茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

清閑亭 (旧黒田長成別邸) ~神奈川県小田原市~

小田原城址公園の南方、小高い丘の上にある清閑亭は、黒田長成侯爵の別邸として明治39年(1906)に建てられた和風建築です。二階建て部分と平屋部分が雁行する数寄屋風の建築で、控え目ながら洗練された意匠が随所に見られます。

446_20160922201253c66.jpg




玄関。数寄屋風の造りで、天井は船底天井になっています。

200_201609222012512f8.jpg




一階、客間。地板には松の木が、天井板には屋久杉が使用されています。

174_20160922201249f7b.jpg




客間の欄間。波と小鳥が象られています。

177_20160922201452a9f.jpg




客間に隣接する、奥女中の間。現在では客間と行き来できるようになっていますが、かつては独立した一室だったようです。

150_20160922201449435.jpg




一階南側の縁側。日当たりが良く、外側には芝庭が広がります。

151_20160922201451f46.jpg




二階「書の間」。地板は松の一枚板、床柱は榁が使用されているそうです。

169_20160922201621daa.jpg




書の間の欄間には光琳桐が彫られています。なんとも可愛らしいデザイン。

167_20160922201620e43.jpg




書の間からは相模湾や箱根外輪山を望むことができます。海からの涼しい風が入ります。

475.jpg




平屋部分「お居間」。清閑亭の中心となる部屋です。

278_201609222014478b0.jpg




お居間の外には芝生の庭が広がります。

464_20160922201448ffa.jpg




平屋部分「食堂」には、花や孔雀の描かれた襖が見られます。

187_20160922201623f32.jpg




193_2016092220162677b.jpg




平屋部分の水屋。天井は網代になっています。




清閑亭の家主だった黒田長成は、最後の福岡藩主・黒田長知の子で、貴族院議員などを経て、明治24年(1894)から30年間、貴族院副議長を務めました。祖先には豊臣秀吉の軍師として知られる黒田官兵衛孝高やその子・黒田長政らがいます。長成の死後、清閑亭は浅野侯爵家の所有するところとなり、その後は第一生命保険会社の保養所となりますが、平成20年(2008)に小田原市の所有となり、現在では無料で公開されています。

480_20160922201254345.jpg



スポンサーサイト
 
 
 
 

老欅荘 (旧松永安左ヱ門邸) ~神奈川県小田原市~

小田原市の松永記念館敷地内にある老欅荘(ろうきょそう)は、「電力王」と呼ばれた実業家・松永安左ヱ門が晩年の住居として使用していた和風建築です。昭和21年(1946)に建てられ、整備工事を経て平成13年から一般公開されています。

534_20160920210904fff.jpg




建物は平屋造りの数寄屋建築です。左の門は、かつて同じ小田原市内にあった益田孝別邸(掃雲台)から移築されたもの。

525_20160920210904575.jpg




門を潜ると、建物の前面に露地風の庭が広がります。

531_201609202114257aa.jpg





530.jpg




玄関。平安時代をイメージしたという特徴的な窓は、松永安左ヱ門が自身でデザインしたものといいます。

502_2016092123484888a.jpg




玄関を入って右手にある三畳茶室。天井は一面に網代が施されています。

503_20160920211811b26.jpg




玄関を入って正面に位置する十畳和室。一子夫人の居室として使用されていました。

505_20160920212528ae4.jpg




十畳和室の欄間。櫛を象った、夫人への気遣いが感じられるデザインです。

507_201609202109063c1.jpg




建物の中心となる広間(客間)。十畳の広さがありますが、それぞれの畳は少しずつ寸法が異なっています。

518_201609202111129a4.jpg




広間には縁座敷が設置され、外に庭を眺めることができます。

513_20160920211113f64.jpg




広間の東部にある六畳和室。ここの窓にも櫛形のデザインが見られます。

508_2016092021111574a.jpg




六畳和室に隣接する水屋。

516.jpg




六畳和室に隣接する茶室。昭和28年(1953)に増築されています。松永安左ヱ門は茶人としても知られ、「耳庵(じあん)」と号し、老欅荘で政財界の重鎮らを呼んだ茶会を催していたそうです。

517_20160920211312be1.jpg




松永安左ヱ門は長崎県壱岐の商家出身で、電力会社の経営や設立・統合で才覚を発揮し、「電力王」「電力の鬼」と呼ばれました。昭和21年(1946)には、現在の埼玉県所沢市から小田原市へ居を移します。現在の松永記念館は、安左ヱ門が収集した古美術品を一般に公開するために財団法人松永記念館により設立されたもので、現在は小田原市が管理しています。敷地内には、老欅荘のほか、記念館本館、野崎廣太(元三越百貨店社長)の別荘から移築した茶室・葉雨庵、池泉式の庭園などが残されています。

528.jpg



 
 
 
 

北畠神社庭園(北畠氏館跡庭園) ~三重県津市~

津市郊外、山間の集落・上多気にある北畠神社は、北畠顕能を祭神とする神社です。境内はかつて伊勢国司・北畠氏の居館があった場所で、室町時代後期に造られた庭園が残されています。

384_20160915220933ac1.jpg



庭園は、東西に延びる池泉を中心に、池泉部分と東部野筋の枯山水部分から構成されます。作庭は、旧秀隣寺庭園旧玄成院庭園を手掛けた、室町幕府管領・細川高国によるとされます。

491_201609152210592d6.jpg



池泉東部・枯山水部分の石組。渦巻式に配された石組は、須弥山を中心とした九山八海を表現しているようです。

390_20160915221944a67.jpg



池泉越しに枯山水石組を望む。

460_20160919183258603.jpg



池泉はいくつもの出島が設けられた複雑な形状をしており、護岸には見事な石組が見られます。

408_20160915220936a63.jpg



池泉中央にある石橋は、琴橋と呼ばれています。江戸末期に架けられたもので、他の石組とは明らかに意匠が異なっています。

417_20160915221505242.jpg



庭園西部。複雑な形状の池泉は、「米字形の池」として知られていますが、『日本庭園史大系』では、「米の字」を表現したものではなく、旧秀隣寺庭園と同じく曲水式の池泉であると指摘しています。

434_20160915221232cf1.jpg



池泉西部には亀島である中島が浮かびます。
428_20160919181819ae9.jpg



亀島と護岸の石組。

496_20160919181534c2b.jpg



苔むした石組が、栄枯盛衰の戦国の世を具現しているかのようです。優雅な池泉と石組の見事さから、旧秀隣寺庭園、朝倉氏庭園とともに、三大武将庭園と評価されています。

431_20160920195653b17.jpg



池泉北西部にある石橋。ほとんどの石組が付近の川原石などを使用しているのに対し、この石橋は志摩の海石を使用しているそうです。

487.jpg



北畠神社庭園の明確な作庭時期は伝わっていませんが、作庭者である細川高国は享禄年間(1528~1531)に、娘婿である北畠晴具への援軍要請のためこの地に滞在していることから、庭もこの時期に造られたものと考えられます。ちなみに、高国はこれとほぼ同時期に近江国・朽木で旧秀隣寺庭園を作庭しています。

498_20160915221503493.jpg



なお、北畠神社への交通の便はなかなか悪く、僕は松阪方面から車で訪れましたが、車一台分の幅(なのに対向車が結構来る)の山道がしばらく続くので、車で訪れる方は津方面から行かれることをお勧めします。


 
 
 
 

上多気の古い町並み ~三重県津市~

上多気(かみたげ)は、津市郊外の山間にある集落です。かつて伊勢本街道の宿場町として栄え、現在も往時の面影を残しています。

499_201609162049309f3.jpg



上多気は中央を流れる立川によって、西の「谷町」、東の「町屋」に分かれます。まずは谷町を歩きます。

500_2016091620492508f.jpg



旧伊勢本街道沿いに、古い町屋が建ち並びます。

505_2016091909265799d.jpg



508_201609162050458ee.jpg



513_201609162050472e1.jpg



谷町にある3階建ての古い建物。明治期の製糸工場だそうですが、荒廃が著しい状態でした。




520_20160919092656531.jpg



立川まで戻り、今度は町屋を歩きます。


531_20160916205044f8a.jpg



旧街道沿いに、かつての旅籠が建ち並びます。

537_20160916205151c06.jpg



現役の旅籠・結城屋さん。



535.jpg



昭和10年(1935)築の町屋公民館。かつては法務局の出張所として使用されていたようです。

538.jpg



上多気の歴史は、南北期にこの地を本拠地とした伊勢国司・北畠氏の城下町として始まります。天正4年(1576)、織田信長の攻撃により北畠氏の霧山城が落城し、以後は伊勢本街道の宿場町として発展しました。訪れたのは雨上がりの夕方でしたが、観光地化されていない山間の古い町並みは、まるで異世界に入り込んだかのような、不思議な空気に包まれていました。

541_20160916205154768.jpg


 
 
 
 

松阪の古い町並み ~三重県松阪市~

三重県中部に位置する松阪市は、江戸時代、商人の町として繁栄した城下町です。江戸初期は松阪藩が存在していましたが、慶安元年(1648)に吉田家のお家騒動で廃藩となると、その後は紀州藩の飛び地に組み込まれました。松坂城址の周辺には現在でも古い建物が点在し、往時の面影を残しています。

魚町通りの町並み。魚町通りには松阪を代表する豪商・長谷川家の住宅が残っています。

233_2016091319505900e.jpg




魚町通りにある、本居宣長旧宅跡。国学を大成したことで知られる本居宣長の旧宅跡で、建物は松阪城址に移築・保存されています。

237.jpg




魚町通りの牛銀本店。地元・松阪の牛肉を使った老舗の牛鍋屋さんで、建物は大正時代に建てられたものです。

240_20160911205517f42.jpg




魚町通りの一本東側、旧伊勢街道を歩きます。こちらは松阪を代表する豪商・小津家の住宅で、「松阪商人の館」として一般公開されています。

312_20160911205520d98.jpg




旧伊勢街道沿いには、古い建物が多く残ります。

315.jpg




316_20160911205638355.jpg




319_20160911205641100.jpg




旧伊勢街道沿い、旧三井家跡。三井家も江戸店持ちの松阪の豪商で、この地は三井家の祖・三井高利が生まれた地とされます。

317_201609112056397ac.jpg




松阪城址の南側・殿町へ移動すると、町並みの雰囲気は一変します。この付近はかつて同心町と呼ばれた武家屋敷街で、生垣で区画された整然とした町並みが続きます。


347_2016091120574170c.jpg




352_20160911205742436.jpg




329_20160911205736d08.jpg




江戸末期に建てられた旧原田二郎旧宅。原田二郎はもと紀州藩士で、明治以降は、大阪の鴻池家と鴻池銀行の再建にあたるなど、銀行家として活躍しました。

332_20160911205738325.jpg




有形文化財に登録されている割烹旅館・八千代。玄関棟と大広間棟は昭和初期、鶴亀棟は大正期初期の建築です。

327.jpg




殿町にある御城番屋敷。紀州藩士20人とその家族が居住した武家屋敷で、長さ90mもある組屋敷が左右に並びます。

356.jpg




現在では石垣のみが残る松坂城址。天正16年(1588)、蒲生氏郷により築城され、明治維新まで存続しました。城址は国史跡に指定され、百名城にも選定されています。

364_20160911210003152.jpg

 
 
 
 

旧長谷川邸 ~三重県松阪市~

松阪市にある旧長谷川邸は、三井家、小津家とともに「松阪三大豪商」と言われた木綿問屋・長谷川家の住宅です。主屋、離れ、蔵などの建物がほぼ完存し、かつての豪商の暮らしぶりを垣間見ることができます。

232_2016090822524235e.jpg




魚町通りに面した町屋造りの主屋。両サイドには立派なうだつが見られます。

235_20160908225243207.jpg




主屋内部。主屋は長谷川邸で最古の建物と考えられ、17世紀の建築と推定されています。保護のため建物内部へ入ることはできません。

241_2016090822524511f.jpg




主屋西端に位置する角屋。数寄屋風の造りになっています。

249_2016090822540148e.jpg




享保6年(1721)建造の大蔵。邸内で最も大きい蔵で、朱塗りの扉が印象的です。

245_2016090822524113d.jpg




主屋北側に隣接する大正座敷。大正3年(1914)に建てられた、二階建ての楼閣建築です。

289.jpg




大正座敷、一階広間。14畳もの広さがあり、邸内で最も格式高い造りになっています。こちらも保護のため建物内部へ入ることはできません。

265_2016090822540350c.jpg




縁側上部は通気性を考えた造り。垂木は、断面が正方形のものと円形のものが交互に設置されています。

256_20160908225402589.jpg




大正座敷を囲う塀には、網代が施されています。

288_20160908225650a0d.jpg




主屋の西にある離れ。明治22年(1889)に建てられたと伝わります。

305.jpg




離れには角屋として茶室が付属します。

307_20160908225653c00.jpg




離れ西側には、明治期作庭の池泉回遊式の庭園が広がります。離れと庭園のある場所は、江戸時代に紀州藩の奉行所が置かれていた土地で、明治以降に長谷川家の所有となっています。

308_20160908225648498.jpg



長谷川家は屋号を「丹波屋」と称し、江戸日本橋に店を構え繁栄しました。江戸の店の経営は支配人に任せ、主人は松阪で経営の統括を行うという、いわゆる「江戸店持ち」と呼ばれる商人の代表的な存在とされます。旧長谷川邸の建物は、現在は重要文化財に指定され、毎週日曜日と祝日限定で公開されています。

277_2016090822565299e.jpg


 
 
 
 

六華苑(旧諸戸清六邸)② ~三重県桑名市~

三重県桑名市の六華苑②です。前回は洋館をご紹介しましたが、今回は和館、離れ屋を中心にご紹介します。

009_20160906204356282.jpg




和館一階の廊下。板敷き部分と畳敷き部分の二重構造になっています。

136_20160906204353418.jpg




和館一階、二の間。和館における居間として使用されていました。

140_20160906204354df3.jpg




和館一階、一の間。和館における客間として使用されていました。

089_20160906204357d96.jpg




一の間の釘隠しや欄間には、菊と桐が象られ、格式の高さを表しています。

094_201609062043523b6.jpg





099_20160906204522b62.jpg




一階廊下の雪見障子。直線を少しずつずらすことで、モダンな美を感じさせます。

130_201609062045216ac.jpg




和館の北に建つ二番蔵。黒漆喰塗籠の、重厚な外観です。

112_2016090620452010c.jpg




和館の北に建つ番蔵棟。四番蔵から七番蔵までの蔵で構成される、大きな蔵です。

107_201609062045194f0.jpg




番蔵棟西側に付属する、高須御殿。美濃国高須藩の御殿の一部を移築したものといいます。

111_20160906204642598.jpg




昭和13年(1938)竣工の離れ屋。

100_2016090620452446a.jpg




離れ屋内部は数寄屋風の造りになっています。

166_201609062046416ba.jpg




入側は縁座敷、欄間は波型のモダンなデザイン。

151_2016090620463803f.jpg




離れ屋は二部屋で構成されます。

163_20160906204639eca.jpg




上段の間は二重格天井、床の間は黒漆塗りの格天井という、格式の高い造りになっています。

148_201609062046375ac.jpg




諸戸家は初代清六の時に米の仲買で財をなしました。清六の次男・精太は宗家の後を継いで西諸戸家を称し、清六の四男である清吾は二代目清六を名乗って分家となる東諸戸家を興し、現在の六華苑の地に住居を構えました。なお、六華苑の西隣に隣接する「諸戸氏庭園」はかつての諸戸宗家(西諸戸家)の邸宅で、春と秋に特別公開されています。

010_201609062048155ba.jpg

 
 
 
 

六華苑(旧諸戸清六邸)① ~三重県桑名市~

三重県桑名市にある六華苑は、桑名の実業家・諸戸清六の邸宅だった場所です。敷地内には大正2年(1913)に建てられた和館、洋館、離れ屋、蔵などの建造物が残っています。約3年振りの再訪、初回は洋館を中心にご紹介します。

005_201609051653262b8.jpg




洋館と和館は東西に連結しています。洋館南面には一階にベランダ、二階にはサンルームが設けられています。洋館の設計は、日本の近代建築の礎を築いたイギリス人建築家、ジョサイア・コンドルによります。

007_201609051653288bf.jpg




洋館東面。玄関には車寄が設けられ、六華苑のシンボルである四階建ての塔屋が聳えます。塔屋には当時国内生産されていなかった曲面ガラスが採用されています。

014_20160905165329ae3.jpg




一階南面のベランダ。サッカーボールのような模様のタイルが何ともカッコいいです。

114_2016090516544730b.jpg




玄関を内部から見る。

040_20160905165449508.jpg




玄関のドアにはステンドグラスが貼られています。

017_201609051653316e8.jpg




一階食堂。ウッディ―な色調で統一されています。

078_20160905165446b3c.jpg




一階客間。明るい色調の部屋で、洋館部分で最も格式の高い造りとなっています。天井にはコンドルが好んで用いたという薔薇模様が見られます。

026_2016090516532581b.jpg




一階応接室。塔屋の内部にあたります。

044_20160905165716226.jpg




一階トイレ。床には、ベランダや玄関と同じ白黒の模様が見られます。壁の白いタイルもカッコいい。。

034_201609051654503cd.jpg




階段を上がり二階へ向かいます。階段の手摺にはハートを逆さにした透かしが見られます。

046_20160905165718093.jpg




二階寝室。

054_201609051657199bd.jpg




二階書斎。一階客間の真上にあたり、同じ間取りとなっています。

056_20160905165836d68.jpg




二階居間。南側にサンルームが隣接する、明るい部屋となっています。

066_201609051657216f4.jpg




居間の収納。ここだけは襖が付けられ和風な造りとなっています。

071_20160905165715a34.jpg




二階、サンルーム。屈曲したデザインは、設計者コンドルの好みといいます。窓の外に、広大な庭が広がります。

061_20160905170003d1d.jpg


②に続きます。

 
 
 
 

杉村楚人冠記念館(旧杉村楚人冠邸) ~千葉県我孫子市~

千葉県我孫子市に、明治末~昭和期に活躍したジャーナリスト・杉村楚人冠の住居だった建物が残ります。現在は杉村楚人冠記念館として一般公開されています。

236.jpg




母屋の設計は、「帝冠様式」を提案したことで知られる、下田菊太郎によります。家主・杉村楚人冠は下田の設計が気に入らず、後に度々増改築を施しています。

226_201609012025344b4.jpg




母屋は和洋折衷の造りになっています。中心部(右手)は和室、南西隅(写真左手)には洋風のサロンとサンルームがあります。

219.jpg



サロン西面。外壁はモルタルが塗られています。

217_201609012024174b7.jpg




南東隅にもサンルームのような箇所があります。かつて茶の間(和室)と濡れ縁があった部分ですが、戦後に改築され現在の姿になっています。

225_20160904232134648.jpg



西面に設けられた玄関から内部へ入ります。和室や台所は撮影不可のため、撮影可能な部屋のみご紹介していきます。

198_201609012022469da.jpg




サロン内部。書棚や暖炉が設置されています。

200_20160901202247484.jpg





201.jpg





205_20160901202245419.jpg




サロンは母屋完成後に増築された部分で、我孫子の大工・佐藤鷹蔵が手掛けています。

202_2016090120225045e.jpg




サロン南側のサンルーム。竣工当時は窓のないベランダでしたが、昭和4年(1929)の改築で、窓が設置されました。

206.jpg




母屋の北側にある書斎。母屋完成後に増築された新館一階にあたり、二階には寝室があります(寝室は非公開)。

212_201609012024140da.jpg




書斎には、机とカードボックスが当時のまま残されています。

213_2016090120241594c.jpg




敷地内にある茶室「清接庵」。昭和12年(1937)に建てられたものです。





敷地内にある「澤の家」。大正11年(1922)に佐藤鷹蔵に造らせた数寄屋建築で、楚人冠の母の住居でした。荒廃が著しく、我孫子市では修繕費を募集しているようです。

232_20160901202537748.jpg


当初、杉村楚人冠は東京都大森に居を構え、我孫子の家は別荘として使用されていました。関東大震災後、楚人冠は我孫子を本邸とし、「白馬城」と呼んでいたそうです。宅地化により周囲の景観は大きく変わってしまいましたが、往時は手賀沼を見下ろす景勝地だったようです。

 
 
 
 

旧学習院初等科正堂 ~千葉県成田市~

千葉県成田市にある「千葉県立房総のむら」には、白壁の美しい洋館が建ちます。

190_201608252017002ac.jpg




明治32年(1899)、東京の学習院初等科の正堂として建てられた建物で、昭和50年(1975)、現在地へ移築されました。設計は、国立博物館表慶館や無鄰菴洋館の設計に携わった新家孝正によります。

193_20160901201027e80.jpg




建物は木造平屋建て、東西南の三方はテラスが設置され、壁は白漆喰塗籠になっています。

133_20160825201702eae.jpg




水色の柱や欄干が、白壁に映えます。

173_201608252017043d6.jpg





169_2016082520170524e.jpg





172_20160825201828194.jpg




170_201608252018274a8.jpg




東西には張り出し部があります。整然と配置された持ち送りも美しいですね。

167_20160825201829bfe.jpg




北面の壁は一面下見板張りとなります。

184_201608252018314f7.jpg




建物内部。ドリス式の円柱が並びます。

136_20160825201832438.jpg




北側には一段高く演壇が設置されています。ここでは木造の円柱と角柱が併存しています。

155_20160825201931e72.jpg





152_20160825201929a15.jpg





158_20160825201932834.jpg




164_20160901201029d04.jpg




当初は東京都に建てられた旧学習院初等科正堂ですが、昭和12(1937)千葉県印旛郡にあった遠山尋常高等小学校(現・成田市立遠山小学校)に移築され、講堂として使用されていました。昭和48年(1973)には重要文化財に指定され、昭和50年に現在地へ移築された際、外観の塗装も創建当初の姿に戻されました。現在は千葉県により管理されています。

194_201608252017012c9.jpg

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop