茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧五十嵐歯科医院(旧五十嵐邸) ~静岡県静岡市~

旧五十嵐歯科医院は、静岡市東部、かつて東海道の宿場町だった蒲原の地に建つ洋風建築です。もともとは江戸~明治時代に建てられた町屋建築でしたが、歯科医院開業のため大正3年(1914)に洋風建築へと改築されました。

IMG_6327.jpg



木造二階建て桟瓦葺きで、街道に面した南面を正面とします。東側と西側は昭和14年(1939)頃までに、北側の離れは昭和15年頃に増築されています。

IMG_6233.jpg




玄関。玄関上部と西側増築部分の庇には、歯型の軒下飾りが見られます。

IMG_6237.jpg




一階・見世の間。洋風の外観とは打って変わり、建物内部はほとんどが和室になっています。

IMG_6282.jpg




見世の間には電話室があります。「二三番」というのはかつての五十嵐歯科医院の電話番号で、今でも電話機は現役だそうです。

IMG_6283.jpg




一階・中の間から仏間方向を見る。中の間には、金歯に使用する金を保管するための金庫が置かれています。仕切り欄間の意匠も見事。

IMG_6285.jpg




後に増築された一階・座敷。居室として使用されていたようです。

IMG_6287.jpg




座敷の各欄間には近江八景が彫られています。こちらは堅田の浮御堂でしょうか。

IMG_6289.jpg




通り土間に設置された階段。二階は診療室と待合所となります。

IMG_6280.jpg




二階・西側座敷(待合室)手前の襖。花鳥風月が描かれた豪華なもので、欄間には富士山と松原が彫られています。

IMG_6241_2017022620200102c.jpg




二階・西側座敷。明治期の元老・田中光顕も使用した貴賓用の待合室です。襖は鷹と松を墨で描いた立派なもので、床の間の壁はこんにゃくと葛で固められているそうです。

IMG_6244.jpg




二階・東側座敷。

IMG_6270.jpg




東側座敷の欄間。菱型の凝った意匠です。

IMG_6274.jpg




二階・診療室。壁はと天井は漆喰、床はリノリウムが貼られています。南面はほぼ一面ガラス窓で、採光と通気性を備えています。

IMG_6254.jpg




診療室の隣にある技工室。治療に使用する器具が置かれていたところです。

IMG_6257.jpg



旧五十嵐歯科医院は、外観を洋風としながら内部には町屋の面影が色濃く残るという、特徴的な建築で、同じく静岡市内に残る旧エンバーソン邸旧マッケンジー邸と比べても異色の存在と言えます。蒲原地区には他にも橋澤家住宅や佐藤家住宅、田中光顕の別荘だった青山荘などの近代洋風建築が残りますが、現在一般公開されているのは旧五十嵐歯科医院のみです。

IMG_6261.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

旧マッケンジー邸 ~静岡県静岡市~

ウィリアム.M.ヴォーリズは、日本における洋風建築の発展に貢献した外国人の一人で、彼の手掛けた建築は全国各地に残されています。静岡市駿河区の海岸沿いに建つ旧マッケンジー邸もそのうちの一つで、静岡県内で唯一現存するヴォーリズ建築として知られています。

IMG_6330.jpg




竣工は昭和15年(1940)で、当時日本で流行していたスパニッシュスタイルの洋館となっています。スタッコ仕上げの白壁、天文台と階段室を兼ねた搭屋、八角形の食堂、アーチ型の窓など、変化に富んだ外観です。


IMG_6336.jpg




木のドアを伴う、アーチ型の玄関。窓下の市松タイルも美しい。

IMG_6342.jpg




一階・玄関ホール。

IMG_6387.jpg




一階南面にあたる居間。南面には大きな窓を設け、その外には小さなテラスを備えています。

IMG_6344.jpg




一階・書斎。書斎は床だけでなく壁も木で仕上げられています。

IMG_6345.jpg




一階・食堂。正面を張り出させて大きな窓を設け、壁には三角形の棚を造り付けるなど、特徴的な空間です。

IMG_6406.jpg




食堂の張出し部はサンルームを兼ねていました。

IMG_6411.jpg




一階北西隅に位置する台所。白を基調とした清潔感溢れる空間で、ガスコンロや冷蔵庫など、アメリカから輸入された当時最新の家電が今も残されています。

IMG_6378.jpg




塔屋内部にあたる階段室。大窓と、その下に造り付けられたベンチが特徴です。

IMG_6395.jpg




二階・夫婦寝室。左手の壁の向こうにはウォークイン・クローゼットが備えられ、南面の窓からは駿河湾を望むことができます。

IMG_6355.jpg




二階・浴室。トイレと風呂が一体となっています。

IMG_6392.jpg




二階・裁縫室。

IMG_6364.jpg




二階・客用寝室。二階には客用寝室が二部屋あります。

IMG_6369.jpg




二階・客用浴室。こちらもトイレと風呂が一体となっていて、隣の客用寝室と繋がっています。

IMG_6368.jpg



旧マッケンジー邸の家主だったマッケンジー夫妻は、大正7年(1918)に来日したアメリカ人夫婦で、夫ダンカンは茶貿易商として静岡の茶を海外へ広め、妻エミリーは社会福祉家として静岡を拠点に活動していました。夫ダンカンの死後も妻エミリーは静岡に留まり活動を続けますが、昭和47年(1972)に高齢を理由にアメリカへ帰国しています。エミリー夫人帰国の際、マッケンジー邸は静岡市へ寄贈され、現在は静岡市の管理の下、一般公開されています。

IMG_6404.jpg


 
 
 
 

有松の古い町並み ~愛知県名古屋市~

名古屋市東部に位置する有松は、かつて東海道の宿場町でした。有松駅の南方、東西に延びる旧街道沿いには、江戸後期以降に建てられた町屋がずらりと並び、現在も往時の面影を残しています。

440_20170219213122632.jpg




有松の西端となる、西町の町並み。有松は江戸初期、尾張藩の政策により鳴海宿と池鯉鮒宿の間に造られた宿場町ですが、竹田庄九郎が始めた絞り染めが発達し、「有松・鳴海絞り」の町として繁栄しました。


435_20170219213120305.jpg




西町の西端に残る小塚家住宅。かつては山形屋という屋号の絞り問屋で、現在もうだつの見られる黒漆喰塗込の主屋が残ります。

434_20170222185058e5a.jpg





西町の岡家住宅。かつては絞り問屋・丸屋丈助の店として使用されていたもので、江戸末期に建てられた白漆喰塗込の主屋が残ります。

431_20170219213117836.jpg




西町の竹田家住宅。江戸時代に建てられた主屋をはじめ、書院棟、茶室などが現存します。

422_201702192129435af.jpg




中舛竹田家。有松絞りの開祖・竹田庄九郎ゆかりの建物と伝わります。
418_20170219212941b1b.jpg



西町から旧街道を東へ進むと、中町、東町と続きます。

392_20170219212641a12.jpg




東町に入り、すぐ左手に見えてくるのが服部豊家住宅です。うだつが見事な主屋、その奥に白壁の土蔵が続きます。

393_20170219212643c9c.jpg




服部豊家は寛政2年(1790)に、向かいの大井桁屋から分家した絞問屋で、屋号を「井桁屋」と言いました。文久元年(1861)に建てられた主屋、土蔵、長屋門などのほか、明治に入り建てられた数寄屋風の座敷も残されているようです。

399_20170219212639097.jpg




服部豊家住宅の東隣には、明治期に服部家から分家した服部良也家住宅が残ります。

398_20170219212812ba2.jpg



もともと有松の町屋は茅葺きでしたが、天明4年(1784)の大火で村ごと全焼した後は、瓦葺きで漆喰塗込による町屋に建て替えられ、建物によっては海鼠壁やうだつを設けるなど、町全体が防火性を備えたものへと生まれ変わりました。平成28年には国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

400_2017021921294897d.jpg


 
 
 
 

名古屋城三の丸庭園 ~愛知県名古屋市~

地下鉄・市役所駅から徒歩5分ほど、現在は官庁街となっている名古屋城三の丸址の一角に、桃山時代の様式を伝える庭園が残されています。

607_201702202033431e2.jpg




庭園は中心に枯池を配した枯山水庭園で、東側と南側は三の丸土塁を利用して築山とし、東側の築山には枯滝石組を配しています。

602_20170220203714d5b.jpg




庭園東部。背後の築山は三の丸の土塁で、滝石組から石組を渓谷式に配しています。

643_201702162051479ad.jpg




滝石組は鯉魚石を省略した桃山期の龍門形式とされ、頂部には三尊石組も見られます。

625_2017021620514558e.jpg




滝石組から続く渓谷は、枯池へと繋がります。池には当初水が張られていたと考えられていますが、現在では二の丸庭園北庭同様、栗石を敷き詰めた枯池となっています。

605_20170216205410613.jpg




渓谷が池へ合流する地点には、力強い石橋が架かります。

604.jpg




枯池東側から対岸(西側)を望む。池の西側には切石橋が架かります。

616_20170216205412502.jpg




枯池西岸の築山と切石橋。築山には立石を中心に、力強く豪快な石組が見られます。

647_201702162054155f2.jpg




西岸の出島部分には亀島的な石組が施されています。

652_201702162054095f8.jpg




切石橋付近から、北側を見る。枯池北岸には巨石と舟形の手水鉢が置かれますが、手水舎は後世に持ち込まれたようです。

635_2017021620541499c.jpg



名古屋城三の丸庭園は、山林に埋もれていたものを、昭和11年(1936)に重森三玲により発見されました。地元では、明治期に吉田紹和が二の丸旧材を用いて作庭したと考えられていたようですが、重森三玲は『日本庭園史大系』において、吉田紹和により作庭されたのは三の丸庭園よりも北方の土塁に見られる石組であり、三の丸庭園自体は名古屋築城時に作庭されたものであると指摘しています。

623_20170216205144665.jpg




 
 
 
 

四間道の古い町並み ~愛知県名古屋市~

 名古屋市西区那古屋、地下鉄丸の内駅から堀川を隔てた西岸に、四間道(しけみち)の古い町並みが残ります。徳川家康による名古屋築城時に清須から移った商人たちにより形成された町で、今なお往時の面影を色濃く残しています。

373_20170219185042066.jpg




堀川に並行して南北に伸びる「四間道」と呼ばれる通りの西側に町屋が、東側に土蔵が建ち並びます。元禄13年(1700)の大火で多くの商家が焼失したことを受け、防火のために通りを四間に拡張したことから、「四間道」の名が付いたと言われます。

388_20170219184742ffe.jpg




通りの東側、石垣上に並ぶ土蔵群。土蔵が多いのも、元禄の大火後、尾張藩が防火のために土蔵を建てることを奨励したためと言われます。

369_20170219184743ebf.jpg





371.jpg





376_20170219184740492.jpg




「四間道」から西側に入ると、古く立派な長屋が残っていました。

375_20170219184740580.jpg




津島でも見られた、「屋根神様(やねがみさま)」。湯島神社、秋葉神社、熱田神宮の3つの神様を祀っているそうです。

372_20170219184746eef.jpg




こちらの屋根神様はやや小ぶり。

378_20170219185045655.jpg




付近には、他にも古い長屋が点在しています。

386_201702191850480a0.jpg





377_201702191850437c8.jpg






381.jpg




戦後の都市開発により、町屋や土蔵の数はかなり減ったようですが、それでも名古屋市の市街地の只中にあって、これだけの町並みが残っていることは奇跡に近いのではないでしょうか。昭和61年(1986)には名古屋市の町並み保存地区に指定されており、今後もこの美しい町並みが保存されることを願います。

390_2017021920532966c.jpg


 
 
 
 

旧学習院長官舎 ~愛知県犬山市~

旧学習院長官舎は明治42年(1909)、当時四谷から目白に移転したばかりの学習院敷地内に、院長官舎として建てられました。昭和39年(1964)に博物館明治村へ移築、現在は1日3回の建築ガイドの際に内部公開されています。

837.jpg




木造二階建て、桟瓦葺きで、外壁は洋館部分をドイツ下見、和館部分を押縁下見とします。洋館と和館を繋ぎ合わせる形式は、ほぼ同時期に建てられた旧諸戸邸(三重県桑名市)などと共通しています。

844.jpg




外観は至って簡素な印象ですが、玄関車寄せはアーチ屋根にアール・ヌーヴォー風の妻飾りを付けるなど、特徴的です。

838.jpg




洋館一階・応接室。官舎内部は、階段室を経て和館と洋館を行き来できるようになっています。

948.jpg




洋館一階・書斎。洋館は主に公的な場として使用され、和館は居住空間としての機能を担っていました。

924_201702152111429ad.jpg




洋館と和館を繋ぐ階段室。

945.jpg




階段室から北へと延びる、和館一階の廊下。

949_2017021521114616f.jpg




和館一階・座敷。典型的な書院造りで、東側には広縁が通されています。

930.jpg




あまり華やかな意匠の見られない和館ですが、一階座敷の仕切り欄間には桐の透かしが施されています。

926.jpg




洋館二階の会議室。欄間付きの上げ下げ窓が多く開けられ、明るく開放的な空間になっています。

934.jpg




和館二階の廊下。畳敷きとなっています。

935.jpg




和館二階・座敷。一階と同じく、東側に広縁を通します。

936.jpg




和館二階の縦額障子と広縁。

939.jpg




旧学習院長官舎は、明治村の一丁目に移築展示されていますが、見学時間が限定されているせいか、すぐ近くの旧西郷従道邸洋館と比べると見学者が非常に少なく、お陰で訪れた際はガイドさんの説明をゆっくりと聞くことができました。なお建物ガイドの実施時間は①11:40、②13:50、③14:25の1日3回のみですので、見学の際はご注意下さい。

836.jpg



なお、一か月に渡りお送りして参りました明治村関連の記事は、今回で終わりです。お付き合い頂き、ありがとうございました。

 
 
 
 

旧西郷従道邸洋館 ~愛知県犬山市~

旧西郷従道邸洋館は明治10年代(1877~1886)、当時の軍人・政治家で西郷隆盛の弟でもある西郷従道(じゅうどう)の東京自邸内に、接客の場として建てられました。昭和16年(1941)に西郷邸が渋谷に移ると、その後は国鉄スワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)の宿舎などに使用され、昭和39年(1964)に博物館明治村へ移築されました。

835_2017021321075401a.jpg




設計は当時来日していたフランス人建築家・レスカスと考えられています。木造二階建てで、各階とも南面にアーチ型のベランダを設けています。

882.jpg




屋根は銅板葺き、建物の四隅には通し柱を配置し、浮き上がり防止のため壁の中にレンガを埋め込むなど、耐震性を備えた設計になっています。

878.jpg




ベランダの手摺や軒下飾りには、細やかな意匠が見られます。

883_20170213205019f06.jpg




一階ベランダ。天井は菱組天井になっています。

852_20170213205016d60.jpg




玄関。規模は小さいですが、半円状の階段や軒下飾りの意匠など、洒落た趣きです。

855.jpg




一階・書斎。各部屋は天井、内壁とも白漆喰塗りとなっています。

872.jpg




一階・婦人室。暖炉の縁と天板は黒漆で仕上げられています。

856.jpg




一階・食堂。

861.jpg




食堂に隣接する、客用食堂。各部屋の調度は移築後に他の施設から移されたもので、建物とは直接関係のないものです。

865.jpg




一階・寝室。

870.jpg




緩やかな曲線を描く階段。この階段をはじめ、旧西郷従道邸ではフランスから輸入した建具を多く使用しています。

868.jpg




二階・ホール。

894.jpg




二階・応接室。暖炉飾りは瀬戸焼によるもので、日本三景が描かれています。

886_20170213205542a4f.jpg




二階・居間。

893_20170213205545d18.jpg



旧西郷従道邸はフランス人建築家の設計だけあって、明治期のものにしては非常に洗練された、本格的な洋風建築です。15分ごとに建物ガイドが行われますが、これに参加しないと二階内部は見学できないのでご注意を(一階は見学自由)。なお、東京・目黒の西郷邸のあった地は西郷山と呼ばれ、現在は公園化され当時の庭園が残されています。


849_20170213210755ad5.jpg


 
 
 
 

旧高田小熊写真館 ~愛知県犬山市~

旧高田小熊(おぐま)写真館は、小熊写真館初代店主・小熊和助氏によって明治41年(1908)、新潟県高田市(現・上越市)に建てられた写真館です。小熊和助氏自身のデザインにより創健され、その後数度の増改築を経たのち、昭和57年に博物館明治村へ移築されました。

582_20170211122503329.jpg




木造二階建ての洋風建築で、明治村へ移築後の平成19年(2007)に、店舗として最も華やかだった昭和初期の姿に復元されています。絵本から飛び出したかのような、かわいらしい洋館です。

583_201702111225056d7.jpg




大正時代に増築された玄関ポーチ。こぢんまりとしていながらも、パラペット飾りや持ち送り、大谷石を用いたショウウィンドウ腰部など、凝った造りになっています。

580_2017021112250285d.jpg




一階・応接室。

548.jpg




応接室隣の4畳半和室。居室として使用されていたようです。

550_20170211122509b46.jpg




一階・修整場。撮影後のレタッチ(補正・編集)が行われた部屋です。

553_20170211122501325.jpg




一階・水洗場。「水洗」とは、画像の劣化を防ぐために、現像の際に不要な薬品を取り除く行程のことです。

555_2017021112320170d.jpg




二階スタジオへの階段。

577_20170211123156885.jpg




屈曲をもたせた手摺が美しい。

578.jpg




階段周りの手摺には、チューリップの透かし。

560_2017021112320255a.jpg




二階から階段室を見る。

569_201702111231522db.jpg




二階・スタジオ。天井を張らない小屋裏現しとなっています。

563.jpg




スタジオの屋根には採光用の窓が設けられています。人工の照明がなかった頃、この窓に白と黒の布を張って明るさを調節していました。

575_201702111231556d7.jpg




支度部屋。撮影前の化粧直しなどのため、大小の鏡が用意されています。

573_20170211123153654.jpg




旧高田小熊写真館の初代店主・小熊和助氏は柏崎出身の写真師で、東京の江木写真館で修行したのち、新潟に戻り小熊写真館を開きました。小熊写真館は現在も現役の写真館として、上越市で営業しています。

581_2017021112315913b.jpg



 
 
 
 

聖ザビエル天主堂 ~愛知県犬山市~

聖ザビエル天主堂は、日本でのキリスト教布教に努めた宣教師フランシスコ・ザビエルを記念して、明治23年(1890)京都市に建てられたカトリックの教会堂です。昭和48年(1973)に愛知県犬山市の博物館明治村に移築されました。

709_201702082037291e0.jpg




フランス人のビリオン神父の監督下、同じくフランス人のパピノ神父が設計を担当。中世ヨーロッパで流行したゴシック様式を基本とします。

654.jpg




外壁はレンガ造ですが、内部の柱や小屋組などは木造となっています。

715.jpg




尖塔アーチ型の玄関。

706_2017020820372869e.jpg




内部は、身廊とその両脇に側廊を備えた「三廊式」の様式をとっています。天井板以外の木造部分には欅が使用されています。

661_20170208203733abb.jpg




内陣と祭壇。中央にフランシスコ・ザビエル、その左右に祭壇を囲むように、聖ヨハネや聖ペトロなど7人の聖像が置かれています。

664_201702082037354f8.jpg




内陣手前には講壇が置かれています。

700_20170208203727655.jpg




内陣のステンドグラス。

673.jpg




側廊のステンドグラス。聖ザビエル天主堂では、ゴシック聖堂の特徴であるステンドグラスが多用されています。

678_20170208203902464.jpg





680_201702082039030dd.jpg





686_201702082038559ad.jpg




身廊から、クリアストリーのステンドグラスと側廊のステンドグラスを見る。

684.jpg




703.jpg




建物内部では極彩色のステンドグラスが反射して、まるで1960年代のライト・ショーを観ているような、サイケデリックな印象すら受けます。

696_20170208203856d37.jpg




移築にあたって取り外された、創建時の薔薇窓。直径3.6mもある巨大なものです。

698_20170208203857ef6.jpg



明治村には明治期に建てられた教会堂建築が3棟ありますが、その中でも聖ザビエル天主堂は最も規模が大きく荘厳で、見応えのある教会堂建築です。教会堂内では時期によってイベントが開催されるほか、結婚式を挙げることもできるようです。

657_20170208204110922.jpg



 
 
 
 

旧宇治山田郵便局舎(博物館明治村簡易郵便局) ~愛知県犬山市~

旧宇治山田郵便局舎は、かつて三重県に存在した宇治山田市(現・伊勢市)の郵便局舎として、明治12年(1909)に伊勢神宮外宮の大鳥居前に建てられた洋風建築です。昭和44年(1969)に博物館明治村へ移築され、同46年から簡易郵便局として営業しています。

728.jpg




逓信技師・白石圓治による設計で、木造平屋建て、屋根はもともと天然スレート葺きでしたが、移築時に銅板葺きに変更されています。外観は板張り部分と漆喰塗部分からなるハーフティンバー様式となっています。

731.jpg




円形の中央棟から、V字形に左右翼屋が続く、珍しい平面構造をしています。中央棟と翼屋の接続部には、ドーム屋根の角塔が付属します。

777_20170207212524c11.jpg





漆喰塗部分の細やかなレリーフも見事。

770_201702051958500b8.jpg





719.jpg




玄関を入ると、「公衆溜」と呼ばれた円形のホールがあります。天井には花形のシャンデリアを吊るし、採光のための高窓を配しています。

723_20170205200140985.jpg





780.jpg




館内は「郵政資料館」として公開され、歴代のポストや私書箱などが展示されています。

736.jpg




左翼屋の大部分を占める、郵便現業室。

733.jpg




左翼屋先端に位置する、集配人区分室。集配担当者が、配達する順に郵便物を整理していたところです。

752_201702052001351b9.jpg




右翼屋を貫く廊下。左右には局員の控室が並びます。

740_201702052001321b2.jpg



電話交換手の控室。明治期の郵便局には郵便の他に電話や電信に関する機能が併設され、旧宇治山田郵便局においても電話交換手や電信技手らの控室が設けられていました。

742.jpg




電話交換室。電話交換手が手動で交換台を操作していたところです。

747.jpg




切手倉庫。伝統的な蔵の構造ですが、壁面にはレンガを使用し、窓には盗難防止のため鉄格子がはめ込むなど、防火・盗難防止を考慮した造りになっています。

761_20170205200137fe1.jpg




切手倉庫出入口(左)と修繕室出入口(右)。切手倉庫出入口の扉は防火・盗難防止のため鉄板張りで、シャッターも備えています。

759.jpg




旧宇治山田郵便局舎は、現存する明治期の木造郵便局舎としては国内唯一のもので、平成11年(1998)には国の重要文化財に指定されています。現在は内部の随所に詳細な解説板が設置され、郵便局として現役だった頃をイメージしやすくなっています。

771.jpg


 
 
 
 

旧神戸山手西洋人住居 ~愛知県犬山市~

旧神戸山手西洋人住居は、かつて神戸市生田区(現・神戸市中央区)に建っていた洋館です。昭和44年(1969)に愛知県犬山市の博物館明治村に移築され、時間帯限定で一般公開されています。

989.jpg



木造二階建て・桟瓦葺きの主屋と付属屋が並列する構造で、両棟は二階部分に設置された渡り廊下のみで接続しています。いずれも明治20年代(1887~1896)に建てられたものと推定されていますが、歴史については不明な点が多く、設計者や施主についても分かっていません。

537_201702012102292e0.jpg




主屋は、各階の南東面(正面側)と南西面にベランダを設け、各窓(出入口)は鎧戸を備えています。

990.jpg




ベランダへは多くの出入口を設け、決して広くない室内をベランダと一体とし、開放的なものにしています。

993.jpg




シンプルな造りの玄関。

991_20170201210226277.jpg




主屋内部は、狭長な玄関ホール兼階段室を挟んで、左右に一室ずつ配置されています。

958.jpg




一階・食堂。各部屋とも内壁と天井は白漆喰塗籠で、天井の中心飾りは部屋ごとに意匠が異なっています。

956.jpg




食堂天井の中心飾り。

955.jpg




一階・応接室。こちらは暖炉が設置されています。

962_20170201210528206.jpg




主屋二階も、階段室を挟んで左右に一室ずつ配置されます。

979_201702012105231b6.jpg




二階・寝室。各部屋の調度類は、建物とは直接関係のないものです。

969.jpg




二階・居間。応接室の真上にあたり、暖炉が設置されています。

966.jpg




居間天井の中心飾り。

965.jpg




主屋北西側に隣接する、付属屋二階部分。主屋とは打って変わり、床の間と、南西面に広縁を設けた純和風の空間です。

975_20170201210811e5c.jpg







976_201702012108120f7.jpg




主屋と付属屋を繋ぐ渡り廊下。

973.jpg


冒頭で「時間帯限定で一般公開」と書きましたが、明治村の他の建物と違い、旧神戸山手西洋人住居では1日1回のみ(14:35~)建物ガイドを行っていて、ガイドに参加しないと内部は見学できないので注意が必要です。


 
 
 
 

旧西園寺公望別邸・坐漁荘 ~愛知県犬山市~

坐漁荘(ざぎょそう)は、公爵・西園寺公望の別邸として、大正9年(1920)に静岡県庵原郡興津町(現・静岡市清水区)に建てられた和風建築です。昭和46年(1971)に博物館明治村へ移築され、一般公開されています。

451_2017013021034162e.jpg




木造二階建ての純和風建築で、外壁は檜皮張になっています。棟札によれば、設計は住友の技師・則松幸十とされます。

452_20170201202431731.jpg




玄関から取次ぎへと上がります。木の皮を擦り込んだ襖が特徴的。

447_201701302103496ab.jpg




一階・座敷。移築前、窓の外には興津の海を望むことができました。

497_20170130210343922.jpg




座敷・次の間の仕切り欄間には、光琳桐の透かしが見られます。

516_20170130210531cef.jpg




こちらは竹を使用した、遊び心の感じられる欄間。西園寺は竹を好んだそうで、坐漁荘内部では至る所に竹が使用されています。

519_20170201202430f79.jpg




一階北東隅にあたる応接室。坐漁荘における唯一の洋間で、昭和に入り増築されています。

499_20170130210345fd8.jpg




応接室に付随するサンルーム。当時は紫外線が健康に良いと考えられていたことから、坐漁荘では紫外線を通す「ヴァイタガラス」が使用されています。

501_20170130210346e21.jpg




数寄屋風の、一階・化粧室。湯殿の脱衣場を兼ねています。

525_201701302105332b5.jpg




一階・湯殿。竹を使用した数寄屋風の天井が見事です。

506_20170130210534e62.jpg




一階・女中室。坐漁荘では女中室が3間あり、各部屋に通じた呼び鈴が備えられていました。

515_20170130210537594.jpg




二階・座敷。

509.jpg




座敷・次の間の仕切り欄間。写真では分かりづらいですが、2枚の桐板の間に、竹の節を梯子状に挟んでいます。

527_20170131214202a56.jpg




座敷の障子は、継目と縦桟とを半分ずつずらして貼る、「石垣張り」になっています。技術を要する高度な手法ですが、坐漁荘では石垣張りの障子が数ヶ所に見られます。

528_20170130210700ad5.jpg




座敷の外側には広縁が通されています。窓の外にはかつて興津の海が広がっていました。

511.jpg




主屋とともに明治村へ移築された門と塀。かつて東海道に面していた部分で、門の手前を桝形とし、左手に番所のような警備詰所を置くなど、まるで城郭の虎口のような入口になっています。

440_20170130210348f0f.jpg


坐漁荘は明治村の和風建築の中でもとりわけ規模が大きく、また細部の意匠も凝っていて、一見に値する建築です。ただし旧東松家住宅と同じく、15分置きに実施されるガイドツアーに参加しなければ内部を見学することができませんので、ご注意下さい(建物ガイドの時刻はこちら)。なお、もともとの所在地だった静岡市興津地区にも、平成16年(2004)にオリジナルとまったく同じ造りの坐漁荘が復元され、こちらは「興津坐漁荘」の名称で一般公開されているようです。



 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop