茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

多聞寺庭園 ~徳島県美馬郡つるぎ町~

四国探訪2日目、願勝寺から30分ほど車を走らせ、つるぎ町の山間にある多聞寺を訪れます。

339_20170513145354a9b.jpg




多聞寺は、元禄11年(1698)頃この地に移建された真言宗御室派の寺院です。本堂裏手にある庭園は、山畔を利用し、南北に細長い池泉を穿った池泉鑑賞式庭園です。

302_20170513143911a3d.jpg




山畔のほぼ中央に、三段構成の枯滝石組があります。

321_201705131441302dd.jpg




枯滝上段。三尊石組となっています。

327_201705131441319e4.jpg




枯滝下段は、阿波青石の巨石を用いた豪快な石組が見られます。水落石の下部に鯉魚石を配した龍門瀑の石組で、右にやや傾斜した鯉魚石は、前回ご紹介した願勝寺庭園のものと酷似しています。

331_2017051314413207d.jpg




枯滝石組と石橋。

336_20170513144401711.jpg




滝石組以外にも、頂部の遠山石から、山畔を埋め尽くすように多くの石組が見られます。

324_201705131445381fe.jpg




滝石組右手にある石組は、洞窟石組にも見えます。

332_20170513144843a85.jpg




庭園南部には巨石による蓬莱石組も見られます。

322_201705131501479b0.jpg



多聞寺庭園の明確な作庭時期は不明ですが、前回ご紹介した願勝寺や京都・天龍寺と龍門瀑の石組手法が似ていることから、鎌倉~南北朝時代に作庭されたものと推定されています。なお、多聞寺は自動車でないとアクセスが厳しい所にあるのですが、所々道幅が車一台分しかなく、カーナビにも寺の位置が正確に表示されなかったので、訪問される方は十分注意して下さい。

315_201705131439139a6.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop