茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

島田市博物館分館 (旧桜井家住宅) ~静岡県島田市~

島田市の旧宿場町にある島田市博物館分館は、明治24年(1891)に実業家・桜井家の住宅として建てられた和風建築です。※各部屋の名称は現地解説によります

293.jpg




建物は木造2階建て、内部には静岡県出身の版画家・海野光弘の作品が展示されています(季節によって展示が変わるようです)。

291_20161030172807255.jpg




土間の台所には、煉瓦造りの立派な竃が残っています。

282.jpg




一階「主人の間」。主人の日常生活に使われた部屋です。左奥に「仏間」「家族の部屋」と続きます。

242_20161030173301cff.jpg




一階「子ども部屋」。明治33年(1900)頃に増築された部分で、昭和20年(1945)頃から子ども部屋として使用されたようです。

246_201610301733028c6.jpg




「子ども部屋」の窓。組子はシンプルながら上品なデザインです。

270_20161030173304a50.jpg




一階南面の縁側。

271_20161030173305464.jpg




縁側の外には回遊式の庭園が残されています。

248_20161030173453c15.jpg




一階「上客の間」。建物内で最も格の高い部屋で、太平洋戦争中には海軍中隊によって使用されました。

277_20161030173300f07.jpg




「上客の間」の釘隠しは、モミジを象っています。

264_20161030173450652.jpg




二階・8畳の和室。数寄屋風の造りで、来客時に茶室として使用されました。

254_2016103017344933e.jpg




二階北面の縁側。

252_201610301734488a1.jpg




敷地の街道側は板塀が巡らされています。

240_20161030173655549.jpg




敷地の南側を通る川越(かわごし)街道。周辺は「大井川川越遺跡」として国史跡に指定され、町屋が復元されています。

238_2016103017365683e.jpg




桜井家は江戸時代からこの地に居を構えた地主で、明治以降は金融業も経営していたようです。建物は平成12年(2000)に島田市の所有となり、博物館分館として使用されています。

243_2016103017280533d.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

千葉市ゆかりの家・いなげ (旧武見家住宅) ~千葉県千葉市~

稲毛浅間神社の脇にある「千葉市ゆかりの家・いなげ」は、旧神谷伝兵衛稲毛別荘とともに、稲毛の別荘地時代を物語る数少ない建物です。現在残る建物は大正初期に建てられたものと推定され、昭和12年には清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の弟・溥傑(ふけつ)夫妻がここで新婚生活を送っています。


木造平屋建ての主屋。写真では見えないですが、屋根には鯱が上がっています。

265_201610252124550c3.jpg




主屋内部。

254_201610252121123ed.jpg




格天井からは、レトロで上品な照明が吊るされています。

283_20161025212114186.jpg




亀甲格子の欄間。

284_20161025212116f07.jpg




板欄間の透かしも見事です。

285_2016102521211790d.jpg




主屋北側内部。居間に当たります。

264_201610252123152fe.jpg




こちらの板欄間には笹の透かし。

287_20161025212317a6c.jpg




こちらの組子は菱型模様。

255_2016102521231231a.jpg




主屋北端にある洋間。後に増築されたようで、小規模ながら上品な印象を受けます。

259_2016102521231343f.jpg




主屋の北側に位置する離れ。

262_2016102521231466a.jpg




離れ内部は、6畳の小規模な空間です。床脇の木瓜窓が印象的。

274_20161025212457c21.jpg




床の間の天井は、星型に網代を施した珍しいものです。

278_201610252125007c0.jpg




主屋の戸袋。矢印のようなデザインは、旧新井家住宅(埼玉県日高市)などでも同様のものが見られます。

273.jpg




「千葉市ゆかりの家・いなげ」の建物と土地は、平成9年まで武見氏が所有していましたが、現在では千葉市の所有となり、無料で公開されています。愛新覚羅溥傑夫妻が生活していたのはほんの半年ほどですが、「愛新覚羅溥傑仮寓」として、建物内には溥傑夫妻に関する資料が展示されています。

268.jpg


 
 
 
 

旧神谷伝兵衛稲毛別荘② ~千葉県千葉市~

②です。
階段を上り、二階へ向かいます。頭上のシャンデリアが見事。

176_20161023201518e64.jpg




二階の中心となる12畳の和室。

182_20161023201905fdf.jpg




天井は竹を使用した折上げ格天井になっています。

190_20161023201514baa.jpg




葡萄棚をイメージして造られたという、個性的な天井です。

209_20161023201516f73.jpg




床の間の床柱には、葡萄の古木が使用されています。

185_20161023201519b15.jpg




床の間の天井。網代でモザイク模様を表現した、独特なものです。

230.jpg




出書院。葡萄の透かし彫りが施された板欄間や、黒漆部分の蒔絵が見事です。

188_20161023201653f4f.jpg




一枚板をくり抜いた木瓜窓。

192_20161023201647f6d.jpg




和室と広縁を仕切る猫間障子。床の間付近に鉄刀木を用いた建物は多いですが、ここでは障子の桟に鉄刀木を用いています。

233_2016102320165127d.jpg




和室の東~南面を取り巻く広縁。かつて天井には網戸が収納されていたそうです。

195_20161023201907731.jpg




広縁の南東隅には半円状の張り出し部があります。天井には、寄木による幾何学的な模様が見られます。

194_201610232019060df.jpg




12畳和室の西側に隣接する8畳和室。

200_20161023201909a32.jpg




8畳和室の板欄間。鶴の透かしが見事です。

203_20161023201648b4b.jpg




神谷伝兵衛は明治期の実業家で、電気ブランが有名な「神谷バー(台東区浅草)」や、ワイン醸造施設「シャトーカミヤ(茨城県牛久市)」の創始者として知られます。彼が別荘を構えた頃の稲毛は、現在よりも海岸線が内陸側にあり、東京湾に面した別荘地でした。現在の稲毛は別荘地としての面影をほとんど失っていますが、旧神谷伝兵衛稲毛別荘は往時の別荘建築を象徴する、数少ない貴重な遺構です。

202_20161023201910d37.jpg


 
 
 
 

旧神谷伝兵衛稲毛別荘① ~千葉県千葉市~

千葉市稲毛区に残る旧神谷伝兵衛稲毛別荘は、明治の実業家・神谷伝兵衛が晩年を過ごした別荘建築です。かつては隣接する和館と洋館から構成されていましたが、現在では洋館のみが残り、「千葉市民ギャラリー・いなげ」の一部として管理・公開されています。

164_201610231418505b1.jpg




建物は大正7年(1918)築、鉄筋コンクリート造二階(地下一階)建てで、外観はタイル貼りと、当時としてはモダンな造りでした。

243_20161023141854e0c.jpg




正面となる南面。玄関へのアプローチは、一階のベランダを経由します。

239_20161023141852dbe.jpg




南面ベランダへの階段。ゆるやかな曲線が美しい。

166_20161023141851712.jpg




南面一階のベランダ。埋め立てにより海岸線は後退しましたが、往時はここから海を見下ろすことができたそうです。

244_20161023141855771.jpg




ベランダの床には、タイルによる優れたデザインが見られます。

236_20161023142118175.jpg




玄関ホール。壁と天井は漆喰で仕上げられています。

169_20161023142114263.jpg




玄関ホールの天井には持ち送りが設けられています。

223_20161023150455962.jpg




天井の中心飾りは葡萄を象ったものになっています。神谷伝兵衛はワイン製造により一代で財をなし、「ワイン王」と呼ばれました。

216_201610231421165ae.jpg




一階の窓は、ワイヤーで移動できる網戸が下部に収納されています。

238.jpg




一階・洋間。

173_20161023142115e94.jpg




洋間の暖炉には、大理石とタイルが使用されています。

217_20161023151640625.jpg




洋間の床は、寄木による幾何学的なデザイン。

219_20161023142236f78.jpg




②に続きます。次回は二階内部をご紹介します。

221_201610231422376e7.jpg

 
 
 
 

空挺館 (旧陸軍騎兵実施学校御馬見所)~千葉県船橋市~

陸上自衛隊習志野駐屯地にある空挺館は、現・東京都目黒駒場にあった陸軍騎兵実施学校の御馬見所(ごばけんじょ)として明治44年(1911)に建てられました。大正5年(1926)、陸軍騎兵実施学校が習志野原へ移転する際にあわせて移築され、「空挺館」と名を改めました。年に数回、習志野駐屯地での公開演習などに合わせて特別公開されます。


空挺館全景。木造二階建て、左右非対称で、写真では分かりづらいですが、宝形の上にもうひとつ宝形が乗る構造になっています。

146_201610202034399a3.jpg




正面張り出し部分。建築当初、張り出し部の屋根は入母屋、柱は御影石で出来ていましたが、移築時に現在の姿に改造されています。

155_201610202034409ae.jpg




外壁は一階部分が板張り、二階部分は白漆喰塗込めで、一階腰部は煉瓦壁となっています。

160_20161020204013342.jpg




玄関は車寄せ部分が格天井、入り口にはペディメントが設置されています。

151_201610202034407d7.jpg




玄関を入ると、すぐに立派な「帝王階段」が正面に現れます。一階各部屋は空挺団の活動を紹介する展示スペースとなっています。

114_2016102020344218a.jpg




建物内部は、随所に細かい意匠が見られます。部屋毎に異なる天井の模様は、彫刻ではなく和紙を固めて造られたものだそうです。

121_20161020203443a75.jpg




一階展示室の板欄間。

116_20161020203558a81.jpg




建物内部には各所にペディメントやコリント式の柱が見られます。

139_20161020203554b4f.jpg




細部の装飾も凝ったデザイン。

141_20161020203556b2a.jpg





140_20161020203555e01.jpg





119_2016102020355354d.jpg





118_201610202037360b3.jpg




二階階段室。二階の各部屋には建物に関する資料や、旧海軍空挺団の歴史に関する資料が展示されています。

107_201610202037354ce.jpg




二階小窓。花柄のデザインガラスです。

123_20161020203737f73.jpg




二階バルコニー。赤絨毯に格天井、窓下には菊の紋章が。天皇と皇族以外は立ち入れなかった部分です。

126_201610202037384e5.jpg




戦後、進駐軍に接収された空挺館でしたが、昭和37年(1962)に「空挺館」の名称が与えられ資料館として生まれ変わりました。館内は空挺に関する資料が豊富で、自衛隊好きの方にとってはたまらないのではないでしょうか。見学の際には、自衛隊OBの方から空挺に関する丁寧な説明がありますが、建物そのものが目当ての僕にとっては、ちょっと長くて疲れてしまいました(せっかく説明頂いたのにごめんなさい…)。

156_2016102020384898c.jpg


 
 
 
 

旧清水家住宅書院 ~東京都世田谷区~

周辺の再開発が著しい二子玉川駅から徒歩10分程、二子玉川公園の一角に、旧清水家住宅書院はあります。

086_20161019204951211.jpg



中根岸(現・台東区)にあった清水家屋敷の離れとして、明治43年(1910)頃に建てられたと伝わります。大正9年(1919)には瀬田の清水家屋敷に移築され、旧小坂家住宅などとともに、国分寺崖線沿いの別荘街を構成していました。

083_20161019204949d3f.jpg




建物は、書院の間と次の間の二部屋から構成されます。

026_201610192049479d2.jpg




書院の間は十一畳の広さがあります。天井は格式高い格天井で、格縁は黒漆が塗られています。

019_20161019204945613.jpg




書院の間・床の間。床脇の襖絵は、金箔地に葛と藤を描いた立派なもので、写真をもとに復元されています。

075_20161019204948bda.jpg




付書院の板欄間。こちらも写真をもとに復元したもので、桐の柾目板に、菊華流水が描かれています。

055_20161019205101ec4.jpg




次の間。広さは五畳で、書院の間の半分です。

072_20161019205102fab.jpg




次の間窓際の天井には、網代が施されています。

078_20161019205204899.jpg




書院の間・次の間間の欄間。竹串を使用しているものと思われます。

036_20161019205059089.jpg




建物の南・西面には縁側が設けられています。縁座敷のように見えますが、ござが敷かれているだけで、板敷です。

013_201610192052018d4.jpg




建物の部材は全体の6割が従来のもので、梁や小屋組などには新材が使用されています。

015_20161019205203139.jpg




長い間瀬田の地にあった旧清水家住宅書院ですが、平成25年(2013)、二子玉川公園に日本庭園・帰真園が造られると、その敷地内に移築されました。建物全体の4割が新材で復元され、東側に管理棟が増築されるなど、往時の姿をそのまま残しているわけではありませんが、国分寺崖線沿いの別邸建築の多くが失われている今日において、旧清水家住宅書院は貴重な存在と言えます。小規模ながらも、実に見応えのある建築でした。

042_20161019205100cfc.jpg


 
 
 
 

小田原の古い町並み④ (別荘地の面影【後編】) ~神奈川県小田原市~

小田原の古い町並み、最終回です。前回に引き続き、別荘地の面影を探して歩きます。


小田原城南方の丘陵上にある、清閑亭。黒田長成侯爵の別邸として明治39年(1906)に建てられました。

477_201610152246595de.jpg




清閑亭は平屋部分と二階建て部分が雁行する数寄屋建築で、二階からは相模湾や箱根外輪山を望むことができます。詳細はこちらの記事で。

162_201610182038089b3.jpg




清閑亭からすぐ近くにある、対潮閣跡。対潮閣は、山下汽船(現・商船三井)の創業者・山下亀三郎の別邸で、『坂の上の雲』で知られる海軍中将・秋山真之が逝去した地でもあります。

274_20161015224657529.jpg




板橋にある、松永記念館。「電力王」と呼ばれた松永安左ヱ門の旧宅敷地を利用して、昭和34年(1959)に開館しました。写真の池庭は安左ヱ門が居住していた頃からのものです。

538_20161015224655f66.jpg




松永記念館敷地内に残る老欅荘(ろうきょそう)。松永安左ヱ門の晩年の住居として、昭和21年に建てられた数寄屋建築です。詳細はこちらの記事で。

498_20161015224701965.jpg




松永記念館敷地内には、野崎廣太の別邸・自怡荘(じいそう)の門が移築されています。野崎廣太は三越呉服店(現・三越)の社長を務めた実業家で、その別邸だった自怡荘は、かつて小田原市南町にありました。

547_20161015225002491.jpg




同じく記念館敷地内に移築された自怡荘の茶室・葉雨庵。野崎廣太は晩年、幻庵と号し、松永安左ヱ門(耳庵)、益田孝(鈍翁)とともに「小田原三茶人」と呼ばれました。

540.jpg




松永記念館を後にし、同じく板橋にあった、古稀庵(こきあん)跡へと向かいます。

549_201610152250046f2.jpg




古稀庵跡。古稀庵は明治40年(1907)、山縣有朋の別邸として建てられました。現在は建物は失われ( 洋館のみ栃木県矢板市に移築現存(現・山縣有朋記念館))、あいおいニッセイ同和損保研修所となっています。

553_20161015225005b54.jpg




研修所の敷地内に、かつての古稀庵の庭園が残されています。日曜日のみ、一般公開されています。

567.jpg




古稀庵の庭園は、山縣の京都別邸・無鄰菴と同じく、流れを中心とした自然主義近代日本庭園です。自然の高低差を利用して、上段・下段の二段から構成されています。

558_2016101522500023e.jpg




庭園上段の「洗頭瀑の滝」。有朋はこの滝が気に入っていたようで、来客があるとよくここで記念撮影をしたそうです。

560.jpg




古稀庵の北側、一段高い場所いある、皆春荘。有朋の側近だった清浦圭吾の別邸として明治40年(1907)から建築開始、後に古稀庵に別庵として取り込まれました(個人宅のため見学不可)。

572.jpg




皆春荘の対面には、「共寿亭」と呼ばれた実業家・大倉喜八郎の別邸が残ります。二階建ての数寄屋建築で、長い間「山月」という割烹旅館として使用されていましたが、現在では閉鎖され、敷地内に立入ることはできません。

574_20161015225234859.jpg


以上で小田原の町並みの紹介は終わりです。西海子小路や板橋には今も古い別荘建築が点在していますが、前回ご紹介した旧松本剛吉邸の雨香亭や、今回ご紹介した板橋の山月はかなり荒廃しており、特に山月は国の有形文化財に登録されているにも関わらず立入禁止の状態が何年も続いており、このまま朽ち果ててしまうのではないかと危惧されます。何らかの保存策がとられることを望みます。


 
 
 
 

小田原の古い町並み③ (別荘地の面影【前編】) ~神奈川県小田原市~

小田原は、太平洋沿いで温暖なことや都心から近いこともあり、明治以降になると伊藤博文や山縣有朋を始め、多くの政財界の巨人が別邸を構えました。今回は二回に渡って、小田原に残る別荘地の面影をご紹介します。


別荘が立ち並んだ南町の西海子(さいかち)小路。現在でも別荘地の面影を残しています。

618_20161006220227548.jpg




西海子小路沿いに残る、旧松本剛吉別邸主屋。民家として使用されているため、公開はされていません。

242_20161006220431adb.jpg




主屋の西側には、雨香亭(うこうてい)と呼ばれる明治後期築の茶室が残ります。

225_20161006220427f65.jpg




主屋は非公開ですが、雨香亭は木~日曜の曜日時間限定で公開されています。





雨香亭の内部は数寄屋風の造り。左に大間、右に小間が配置されます。

205_2016100622042546c.jpg




雨香亭の小間。

231.jpg




旧松本剛吉別邸を後にし、同じく西海子小路沿いにある小田原文学館。田中光顕伯爵の別邸だった場所で、本館は昭和12年(1937)に建てられた洋館です。

611.jpg




南側から見た文学館本館。三階建てで屋根はスパニッシュ瓦葺、東南隅にサンルームが設けられたモダニズム建築です。

259_201610062202281f7.jpg




文学館敷地内にある、旧尾崎一雄邸書斎。尾崎一雄は、『暢気眼鏡』 『虫のいろいろ』 などの著作で知られる戦後の小説家で、建物は市内・曽我谷津から移築されたものです(昭和20年代初頭の建築)。

245_201610062202313d0.jpg




「白秋童謡館」として公開されている小田原文学館別館。木々で見えづらいですが、大正13年(1924)築の二階建て和風建築で、前面には池庭が残ります。

255_201610062203263f9.jpg




250_20161006220322948.jpg




文学館別館の裏に建つ棟門。

252_20161006220324260.jpg




西海子小路に戻り、静山荘入り口。静山荘は実業家・望月軍四郎が府中から移築した、明治期の平屋建て和風建築で、年に一度特別公開されているようです。

271_2016100622032700d.jpg




西海子小路沿いの個人宅。石垣で囲まれた立派な和風建築です。

591.jpg


②へ続きます。


 
 
 
 

小田原の古い町並み②(城下町・宿場町としての面影と近代建築 【後編】) ~神奈川県小田原市~

②です。

小田原城址公園のお堀端通りにある、小田原公共職業安定所。昭和5年(1930)頃に建てられたようで、ハローワークとしては珍しいモダニズム建築。シンプルながらも美しいデザインです。

411.jpg




旧東海道(国道一号線)沿いにある、看板建築・メガネのアイザワ。昭和4年(1929)に建てられたようです。ここから旧東海道を西へ進みます。

284_201610020929553e2.jpg



寛永10年(1633)創業の済生堂薬局小西本店。大正14年(1925)に建てられた寄棟屋根の町屋で、国の有形文化財に登録されています。

422.jpg




「うす皮あんぱん」で知られる大正10年(1921)創業の柳屋ベーカリー。現在の建物は昭和6年(1931)、お店がこの地へ移転するにあたって建てられたもので、平屋建ての出桁造りとなっています。

427_20161002092956dce.jpg




南町の吉田商店。和洋折衷の秀逸な近代建築ですが、年々改修が施され、往時の姿が失われつつあります(写真は2014年のものです)。

172_20161002092959a44.jpg




大正5年創業の和菓子店・松坂屋本店。こちらの本店は既に閉鎖されているようで、現在営業している店舗は栄町店のみのようです。

436_20161002093154254.jpg




フレンチレストラン、L'OFFICINA DEL CIBO。大正14年(1925)に建てられた洋館で、洋品店や銀行として使用されていたようです。

442.jpg




大正末期の看板建築、SHIBATA SYSTEM。ファサードのメダイヨンや店名のフォントが洒落ています。

438.jpg




片野呉服店(左)とヤオタメ(右)。片野呉服店は大正14年(1925)築の看板建築で、SHIBATA SYSTEMとは国道を挟んで対面にあります。ヤオタメは大正10年(1921)創業の老舗青果卸売店ですが、建物の建築年代は分かりませんでした。

441_20161002093157f10.jpg




国道から箱根旧街道に入ると、板橋地区に入ります。ここにも古い建物が点在しています。

583_20161002093152e9e.jpg




明治33年(1900)創業の下田とうふ店。現在の建物は関東大震災直後に建てられたようです。

581_20161002093341425.jpg




板橋の個人宅。細部の意匠が細やかな洋館です。

181_201610020933431ac.jpg




板橋のシンボル、旧内野邸。内野家は元醤油醸造業者で、主屋は明治36年(1903)に建てられたものです。第二・第四の土日に公開されているようですが、訪れる際はいつも閉館していて、まだ内部を見学できていません。

576_20161002093339a24.jpg




小田原城址公園まで戻り、馬屋曲輪址に建つ二の丸観光案内所。昭和8年(1933)築の擬洋風建築です。

413_20161002093345ab6.jpg



小田原城二の丸址に建つ、小田原城歴史見聞館。昭和9年(1924)、小田原第二尋常小学校の講堂として建てられたもので、御殿を模した造りになっています。

640_20161002093342f90.jpg




小田原城址二の丸の水堀。石垣は関東大震災で崩れたため高さはなく、櫓や門は復元されたものです。

643.jpg


小田原は鎌倉時代、小早川氏が居館を、室町時代には関東管領上杉氏の重臣・大森氏が居城を構え、戦国時代には大森氏を駆逐した後北条氏の拠点となり、以後100年に渡ってその城下町として栄えます。天正18年(1590)、豊臣秀吉により後北条氏が滅ばされると、小田原には徳川家康の臣・大久保忠世が入り、江戸時代は小田原藩の城下町として発展しました。個人的には地元が近いこともあって、幼い頃からよく訪れた思い入れのある地ですが、年々古い建物が少なくなってきているのが残念です。

次回は小田原の別荘地としての面影をご紹介します。

 
 
 
 

小田原の古い町並み①(城下町・宿場町としての面影と近代建築 【前編】) ~神奈川県小田原市~

神奈川県西部に位置する小田原市は、古くは小田原城の城下町、東海道の宿場町として栄え、明治以降は別荘地として、多くの著名人が別邸を構えた地です。4回に分けて町並みをご紹介したいと思いますが、初回と二回目は城下町・宿場町としての面影と、近代建築を中心にご紹介します。


栄町にある、寛文元年(1661)創業の江嶋(えじま)。茶葉や海苔、和紙などを販売するお店で、現在の建物は昭和3年(1927)に建てられたものです。立派な出桁が見られる、伝統的な町屋建築です。

400_20160925180254d22.jpg




栄町は、部分的ですが戦前の建物が残り、現在も店舗として再利用されています。

301_20160925180253e64.jpg




栄町にある小田原カトリック教会。現在の聖堂は下見板張りの木造洋館で、昭和6年(1931)に建て直されたものです。

108_20160925180847bfe.jpg




栄町の個人宅。モルタル壁の洋風の主屋に、伝統的な土蔵が付属しています。

649_20160925181532ea5.jpg




栄町の洋館・さくらい呉服店。かつて協和銀行の支店として使用されていたようで、建築年代は不明ですが、大正~昭和初期頃のものと思われます。

299_20160925180255694.jpg




鈴廣とともに、小田原の老舗蒲鉾店として知られる「籠清」。建物は大正13年(1924)に建てられたものです。

132_20160929201925294.jpg




籠清のある千度小路にある理容室。壁面のレリーフやステンドグラスが秀逸な看板建築です。

138_20160925180842ea9.jpg




本町にある個人宅。スクラッチタイルを用いた、洒落た洋館です。

286_20160925180844888.jpg




本町には戦前の和風建築が点在します。

627.jpg




620_201609251813129c0.jpg




本町にある「なりわい交流館」。昭和7年(1932)に、網問屋の店舗として建てられた建物で、写真では分かりづらいですが立派な出桁が見られます。

167_20160925180843501.jpg




本町にある山本眼科医院。大正13年(1924)に建てられた洋館で、現役の眼科として使用されています。

405_20160925181902824.jpg




旧東海道に出て、昭和3年(1927)築の旧明和銀行本店(現・中央労働金庫小田原支店)。コーナーのアーチが印象的な洋館で、現在は修復工事中です(写真は2014年に撮影)。

163_20160925181900406.jpg




明治26年(1926)創業の、だるま料理店。建物は大正15年(1893)に建てられたもので、国の有形文化財に登録されています。車寄せの懸魚や内部の折上格天井など、豪華な意匠が見られる和風建築です。

291_20161001223108b57.jpg




本町にある佐藤和夫法律事務所。木々で見えづらいですが昭和9年(1934)築の洋館で、左手には和風の住宅が付属しています。

409.jpg




本町の老舗鰻屋・柏又(かしまた)。数寄屋風の和風建築で、正確な建築年代は不明ですが、大正期に建てられたようです。

416_20161001230408eb5.jpg


②へ続きます。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop