茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

青梅の古い町並み ~東京都青梅市~

東京都西部にある青梅市は、江戸時代には石灰や綿織物の産地として、また青梅街道の旅人や御嶽山への参拝者が集まる宿場町として栄えました。現在でも旧青梅街道沿いを中心に、古い町家や看板建築が点在しています。

066_20170430104001b5a.jpg




青梅駅から旧青梅街道を西に進むと見えてくる、旧ほていや玩具。二階部分の造りが個性的な看板建築で、現在はカフェとして使用されています。

064_20170430103704a0e.jpg




旧街道沿いの石川薬品と大正庵。いずれも古い看板建築です。

042_201704301037056fe.jpg




森下町の柳屋。現在は茶を中心に取り扱っていますがかつては米屋で、出桁造りの立派な主屋は明治初期に建てられたものです。

048_2017050121032845e.jpg




森下町にある旧稲葉家住宅。稲葉家は木材や青梅縞の仲買を営んでいた豪商で、江戸後期に建てられた主屋と、その北側には明治期に建てられた珍しい三階建ての土蔵が残ります。

054_2017043010370321e.jpg




旧街道を東へ戻ります。こちらは青梅駅前にある個人宅。戦前の洋風建築で、正面の外壁は花崗岩、側面はモルタル吹き付けになっています。

035_20170430103405f5f.jpg




旧街道を東へ進みます。こちらも戦前の看板建築・ヘアーサロンよしざわ。奥には同じく戦前の看板建築であるスミレ写真館の建物が残っています。

001_20170430102454e79.jpg




住江町の住吉神社。市内で最も大きな神社で、毎年5月の連休中には、「青梅大祭」と呼ばれる大規模な祭が開催されます。

002_20170430102445469.jpg




住江町の昭和レトロ博物館(右)と赤塚不二夫記念館(左)。青梅市では「昭和レトロ」を掲げた町おこしを行っていますが、どちらもその中心的な施設です。

006_2017050120530350d.jpg




旧街道から一本入った、住江町の旧花街にある和食料理店・寿々喜屋。花街の面影を感じさせる、3階建ての和風建築です。

018_20170430103404275.jpg




住江町にある旧岩波土建。大正~戦前くらいの洋館でしょうか。

011_20170430103409784.jpg



住江町にある旧津雲邸。昭和の国会議員・津雲國利の邸宅として昭和9年(1934)に建てられたもので、内部には数々の豪華な意匠が見られるようです(訪問時は館内展示替えのため休館中でした)。ちなみに、この隣には定食屋・もりたやの立派な建物があったはずなのですが、残念なことに既に取り壊されていました。。

005_2017043010244770e.jpg




JR青梅線の北側、青梅市本町に残る割烹・和田市。割烹としては閉業していますが、戦前の典型的な洋館付き和風建築の遺構です。

081_20170430103408d9c.jpg




旧街道をさらに東へ進み、西分町に入ります。西分町にも、旧街道沿いに古い建物が点在します。

073_20170430102452af0.jpg





068_201704301024490ab.jpg





069_20170430102450d5e.jpg


青梅は東京都内とは思えないくらい古い町並みが良く残されていますが、近年、もりたやをはじめ、古い建物が少しずつ失われているようで、今後が危惧される状況です。青梅市では古い映画看板を市内の至る所に飾り「昭和レトロ」を演出していますが、演出だけではなく、本物の古い建物が今後も長く保存されていくことを願います。

スポンサーサイト
 
 
 
 

本庄の近代建築群 ~埼玉県本庄市~

埼玉県北部に位置する本庄市は、江戸時代は中山道の宿場町、明治以降は生糸・絹織物の生産地として栄えました。市街地には明治~戦前に建てられた建物が多く残ります。


本庄市銀座にある、たかはし理容室。古い洋館ですが、建築年代は分かりませんでした。

003_20161102203907df8.jpg




同じく銀座にあるニシザワ写真館。昭和初期の建築です。

007_201611022039085df.jpg




銀座にある長屋。壁面をスクラッチタイルで飾った、洋風の長屋です。

011_20161102203910985.jpg




銀座にある近代和風建築。料亭か何かだったのでしょうか。

019_201611022039049e8.jpg




昭和9年(1934)築の本庄仲町郵便局。タイル貼りのモダニズム建築ですが、近年正面がトタンで覆われてしまい、不恰好になってしまっているのが残念。。

026_20161102203905fb0.jpg




仲町郵便局の隣にある諸井家住宅。伝統的な蔵造りに、菱組天井や色ガラスなど洋風の意匠を取り入れた和洋折衷の様式は、あきる野市の小机家住宅と似ています。

050_20161102204021369.jpg




本庄市中央にある飯塚医院。年代は不明ですが、和洋折衷の近代建築です。

044_20161102204026b46.jpg




同じく中央にある個人宅。二階建ての和風建築に洋館が付随する立派な近代建築ですが、既に廃屋のようです。

038_20161102204022af6.jpg



県道沿いにある「電気館カレー」。戦前のものと思われる看板建築です。

043_20161102204024bfb.jpg




中央にある旧本庄警察署。明治16年(1883)築、木造2階建ての洋館です。

059_20161102204445692.jpg




旧本庄警察署は、現在は本庄市立歴史民俗資料館として開放されています。植物や鳥を象った天井飾り、コリント式の柱やバルコニー柵のアールデコ調のデザインなど、細部の意匠も優れています。

067_201611022044474df.jpg




旧本庄商業銀行倉庫。明治27年(1894)築の煉瓦造りの洋館で、施工は清水組によります。

091_20161102204448e73.jpg




県道沿いにある中澤医院。大正期に建てられた瀟洒な洋館です。

094_20161102204443593.jpg




本庄市街地には、古い土蔵が多く見られます。こちらは美容室として活用されていました。

098_201611022044456a7.jpg




本庄駅近くにある、旧大政商店本庄支店。大正年間築、煉瓦で固められた蔵造りの商家です。

102_2016110423302503b.jpg



 
 
 
 

小田原の古い町並み④ (別荘地の面影【後編】) ~神奈川県小田原市~

小田原の古い町並み、最終回です。前回に引き続き、別荘地の面影を探して歩きます。


小田原城南方の丘陵上にある、清閑亭。黒田長成侯爵の別邸として明治39年(1906)に建てられました。

477_201610152246595de.jpg




清閑亭は平屋部分と二階建て部分が雁行する数寄屋建築で、二階からは相模湾や箱根外輪山を望むことができます。詳細はこちらの記事で。

162_201610182038089b3.jpg




清閑亭からすぐ近くにある、対潮閣跡。対潮閣は、山下汽船(現・商船三井)の創業者・山下亀三郎の別邸で、『坂の上の雲』で知られる海軍中将・秋山真之が逝去した地でもあります。

274_20161015224657529.jpg




板橋にある、松永記念館。「電力王」と呼ばれた松永安左ヱ門の旧宅敷地を利用して、昭和34年(1959)に開館しました。写真の池庭は安左ヱ門が居住していた頃からのものです。

538_20161015224655f66.jpg




松永記念館敷地内に残る老欅荘(ろうきょそう)。松永安左ヱ門の晩年の住居として、昭和21年に建てられた数寄屋建築です。詳細はこちらの記事で。

498_20161015224701965.jpg




松永記念館敷地内には、野崎廣太の別邸・自怡荘(じいそう)の門が移築されています。野崎廣太は三越呉服店(現・三越)の社長を務めた実業家で、その別邸だった自怡荘は、かつて小田原市南町にありました。

547_20161015225002491.jpg




同じく記念館敷地内に移築された自怡荘の茶室・葉雨庵。野崎廣太は晩年、幻庵と号し、松永安左ヱ門(耳庵)、益田孝(鈍翁)とともに「小田原三茶人」と呼ばれました。

540.jpg




松永記念館を後にし、同じく板橋にあった、古稀庵(こきあん)跡へと向かいます。

549_201610152250046f2.jpg




古稀庵跡。古稀庵は明治40年(1907)、山縣有朋の別邸として建てられました。現在は建物は失われ( 洋館のみ栃木県矢板市に移築現存(現・山縣有朋記念館))、あいおいニッセイ同和損保研修所となっています。

553_20161015225005b54.jpg




研修所の敷地内に、かつての古稀庵の庭園が残されています。日曜日のみ、一般公開されています。

567.jpg




古稀庵の庭園は、山縣の京都別邸・無鄰菴と同じく、流れを中心とした自然主義近代日本庭園です。自然の高低差を利用して、上段・下段の二段から構成されています。

558_2016101522500023e.jpg




庭園上段の「洗頭瀑の滝」。有朋はこの滝が気に入っていたようで、来客があるとよくここで記念撮影をしたそうです。

560.jpg




古稀庵の北側、一段高い場所いある、皆春荘。有朋の側近だった清浦圭吾の別邸として明治40年(1907)から建築開始、後に古稀庵に別庵として取り込まれました(個人宅のため見学不可)。

572.jpg




皆春荘の対面には、「共寿亭」と呼ばれた実業家・大倉喜八郎の別邸が残ります。二階建ての数寄屋建築で、長い間「山月」という割烹旅館として使用されていましたが、現在では閉鎖され、敷地内に立入ることはできません。

574_20161015225234859.jpg


以上で小田原の町並みの紹介は終わりです。西海子小路や板橋には今も古い別荘建築が点在していますが、前回ご紹介した旧松本剛吉邸の雨香亭や、今回ご紹介した板橋の山月はかなり荒廃しており、特に山月は国の有形文化財に登録されているにも関わらず立入禁止の状態が何年も続いており、このまま朽ち果ててしまうのではないかと危惧されます。何らかの保存策がとられることを望みます。


 
 
 
 

小田原の古い町並み③ (別荘地の面影【前編】) ~神奈川県小田原市~

小田原は、太平洋沿いで温暖なことや都心から近いこともあり、明治以降になると伊藤博文や山縣有朋を始め、多くの政財界の巨人が別邸を構えました。今回は二回に渡って、小田原に残る別荘地の面影をご紹介します。


別荘が立ち並んだ南町の西海子(さいかち)小路。現在でも別荘地の面影を残しています。

618_20161006220227548.jpg




西海子小路沿いに残る、旧松本剛吉別邸主屋。民家として使用されているため、公開はされていません。

242_20161006220431adb.jpg




主屋の西側には、雨香亭(うこうてい)と呼ばれる明治後期築の茶室が残ります。

225_20161006220427f65.jpg




主屋は非公開ですが、雨香亭は木~日曜の曜日時間限定で公開されています。





雨香亭の内部は数寄屋風の造り。左に大間、右に小間が配置されます。

205_2016100622042546c.jpg




雨香亭の小間。

231.jpg




旧松本剛吉別邸を後にし、同じく西海子小路沿いにある小田原文学館。田中光顕伯爵の別邸だった場所で、本館は昭和12年(1937)に建てられた洋館です。

611.jpg




南側から見た文学館本館。三階建てで屋根はスパニッシュ瓦葺、東南隅にサンルームが設けられたモダニズム建築です。

259_201610062202281f7.jpg




文学館敷地内にある、旧尾崎一雄邸書斎。尾崎一雄は、『暢気眼鏡』 『虫のいろいろ』 などの著作で知られる戦後の小説家で、建物は市内・曽我谷津から移築されたものです(昭和20年代初頭の建築)。

245_201610062202313d0.jpg




「白秋童謡館」として公開されている小田原文学館別館。木々で見えづらいですが、大正13年(1924)築の二階建て和風建築で、前面には池庭が残ります。

255_201610062203263f9.jpg




250_20161006220322948.jpg




文学館別館の裏に建つ棟門。

252_20161006220324260.jpg




西海子小路に戻り、静山荘入り口。静山荘は実業家・望月軍四郎が府中から移築した、明治期の平屋建て和風建築で、年に一度特別公開されているようです。

271_2016100622032700d.jpg




西海子小路沿いの個人宅。石垣で囲まれた立派な和風建築です。

591.jpg


②へ続きます。


 
 
 
 

小田原の古い町並み②(城下町・宿場町としての面影と近代建築 【後編】) ~神奈川県小田原市~

②です。

小田原城址公園のお堀端通りにある、小田原公共職業安定所。昭和5年(1930)頃に建てられたようで、ハローワークとしては珍しいモダニズム建築。シンプルながらも美しいデザインです。

411.jpg




旧東海道(国道一号線)沿いにある、看板建築・メガネのアイザワ。昭和4年(1929)に建てられたようです。ここから旧東海道を西へ進みます。

284_201610020929553e2.jpg



寛永10年(1633)創業の済生堂薬局小西本店。大正14年(1925)に建てられた寄棟屋根の町屋で、国の有形文化財に登録されています。

422.jpg




「うす皮あんぱん」で知られる大正10年(1921)創業の柳屋ベーカリー。現在の建物は昭和6年(1931)、お店がこの地へ移転するにあたって建てられたもので、平屋建ての出桁造りとなっています。

427_20161002092956dce.jpg




南町の吉田商店。和洋折衷の秀逸な近代建築ですが、年々改修が施され、往時の姿が失われつつあります(写真は2014年のものです)。

172_20161002092959a44.jpg




大正5年創業の和菓子店・松坂屋本店。こちらの本店は既に閉鎖されているようで、現在営業している店舗は栄町店のみのようです。

436_20161002093154254.jpg




フレンチレストラン、L'OFFICINA DEL CIBO。大正14年(1925)に建てられた洋館で、洋品店や銀行として使用されていたようです。

442.jpg




大正末期の看板建築、SHIBATA SYSTEM。ファサードのメダイヨンや店名のフォントが洒落ています。

438.jpg




片野呉服店(左)とヤオタメ(右)。片野呉服店は大正14年(1925)築の看板建築で、SHIBATA SYSTEMとは国道を挟んで対面にあります。ヤオタメは大正10年(1921)創業の老舗青果卸売店ですが、建物の建築年代は分かりませんでした。

441_20161002093157f10.jpg




国道から箱根旧街道に入ると、板橋地区に入ります。ここにも古い建物が点在しています。

583_20161002093152e9e.jpg




明治33年(1900)創業の下田とうふ店。現在の建物は関東大震災直後に建てられたようです。

581_20161002093341425.jpg




板橋の個人宅。細部の意匠が細やかな洋館です。

181_201610020933431ac.jpg




板橋のシンボル、旧内野邸。内野家は元醤油醸造業者で、主屋は明治36年(1903)に建てられたものです。第二・第四の土日に公開されているようですが、訪れる際はいつも閉館していて、まだ内部を見学できていません。

576_20161002093339a24.jpg




小田原城址公園まで戻り、馬屋曲輪址に建つ二の丸観光案内所。昭和8年(1933)築の擬洋風建築です。

413_20161002093345ab6.jpg



小田原城二の丸址に建つ、小田原城歴史見聞館。昭和9年(1924)、小田原第二尋常小学校の講堂として建てられたもので、御殿を模した造りになっています。

640_20161002093342f90.jpg




小田原城址二の丸の水堀。石垣は関東大震災で崩れたため高さはなく、櫓や門は復元されたものです。

643.jpg


小田原は鎌倉時代、小早川氏が居館を、室町時代には関東管領上杉氏の重臣・大森氏が居城を構え、戦国時代には大森氏を駆逐した後北条氏の拠点となり、以後100年に渡ってその城下町として栄えます。天正18年(1590)、豊臣秀吉により後北条氏が滅ばされると、小田原には徳川家康の臣・大久保忠世が入り、江戸時代は小田原藩の城下町として発展しました。個人的には地元が近いこともあって、幼い頃からよく訪れた思い入れのある地ですが、年々古い建物が少なくなってきているのが残念です。

次回は小田原の別荘地としての面影をご紹介します。

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop