茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

仁和寺庭園 ~京都府京都市~

京都市右京区にある仁和寺は、真言宗御室派の総本山で、宇多上皇ゆかりの門跡寺院です。宸殿の北側には、江戸中期作庭とされる池泉式の庭園が残ります。

334_20170325103941475.jpg




庭園は、平安時代に起源を持つ池泉を中心に、北側の山畔や護岸に石組を施しています。中央の石橋はもともとは土橋で、かつて池泉は東西二つに分かれていたようです。

325_2017032510394190a.jpg




庭園の右手奥には茶室・飛濤亭(江戸末期築)とその奥に五重塔(江戸初期築)が望まれ、借景として風景の一部に取り込まれています。飛濤亭の周囲は露地となっています。

331_20170325104052ffb.jpg




東部池泉の石組と岩島。元禄期に改修された際のものと考えられています。

328_2017032510405175c.jpg




西部池泉。奥には明治44年(1911)に建てられた霊明殿が見えています。

333_20170325104055b9a.jpg




池泉北西部にある滝と出島。大石を使用した滝石組は、平安~鎌倉期の手法とされます。

324_20170325103939b5c.jpg




北西部山畔の石組。






庭園北西部、霊明殿から庭園を見る。

336_20170325104056fec.jpg




庭園北西部にある茶室・遼廓亭(江戸中期築)。飛濤亭と同様、周囲は露地になっています。

338_201703312119011c0.jpg




宸殿の南側には、南庭が広がります。

319_20170325104414268.jpg




南庭は白川砂を敷いた枯山水庭園で、北東部には巨石による石組が見られます。

318_201703251044134c9.jpg



庭園の明確な起源は分かっていませんが、古くは平安時代に池庭が造られ、元禄2年(1689)に本格的な改修が行われ、現在見られる状態になりました。その後、大正期には七代目・小川治兵衛(植治)により再度改修を受けています。豪壮な石組こそ見られないものの、優雅な地割は、さすが京都の門跡寺院といった趣でした。

317_2017032510441214f.jpg




スポンサーサイト
 
 
 
 

鹿苑寺庭園 ~京都府京都市~

鹿苑寺は、京都北山にある「金閣」で知られる臨済宗相国寺派の寺院です。金閣(舎利殿)前面には、衣笠山を借景とし、鏡湖池(きょうこち)と呼ばれる池泉を中心とした池泉舟遊兼回遊式庭園が広がっています。

275_20170320115745dea.jpg



庭園は、鏡湖池に浮かぶ「葦原島」「淡路島」「出亀島」「入亀島」の四島を、それぞれ蓬莱思想に登場する仙島に見立て、平安時代に主流だった浄土式庭園の特徴を残しながらも、蓬莱思想の世界を表現しています。

287_20170320115946ab4.jpg




池泉中央には「葦原島」と呼ばれる東西に長い中島があります。本庭における蓬莱島で、島の南岸東部(写真中央)には、三尊形式の蓬莱石組があります。

280_20170320115747079.jpg




葦原島の東南には、亀島が浮かびます。

282_2017032011574469f.jpg




亀島の西方にあるもう一つの亀島。先ほどの亀島と向かい合う形で配置されています。

278_20170320115746bbc.jpg




庭園の原型は、鹿苑寺が建立される以前、鎌倉時代の西園寺公経・実氏父子の山荘時代に既に造営されています。その後、応永四年(1397)に足利義満が西園寺家から土地を譲り受け、荒廃していた庭園を修復しています。

296_20170320115948f91.jpg




正面となる、金閣側から見た庭園。左手が葦原島、右手の二島は先ほどとは別の鶴亀島、手前に浮かぶ岩島は夜泊石で、蓬莱島へ渡るための舟が海上に停泊している様子を表現しています。

305_20170320115946732.jpg




葦原島北岸の石組。左手の最も大きい石が蓬莱石で、三尊石組となっています。右奥には、西岸から「客人島」と呼ばれる出島が伸びています。

300_20170320115951ec6.jpg




金閣側から、葦原島北方の鶴島(左)と亀島(中央)を望む。亀島の奥には畠山氏が献上した「畠山石」が見えています。

303_20170320115944e56.jpg




金閣漱清脇の出亀島(左)と入亀島(右奥)。それぞれ神仙蓬莱思想に登場する、方丈島と壺梁島を表現しています。

309_20170320120145b83.jpg




この他、池泉西部には客人島や瀛洲島を表現した「淡路島」がありますが、現在の回遊路からでははっきりと観察することができません。

311_20170320120336c55.jpg




金閣北方にある滝石組。中央下部に「登竜門」の由来である鯉魚石を置き、龍門瀑の形式をとっています。かつて池泉はこの滝の辺りまであり、金閣は池中に位置していたようですが、現在では池泉の金閣以北は埋め立てられています。

315_20170320120143688.jpg



今回、中学校の修学旅行以来の鹿苑寺再訪となりましたが、庭園がこれほどまでに素晴らしいとは知らず、初めて金閣を見た時よりもその感動は大きなものでした。数ある日本庭園の中でも指折りの傑作であることは間違いありませんが、訪れるほとんどの観光客にとって目当ては専ら金閣のようで、残念ながら庭にレンズを向けている人は見当たりませんでした。

306_2017032012014441a.jpg


 
 
 
 

天龍寺庭園 ~京都府京都市~

京都市嵐山にある天龍寺は、康永4年(1345)、後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石を開山として足利尊氏が開創した、京都五山第一位の寺院です。方丈西側には、我が国屈指の名庭と賞される庭園が残されています。

233_20170319222553937.jpg




庭園は、曹源池(そうげんち)と呼ばれる広大な池を中心に展開する、池泉舟遊兼回遊式庭園です。背後の嵐山を借景として取り入れています。

220.jpg




池の東岸(方丈側)は二箇所に出島を設け、緩やかで優雅な汀線を描きます。

255_20170317223210ca4.jpg




亀を模った池泉の形状や、築山や野筋の様式は、『作庭記』に基づいた平安期の様式を伝えているとされます。

242_201703172225394ba.jpg




東岸出島の石組意匠や先端の岩島は、兵頭大社庭園などと共通する、鎌倉後期の様式とされます。

250_2017031722281564c.jpg




方丈の対岸、池泉西岸の築山には、豪壮な滝石組が見られます。現在は枯滝となっていますが、戦前までは水が落ちていたようです。滝の下部には三枚の石橋と、池中には鋭い岩島による鶴島が浮かびます(写真右下)。

229_201703192141129be.jpg



対岸からしか見ることができないため肉眼では詳細が把握できませんが、滝石組は二段式で龍門瀑の形式をとっており、滝の上段には鯉魚石が置かれています。通常鯉魚石は滝の下部に置かれるものですが、天龍寺庭園の鯉魚石は滝を登り龍へと変化する瞬間を表現した、他に例を見ないものです。

246_201703172225413c1.jpg




池の北岸(書院側)より枯滝石組と西岸護岸石組を見る。

263_20170317223212cbb.jpg




池の北部には亀島である中島が設けられています。石組は後世に改変されているようで、西岸の護岸や滝石組と比べると陳腐な印象は否めません。

236_201703172232159d0.jpg



通説では天龍寺庭園を作庭したのは夢窓疎石とされていますが、重森三玲は著書『日本庭園史大系』において、池泉はもともと平安中期に兼明親王が山荘を構えた際に造られ、また現在見られる石組は鎌倉時代当地に後嵯峨上皇が御所を築いた際に造営されたと指摘し、夢窓疎石による作庭という説は誤りであるとしています。

238_201703192113029d4.jpg



また重森は龍門瀑の滝石組について、弘長元年(1261)当時当地に御所を構えていた後嵯峨上皇が、勅招により建長寺にいた渡来僧・蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を上洛させていることや、蘭渓作庭と伝わる複数の庭園に同様の龍門瀑が見られることから、蘭渓による築造の可能性が高いとしています。

264_20170317223214401.jpg


 
 
 
 

旧川﨑家住宅(紫織庵)~京都府京都市~

地下鉄烏丸御池駅から徒歩約5分、京都市中京区にある旧川﨑家住宅は、綿布商を営んでいた豪商・井上利助によって大正15年(1926)に建てられた大塀造りの住宅建築です。昭和40年から平成9年まで白生地商・川﨑家の住宅・迎賓館として使用され、現在は浴衣や襦袢の製造・販売を行う株式会社丸栄によって、「京のじゅばん&町家の美術館・紫織庵」として使用されています。

341_20170313204949950.jpg




主屋東側に付属する玄関棟。手前の洋間部分はF.L.ライトの建築を参考に武田五一が設計したもので、外壁には旧帝国ホテルと同様の大谷石とタイルが使用されています。

438_20170313204948e1d.jpg




洋間内部は天井を折上格天井とし、床は寄木張り、東面には電熱暖炉を備えています。木材部分は全てチーク材を使用しています。

349.jpg




玄関棟の先端にある茶室。もともと「紫織庵」とは、この茶室の名称でした。

357_20170313204952c48.jpg




茶室は、当時数寄屋の名工と呼ばれた上坂浅次郎が手掛けています。

360_20170313204954819.jpg



主屋一階・客間。広さ15畳、一階の主室で、奥には仏間が続きます。仏間との間の欄間は東山三十六峰を模ったもので、当時の京都画壇で注目を集めていた竹内栖鳳の手によるものです。客間を含め、旧川﨑家住宅では和室部分を上坂浅次郎が手掛けています。

374_20170313204945a32.jpg




主屋一階・畳敷の中廊下。

371_20170313204943da2.jpg




主屋一階の東西両側には広縁が通され、西側広縁の外には京町屋らしく露地風の中庭が造られています。

370_20170313204942bf3.jpg




主屋西側に続く便所浴室棟。浴室と着替化粧室の戸は、湿気を逃がすために網代張りとなっています。

412_20170313205150a5b.jpg




主屋二階・洋間。サロンとして使用された部屋で、一階洋間同様、武田五一が設計を担当しています。

405_20170313205149cc8.jpg




洋間の照明は、アール・ヌーヴォー風の意匠が見事。

396_20170313205144d59.jpg




洋間東面にはステンドグラスも見られます。

390_20170313205142068.jpg




393_201703162106238aa.jpg




現在は「長襦袢友禅資料室」となっている、主屋二階・座敷。次の間との仕切り欄間には、光琳桐が彫られています。

419_20170313205152950.jpg




一階洋間の屋上は祇園祭の際に鉾見台として使用されたそうで、二階東側の広縁と通路で往き来できるようになっています。

403_201703132051475e7.jpg




伝統的な町家建築が多く残る京都ですが、数寄屋の中に洋風をうまく取り込んだ旧川﨑家住宅は、近代の京町家の様式を今に伝える貴重な存在です。主屋をはじめ当初の建物が一連で残り、洗練された質の高い意匠を随所に見ることができます。なお、見学にあたっては事前に紫織庵のホームページからの予約が必要となります。

383_2017031620162709d.jpg


 
 
 
 

旧木島櫻谷家住宅(櫻谷文庫)~京都府京都市~

京都市北区衣笠の地にある旧木島櫻谷家住宅は、明治末期から昭和初期にかけて活動した日本画家・木島櫻谷(このしまおうこく)の旧宅です。同じく京都市内に残る白沙村荘などとともに近代日本画家の旧宅として貴重な遺構で、敷地内には大正2年(1913)に竣工した主屋(和館)、洋館、画室が現存します。

212_2017031319495916d.jpg




主屋は木造二階建ての和館、その西に木骨モルタル造二階建ての洋館が並んでいます。

170_20170313195325c09.jpg




主屋一階・客間。炉はありませんが、数寄屋風の瀟洒な造りになっています。

125_20170313195000bed.jpg




主屋一階・仏間。

129_201703131950022b6.jpg




東山三十六峰を模った、仏間の欄間。

154_20170314220713113.jpg




主屋一階・居室。一階はもともと「田の字」型の典型的な農家の間取りだったものを、後年に改築していることが分かっています。

208_20170313194958ea0.jpg




主屋二階・控室。奥に座敷が続きます。

142_20170313195136c37.jpg




主屋二階・座敷。10畳の座敷2室が南北に配置されています。

165_20170313195133183.jpg




二階・南側座敷の床の間。天井は、北半分と南半分で意匠に変化をつけています。

155_201703131951325fa.jpg




二階は西側以外の三面に広縁が設置され、眺望に優れています。かつては周囲に高い建物がなく、北山や東山三十六峰を望むことができたといいます。

139_20170313195134727.jpg




主屋西方に建つ洋館。二階建て部分の応接棟と、奥に収蔵棟が続いています。

168_20170313195323e12.jpg




洋館二階への階段。緩やかなカーブが美しい、木造の螺旋階段です。

177_20170313195654753.jpg




洋館二階・応接間。床の間を設けた和洋折衷の造りで、内壁は漆喰、腰壁は押縁の竹を使用した板張りとなっています。

185_20170313195319d12.jpg




応接間では床の間や内壁に軸釘が打ち込まれ、部屋全体が掛け軸の展示室として機能していました。

182_20170313200005b14.jpg




敷地北部に残る、木造平屋建ての画室。画室の前面にはかつて池が広がっていましたが、現在では埋め立てられテニスコートになっています。

190_20170314211555036.jpg



木島櫻谷は京都三条室町の商家出身で、京都画壇の大家・今尾景年に師事し、円山四条派の流れをくみながらも西洋の写実的技法を取り入れた独特の作風で、京都画壇において人気を集めました。櫻谷の死後、財団法人櫻谷文庫が設立され、現在に至るまで旧木島櫻谷家住宅を管理しています。なお建物及び敷地内部は通常非公開で、現在は桃の節句に合わせて毎年3月の金土日祝日に特別公開されているようです。

191_20170313195322fdf.jpg


 
 
 
 

五龍閣(旧松風嘉定邸) ~京都府京都市~

京都市東山、清水寺のすぐ近くにある五龍閣は、松風陶歯製造株式会社の創始者・松風嘉定(しょうふうかじょう)の邸宅として、大正10年(1921)に建てられた和洋折衷の建築です。現在は株式会社順正の所有となり、カフェとして営業しています。

120_20170313180845546.jpg




南側全景。一階はサンルームを設けてその上部をベランダとし、二階屋根には城郭建築のように入母屋破風と切妻破風を重ねて鴟尾を載せ、四階望楼の頂部には風見鶏を立てています。設計は、当時の関西建築界の重鎮・武田五一によります。

003_20170312215305471.jpg




屋根は桟瓦葺き、外壁は花崗岩とモルタル洗い出しによるもので、隅柱にはメダイヨンや雷紋の装飾が見られます。

114_20170312215312c45.jpg




北側にある、旧玄関の扉。アール・デコ調の装飾が施されています。

118_2017031221531533b.jpg




一階・控室。もとの部屋の用途は分かりませんが、天井から吊るされたシャンデリアは、建物内でも取り分け美しいものです。

053_20170312215311b7e.jpg




一階・広間。現在はカフェの客席が置かれていますが、往時はパーティーなどに使用するサロンだったようです。奥のアーチ窓の先はサンルームとなっています。

013_201703122153069f1.jpg




広間の照明と中心飾り。

042_201703122153101d7.jpg




広間北側。置かれている十二角形のテーブルは、建物とは直接関係ないものです。

044_20170312215546d46.jpg




広間北西隅の壁には、ベンチが造り付けられています。

046_2017031221554712c.jpg




一階・サンルーム。南面と西面に大きく窓をとり、天井にはアール・ヌーヴォー風の照明が設置されています。

023_201703122153082f6.jpg




鳥が描かれた、サンルームのステンドグラス。

098_2017031221555869b.jpg




建物の中心部に当たる、階段室。二階までを吹き抜けとし、手摺にはセセッション風のデザインが施されています。

088_20170312215556c78.jpg




二階・居室。立派なシャンデリアとともに、星型の斬新な中心飾りが目を惹きます。

079_20170312215553cc0.jpg




二階・居室のステンドグラス。

084_201703122155558bb.jpg




二階・広間。暖炉を備えた洋室ですが、天井は格縁を複雑に巡らせた折上格天井で、和洋折衷の空間になっています。

057_201703122155492aa.jpg



五龍閣の設計者・武田五一は京都帝国大学(現・京都大学)建築学科の創設者で、国会議事堂をはじめ多くの公共建築を手掛けています。一方で武田の設計による個人宅の現存例は少なく、五龍閣は同じく武田が手掛けた旧芝川又右衛門邸などとともに、貴重な存在です。

068_20170312215550f80.jpg



 
 
 
 

旧山崎家別邸 ~埼玉県川越市~

旧山崎家別邸は、古い町並みで有名な川越市に残る、大正期の住宅建築です。川越の老舗菓子屋「亀屋」の五代目である山崎嘉七の隠居所として大正14年(1925)に建てられ、陸軍の演習で川越を訪れた皇族や、大韓帝国最後の皇太子・李垠を迎えるなど、私的迎賓館としても使用されました。

001_20170308195712c4a.jpg




設計は日本初の住宅作家の一人とされる保岡勝也で、二階建ての洋館と平屋建ての和館が一体となった和洋館並列の形式をとります。

014_20170305182323939.jpg




洋館西面に設置された玄関ドア。ガラス部分には、アール・ヌーヴォー風の装飾が見られます。

004_20170305182322c1f.jpg




内玄関は北面に付けられています。北面は、洋館だけでなく和館や土蔵の外壁にもモルタルが塗られています。

102_20170305182329e01.jpg




洋館・階段室。二階は寝室や書斎となりますが、非公開です。

024_20170307203418a01.jpg




高さ2m近くある、階段室のステンドグラス。鳥と花を描いたもので、日本のステンドグラス制作における先駆者・小川三知の作品です。

084_20170305182327c3e.jpg




階段室下部の壁面にもステンドグラスがありますが、こちらは作者不明のようです。

085_2017030721043754a.jpg




洋館一階・客室。南面(左手)の扉の外には、庭園に出るためのベランダとテレースが付属しています。

029_20170305182804967.jpg




客室のステンドグラス。こちらは別府ステンド硝子製作所の作品です。

089_20170305182811a30.jpg




洋館一階・食堂。こちらも準備室との間の窓に、別府ステンド硝子製作所によるステンドグラスがはめ込まれています。

035_20170305182805d03.jpg




和館一階・客間。床の間は琵琶棚を備え、広縁側(南側)には付書院を伴います。

038_2017030518280648c.jpg




客間は全体的に数寄屋風の趣で、壁は京壁、襖の腰部には市松模様が施されています。

052_20170305182808736.jpg




客間南側の広縁。天井は内側と外側で意匠を変えています。

057_2017030518280953f.jpg




客間の東側にある、居間。北側に床の間と神棚を備え、南側は掛込天井としています。

055_20170305183222c07.jpg




居間の東側に隣接するベランダ。サンルーム的な空間で、北側には孫のために設けられた児童室が隣接しています。

059_20170305183220556.jpg



旧山崎家別邸の設計者・保岡勝也は、東京帝国大学の出身で、三菱合資会社(現・三菱地所)に入社し、東京丸の内の事務所群を設計しました。大正2年(1913)の独立後、旧八十五銀行本店(現・埼玉りそな銀行川越支店)をはじめとする川越の近代建築を手掛けたほか、東京都文京区の旧麻田駒之助邸(現・平野家住宅)などの住宅建築を設計しています。なお、旧山崎家別邸の主屋南面に残る庭園及び茶室も、保岡勝也が手掛けています。

097_20170308202602337.jpg


 
 
 
 

旧朝香宮邸(東京都庭園美術館本館)② ~東京都港区~

旧朝香宮邸・後編です。今回は二階部分を中心にご紹介します。


二階・書斎。アンリ・ラパンによる設計で、部屋の四隅に飾り棚を置くことで円形の空間としています。家具もアンリ・ラパンによる設計。

061_201703041246282fc.jpg




アーチ型の天井が印象的な、二階・殿下居間。アンリ・ラパンによる設計で、カーテンや壁紙にはアール・デコ調のデザインが見られます。

059_20170304124634375.jpg




殿下居間のレジスターカバーも、噴水をイメージしたアール・デコ調のデザイン。

114_201703051246279f8.jpg




二階南面に設置されたベランダ。宮内省内匠寮による設計で、大きな窓と大理石によるスタイリッシュな床が印象的。

063_20170304124629919.jpg




二階・殿下寝室。南側はベランダと繋がり、西には第一浴室、妃殿下寝室と続きます。

062_20170305123227462.jpg




二階・第一浴室。天井の中心飾りやモザイクタイルが敷き詰められた床など、洗練されたデザインが見られます。

066_20170304124631ab3.jpg




妃殿下寝室のラジエーターカバーは、妃殿下自身によるデザイン。

068_2017030412463323c.jpg





二階・妃殿下居間。こちらのレジスターカバーも、妃殿下自身によるデザインです。

072_20170304125115a28.jpg




二階・北側ベランダ。夏期の家族の団欒の空間だったようで、タイル貼りの腰壁と床、広間との仕切りの窓のフレームなど、モダンで優れたデザインが見られます。

079_201703041251185c6.jpg




北側ベランダは、腰壁にスクラッチタイル、床には布目タイルを使用した、手の込んだ造りです。

082_20170304125119a7a.jpg




二階廊下のレジスターカバー。青海波とかもめをイメージした、旧朝香宮邸においては珍しい和風のデザインです。

076_2017030412511619e.jpg




二階・姫宮居間。モミジ材の寄木による床や天井の中心飾りも見事。

085_20170304125122789.jpg




建物西側にある、第二階段。星型の照明が特徴的です。

084_20170304125121fb4.jpg




一階から見る第二階段。小窓のアール・デコ風のデザインが秀逸です。

099_20170304125504a7a.jpg




第二階段の手摺にも、アール・デコ調の見事なデザイン。

093_20170304125501b3d.jpg




見所が多すぎて全てを紹介しきれませんが、旧朝香宮邸では照明やレジスターカバーのデザインも部屋ごとに異なっており、さながら建物全体が一つのアート作品と言えます。なお、毎年9月~12月に開催される建物をテーマとした展示期間中の平日以外は、建物内部の撮影はできませんのでご注意を!

129_20170304125500d41.jpg


 
 
 
 

旧朝香宮邸(東京都庭園美術館本館)① ~東京都港区~

JR目黒駅の北東、港区白金台の地に建つ東京都庭園美術館本館は、昭和8年(1933)に朝香宮鳩彦王の邸宅として建てられた近代建築です。昭和22年(1947)に朝香宮家が熱海へ移ってからは、吉田茂の公邸や国賓のための迎賓館として使用され、昭和56年(1983)に東京都の所有となり、同58年から一般公開されています(平成28年11月訪問)。

132_20170302202207a63.jpg



鉄筋コンクリート造二階建て(一部三階建て、地下一階)で、全体設計は宮内省内匠寮、内部設計はフランスの室内装飾家アンリ・ラパンによります。外観はシンプルなモダニズム建築ですが、建物内部にはアール・デコ調の様々な意匠が施され、「アール・デコの館」と呼ばれています(外観も、通気口など一部にアール・デコ調の装飾が見られます)。

135_2017022820505975f.jpg




一階・正面玄関。天然石による、床のモザイク模様の美しさに驚かされます。

003_20170228205100111.jpg




玄関扉はガラス製で、女神のレリーフはフランス人宝飾家ルネ・ラリックの作品です。

006_201702282051025ba.jpg




アンリ・ラパン設計による、一階・大広間。一階の内装の大部分を、アンリ・ラパンが手掛けています。

119_20170228205057d8c.jpg




一階・次室。中央に香水塔が設置され、床にはモザイク・タイルによるアール・デコ風のデザインが見られます。

018_2017022820505691a.jpg




一階・小客室。少人数用の客室で、壁面にはアンリ・ラパンによる油絵が張られています。

021_20170302202209768.jpg




一階・大客室。天井のアール・デコ風のデザイン、アンリ・ラパンによる壁画、ルネ・ラリックによる歯車状のシャンデリア、エッチング・ガラスをはめ込んだ扉など、部屋全体がまるで美術館のようです。

029_20170228205323729.jpg




大客室の扉。エッチング・ガラスに描かれた幾何学的な花のモチーフには、キュビスムからの影響が色濃く表れています。

028_20170228205323892.jpg




大客室の暖炉。レジスターカバーには扉と同様、幾何学的な花のモチーフが見られます。

031_20170228205325203.jpg




一階・大食堂。会食用の部屋で、天井からはルネ・ラリックによる照明を吊るし、南面は円形の張り出し窓を設け、開放的な空間としています。

040_20170228205326f77.jpg




一階・小食堂。基本的には洋風ですが、建物内で唯一床の間が設けられています。

101_201702282057056ca.jpg




大広間に付けられた、第一階段。

043_20170228205328363.jpg




第一階段の手摺。こちらにも、幾何学的な花の模様がデザインされています。

111_2017022820532102a.jpg




二階・広間から第一階段を見る。

049_20170228205329202.jpg




二階・広間。二階は主に家族の生活空間として使用されていました。

053_20170228205706402.jpg


②へ続きます。

 
 
 
 

蒲原の古い町並み ~静岡県静岡市~

静岡市東部に位置する蒲原は、古く中世には蒲原城の城下町、江戸時代には東海道の宿場町として栄えました。JR新蒲原駅の北方、東西に延びる旧東海道沿いには、現在も古い建物が残り、宿場町の面影を残しています。

IMG_6222.jpg




蒲原宿の西境だった西木戸址から、旧東海道を歩きます。元禄12年(1699)の津波により、それまで海沿いを通っていた東海道は山側に付け替えられたため、西木戸の辺りで道が北へ直角に曲がっています。

IMG_6317.jpg




旧街道沿いには、古い町屋や昔からの商店が点在します。

IMG_6312.jpg




旧志田邸付近。右手の町屋が醤油の醸造業を営んでいた志田家、左手には前回ご紹介した五十嵐歯科医院のライトグリーンの壁が見えています。

IMG_6320_20170301201908adb.jpg




安政2年(1855)に建てられた志田邸。現在は資料館として一般公開されています。

IMG_6309.jpg




明治42年(1909)築の磯部家住宅。二階建ての重厚な和風建築で、一階の窓ガラスにはもみじの模様が施されています。

IMG_6225.jpg




本町会館。側面にはレンガによる防火壁が見られます。

IMG_6223.jpg




蒲原宿本陣址。現在は佐藤家の所有となり、敷地内には大正期に建てられた木造二階建ての洋館が残されています。





かつて「和泉屋」という名の旅籠だった鈴木家。現在の建物は天保年間(1830~1844)に建てられたもので、手摺や引き戸の櫛形の意匠が特徴的。

IMG_6181.jpg




旧街道をさらに東へと進みます。

IMG_6189.jpg




海鼠壁が印象的な、「塗り家造り」の吉田家。かつては僊華堂という屋号の和菓子屋でした。

IMG_6192.jpg




同じく塗り家造りの佐藤家。こちらもかつては佐野屋という屋号の商家でした。

IMG_6194.jpg




出桁造りの立派な町屋も見られます。

IMG_6211.jpg





IMG_6199.jpg




渡辺家に残る3階建ての土蔵。渡辺家はかつて木材を扱う問屋で、「木屋」を屋号としていました。

IMG_6206.jpg




蒲原宿東端となる、東木戸址。道を屈曲させた「喰い違い」が見られます。

IMG_6205.jpg


蒲原は静岡県内の旧東海道宿場町としては、その面影を比較的よく残しています。旧街道沿いには至る所に解説板が設置され、古い町並みを残していこうする地元の姿勢が感じ取れます。なお、蒲原は中世まで蒲原城の城下町で、戦国時代には、今川、北条、武田、徳川と、次々と領主が変わり、現在でも旧街道の北方に聳える城山(蒲原城址)には戦国期の郭址や堀切などの遺構が残されています。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop