茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

青梅の古い町並み ~東京都青梅市~

東京都西部にある青梅市は、江戸時代には石灰や綿織物の産地として、また青梅街道の旅人や御嶽山への参拝者が集まる宿場町として栄えました。現在でも旧青梅街道沿いを中心に、古い町家や看板建築が点在しています。

066_20170430104001b5a.jpg




青梅駅から旧青梅街道を西に進むと見えてくる、旧ほていや玩具。二階部分の造りが個性的な看板建築で、現在はカフェとして使用されています。

064_20170430103704a0e.jpg




旧街道沿いの石川薬品と大正庵。いずれも古い看板建築です。

042_201704301037056fe.jpg




森下町の柳屋。現在は茶を中心に取り扱っていますがかつては米屋で、出桁造りの立派な主屋は明治初期に建てられたものです。

048_2017050121032845e.jpg




森下町にある旧稲葉家住宅。稲葉家は木材や青梅縞の仲買を営んでいた豪商で、江戸後期に建てられた主屋と、その北側には明治期に建てられた珍しい三階建ての土蔵が残ります。

054_2017043010370321e.jpg




旧街道を東へ戻ります。こちらは青梅駅前にある個人宅。戦前の洋風建築で、正面の外壁は花崗岩、側面はモルタル吹き付けになっています。

035_20170430103405f5f.jpg




旧街道を東へ進みます。こちらも戦前の看板建築・ヘアーサロンよしざわ。奥には同じく戦前の看板建築であるスミレ写真館の建物が残っています。

001_20170430102454e79.jpg




住江町の住吉神社。市内で最も大きな神社で、毎年5月の連休中には、「青梅大祭」と呼ばれる大規模な祭が開催されます。

002_20170430102445469.jpg




住江町の昭和レトロ博物館(右)と赤塚不二夫記念館(左)。青梅市では「昭和レトロ」を掲げた町おこしを行っていますが、どちらもその中心的な施設です。

006_2017050120530350d.jpg




旧街道から一本入った、住江町の旧花街にある和食料理店・寿々喜屋。花街の面影を感じさせる、3階建ての和風建築です。

018_20170430103404275.jpg




住江町にある旧岩波土建。大正~戦前くらいの洋館でしょうか。

011_20170430103409784.jpg



住江町にある旧津雲邸。昭和の国会議員・津雲國利の邸宅として昭和9年(1934)に建てられたもので、内部には数々の豪華な意匠が見られるようです(訪問時は館内展示替えのため休館中でした)。ちなみに、この隣には定食屋・もりたやの立派な建物があったはずなのですが、残念なことに既に取り壊されていました。。

005_2017043010244770e.jpg




JR青梅線の北側、青梅市本町に残る割烹・和田市。割烹としては閉業していますが、戦前の典型的な洋館付き和風建築の遺構です。

081_20170430103408d9c.jpg




旧街道をさらに東へ進み、西分町に入ります。西分町にも、旧街道沿いに古い建物が点在します。

073_20170430102452af0.jpg





068_201704301024490ab.jpg





069_20170430102450d5e.jpg


青梅は東京都内とは思えないくらい古い町並みが良く残されていますが、近年、もりたやをはじめ、古い建物が少しずつ失われているようで、今後が危惧される状況です。青梅市では古い映画看板を市内の至る所に飾り「昭和レトロ」を演出していますが、演出だけではなく、本物の古い建物が今後も長く保存されていくことを願います。

スポンサーサイト
 
 
 
 

古民家山十邸 ~神奈川県愛甲郡愛川町~

神奈川県愛川町にある古民家山十(やまじゅう)邸は、明治16年(1883)、当地の豪農・熊坂半兵衛の住居として、中津川の河岸段丘上に建てられました。幾度か所有者が変わったのち、昭和63年(1988)に愛川町の所有となり、現在は一般公開されています。

IMG_7059.jpg




主屋は典型的な農家の構造をしていますが、屋根は当時珍しかったであろう瓦葺きとなっています。施工は愛川町半原の宮大工・矢内家の右仲、左仲、左文治の三兄弟とされます。

IMG_7062.jpg




主屋南面を占める土間。

IMG_7065.jpg




出居。邸内最大の部屋で、太い格縁の格天井は、前回ご紹介したお隣・厚木市の旧岸家住宅広間と似ています。

IMG_7067_20170424201421117.jpg




主屋北西隅にあたる大広間。付書院と違棚のある正統な書院造りで、天井の竿縁には黒漆が塗られています。

IMG_7083.jpg




大広間の書院障子。細やかな組子の意匠が見事です。

IMG_7075.jpg




大広間の仕切り欄間。

IMG_7118.jpg




大広間の障子は額入り障子になっており、座りながら外の庭園を眺めることができます。

IMG_7129.jpg




茶の間。奥に納戸、二の間と続きます。

IMG_7108.jpg




北東隅にあたる二の間。こちらも大広間と同じく正統な書院造りになっています。

IMG_7128.jpg




二の間の付書院。欄間の松の透かし、障子の幾何学的な組子が見事です。

IMG_7110.jpg




主屋の北部には、枯山水の庭園が造られています。

IMG_7100.jpg




明治期の庭園らしくあまり面白みはありませんが、枯滝上部の遠山石はまずまず見応えのあるものでした。

IMG_7142.jpg




庭園から主屋を見る。

IMG_7136.jpg



熊坂半兵衛の邸宅として建てられた山十邸ですが、昭和19年(1944)には思想家・大川周明の所有となり、同32年までその住居として使用されています。伝統的な農家の構造をしていながらも、細部に凝らされた意匠は見事で、格式の高さが感じらる建築です。なお、「山十」とは熊坂家の屋号です。

IMG_7066.jpg



 
 
 
 

旧岸家住宅(厚木市古民家岸邸)② ~神奈川県厚木市~

旧岸家住宅、後編は主屋二階部分をご紹介します。二階は東西に並ぶ3つの座敷と、北側の洋間から構成されます。

073_20170419215019447.jpg




東側座敷。天井は神代杉の一枚板が使用されています。

053_20170418205212a5d.jpg




組子の意匠が繊細な、東側座敷の襖。

089_20170418205806fbd.jpg




中央の座敷。二階は一階に比べ天井が低いのですが、これは当時この地域で多く見られた、養蚕農家の住居構造から影響を受けたものとされます。

060_201704182052146bf.jpg




中央座敷の襖には、銀箔が貼られています。

091_20170418205808fe5.jpg




付書院を伴う、西側座敷。西側広縁の窓には、旧岸家住宅最大の見所である、色ガラスによる市松模様が見られます。

068_201704182052176a6.jpg




中央と西側の座敷の仕切り欄間。左右で意匠が異なる、凝った作りになっています。

066_20170418205216688.jpg




二階南面は、東西に広縁が通されています。

058_20170418205214d8d.jpg




広縁の窓。幾何学的な格子のデザインが見事です。

094_20170418205219e80.jpg




各部屋で意匠が異なる、襖の引手も見所。

087_20170418205806eb6.jpg





093_2017041820580942b.jpg




二階北側に位置する洋間。ここにも西側の窓に、赤い色ガラスがはめ込まれています。

IMG_7163.jpg




アール・ヌーヴォー風の装飾が見られる、洋間の照明。

111_20170418205624124.jpg




洋間の窓の格子も、凝ったデザイン。

110_2017041820562403b.jpg




階段手摺りにも、細やかな透かしが施されています。

052_2017041821052820f.jpg




明治24年に建てられた旧岸家住宅ですが、主屋は度々増改築を受けており、創建時とは少なからず姿を変えているようです。いずれにしても、各部屋で異なる建具等の意匠や色ガラスなど見所は多く、神奈川県内でも屈指の近代和風建築と言えます。

095_20170418205220e13.jpg


 
 
 
 

旧岸家住宅(厚木市古民家岸邸)① ~神奈川県厚木市~

厚木市郊外・上荻野にある旧岸家住宅は、当地の地主・岸家の住居として明治24年(1891)に建てられた和風建築です。幾度かの増改築を経て、現在は厚木市による管理の下、「厚木市古民家岸邸」として一般公開されています。見所が多いので2回に分けて、前編となる今回は主屋一階部分を中心にご紹介します。

135_201704161119221ff.jpg




主屋は木造二階建て、一階は六間取りに土間を設けた典型的な農家の造りですが、二階に座敷や洋間を設け、屋根を瓦葺きとするなど、当時最新の様式を取り入れています。

141_201704161119234c2.jpg




主屋南面に設けられた客用玄関。格天井や横壁の飾り窓など、格式の高さが際立つ空間です。

022_20170416111919671.jpg




客用玄関の飾り窓。

021_20170416111918bcf.jpg




一階・広間。天井は、松に黒漆を施した格天井になっています。

031_20170417205342c55.jpg




一階・中の間。主屋内部は、部屋ごとに欄間や襖のデザインが異なっています。

130_20170416112146c02.jpg




一階・控えの間。仕切り欄間には松竹梅の透かしが施されています。

042_20170416112143ee6.jpg




付書院を伴う、一階・奥座敷。

049_20170416112145b56.jpg




組子が見事な奥座敷の書院障子。板欄間には富士と松原の透かしが見られます。

119_20170416112311740.jpg




一階は、便所にまでも凝った作りが見られます。

131_201704161124040a3.jpg





132_2017041611240210c.jpg




その他の建具や照明も、デザインに富んでいます。

125_201704172053410e0.jpg






122_20170417205340325.jpg





010_20170416112505290.jpg





117_20170416112508333.jpg




二階への階段。欅に吹き漆を施しており、現在でも衰えぬ美しさに驚かされます。

043_2017041611214414d.jpg


②に続きます。次回は主屋二階をご紹介します。

 
 
 
 

五個荘の古い町並み ~滋賀県東近江市~

滋賀県東近江市の五個荘(ごかしょう)は、近江商人の一つ・五個荘商人発祥の地で、現在でも古い町並みが良く残されています。2015年5月に訪れました。

IMG_8308.jpg




水路沿いの白壁が美しい、金堂町の弘誓寺。金堂町は五個荘の町並みにおいて中心的な地区で、水路沿いに古い民家が並ぶ、情緒的な風景が見られます。

IMG_8372.jpg




金堂町の通称「あきんど通り」。左手には「近江商人屋敷」として公開されている、旧外村(とのむら)繁邸と旧外村宇兵衛邸が続きます。

IMG_8312.jpg




旧外村繁邸は、芥川賞作家・外村繁の生家で、明治期に外村宇兵衛家から分家したものです。現在は外村繁文学館として公開され、二階建ての主屋と、茶庭風の庭園が残されています。

IMG_8322.jpg




旧外村繁邸に隣接する、旧外村宇兵衛邸。金堂町に残る3つの近江商人屋敷の中で、最も規模が大きなものです。

IMG_8343.jpg




旧外村宇兵衛邸には、明治期のものと思われる池泉庭園や、露地風の庭が残されています。

IMG_8337.jpg





IMG_8347.jpg




旧外村宇兵衛邸を後にし、さらに金堂町を歩きます。

IMG_8355.jpg




金堂町北側の町並み。左手には、近江商人屋敷として公開されている旧中江準五郎邸があります。

IMG_8359.jpg




旧中江準五郎邸の主屋と庭園。大正~戦前にかけて中国・朝鮮半島で三中井(みなかい)百貨店を展開し「百貨店王」と呼ばれた、中江勝次郎の生家で、中江準五郎はその弟にあたります。

IMG_8363.jpg




金堂町の西南に位置する、川並町の町並み。現在も狭い路地沿いに古い家並みが残されています。

IMG_8389.jpg




金堂町の北東・宮荘町にある、旧藤井彦四朗邸。

IMG_8300.jpg




藤井彦四朗は、「スキー毛糸」の製造で知られる藤井糸店の創業者で、本邸は昭和9年(1934)に建てられたものです。

IMG_8261.jpg




旧藤井彦四朗邸の洋館内部。洋館はヨーロッパの古民家をイメージして設計されたもので、客殿として使用されていました。

IMG_8264.jpg




旧藤井彦四朗邸には池泉回遊式の庭園が残ります。造形的魅力に欠ける景観主体の自然主義庭園ですが、エメラルドグリーンの池泉は息を飲む美しさでした。

IMG_8285.jpg



五個荘はもともと稲作中心の農村でしたが、低湿地で水害が多く、農業だけでは生活が苦しかったため、江戸時代には副業として行商を行う者が現れ、これが五個荘商人の起源となりました。なお、訪問時は時間切れで回れませんでしたが、金堂町の南方・山本町にも、五個荘商人の町並みが残されています。

IMG_8352.jpg

 
 
 
 

円満院庭園 ~滋賀県大津市~

前回まで、2015年に訪れた坂本の里坊庭園をご紹介してきましたが、今回は同じ時期に訪れた円満院庭園をご紹介します。円満院は大津市園城寺にある天台宗の寺院で、元和5年(1619)築の辰殿の南側に、池泉鑑賞式の庭園があります。

IMG_8130.jpg




庭園は東西に細長く池泉を造り、その東部に鶴島、西部に亀島を配した蓬莱庭園となっています。

IMG_8139.jpg




池泉東部の鶴島。羽石を兼ねた橋添石と、切石橋の意匠が見事です。

IMG_8134.jpg




鶴島南部の山畔には見事な護岸石組がありますが、新緑のモミジに隠れてよく見えません。

IMG_8142.jpg




北西部から池泉を望む。右手には亀島、その奥の対岸には蓬莱石が見えています。

IMG_8133.jpg




西部から池泉を望む。左手の辰殿と庭を一体とした空間構成の意図が窺えます。

IMG_8126.jpg




庭園の本質とは無関係ですが、訪問時はモミジの新緑が見事でした。

IMG_8123.jpg





IMG_8124.jpg



円満院は平安時代、園城寺の塔頭として始まり、戦国時代の天文年間に現在地へ移されています。庭園の明確な作庭時期は不明で、室町時代の作庭家・相阿弥の作とする説があるようですが、細長い池泉の形状や石組の手法などから、江戸初期の作庭と見るのが妥当と思われます。なお、池泉西南部の山畔には枯滝石組も残されているようですが、現在では繁茂する植栽に隠れて確認できないのが残念です。

IMG_8138.jpg


 
 
 
 

滋賀院庭園 ~滋賀県大津市~

2015年の坂本里坊庭園訪問、最後は延暦寺の総里坊であり門跡寺院でもある、滋賀院の庭園をご紹介します。

IMG_8062.jpg




書院裏手、斜面との間の狭長な空間を利用して、庭園が築かれています。

IMG_8049.jpg




庭は座視観賞式の池泉庭園で、細長い池泉の形状から江戸初期の作庭と推定されています。池泉南部に亀島を配した蓬莱庭園で、中央山畔には滝が設けられています。

IMG_8055.jpg




亀島は蓬莱島を表しています。立石による岩島も見事。

IMG_8050.jpg




池泉中央には、長さ5メートルもある一枚岩の石橋が架かります。

IMG_8059.jpg




池泉北西部の滝石組には3つの巨石が使用され、三尊手法となっています。

IMG_8061.jpg




桃山期の庭に比べれば石組はやや穏やかで迫力に欠けますが、庭全体に門跡寺院としての気品・優雅さのようなものが漂っていました。

IMG_8063.jpg



滋賀院はもともと京都白川にあった法勝寺を起源とし、元和元年(1615)に現在地へ移転、滋賀院と名を変えました。江戸時代を通して天台座主となった皇族が代々居所としたことから、「滋賀院御殿」とも呼ばれていました。坂本の他の里坊と異なり、春秋の里坊特別公開期間以外の時期でも拝観はできるようです。

IMG_8065_20160608201953277.jpg

 
 
 
 

行泉院庭園 ~滋賀県大津市~

引き続き、2015年春に訪れた坂本里坊庭園のご紹介です。律院の次に訪れた行泉(ぎょうせん)院は、一面観音と大聖歓喜天を祭る小さな里坊です。境内には見事な枯山水庭園が残されています。

IMG_8096_20170402135327226.jpg




庭は内仏殿前面の狭長なスペースを利用して造られています。中央の枯池を中心に、東部に出島を配置、南西部は築山とし、枯滝石組を設けています。

IMG_8089_201704081308567c2.jpg





枯池には白砂が敷かれています。手前の平石は、座禅石でしょうか。

IMG_8091_20170402135330101.jpg




高さのある水落石を使用した、枯滝石組。特別公開に合わせてか、石組を隠さぬよう、周囲の植栽がきちんと整備されている点に、ご住職の庭への理解とご努力が感じ取れました。

IMG_8093_20170402135324194.jpg




西部から庭を見る。枯池東部には出島が設けられていますが、これに架かる石橋、立石による橋添石も見事。

IMG_8092_20170402135332893.jpg




出島の東部にも石橋が架けられています。

IMG_8095_20170402135326a1c.jpg



作庭時期や作庭者については調べることができませんでしたが、枯滝や護岸に見られる豪壮な石組から、桃山期の手法を残す江戸初期の庭、という印象を受けました。もっとも素人の勝手な憶測でしかないので、専門家による研究が待たれるところです。いずれにしても、行泉院庭園は、数ある坂本の里坊庭園の中でも一二を争う名庭であることは間違いないと思います。

IMG_8094_20170408130855ac5.jpg

 
 
 
 

律院庭園 ~滋賀県大津市~

2015年に訪れた坂本里坊庭園の続きです。前回ご紹介した旧白毫院庭園がある芙蓉園の北西に、同じく旧里坊の律院があります。毎年5月の連休と紅葉の時期に、普段は非公開の庭園が特別公開されます。

IMG_8074.jpg




書院へ上がると、前面に池泉回遊式の庭が広がります。植栽で見えづらいですが、四阿の建つ築山や池泉の護岸には力強い石組が施されています。

IMG_8080_2017040213371838c.jpg





池泉中央の亀島。蓬莱島を表し、右手の出島からは石橋を架けています。

IMG_8082.jpg




この庭の最大の特徴は、池泉から書院東側にかけて流れる曲水です。

IMG_8065.jpg




流れを中心としている点は自然主義的ですが、蓬莱庭園であり、随所に力強い石組が見られる点は、明治以降に主流となる自然主義庭園とは趣を異にしています。

IMG_8077.jpg




池泉の手前は苔庭となっています。飛石の配置も美しい。

IMG_8084.jpg





IMG_8086.jpg



律院の建つ地は、もともと比叡山横川の総里坊・松禅院の境内で、昭和24年(1949)に律院が建てられました。庭の作庭時期を示す資料はありませんが、様式からして、寛永末年頃のものと推定されています。江戸初期の庭で、流れを主体としたものは珍しく、その点で律院庭園は非常に貴重な存在と言えます。

IMG_8088.jpg


 
 
 
 

旧白毫院庭園 ~滋賀県大津市~

前回に続き、2015年に訪れた坂本の里坊庭園をご紹介します。旧竹林院のすぐ南にある旧白毫院(びゃくごういん)庭園は、江戸時代初期に造られた池泉回遊式の庭園です。現在は芙蓉園という食事処の敷地となり、毎年5月の連休と紅葉の時期に、特別公開されます。





庭園は寛永年間(1624~1645)の作庭と推定されています。全体的に荒廃していますが、細部の石組などには優れた意匠が見られます。





池泉東部・沢渡の石橋と出島。

IMG_8015.jpg




東岸から見た池泉。池泉西部には岩島や、立石による鋭い護岸石組が見られます。

IMG_8029_2016060621075638f.jpg




IMG_8025_2016060621074603a.jpg




南岸から見た出島と沢渡の石橋。出島には栗石が敷き詰められています。

IMG_8047_20160606210815c61.jpg




池泉南東部と、「白毫の滝」。

IMG_8039_20160606210757897.jpg




南東から見た池泉。中央に出島、その右奥には石組が施された築山が見えています。

IMG_8021.jpg




庭園東部にある築山。豪壮な枯滝石組を配し、その頂部を三尊石組としています。

IMG_8022_2016060621074521c.jpg




築山下部の石組。

IMG_8023.jpg



築山の内部には、日本庭園としては珍しい、石窟が掘られています。

IMG_8043_2016060621075925a.jpg




石窟は、飢饉で苦しむ庶民の救済事業により、寛永年間に造られたものとされます。内部は坂本の石工集団・穴太(あのう)衆による「穴太積み」の石垣で固められています。

IMG_8010_20160606210742ad0.jpg




非公開の里坊庭園が多い坂本にあって、旧白毫院庭園は芙蓉園の利用客であれば常時見学可能のようです。坂本の里坊庭園の中では旧竹林院と並んで規模の大きな庭ですが、決して大味な感じではなく、随所に優れた意匠が施された、気品に満ちた優雅な庭でした。

IMG_8046_20160606210754e11.jpg


 
 
 
 

旧竹林院庭園 ~滋賀県大津市~

比叡山の東麓、大津市の坂本は古くから門前町として栄え、現在でも延暦寺の里坊が数多く存在します。多くの里坊は通常非公開ですが、毎年5月の連休と紅葉の時期に限定的に特別公開されます。2015年春の特別公開時に里坊庭園を回りましたが、記事を作成途中のまま投稿できないでいたため、改めて投稿して参ります(写真は約二年前のものになりますが、ご容赦下さい。。)。まずは最初に訪れた旧竹林院庭園からご紹介します。

IMG_7991_2017040212401020f.jpg




旧竹林院庭園は、江戸時代まで比叡山延暦寺の里坊だった旧竹林院にある近代日本庭園です。日吉神社の神体である八王子山を借景とし、大宮川の水の流れを取り入れた回遊式庭園となっています。

IMG_8000_20170402124009f39.jpg




もともとは江戸時代に築造された書院庭園でしたが、明治に入り個人資産家の所有となり、現在見られる形に整備されました。

IMG_7998_20170402124014e8a.jpg



池泉はなく、当時の日本庭園の主流であった流れ(曲水)を中心とする自然主義庭園となっています。

IMG_7993_20170402124011907.jpg




庭の南部は自然地形を利用した築山となります。

IMG_7992_201704021830090f4.jpg  




築山に建つ四阿は大正時代に建てられたものです。びっしりと生えた周囲の苔は、露地のような落ち着いた趣を感じさせます。

IMG_7996_20170402124012e65.jpg



庭に面して、木造二階建ての主屋が建ちます。

IMG_8002_20170402123348e5b.jpg




主屋一階広間。外には新緑の庭園がパノラマ状に広がります。

IMG_7986_20160606202459879.jpg




主屋二階。木々の新緑が、部屋の中まで緑に染めていました。





主屋は明治30年(1897)竣工の近代和風建築で、大津市の景観重要建造物に指定されています。平成26年に耐震工事を受け、訪問時は床板や畳が真新しくなっていました。





主屋二階から庭園を見下ろす。

IMG_7965.jpg



竹林院は天正20年(1592)に建立された延暦寺の里坊で、坂本の里坊では最も規模が大きく、格式も高かったといいます。現在の庭は明治以降のものであり豪壮な石組などは見られませんが、曲水を主体とした優雅な佇まいからは、比叡山最大の里坊としての気品が感じられるような気がします。

IMG_8001_20170402124015395.jpg

 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop