茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

四国探訪④~萬翠荘(愛媛県松山市)

松山城の南麓、愛媛県庁の奥に、大正期に建設された洋館・萬翠(ばんすい)荘が建っています。


243.jpg


246.jpg


247.jpg


248.jpg


>265_20140921212120336.jpg

249.jpg

261_20140921212119e38.jpg


254.jpg


258.jpg


270.jpg


 萬翠荘は大正11年(1922)、松山藩主の子孫・久松定謨伯爵が自身の別邸として建造しました。完成直後には、のちの昭和天皇・裕仁親王も滞在しました。当時としては先端の鉄筋コンクリート造、内部には巨大なステンドグラスや水晶のシャンデリアが飾られ、さらに裕仁親王が滞在した「謁見の間」は白を基調とした内装とするなど、内装も極めて格調の高いものになっています。
 なお、以前は敷地内に数寄屋風の愚陀仏庵という建物(夏目漱石の下宿場所)が復元されていましたが、残念ながら平成22年(2010)に土砂崩れで倒壊しています。

スポンサーサイト
 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop