茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧里見弴邸(西御門サローネ) ~神奈川県鎌倉市~

鎌倉市西御門にある旧里見弴邸は、明治~昭和期に活躍した小説家・里見弴(さとみとん)の住居として昭和初期に建てられた、和洋館並列型の住宅建築です(2016年8月訪問)。


昭和元年(1926)竣工の洋館。木造二階建て、茶色の板壁とバルコニーのパーゴラが特徴的です。

097_201612242231197c1.jpg




玄関部分。壁面には幾何学的な模様が施されています。

092_20161224223118d8b.jpg




一階・玄関ホール。

011_20161224223115844.jpg




玄関ホールの小窓。F.L.ライトからの影響が感じられるデザインです。

089_20161224223953065.jpg




玄関ホールの窓とソファー。こちらの窓の桟も、ライト風の幾何学的なデザイン。

020_20161224223117551.jpg




建物奥(西側)から玄関ホールを見る。随所に見られるライト的なデザインは、お隣・藤沢市の旧近藤邸とも似ています。

031_20161224223952f5d.jpg




一階・応接室。玄関ホールの北側に隣接し、東側にはサンルームが設けられています。

022_201612242239491d4.jpg




一階・サンルーム。玄関ホール、応接室、食堂の3室と繋がっています。

008_2016122422394853d.jpg




玄関フロア奥にある階段。手摺には幾何学的なデザインが見られます(二階は非公開)。

025_2016122422395076b.jpg




階段室のステンドグラス。

087_20161224224957c20.jpg




階段踊り場からは、和館への渡り廊下が続いています。

034_20161224233840056.jpg




渡り廊下は、そのまま和館の縁座敷へと繋がります。和館は昭和4年(1929)の増築。

035_201612242338422aa.jpg




和館内部。床が設けられた掛込天井の4畳半(手前)と、船底天井の3畳(奥)の二間からなります。

059_20161224233838cec.jpg




4畳半の床の間。落掛けが二重に設置されるなど、凝った作り。

056_20161224233843bb4.jpg




生活空間であった洋館に対し、和館は里見の仕事場という位置付けでしたが、実際に里見が仕事場として使用することはあまり無かったようです。

064_20161224233839888.jpg




和館外観。茅葺屋根に高床式という、洋館に付属するタイプとしては珍しい構造です。

098_20161224234020dc2.jpg


里見弴自身が設計に関与したと言われる里見弴邸ですが、洋館はまさ夫人の希望によるもので、里見自身の趣味が反映されているのは和館だけのようです。現在は一級建築士事務所 studio acca の管理のもと(所有者は石川家)、貸しスペースとして活用され、毎週月曜日のみ公開されています。


スポンサーサイト
 
 
 
 

横浜市開港記念会館 ~神奈川県横浜市~

横浜市中区、馬車道から日本大通りにかけて、多くの近代建築が残されています。大正6年(1917)に建てられた横浜市開港記念会館もそのうちの一つです。

006_201612122114437dc.jpg



設計は、コンペで当選した福田重義の原案をもとに、山田七五郎(建設中に横浜市建築課長に就任)が担当しています。地下は鉄筋コンクリート造、地上は煉瓦造で、北東隅には鉄骨煉瓦造の高さ36mの時計塔が聳えます。

002_20161221195350f4c.jpg




大正12年(1923)の関東大震災では外壁と時計塔を残して焼失しますが、昭和2年(1927)に再建されました。

417_20161212211439f71.jpg




屋根ドームは震災による焼失後、コンクリート製の屋根に変更されていましたが、平成元年(1989)になって創建時の姿に復元されました。

419_20161212211440744.jpg




一階・東面の正面玄関。内部は現在も公会堂として様々なイベントや講義などに使用されています。

410_201612122114380ef.jpg




一階・玄関ロビーを西側から見る。左手の扉の奥は講堂、正面奥には二階への階段が見えています。

341_20161212211602340.jpg




タイルによるデザインが秀逸な、玄関ロビーの床。

306_20161212211559598.jpg




講堂。481名を収容できます。

405_20161212211604437.jpg




東階段。踊り場の大きな窓が目を引きます。

308_20161212211601077.jpg




八角形の南玄関ホール。

331_20161212211731a8b.jpg




二階ホール。壁と天井は漆喰で仕上げられ、豪華な天井飾りも見られます。

310_201612212018578ee.jpg




二階ホールのステンドグラス。震災で焼失したものを、昭和2年に復旧したものです。

311_20161212211731d9b.jpg




八角形の特別室(旧貴賓室)。木工主体で、やや和の趣も感じさせます。

328_2016121221195250c.jpg




中央階段。こちらにも巨大なステンドグラスがあります。

333_2016121221173369a.jpg




中央階段のステンドグラス。黒船来航の場面を描いたもので、こちらも震災で焼失したものを、昭和2年に復旧したものです。

327_2016121221185723e.jpg



横浜市開港記念会館はデザインだけでなく、煉瓦壁の要所に帯鉄を組み入れた「碇聯鉄(ていれんてつ)構法」と呼ばれる耐震工法が取り入れられるなど、構造面でも優れており、多くの近代建築が残る横浜市においても特に優れた建築の一つです。なお時計塔は通称「ジャックの塔」と呼ばれ、神奈川県庁本庁舎(キングの塔)、横浜税関(クイーンの塔)とともに、「横浜三塔」として親しまれています。

307_20161212211600d22.jpg

 
 
 
 

瑞泉寺庭園 ~神奈川県鎌倉市~

瑞泉寺は鎌倉市二階堂にある、臨済宗円覚寺派の寺院です。開山は夢窓疎石で、境内には昭和45年(1970)の発掘調査で発見された、疎石作と伝わる庭園が残されています。

302_20161218202406f28.jpg




庭園は本堂裏手にあります。ほぼ天然の岩盤を掘削するだけで作庭するという、他に類を見ない手法がとられています。

284_2016121820160714b.jpg




「やぐら」のような、崖を掘削して作られた天女洞。水月観の道場でした。

254_2016121921204828c.jpg




池泉は一部だけ削り残し、中島としています。中央右手の崖の凹部は滝だったようで、崖上には貯水槽の跡が残されているといいます。





滝の下部には、水分石とみられる石や、護岸の石組が見られます。

279_20161218202004280.jpg




池泉の左手には、木橋が架けられ、崖を上る道がついています。





この道を上り十八曲を経た所に、疎石が建てた偏界一覧亭と呼ばれる小亭が存在していました(現在では立入不可)。

290_20161218202005c00.jpg




紅葉の見頃が遅いことで知られる瑞泉寺ですが、池泉手前のモミジだけは一足早く12月上旬に紅葉の見頃を迎えます。

272_2016121820200372a.jpg



多くの寺社が存在する鎌倉ですが、鎌倉時代に作られた庭園が残るのはここ瑞泉寺だけです。他に夢窓疎石が作ったと伝わる庭園は、京都の天龍寺や西芳寺、岐阜県多治見市の永保寺などが知られています。なお、瑞泉寺は鎌倉五山に次ぐ関東十刹に列せられた格式高い寺院で、足利基氏に始まる鎌倉公方の菩提寺でもあります。

243_20161218201610785.jpg



 
 
 
 

称名寺庭園 ~神奈川県横浜市~

称名寺は、横浜市金沢区にある真言律宗の寺院です。国史跡に指定されている境内には、阿字ヶ池と呼ばれる大きな池泉を中心に、鎌倉時代に作庭された庭園が残されています。

155_201612162309530bb.jpg



称名寺の創建時期は不明ですが、鎌倉幕府執権を務めた北条氏の一門・北条実時による開基で、実時を祖とする金沢(かねさわ)北条氏の菩提寺でした。隣接する金沢文庫も、実時が設置した文庫が起源とされます。

136_20161216230957db4.jpg



庭園は鎌倉末期、実時の孫・金沢貞顕(さだあき)により造営されました。平安時代の日本庭園の主流であった浄土式庭園の様式をとっており、平泉毛越寺の庭園を模したとも言われています。池泉中央には中島が置かれ、朱塗りの反橋と平橋で結ばれます。

157_20161216230956147.jpg




反橋と平橋は、鎌倉末期に書かれた『称名寺絵図並結界記』と呼ばれる絵図に基づいて復元されています。

146_201612162309527a0.jpg




平橋の向こう側には天和元年(1861)に再建された金堂が建ちます。かつて境内には金堂を始め多くの伽藍が建ち並んでいたようで、さぞ壮観だったと思われます。

169_2016121623132505b.jpg




ところどころ、汀や橋の脇に景石が残されています。

173_20161216231141e49.jpg




151_201612162311427b1.jpg




147_20161216231139693.jpg





198_201612162311420e9.jpg




鋭い岩島には、優れた造形意識が表れています。

138_201612162311453b7.jpg



雑草に覆われてしまっていますが、池泉の汀には栗石による州浜も見られます。他の浄土式庭園にも見られる、当時の作庭バイブル『作庭記』に基づく作庭思想が窺えます。

191_20161217222713a18.jpg




訪れたのは12月上旬、境内では紅葉が見頃を迎えていました。

164_201612162313286ce.jpg




181_20161216231326ac8.jpg



称名寺庭園は関東に唯一現存する浄土式庭園で、大味な大名庭園が多い関東にあっては貴重な遺構です。ただし現状では荒廃が著しく、一見では庭園というよりも、だだっ広い池にしか見えません。浄土式庭園は全国的にも現存例が少なく貴重なため、国や横浜市には、具体的な計画を策定した上で、庭を整備・保存していってもらいたいものです。

204.jpg

 
 
 
 

横浜地方気象台本庁舎 ~神奈川県横浜市~

横浜地方気象台本庁舎は、横浜・山手地区にある、昭和2年(1927)に建てられた近代建築です。もともとは神奈川県測候所として建てられましたが、昭和14年の法改正で測候所の業務が国に移管されると同時に国の所有となり、現在でも現役の庁舎として使用されています。

148_20161213213802a09.jpg



庁舎は鉄筋コンクリート造3階(地下1階)建て、外観はモダニズムを基調としたシンプルなデザインになっています。設計は神奈川県営繕管財課の技師・繁野繁造によります。

190_20161215194216f0d.jpg




アール・デコ調の装飾が見られる、玄関ポーチ。シンプルな外観において、最も装飾性の高い部分です。

149_20161213213803cf9.jpg




外壁は種石とモルタルを塗った後、モルタルだけ水で流し落とす「洗い出し」仕立てになっています。

194_2016121321380611f.jpg




146_2016121321380053b.jpg




玄関脇の外壁だけ、タイルによる装飾が施されています。

150_20161213213957642.jpg




玄関ドアのアール・デコ調の意匠。

184_20161213213955885.jpg




一階・玄関ホール。モダンな外観とは対照的に、床は板張り、壁は漆喰で仕上げられています。

164_20161213213953572.jpg




玄関ホールにある、創建当初から存在したと考えられる柱時計。かつては電気信号を送ることで塔屋部分の時計と連動していたようです。

156_201612132139587e9.jpg




旧所長室。庁舎は平成19年(2007)、安藤忠雄氏の監修のもと改修工事が行われ、同時に耐震補強が施されています。

159_20161213214124441.jpg




階段も木を基調としています。曲線をつけた手摺のデザインも見どころ。

170_201612132141281dc.jpg




階段手摺にはアール・ヌーボー調の装飾が見られます。

166_20161213214126d12.jpg




二階・応接室。創建当時の写真をもとに復元されています。

175_20161213214129ad5.jpg




応接室の照明。旧所長室と同じ、アール・ヌーボー調のデザインです。

178.jpg



明治~昭和初期の洋館が多く存在することで知られる横浜の山手地区ですが、そのほとんどが住宅建築である中、庁舎建築である横浜地方気象台は異色の存在であり、隠れた名建築と言えるでしょう。平成21年には安藤忠雄氏の設計により新庁舎が増設されています。なお現役の庁舎であるため、見学できる部分は限られており(3階部分や地下は非公開)、公開日も平日に限定されています。

172_20161213214251781.jpg

 
 
 
 

知恩院庭園 ~京都府京都市~

知恩院は、京都市東山にある浄土宗総本山の寺院です。方丈の南から東にかけて広がる庭園は、寛永十八年(1642)、伽藍の再建に伴って玉淵と量阿弥によって作庭されたもので、南池と北池の二つの池を中心に展開します(2016年11月下旬訪問)。

241_20161204173911eb0.jpg




大方丈の前面に広がる南池。亀島である中島が浮かびます。

207_20161204173907542.jpg




中島の護岸石組や石橋には、力強さが感じられます。

230_20161204173909280.jpg




大方丈東側、華頂山の山畔との間に造られた北池。

211_201612041742555fa.jpg




北池の石橋は紀州徳川家から寄贈されたものといいます。奥の池中には巨石による岩島、その奥の山畔にも石組が見えています。

227_20161204174257ebe.jpg




北池南部の岩島付近。かつては北池にも中島が存在していたことが判っていますが、現在では消滅しています。

208_20161204174300700.jpg




岩島の奥には、荒廃していますが枯滝の石組が確認できます。岩島と枯滝は江戸後期に加えられたようです。

228_2016120417425978f.jpg




北池の西岸部分、方丈との間は白砂と苔による枯山水となっています。

238_20161207210009bf5.jpg




北池西岸の護岸石組。

235_20161204174417885.jpg




北池よりさらに北奥、小方丈の東側には、「二十五菩薩の庭」と呼ばれる庭があります。

216_201612041745129b2.jpg



二十五菩薩の庭は、石組と刈込み、白砂で構成される枯山水庭園です。知恩院保存の国宝「阿弥陀如来二十五菩薩来迎図」をもとに、現代になって作庭されたものです。

219_20161204174513620.jpg




石組は阿弥陀如来と二十五菩薩を、刈込は雲を表現しているようです。現代の作庭とはいえ、力強い石組を見ることができます。

224_20161204174515291.jpg


知恩院庭園を手掛けた玉淵は小堀遠州の弟子で、小堀遠州とともに桂離宮の造営にも関わったとされています。なお、重森三玲・完途著『日本庭園史大系』では、庭の起源は南北朝期にこの地に創建された常在日光寺の庭園であるとし、江戸時代に改修を受けつつも、地割は南北朝期のままであるとしています。

210_20161204173909418.jpg

 
 
 
 

西村家別邸 ~京都府京都市~

京都・上賀茂神社の東側、明神川沿いには社家の町並みが残されています。かつて上賀茂神社の社家・錦部(にしごり)家の邸宅があった地に、明治期の数寄屋建築・西村家別邸が残ります。

203_20161201212246f41.jpg




西村家は西陣で織物業を営んでいた家で、7代目・西村清三郎が明治20年代に錦部家と西池家から土地を購入、別邸を建造しました。

174_201612012122488f2.jpg




主屋玄関から広間へと続く廊下。床の間が設けられ、茶室の控室としての機能も兼ねていました。

172_20161201212248c4d.jpg




主屋茶室。

139_20161201212604baf.jpg




6畳の和室。掘りごたつが備えられています。

171_20161202213759577.jpg




下のガラス戸は、通気性を備えた無双窓になっています。

169_20161201212719e3f.jpg




主室となる広間。茶室としても使用されたそうです。

122_201612012126068da.jpg




広間の小屋組。丸太の垂木は、細いものと太いものを交互に組んでいます。

159_20161201212955fcc.jpg




広間の外には庭園が広がります。

147_20161201212605349.jpg



庭園は平安末期の養和元年(1181)、上賀茂神社の神主・藤木(賀茂)重保により作庭されたと考えられており、社家時代の面影をよく残しているとされます。明神川から引き込んだ流れを中心とした庭で、庭内では曲水の宴が開かれたと伝わります。

164_20161201212859917.jpg



庭園の最奥には、神山(上賀茂神社の御神体山)の降臨石を模したとされる石組が見られます。全体的に後世に手が加えられているはずで、どこまで平安時代の姿を残しているのかは不明です。

152_20161201212857b3d.jpg




水垢離(水を浴びて身体を清める儀式)が行われていたとされる井戸。「降臨石」の石組とともに、「神官の庭」としての特徴を伝えています。

128_201612012129011c1.jpg




主屋の東側には茶室が付属します。

188_2016120121310084e.jpg



茶室の前には「奥庭」と呼ばれる池泉庭園があります。小規模な枯滝や洲浜も見られますが、石組の意匠などからして明治期に西村家の所有になってから整備されたものと思われます。

176_2016120121310181d.jpg



先述したように西村家は社家ではありませんが、どちらかというと社家時代の庭園が評価されているようで、建物の評価が中途半端になっている印象を受けます。なお、西村家別邸の周囲にはかつての社家住宅が複数残り、このうち梅辻家や井関家は特別公開時や事前予約により見学できるようです。

142_20161201212856121.jpg


 
 
 
 

旧九条邸庭園 ~京都府京都市~

京都御苑の一画、九条池(勾玉池)と呼ばれる苑池を中心に、かつてこの地に邸宅を構えた九条家の庭園が残ります。

243_20161130205949ccb.jpg




池の中心に架かる高倉橋から、西側を見る。池の西端に面して江戸後期の数寄屋建築・拾翠亭が建ちます。

247_201611302102389c3.jpg




出島部分の石組意匠。

254_20161201203024c8b.jpg




中島の石組。中島には九条邸の鎮守社だった厳島神社が建っています。

255_20161130210107436.jpg




高倉橋から、庭園東側を見る。

106_20161130205946487.jpg




出島部分の石組意匠。

113.jpg




出島先端部。

114_20161130205948737.jpg




池の東南隅には小規模ながら滝石組が見られます。

256_20161130210108785.jpg




拾翠亭周辺は露地となります。

001_20161130210103854.jpg




拾翠亭前の石橋。

082_20161130210236f81.jpg




拾翠亭から九条池と高倉橋を望む。

017_20161130210238f79.jpg


旧九条邸庭園の明確な作庭時期は不明ですが、もともと池のあった場所に、18世紀後半に庭が整備されたと考えられています。滝石組などはかなり小規模で、少なからず物足りなさを感じますが、江戸後期の庭にしては護岸などの石組に力強さが感じられ、予想以上に見応えのある庭でした。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop