茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧広瀬家住宅 (広瀬歴史記念館) ~愛媛県新居浜市~

旧広瀬家住宅は、明治10年(1877)、初代住友総理人・広瀬宰平の邸宅として旧金子村久保田(現・新居浜市久保田町)に建てられた、明治時代の和風建築です。明治18年に現在地に移築され、現在は広瀬歴史記念館として一般公開されています。

599_201705281128090e0.jpg




ともに重要文化財に指定されている、木造二階建ての母屋(右)と、明治22年増築の新座敷(左)。新座敷は、住友と関係が深く当時名工と言われた大工棟梁・八木甚兵衛の手によります。

717.jpg




母屋一階の中心にある居間。和室ですが暖炉や掘りごたつが設けられ、採光のため天窓が開けられるなど、快適さを備えた作りになっています。

610.jpg




母屋一階の奥に位置する料理場。明治30年代に八木甚兵衛により建てられたもので、見事な梁組と小屋組が見られます。

617_20170528112813f10.jpg




母屋一階・本座敷。新座敷に対して古座敷とも呼ばれていました。

604_20170528112810744.jpg




本座敷では、当時としては珍しく障子や欄間にガラスがはめ込まれています。

690_20170528112815757.jpg




階段室。明治31年(1898)に改造され、居間、本座敷双方から二階へ上がれるようになっています。

687_20170528113243554.jpg




「望煙楼」と名付けられた母屋二階。数寄屋風の座敷が設けられ、便所には洋式便器も設置されています。

671_201705281132416a6.jpg




二階は移築後に改造されており、北方に瀬戸内海を望むことができます。

674_20170528113242f8a.jpg




渡り廊下で母屋と接続された新座敷。別子開坑200年祭の迎賓館として増築されたもので、広瀬邸において最も格式の高い部屋になっています。

619_2017052811305179f.jpg




新座敷の床の間は付書院と琵琶床を備え、天井は格天井になっています。

650_20170528113048a7a.jpg




櫛形の意匠が施された、新座敷の仕切り欄間。

639_20170528113046fba.jpg




新座敷の雪隠。当時としては非常に珍しい、国産の陶器製の洋風便器が設置されています。

638_20170531202101d7a.jpg




新座敷の茶室。正統な数寄屋造りになっています。

655_20170528113049482.jpg




敷地東側に広がる庭園。大阪の庭師・植木屋清兵衛により造られた、明治期らしい自然主義庭園です。

709_20170528113357dc7.jpg



現在一般公開されているのは母屋と新座敷、庭園のみとなっていますが、このほかにも旧広瀬邸では離れや土蔵など往時の建物がほぼ完全に残っており、明治期の住宅建築としてはとても貴重な遺構と言えます。敷地内に建てられた展示館では、広瀬宰平と広瀬が支配人を務めた別子銅山、新居浜市の歴史に関する資料が展示されています。

702_20170528112816f08.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 

吉田家住宅 ~徳島県美馬市~

吉田家住宅は、うだつの町並みで知られる徳島県美馬市脇町にある、江戸時代の藍商(藍染の原料を販売する商人)・吉田家の邸宅として、寛政4年(1792)に創建されました。近代以前の建築ですが、内部には随所に遊び心ある意匠が見られます。

487_20170526223309877.jpg




主屋は創建以来、三度の大きな増改築を受けています。街道に面した北面は虫籠窓やうだつの見られる町家造りですが、江戸末期に増築された南面は一階・二階とも縁側を通した、開放的な造りになっています。

482_2017052622330886f.jpg




北面に設けらた御成玄関。吉田家は江戸時代に本陣として使用され、こちらの玄関は本陣の主客を迎える玄関だったものと思われます。

480_201705262233069bb.jpg




一階・奥の間。主人と家族の日常生活の場でした。

440_201705262233058ed.jpg




奥の間と隣の居間の仕切り欄間には、見事な松の彫刻。

373_2017052622331274f.jpg




一階南西隅に位置する主座敷。最も格式の高い部屋で、本陣の主客の間として使用されていました。

451_20170526223556130.jpg




主座敷の付け書院。欄間には鶴の透かしが見られます。

393_20170526223451364.jpg




主座敷に付随する次の間(奥)とつなぎの間(手前)。

466_2017052622355788f.jpg




二階への階段が設けられた、一階前室。一階ではところどころ、内壁にベンガラが塗られている箇所があります。

396_20170526223453f13.jpg




二階は板の間と座敷から構成されます。見事な梁と小屋組が見られる板の間は、倉庫として使用されていたと考えられています。

408_201705262237583f2.jpg




二階・西の間。床の間を備えた8畳の座敷で、付け書院の欄間には鶴の透かしが施されています。

437.jpg




西の間の仕切り欄間は、付け書院の鶴に対応するかたちで亀が彫られています。

431_20170526223800aed.jpg




遊び心溢れる、様々なデザインの釘隠しも見所。

460_20170526223456bd7.jpg





459_20170526223455a2f.jpg





461_20170526223458e50.jpg



吉田家は屋号を「佐直」と称する藍商で、吉田直兵衛により寛政4年(1792)に創業しました。往時は脇町で1、2を争う豪商だったと言われ、見事な建築にその名残をうかがうことができます。主屋以外にも藍蔵や質蔵など計5棟が現存し、美馬市の文化財指定を受けています。

430_201705262237595df.jpg


 
 
 
 

脇町の古い町並み ~徳島県美馬市~

徳島県美馬市の脇町は、江戸中期~昭和に建てられた町家が多く残る地区で、「うだつの町並み」として全国的に知られています。

548_201705232052501e1.jpg


もともとこの地には豪族・脇氏が居館を構え、室町末期には三好長慶が脇城を築城、それらの城下町として「脇村」が形成されていったと考えられます。江戸時代に入ると、撫養街道と讃岐への街道が交差する交通の要衝として徳島藩に注目され、阿波藍の集散地として発展しました。

566.jpg




旧街道沿いに、うだつの上がった古い町家が建ち並びます。

580_201705232052579cc.jpg




 ところどころ、虫籠窓が設けられた町家も見られます。


565_201705232055590a0.jpg



美馬市観光資料館。明治時代に税務署の庁舎として建てられた木造の和洋折衷建築です。

555_2017052320525323f.jpg



美馬市観光資料館の向かいにある、重厚な造りの近代和風建築。建物左隅が洋風のデザインになっています。

550_20170523205251fe0.jpg




平田家住宅。幕末~明治にかけて活躍した将棋名人・小野五平の生家です。

561_201705232055561bb.jpg



宝永4年(1707)に建てられた、国見家住宅。脇町で最も古い建築です。

563_20170523205557e8f.jpg



宝永8年(1711)築の、田村家住宅。国見家住宅に次いで、脇町で二番目に古い建築です。

567_201705232056557d8.jpg



町並みを東へ進むと、またしても重厚な造りの近代和風建築が。軒の反りが個性的です。

570_20170523205658c96.jpg



さらに東へと町並みは続きます。

571_201705232057009ca.jpg



道がクランクする辺りに、間口の広い立派な町家が二軒並んでいます。いずれも屋根の上には鴟尾が。

572_20170523205701e73.jpg





573_20170523205752ea7.jpg



大谷川を挟んで古い町並みの東方にある、オデオン座(脇町劇場)。昭和8年(1933)に建てられた擬洋風建築で、現在でも映画上映などに使用されています。

592_20170523205755896.jpg



かつては町並みのすぐ南を吉野川が流れており、現在でも道の駅の裏手には船着場の跡が残されています。

598_20170523205757bd2.jpg


現在は国の重要伝統的建造物群指定地区になっている脇町ですが、これだけ古い建築が隙間を空けずに残っている例は珍しく、以前訪れた愛媛県の内子とともに、四国を代表する町並みとなっています。

575_20170523205754675.jpg


次回は脇町にある豪商の邸宅・吉田家住宅をご紹介します。

 
 
 
 

臥龍山荘 ~愛媛県大洲市~

今月から8回にわたり四国の庭園をご紹介してきましたが、今回の記事で最後となります。最後は4日目に訪ねた愛媛県大洲市の臥龍山荘です。3年ほど前にも一度訪れ、当ブログでも以前紹介していますが、過去の記事を再度編集し、改めて取り上げます。

922.jpg




臥龍山荘は明治40年(1907)、豪商・河内寅次郎の別荘として造営されました。肱川沿いの断崖上に庭園(露地)と、臥龍院、知止庵、不老庵の三棟の数寄屋建築が残されています。

861_20170515202737a5e.jpg




山荘は城郭のような石垣の上にあります。

862_20170515202738c47.jpg




臥龍院と庭園。

870_201705152027402bb.jpg




臥龍院は山荘の主屋で、建物内部には優れた意匠が見られますが、撮影禁止のため建物内のご紹介はできません。。





庭園のほぼ中央にある、知止庵。当初は浴室として建てられたようですが、昭和24年(1949)に茶室へと改造されています。

915.jpg




苔で埋め尽くされた庭園には、様々な意匠の飛石が見られます。

424_20170515203202d06.jpg





425_20170515203156c03.jpg







439_20170515202746a41.jpg



庭園の南端に、不老庵が建ちます。

904_201705152031589c1.jpg




不老庵は、断崖に張出して建てられた懸造り(崖造り)の建物で、広間と小間(非公開)から構成されます。

435_20170524205129c0b.jpg




不老庵広間。西側前面を踏込床としています。

891_201705152034253b3.jpg




不老庵広間の天井は竹の網代張りで、船底のような珍しい形状をしています。

882_20170515203424d24.jpg




広間は三方に大きく窓をとり、高欄を巡らしています。。晴れの夜には、肱川の川面に映った月の光が天井に反射し、広間を明かるくするように設計されています。

899.jpg




不老庵から肱川を望む。



もともと当地には、戦国末期に大洲城主であった藤堂高虎の家臣・渡辺勘兵衛が造った庭園があり、その後大洲城に入った加藤㤗恒により庭園が整備されたと伝わります。時代は下って、明治の貿易商・河内寅次郎が、荒れ果てていた庭園址を整備し、現在の山荘を築きました。創建から100年以上経った現在も、周囲の自然と見事に調和し、風景を型作っています。

517_201705152034231c5.jpg


次回からは、今回の四国探訪で訪ねた、古い町並みや建築などを取り上げていきます。


 
 
 
 

保国寺庭園 ~愛媛県西条市~

四国探訪3日目、この日は愛媛県へ移動し、西条市郊外にある保国寺へ。保国寺はもともと聖武天皇の勅願寺として創建され、現在は臨済宗東福寺派に属する寺院です。本堂裏手にある庭園は室町時代作庭と推定され、本堂の南から西にかけて池泉を穿ち、正面となる南西部に枯滝石組、その手前に中島(亀島)を配した池泉観賞式庭園です。






蓬莱石組も兼ねた枯滝石組。使用されている石は決して大きなものではありませんが、頂部の遠山石をはじめ、立石による意欲的な石組が見られます。

800.jpg




枯滝の南部(左手)にも小ぶりの枯滝石組が見られます。

766.jpg




南部枯滝石組。平石により枯流れを構成しています。

799.jpg




枯滝手前に浮かぶ亀島。手脚石はほとんど失われていますが、右手の亀頭石は良好な状態で残されています。

771_20170522193915ee3.jpg




亀島と池泉西岸の出島には石橋が架けられていますが、これは後世のものとされます。

833_20170522194615b87.jpg





亀島と西部出島の石組意匠。山畔には三尊石組も見られます。

820_2017052219484764a.jpg




池泉南部山畔の石組。

792_2017052219504407a.jpg




保国寺には、本堂手前にもう一つの池泉庭園があります。

743_2017052011275983f.jpg




本堂手前の庭園は、手法的に江戸時代のものと考えられており、やや弱めではあるものの、立石を用いた石組はなかなかのものです。

739.jpg



保国寺庭園の明確な作庭時期は不明で、足利義満の命で宗阿弥が作庭したする説があるようですが、様式や手法からしてもっと後の永享年間(1429~1441)、大愚和尚の頃の作庭と考えられています。宝暦2年(1752)に現本堂が再建された際、池泉の本堂側が埋められたようで、当初に比べ庭園の規模は小さくなっているようです。が、枯滝をはじめ、立石を多く用いた石組はどれも躍動的で、四国随一の名庭であることには変わりありません。

837_20170522195855b5c.jpg


 
 
 
 

東林寺庭園 ~徳島県美馬市~

四国探訪2日目、多聞寺から徳島方面へ折り返して、美馬市脇町の東林寺を訪ねます。

494.jpg




東林寺は大永2年(1522)に開創したと考えられる、浄土宗知恩院派の寺院です。本堂裏手には、室町時代末期の作庭と推定される鑑賞式枯山水庭園があります。

502_20170513160043bd5.jpg




庭園は北部(左手)に枯滝石組を設け、枯池東部(右手)に中島(亀島)を配しています。池に水が張られていた時期もあったようですが、現在は当初のとおり枯池に戻されています。

497_20170513160042106.jpg




亀島と、これに架かる石橋。石組には、徳島県内の他の庭園と同様、緑泥片岩(青石)が多用されています。

506_20170513160044c88.jpg




亀島の亀頭石。

546_20170513160046353.jpg




枯池北部の枯滝石組。一般的には龍門瀑とされているようですが、最近になって大幅に改変されているようで、雑然とした石組になっているのが残念。。

544_20170513160204b66.jpg




枯滝上段。

537_2017051316020806f.jpg




枯滝周辺の護岸石組は比較的旧態を留めていると思われ、立石や臥石を織り交ぜた力強い石組が見られます。

522_20170513160206e5e.jpg





515_20170513160206abf.jpg



東林寺庭園の明確な作庭時期等は不明ですが、様式や手法は室町時代のものとされ、また天文2年(1533)に室町幕府管領・細川晴元の被官だった三好長慶が寺の営繕を行なった記録があることから、大永2年から天文2年の間に作庭されたものと推定されています。

491_2017051316025637b.jpg


なお、脇町はうだつの町並みで知られていますが、そちらはまた改めてアップさせて頂きます。

 
 
 
 

多聞寺庭園 ~徳島県美馬郡つるぎ町~

四国探訪2日目、願勝寺から30分ほど車を走らせ、つるぎ町の山間にある多聞寺を訪れます。

339_20170513145354a9b.jpg




多聞寺は、元禄11年(1698)頃この地に移建された真言宗御室派の寺院です。本堂裏手にある庭園は、山畔を利用し、南北に細長い池泉を穿った池泉鑑賞式庭園です。

302_20170513143911a3d.jpg




山畔のほぼ中央に、三段構成の枯滝石組があります。

321_201705131441302dd.jpg




枯滝上段。三尊石組となっています。

327_201705131441319e4.jpg




枯滝下段は、阿波青石の巨石を用いた豪快な石組が見られます。水落石の下部に鯉魚石を配した龍門瀑の石組で、右にやや傾斜した鯉魚石は、前回ご紹介した願勝寺庭園のものと酷似しています。

331_2017051314413207d.jpg




枯滝石組と石橋。

336_20170513144401711.jpg




滝石組以外にも、頂部の遠山石から、山畔を埋め尽くすように多くの石組が見られます。

324_201705131445381fe.jpg




滝石組右手にある石組は、洞窟石組にも見えます。

332_20170513144843a85.jpg




庭園南部には巨石による蓬莱石組も見られます。

322_201705131501479b0.jpg



多聞寺庭園の明確な作庭時期は不明ですが、前回ご紹介した願勝寺や京都・天龍寺と龍門瀑の石組手法が似ていることから、鎌倉~南北朝時代に作庭されたものと推定されています。なお、多聞寺は自動車でないとアクセスが厳しい所にあるのですが、所々道幅が車一台分しかなく、カーナビにも寺の位置が正確に表示されなかったので、訪問される方は十分注意して下さい。

315_201705131439139a6.jpg


 
 
 
 

願勝寺庭園 ~徳島県美馬市~

四国探訪2日目、徳島市街でレンタカーを調達し、徳島県内の庭園を回ります。最初に訪れたのが石井町の童学寺でしたが、最近火災で本堂が焼失した影響で庭園の拝観ができなかったため、次に訪れた願勝寺庭園からご紹介します。

291_20170514185438f4d.jpg




願勝寺は奈良時代に起源を持つ真言宗御室派の寺院で、本堂裏手には鎌倉〜南北朝時代に作庭されたとされる枯山水庭園が残ります。

256_201705131358526c9.jpg




庭園北西部の山畔には、龍門瀑形式の優れた枯滝石組が見られます。





枯滝下段。水落石と添石には青石を使用し、水落石の下部に鯉魚石を配しています。

275_201705131404160ca.jpg




龍門瀑の石組は、水落石より滝添石の方が高いことや、鯉魚石の手法から、京都・嵐山の天龍寺と酷似すると言われています。

270_201705131411287ce.jpg




枯滝頂部の石組。弁天堂建立時に大幅に改変されており、当初の面影は残っていません。

248_2017051314041190d.jpg




枯滝下部の護岸石組。青石を用いた力強い造形意匠が見られます。

249_20170513140412191.jpg




枯滝北部山畔の遠山石と護岸石組。

267_20170513140414aec.jpg




庭園の枯滝より南部(左手)は、江戸時代以降に大きく改変されています。

258_20170513135849748.jpg




枯池南部の石橋と護岸石組。石橋の奥には、石組による亀島も見られます。いずれも江戸時代以降のもの。

289_2017051314065496c.jpg



願勝寺庭園の作庭についての記録は残されていませんが、①山畔の石組が南北朝期の手法であること、②龍門瀑の石組が天龍寺のそれと同様の手法であること、③南北朝期の当地の豪族・細川頼春が、天龍寺開創に携わった足利尊氏と懇意だったこと、などの理由から、南北朝期に作庭されたとする説が主流となっています。

263_20170513140652d24.jpg


 
 
 
 

瑞巌寺庭園 ~徳島県徳島市~

四国探訪1日目、観音寺庭園を後にし、眉山の東麓、徳島市東山手町にある瑞巌寺(ずいがんじ)庭園を訪れます。

218_20170512223547e75.jpg




瑞巌寺は慶長19年(1614)、徳島藩初代藩主・蜂須賀至鎮が、一鶚禅師を開山として再興した臨済宗妙心寺派の寺院です。山畔を利用し細長く池泉を穿った回遊式庭園は、江戸初期作庭と考えられています。

219_20170512223549c50.jpg




池泉中央に架かる石橋。池泉には計3箇所に石橋があり、いずれも青石の自然石を使用しています。

184_201705122235443f3.jpg




石橋南部の滝。青石を用いた石組が見られます。

193_20170512223544fb6.jpg




植栽で見えづらいですが、滝の周囲には護岸石組が見られます。

204_20170512223546bbf.jpg




石橋と護岸石組。

206_201705122237356bf.jpg




石橋の先は、山畔に回遊路が付けられています。

213_201705122237377ca.jpg




池泉北部の山畔にも集団石組があり、滝石組のようにも見えますが、雑然としていて不明瞭です。

200_20170512223733909.jpg




池泉北部の石橋。

197_2017051222393291f.jpg




池泉南部には、立石を用いた鋭い護岸石組も見られます。

180_20170512223930616.jpg




本堂の東方にも、昭和の作庭ですが、青石を用いた見事な枯山水庭があります。

232_20170512223933ddd.jpg




当初、瑞巌寺を訪問する予定はなかったのですが、観音寺を訪れた際、お寺の方に「ここから歩いて行けますよ」と教えて頂き、寄ってみました。護岸などに優れた石組が見られるものの、植栽の繁茂が激しいため、訪問は冬場がお勧めです。

183_20170512223931e86.jpg

 
 
 
 

観音寺庭園 ~徳島県徳島市~

引き続き四国探訪1日目、徳島城表御殿庭園を後にし、徳島市勢見町にある観音寺庭園を訪れます。





観音寺は元和2年(1616)、徳島藩の藩祖・蜂須賀家政により当地へ移建・再興された寺です。書院裏手にある庭園は、眉山東麓の山畔を利用し、南北に細長い池泉を穿った、池泉式鑑賞式庭園となっています。

170_201705102101233cc.jpg




庭園南部には、豪快な枯滝石組があります。前回までにご紹介した阿波国分寺庭園や徳島城表御殿庭園と同様に、緑泥片岩(青石)を使用しています。

174_20170510210123296.jpg




滝石組は頂部を三尊手法とし、写真中央の横石による水落石は、鶴首石を兼ねているとされます。巨大な立石による滝添石は、桃山期らしい豪快なものです。

173_20170510210119d0c.jpg




枯滝上部から石組を見下ろす。作庭者・作庭時期については不詳ですが、様式・手法などから、桃山時代(江戸初期)頃に作庭されたと推定されています。

162_20170510210354cd6.jpg




滝石組は現在は枯滝となっていますが、重森三玲らによる実験の結果、当初は水が落ちていた可能性も指摘されています。

159_201705102103538ed.jpg




枯滝上部から書院方向を見る。t池泉西部(写真左手)は天然の岩盤が剥き出しになっています。

157_2017051021035256e.jpg




池泉北部は不自然なほど狭くなっており、後世の改修が指摘されています。

178_201705102104545af.jpg




池泉北部には青石による立派な石橋と橋添石がありますが、池泉北部が後世に改修されているとすれば、これらもその際に他の場所から移されてきたのかもしれません。

176_20170510210700416.jpg



青石の産地ということもあり、徳島市周辺には優れた日本庭園が多く存在しますが、ここ観音寺庭園の存在はあまり知られていないようです。正直なところ僕自身あまり期待せずに訪問したのですが、滝石組の迫力は予想をはるかに超えるもので、良い意味で裏切られた気分でした。お寺の方にも、突然の訪問にも関わらず、おもてなしを頂き、ゆっくりと庭を堪能することができました。

172_20170510210457a8c.jpg

 
 
 
 

徳島城表御御殿庭園(千秋閣庭園) ~徳島県徳島市~

四国探訪1日目、阿波国分寺庭園を後にし、徳島城表御殿庭園を訪れます。

128_20170507203839412.jpg




徳島城は天正13年(1985)、蜂須賀家政によって築かれた城で、表御殿庭園は関ヶ原合戦後に蜂須賀家の客将に迎えられた上田宗箇の作庭と考えられています。池泉部分と枯山水部分からなる構成は、桃山期の庭園の特徴とされます。

080_20170507203831da5.jpg




枯山水部分の石橋。長さ10mの自然石を用いた、前代未聞の巨大石橋です。

108_20170507203835a48.jpg




石橋の袂には豪快な鶴石組があります。地元・阿波の青石をふんだんに使用した豪華なもので、石橋とともに枯山水部分の最大の見所と言えます。

109_20170507203836a82.jpg




枯山水部分の中島(亀島)。こちらの護岸にも見事な石組が見られます。

114_201705072038380af.jpg




枯山水部分・北東の築山上には、立石による遠山石が置かれています。

082_20170507203832bc9.jpg




遠山石北側の築山上の石組。子孫繁栄を願う陰陽石とされます。

085_20170507203833d38.jpg




枯山水部分北部の枯滝石組。

084_201705072041333e0.jpg




池泉部分の沢渡り。青石の巨石を使用し、周囲には岩島を配した、豪華なものです。

100_20170507204137dde.jpg




池泉中島に架かる石橋。青石の自然石を使用した豪壮なもので、奥には沢渡りが続きます。

103_201705072044058e9.jpg




池泉東岸の枯滝石組。

125_20170507204408085.jpg




池泉北岸より中島を望む。中島の護岸石組も実に見事です。

120_2017050720440635d.jpg




池泉部分・北部築山の護岸には、三段に組まれた豪壮な石組が見られます。

119_20170507204307548.jpg




池泉部分・北部築山上の枯滝石組。

086_20170507204135f7a.jpg




枯滝はそのまま渓谷風に築山を下り、途中で90度に折れ曲って池泉へと繋がります。

115_20170507204138529.jpg




池泉南部に浮かぶ舟石。

130_20170507204411aa1.jpg



徳島城表御殿庭園は、大名庭園としては比較的規模の小さいものですが、その意匠の素晴らしさは随一で、名古屋城二の丸庭園などとともに、桃山時代の庭園文化の水準の高さを今に伝える、貴重な遺構と言えます。


 
 
 
 

阿波国分寺庭園 ~徳島県徳島市~

四国地方は優れた日本庭園が多く存在することで知られますが、今回、連休を利用してその中の幾つかを回って参りました。まずは四国八十八箇所霊場の第15番札所、徳島市の阿波国分寺庭園からご紹介します(現在本堂の屋根葺き替え中で、絵的にやや残念な感じになっていますがご容赦下さい。。)

029_20170507180341da5.jpg



阿波国分寺は曹洞宗の寺院で、本堂の東側に枯池を中心とした枯山水庭園が展開します。石組が崩落するなど長い間荒廃していましたが、平成19年からの調査に基づき、忠実に復元・整備されました。


039_20170507113316e82.jpg



本堂東側、枯池北西部の築山。頂部の蓬莱連山石組は水墨画から影響を受けたものとされ、中国の廬山五老峰を表しているとも言われます。

027_20170507180529448.jpg




北西部築山には玉石を敷いた枯滝が見られます。枯滝下部の自然石による石橋も見事。

028_201705071807335a5.jpg




枯池北端の枯滝。立石で滝を表現しています。

045_2017050711364436a.jpg




枯池南部の築山。地元・阿波の青石を自在に配した石組に圧倒されます。

073_20170507114755a46.jpg




本堂下から南部築山を望む。





枯池南西部にも、玉石を敷いた枯流れが見られます。枯流れ右手の巨石は鶴羽石とされます。

049_20170507113645897.jpg




枯池南東部にも蓬莱石組が見られます。手前の石橋は二枚の自然石を斜めに連ねています。

025_201705071133116a2.jpg




南東部石橋と南部築山の蓬莱石組。


044_20170507113318a9d.jpg




枯池の中央には亀島である中島が配されています。

053_201705071145379f0.jpg




枯池手前にも、亀石組が見られます。

075_2017050711402071f.jpg




北西部築山の本堂直下には、三尊石を中心とした枯滝石組があります。本堂の屋根葺き替えに伴って足場に隠れてしまっていますが、特別に見せて頂くことができました。


055_20170507114021926.jpg




本堂直下の枯滝に架かる石橋。中国の渓谷などで見られる天生橋を表現しています。

056_2017050711402247f.jpg




天生橋の石橋を上部から見る。

059_20170507114019fe4.jpg




本堂北側から西側にかけても見事な石組が続きます。特に本堂西側は三尊石組を中心に、巨石を用いた豪快な石組が続きます。

015_2017050711420735f.jpg


阿波国分寺庭園は、その豪壮な石組の手法などから、専門家の間では桃山時代に作庭されたとする見解が主流でしたが、平成19年から行われた発掘調査ではもとの庭園に江戸末期に大改修を施していることが判明しています。もとの庭がいつ造られ、江戸末期の改修がどの程度のものだったのか、正確なことは分かりませんが、いずれにしても圧倒的な石組の数々は、数ある日本庭園の中でも随一のものであることは間違いないでしょう。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop