茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧三井家拝島別邸 ~東京都昭島市~

昭島市の中高一貫校・啓明学園の敷地内にある旧三井家拝島別邸は、明治期に建てられた鍋島直大侯爵邸を原型とする近代和風建築です。

16-002.jpg




もともと明治25年(1892)頃、鍋島直大侯爵の邸宅として、現在首相官邸が建つ千代田区永田町の地に建てられたもので、その後三井八郎右衛門に買い受けられ、昭和2年(1927)に現在の場所へ移築されました。

16-004.jpg




玄関の車寄せ。意外にシンプルな構造です。

16-066.jpg





一階内部は和室と洋室から構成されます。こちらは食堂です。

16-015.jpg




食堂の奥にある客室。
二重格天井、桐の紋が刷られた壁、華やかなカーテンカバーなど、格調の高さが際立つ部屋です。

16-022.jpg





絨毯でよく見えませんでしたが、床は組木細工になっています。暖炉のそばにはレトロなストーブが。

16-034.jpg
 




客室外側の縁側。欄間が凝ったデザインになっています。

16-029.jpg




二階への階段の照明。大袈裟なシャンデリアではなく、シンプルながら洒落たデザインが好印象です。

16-064.jpg




二階の広間。40畳の広さがあります。

16-051.jpg




広間の欄間。竹串に漆を塗ったものだそうです。

16-036.jpg




大広間にある火灯窓。通常の火灯窓とはちょっと違った珍しい形をしています。

16-043.jpg




二階の縁側。床は半分が畳、半分が板張りという、珍しい形式です。

16-040.jpg




16-058.jpg




広間の裏にある、化粧台。畳の上に設置されているのが何とも奇妙な感じがします(笑)

16-038.jpg




啓明学園の正門は、旧三井家拝島別邸の門として使用されていたもので、天井や門扉には網代が施されています。

16-075.jpg


旧三井家拝島別邸は別名「北泉寮」とも呼ばれ、普段は非公開ですが、月に一回程度、ガイドさんの説明付きで公開されています。公開日は月によって異なるので、ご訪問の際は事前に電話等でご確認を!

スポンサーサイト
 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop