は、万延元年(1860)、酒造業を営んでいた本家から分家したのを始まりとし、「ブコー(武功)醤油」というブランドで3代に渡り醤油醸造業を営みました。昭和55年(1980)に醤油醸造業を廃業すると、一時は内野邸の解体も検討されたようですが、現在は内野家所有のもと、非営利団体・板橋まちなみファクトリーによって管理されています。なお、小田原はかつて別荘地として多くの政財界人が別邸を構えた地で、内野邸の近くにも松永安左ヱ門の老欅荘や、山縣有朋の古稀庵庭園などが残されています。

020_20170610184348d98.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

古民家山十邸 ~神奈川県愛甲郡愛川町~

神奈川県愛川町にある古民家山十(やまじゅう)邸は、明治16年(1883)、当地の豪農・熊坂半兵衛の住居として、中津川の河岸段丘上に建てられました。幾度か所有者が変わったのち、昭和63年(1988)に愛川町の所有となり、現在は一般公開されています。

IMG_7059.jpg




主屋は典型的な農家の構造をしていますが、屋根は当時珍しかったであろう瓦葺きとなっています。施工は愛川町半原の宮大工・矢内家の右仲、左仲、左文治の三兄弟とされます。

IMG_7062.jpg




主屋南面を占める土間。

IMG_7065.jpg




出居。邸内最大の部屋で、太い格縁の格天井は、前回ご紹介したお隣・厚木市の旧岸家住宅広間と似ています。

IMG_7067_20170424201421117.jpg




主屋北西隅にあたる大広間。付書院と違棚のある正統な書院造りで、天井の竿縁には黒漆が塗られています。

IMG_7083.jpg




大広間の書院障子。細やかな組子の意匠が見事です。

IMG_7075.jpg




大広間の仕切り欄間。

IMG_7118.jpg




大広間の障子は額入り障子になっており、座りながら外の庭園を眺めることができます。

IMG_7129.jpg




茶の間。奥に納戸、二の間と続きます。

IMG_7108.jpg




北東隅にあたる二の間。こちらも大広間と同じく正統な書院造りになっています。

IMG_7128.jpg




二の間の付書院。欄間の松の透かし、障子の幾何学的な組子が見事です。

IMG_7110.jpg




主屋の北部には、枯山水の庭園が造られています。

IMG_7100.jpg




明治期の庭園らしくあまり面白みはありませんが、枯滝上部の遠山石はまずまず見応えのあるものでした。

IMG_7142.jpg




庭園から主屋を見る。

IMG_7136.jpg



熊坂半兵衛の邸宅として建てられた山十邸ですが、昭和19年(1944)には思想家・大川周明の所有となり、同32年までその住居として使用されています。伝統的な農家の構造をしていながらも、細部に凝らされた意匠は見事で、格式の高さが感じらる建築です。なお、「山十」とは熊坂家の屋号です。

IMG_7066.jpg



 
 
 
 

旧岸家住宅(厚木市古民家岸邸)② ~神奈川県厚木市~

旧岸家住宅、後編は主屋二階部分をご紹介します。二階は東西に並ぶ3つの座敷と、北側の洋間から構成されます。

073_20170419215019447.jpg




東側座敷。天井は神代杉の一枚板が使用されています。

053_20170418205212a5d.jpg




組子の意匠が繊細な、東側座敷の襖。

089_20170418205806fbd.jpg




中央の座敷。二階は一階に比べ天井が低いのですが、これは当時この地域で多く見られた、養蚕農家の住居構造から影響を受けたものとされます。

060_201704182052146bf.jpg




中央座敷の襖には、銀箔が貼られています。

091_20170418205808fe5.jpg




付書院を伴う、西側座敷。西側広縁の窓には、旧岸家住宅最大の見所である、色ガラスによる市松模様が見られます。

068_201704182052176a6.jpg




中央と西側の座敷の仕切り欄間。左右で意匠が異なる、凝った作りになっています。

066_20170418205216688.jpg




二階南面は、東西に広縁が通されています。

058_20170418205214d8d.jpg




広縁の窓。幾何学的な格子のデザインが見事です。

094_20170418205219e80.jpg




各部屋で意匠が異なる、襖の引手も見所。

087_20170418205806eb6.jpg





093_2017041820580942b.jpg




二階北側に位置する洋間。ここにも西側の窓に、赤い色ガラスがはめ込まれています。

IMG_7163.jpg




アール・ヌーヴォー風の装飾が見られる、洋間の照明。

111_20170418205624124.jpg




洋間の窓の格子も、凝ったデザイン。

110_2017041820562403b.jpg




階段手摺りにも、細やかな透かしが施されています。

052_2017041821052820f.jpg




明治24年に建てられた旧岸家住宅ですが、主屋は度々増改築を受けており、創建時とは少なからず姿を変えているようです。いずれにしても、各部屋で異なる建具等の意匠や色ガラスなど見所は多く、神奈川県内でも屈指の近代和風建築と言えます。

095_20170418205220e13.jpg


 
 
 
 

旧岸家住宅(厚木市古民家岸邸)① ~神奈川県厚木市~

厚木市郊外・上荻野にある旧岸家住宅は、当地の地主・岸家の住居として明治24年(1891)に建てられた和風建築です。幾度かの増改築を経て、現在は厚木市による管理の下、「厚木市古民家岸邸」として一般公開されています。見所が多いので2回に分けて、前編となる今回は主屋一階部分を中心にご紹介します。

135_201704161119221ff.jpg




主屋は木造二階建て、一階は六間取りに土間を設けた典型的な農家の造りですが、二階に座敷や洋間を設け、屋根を瓦葺きとするなど、当時最新の様式を取り入れています。

141_201704161119234c2.jpg




主屋南面に設けられた客用玄関。格天井や横壁の飾り窓など、格式の高さが際立つ空間です。

022_20170416111919671.jpg




客用玄関の飾り窓。

021_20170416111918bcf.jpg




一階・広間。天井は、松に黒漆を施した格天井になっています。

031_20170417205342c55.jpg




一階・中の間。主屋内部は、部屋ごとに欄間や襖のデザインが異なっています。

130_20170416112146c02.jpg




一階・控えの間。仕切り欄間には松竹梅の透かしが施されています。

042_20170416112143ee6.jpg




付書院を伴う、一階・奥座敷。

049_20170416112145b56.jpg




組子が見事な奥座敷の書院障子。板欄間には富士と松原の透かしが見られます。

119_20170416112311740.jpg




一階は、便所にまでも凝った作りが見られます。

131_201704161124040a3.jpg





132_2017041611240210c.jpg




その他の建具や照明も、デザインに富んでいます。

125_201704172053410e0.jpg






122_20170417205340325.jpg





010_20170416112505290.jpg





117_20170416112508333.jpg




二階への階段。欅に吹き漆を施しており、現在でも衰えぬ美しさに驚かされます。

043_2017041611214414d.jpg


②に続きます。次回は主屋二階をご紹介します。

 
 
 
 

千葉市ゆかりの家・いなげ (旧武見家住宅) ~千葉県千葉市~

稲毛浅間神社の脇にある「千葉市ゆかりの家・いなげ」は、旧神谷伝兵衛稲毛別荘とともに、稲毛の別荘地時代を物語る数少ない建物です。現在残る建物は大正初期に建てられたものと推定され、昭和12年には清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の弟・溥傑(ふけつ)夫妻がここで新婚生活を送っています。


木造平屋建ての主屋。写真では見えないですが、屋根には鯱が上がっています。

265_201610252124550c3.jpg




主屋内部。

254_201610252121123ed.jpg




格天井からは、レトロで上品な照明が吊るされています。

283_20161025212114186.jpg




亀甲格子の欄間。

284_20161025212116f07.jpg




板欄間の透かしも見事です。

285_2016102521211790d.jpg




主屋北側内部。居間に当たります。

264_201610252123152fe.jpg




こちらの板欄間には笹の透かし。

287_20161025212317a6c.jpg




こちらの組子は菱型模様。

255_2016102521231231a.jpg




主屋北端にある洋間。後に増築されたようで、小規模ながら上品な印象を受けます。

259_2016102521231343f.jpg




主屋の北側に位置する離れ。

262_2016102521231466a.jpg




離れ内部は、6畳の小規模な空間です。床脇の木瓜窓が印象的。

274_20161025212457c21.jpg




床の間の天井は、星型に網代を施した珍しいものです。

278_201610252125007c0.jpg




主屋の戸袋。矢印のようなデザインは、旧新井家住宅(埼玉県日高市)などでも同様のものが見られます。

273.jpg




「千葉市ゆかりの家・いなげ」の建物と土地は、平成9年まで武見氏が所有していましたが、現在では千葉市の所有となり、無料で公開されています。愛新覚羅溥傑夫妻が生活していたのはほんの半年ほどですが、「愛新覚羅溥傑仮寓」として、建物内には溥傑夫妻に関する資料が展示されています。

268.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop