茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

龍潭寺庭園 ~滋賀県彦根市~

彦根市の佐和山山麓にある龍潭寺(りょうたんじ)は、井伊氏の菩提寺である遠江国井伊谷(現在の静岡県浜松市)の龍潭寺の分寺として、慶長5年(1600)に建立されました。庭園は書院を囲むようにして東庭、北庭、南庭から構成されます。

498_20170730185319616.jpg



東庭は、背後の佐和山を借景として取り入れた池泉鑑賞式の蓬莱庭園です。池泉の北部(左手)に亀島を配置し、その奥の山畔に滝石組を設けています。

510_201707301858172ef.jpg




東部山畔石組。頂部は三尊手法となっています。

491_201707262103452e5.jpg



池泉南東部には切石橋が架かり、その左手には見事な石組が見られます。池中には亀島が配置されているため、それに対する鶴石組のようにも思えます。

495_201707262103397f2.jpg




現在は水中に沈んでいますが、石橋の手前には沢渡が確認できます。

507_20170726210342882.jpg



龍門瀑とも言われる、北部山畔の枯滝石組。巨石をほぼ垂直に積み上げた珍しい手法のもので、寺のパンフレットでは「我国でも最高のものといわれる直下型の枯れ滝」と紹介されています。

502_20170726210645ac6.jpg



滝石組下部にある亀島。

487_20170726210642c9c.jpg




北部から見た東庭全景。

511_201707301853187bd.jpg



東庭は江戸初期、龍潭寺開山の昊天和尚が小堀遠州と協力して築造したと伝えられています。本家本元の井伊谷龍潭寺をはじめ、全国には小堀遠州作庭と伝わる庭が多く存在しますが、そのほとんどが信憑性に欠けると言われており、本庭に関しても現状を見る限りでは疑わしいと思われます。

516_20170726210758137.jpg




東庭から連続する北庭。北庭は露地を中心に構成されていますが、北部の辺りでは東庭池泉からの水が引き入れられ、石組も施されています。

530_20170726210759a7d.jpg



別名「ふだらくの庭」とも呼ばれる南庭。石組主体の枯山水庭で、観音菩薩のいる補陀落山(ふだらくさん)とその周辺を表現しているとされます。

452_20170726210840483.jpg




補陀洛山を表現した、南庭中央の中島。亀島にも見えます。

447_201707262108390df.jpg



南庭も江戸初期に昊天和尚により築造されたとされますが、後世に幾度かの改修を受けているようで、現在の姿になったのは昭和に入ってからのようです。

454_20170726210842c53.jpg




南庭南東部の石組。左手は三尊石組となっています。

455_20170726210843a43.jpg




南庭南部の石組。こちらも三尊手法です。

458_201707262108452ca.jpg


龍潭寺は明治期まで禅の道場として栄え、最盛期には200人以上の修行僧を抱えていたと言われます。寺には「園頭科(おんずか)」と呼ばれる造園専門の科目が設けられ、常時50人以上の修行僧が植栽や立石を中心とした造園技術を学んでいたと言われ、これが日本における造園学の発祥と言われています。

466_20170726210847250.jpg


スポンサーサイト



 
 
 
 

多賀の古い町並み ~滋賀県犬上郡多賀町~

古くから多賀大社の門前町として栄えてきた多賀、現在も多賀大社表参道である絵馬通りには、古くからの建物が点在し、門前町の雰囲気を残しています。

699_20170726202803aa0.jpg



多賀大社前駅から多賀大社方面へ続く絵馬通りの入口、大鳥居の脇に古い旅館建築が残ります。現在は「もんぜん亭」として、地域のコミュニティスペースとして利用されているようです。

697_201707262028018ae.jpg




絵馬通りを多賀大社に向かって歩を進めると、右手にモルタル壁の瀟洒な和洋折衷建築が見えてきます。現在も個人宅として使用されています。

695_201707262028005db.jpg




小川を渡るとT字路に突き当ります。左へ進むと、古い民家がぽつぽつ現れます。

681_20170726202758ae4.jpg




通りが東へ折れる辺りから、古い民家が多くなってきます。こちらの町屋は二階部分のファサードとうだつに洋風の意匠が見られます。

658_20170726203130572.jpg



国の有形文化財に登録されている老舗料亭旅館・かぎ楼。ベンガラ仕立ての壁と3階建ての楼閣が特徴的な和風建築で、明治10年(1877)竣工、大正年間に増築されています。

677_20170726203655246.jpg




かぎ楼から絵馬通りをさらに歩くと、本格的に古い建物が多くなってきます。

674_20170726202757061.jpg




二階建ての主屋が立派な個人宅。大正〜昭和初期頃の建築でしょうか。

664_20170726203132c56.jpg



多賀大社に近づくにつれ、飲食店や土産店が増えてきます。今回訪問時は絵馬通りの路面工事中でしたが、街灯やベンチが新設されるなど、以前とはだいぶ雰囲気が変わっていました。

669_201707262031287ec.jpg




鳥居のすぐ近くには、土産店が建ち並んでいます。夕方だったのでシャッターが閉まっていますが、日中は観光客で賑やかになります。

671_20170726203130e35.jpg




※ 以下、2014年訪問時の写真です。


絵馬通り沿いのかめや旅館。かぎ楼の向かいにあり、かぎ楼と同じく国の有形文化財に指定されています。

389_201707272017225c3.jpg




現在かめや旅館が営業しているのかは不明ですが、大正13年(1924)竣工の本館は、向かいのかぎ楼とともに多賀の町並みのシンボル的存在になっています。

446_20170726203429d29.jpg




道路整備前の絵馬通り。現在と比べ鄙びた雰囲気です。

394_201707272036307c0.jpg




『古事記』にも登場する古社・多賀大社。現存の建造物はほとんどが明治以降に再建されたものですが、森に囲まれた境内は、いつ来ても神秘的な空気に包まれています。

426_2017072720172117f.jpg



道路が整備されたり古民家を利用した新しいカフェが増えたりと、少しずつ雰囲気が変わりつつある多賀ですが、賑やかさと静けさを兼ね備えたような独特の雰囲気は以前から変わらず、何度訪れても不思議な魅力を感じさせてくれる町並みです。

457_20170727204113e3d.jpg

 
 
 
 

多賀大社奥書院庭園 ~滋賀県犬上郡多賀町~

多賀大社奥書院庭園は、「お多賀さん」の愛称で知られる多賀大社境内にある、桃山期の池泉庭園です。多賀大社はこれまで数回訪問し、以前当ブログでも紅葉の様子を紹介しましたが、改めて庭園のみに着目して取り上げます。

617_20170724122511fbd.jpg



庭は、天正年間に豊臣秀吉が寄進した一万石をもとに築かれたと伝わります。鑑賞式蓬莱庭園の様式をとり、池泉の東部と西部に出島を設けてそれぞれ鶴島・亀島とし、築山や護岸には桃山期らしい豪壮な石組を施しています。

646_201707252041566cc.jpg




池泉東部の枯滝石組。枯滝手前には、自然石による力強い石橋が架かります。

611_20170724122513ed9.jpg




石橋右手の山畔に築かれた集団石組。

647_2017072412261663e.jpg




石橋奥の築山には、巨石による三尊手法の蓬莱石組が見られます。





鶴島とされる東部出島の護岸石組と岩島意匠。

614_20170726190259d19.jpg




亀島とされる西部出島。

619_20170724122724f4b.jpg




池泉のさらに北には太田川と呼ばれる灌漑用水が流れており、その北岸にも石組が見られます。

628_2017072412272588d.jpg




奥御殿の東側、池庭から少し離れた所には、石組と苔を主体とした枯山水庭園が展開しています。

601_201707241228141f9.jpg




枯山水部分南部の三尊石組。池庭の石組に劣らぬ迫力がありますが、いつ頃作庭されたものなのかは分かりません。

599_20170724123146855.jpg




枯山水部分南部の舟石。

600.jpg




枯山水北部の三尊石組。

602_201707241228105ac.jpg


元来、一般的に神社に庭園が築かれることはなかったと言われ、多賀大社庭園は神仏混淆の頃、多賀大社の別当寺だった不動院の庭として築かれたものと考えられています。苔に覆われたしっとりとした雰囲気と、桃山期らしい豪華な石組の対比が、古庭園としての魅力を惹き立てています。

653_20170724122916d23.jpg


 
 
 
 

唯念寺庭園 ~滋賀県犬上郡豊郷町~

滋賀県豊郷町にある唯念寺は、奈良時代後期に行基が開創した四十九院の一つに数えられる古刹です。荒廃してはいるものの、書院裏手には室町時代のものと推定される枯山水庭園が残されています。

572_20170724113440ab8.jpg




庭は北端に築山を築き、池畔西部には出島を設け、枯池には二つの中島を配しています。当初は池泉庭園であった可能性も指摘されています。




北部築山に残る須弥山石組。中心となる立石は高さ1.5m以上あるもので、右手に僅かに傾斜させる古風な手法がとられています。『日本庭園史大系』によれば、須弥山石組の左手には枯滝石組の痕跡が残っていたようですが、現在ではほぼ失われてしまっています。

577_20170724113633a69.jpg




築山南部には亀島らしき中島の痕跡が見られます。亀頭風の石組や、三尊風の中心石が残されています。





亀島東方の池畔にある巨石。木の根とすっかり同化してしまっています。

587_201707241136310e2.jpg




亀島南方池畔の石組。荒廃が激しく定かではありませんが、出島を構成していたのかもしれません。

570_20170724113745149.jpg




亀島の西方に、鶴島らしき中島があります。荒廃していますが、鶴首石らしきものをはじめ、比較的石組がよく残されています。





北方(枯滝方向)から見る、西部出島と鶴島(左奥)。出島には、護岸石組がわずかに残されています。

592_20170724113746ea3.jpg



唯念寺庭園は昭和13年(1938)、当時全国の日本庭園を調査していた重森三玲により発見されました。観光案内では「行基の庭」と紹介されていますが、様式や手法から室町初期の庭と評価されています。全体的に荒廃が激しく、今後の保存が危ぶまれます。

567_20170724202151650.jpg 

 
 
 
 

旧芝離宮恩賜庭園 ~東京都港区~

旧芝離宮恩賜庭園は、貞享3年(1686)、江戸幕府老中・大久保忠朝の屋敷に築かれた「楽壽園」を起源とする回遊式蓬莱山水庭園です。明治に入り皇室所有の離宮となったのち、大正13年(1924)からは東京市(現在の東京都)の所有となり、現在は都立庭園として一般公開されています。

142_20170709181154003.jpg




庭の中心を占める池泉は複雑な形状をしており、池中には大小4つの中島が配置されています。往時は海水を取り入れた「汐入の庭」で、潮の干満による変化を楽しめるように設計されていました。

146_201707091816050a6.jpg




池泉西岸、栗石による洲浜。池畔に変化を持たせています。

151_20170709181607700.jpg




池泉中央の中島。蓬莱島を表現したもので、上部には蓬莱連山の石組が築かれています。

220_20170709182136e85.jpg




中島の蓬莱石組。巨石を用いた、豪壮なものです。

191_201707091821345ea.jpg




蓬莱石組には、傾斜をもたせた立石など、優れた意匠が見られます。造形美に欠けるものが多い都内の大名庭園の中では、傑出した石組と言えます。

145_20170709182133c40.jpg




蓬莱島と池泉西岸との間には、石造りの堤が築かれています。中国杭州にある「西湖の堤」を表現したもので、同様の意匠は千代田区の小石川後楽園にも見られます。

137_20170709181950e49.jpg




蓬莱島の北方にある中島。現在は水面下に沈んでいて見え辛いですが、写真手前にある蓬莱島からは沢渡が設けられています。

140_20170709182033292.jpg




蓬莱島の南部対岸には、大小二つの築山が築かれています。右手の大きめの築山は、大名庭園でよく見られる、富士山を模したものです。

219_201707091813491fd.jpg




二つの築山の間には、枯滝石組が見られます。

133_20170709181948659.jpg




枯滝石組は、巨石をふんだんに使用した豪華なものです。中央の回遊路は渓流を表現しているとされます。

135_20170709181950dd4.jpg




池泉南東部には「根府川山」と呼ばれる、集団石組が施された築山があります。

159_20170717202231229.jpg





根府川山の石組には、大久保忠朝の藩地だった根府川(神奈川県小田原市)の石材が使用されたと伝わります。

174_20170709182228ff9.jpg




根府川山の北方にある集団石組。大久保忠朝の旧藩地・唐津にちなんで「唐津山」と呼ばれています。

170_20170709182226c72.jpg




池泉北東部の池畔にも、力強い石組が見られます。現在は水没していますが、池中には沢渡も見られます。

185_20170709182405449.jpg




自然主義的で大味なものが多い都内の大名庭園において、旧芝離宮恩賜庭園は地割や細部の意匠において極めて優れていて、都内の他の大名庭園とは一線を画す存在と言えます。ただし、護岸石組などが大正・昭和の整備で部分的に改悪されていたり、埋め立てによる海岸線の後退や新幹線建設による庭園の一部縮小、周囲の高層ビルの林立など、往時の環境が一変してしまっている点は惜しまれます。

180_20170709182403955.jpg


 
 
 
 

松尾神社庭園 ~滋賀県東近江市~

近江鉄道八日市駅のすぐ近くにある松尾神社の境内には、室町時代末期の作庭と考えられる枯山水庭園が残されています。豪壮な石組を主体とした庭園で、滋賀県内でもとりわけ優れた庭園として評価されています。

325_20170709111805ead.jpg




庭は南部(写真左手)に鶴島、北部(右手)に亀島を配し、二島は自然石の石橋で接続されています。

297_20170709110004cc8.jpg




庭園南部の鶴島。頂部の羽石や護岸など、石組の力強さに圧倒されます。

306_2017070911051389e.jpg




鶴島の護岸と羽石組。羽石組は三尊手法となっています。

339_201707091116280ca.jpg




鶴島には立石による須弥山石組も見られます。もとは傾斜をもたせて立てられていたようですが、明治期の改修により直立にされてしまっています。

336_20170709111056abd.jpg




南東部から見た鶴島。

322_20170709110516770.jpg




南西部から見た鶴島。右が鶴羽石、左が須弥山石組で、右側の護岸は後世の改修によりいかにも陳腐になってしまっています。

319_20170709110514269.jpg




鶴島と亀島を繋ぐ石橋。戦国期らしい、自然石の力強い石橋です。左手の橋添石は鶴首石を兼ねているようです。

301_20170709112054b1d.jpg




東部から見た庭園全景。手前が亀島、左奥が鶴島、右奥の山畔には蓬莱石組が見られます。

302_20170709110006ece.jpg




亀島の護岸石組。鶴島のものと比べるとやや小ぶりの石が多い印象です。

331_20170709111718ec3.jpg




西部山畔に築かれた、蓬莱連山の石組。巨石を用いた豪壮な石組ですが、どこまでが往時のものなのかはよく分かりません。

321_20170709111324a06.jpg



織田信長の京都上洛以前、この地には六角氏家臣・建部氏の居館があったとされ、庭園は建部氏居館の庭として作庭されたものと考えられています。一説には、室町幕府15代将軍・足利義昭が六角義賢を頼って近江に逃れた際、将軍を饗応するために作庭されたとも言われています。

349_20170709111929bee.jpg


 
 
 
 

旧山中正吉家住宅(近江日野商人ふるさと館) ~滋賀県蒲生郡日野町~

旧山中正吉家住宅は、江戸時代末期に建てられた、日野商人・山中正吉家の旧宅です。幾度かの増改築を経て昭和13年(1938)頃に現在の姿となり、現在は近江日野商人ふるさと館として公開されています。

170_201707021916144d4.jpg




主屋玄関。左手のモルタル壁の部分は、昭和初期に増築された洋間です。

173_20170710211901936.jpg




玄関内部。通り土間に続いており、右手は式台を上がると「みせのま」「ぶつま」と続きます。

251_20170702191622779.jpg




主屋「ぶつま」。主屋は伝統的な農家の構造で、数寄屋や洋間のある増築部分とは対照的です。

177_2017070219161781e.jpg




主屋の釘隠しはコウモリを模ったもの。江戸時代以前、コウモリは縁起の良い動物と考えられていました。

238_2017070219162149a.jpg




主屋に隣接して設けられた桟敷と、塀に開けられた桟敷窓。日野祭の山車を見物するために設けられたもので、日野の旧家によく見られます。

190_2017070219161845b.jpg




通り土間に面して設けられた電話室。

200_20170702191620ad6.jpg




通り土間には、かまどが設けられています。通り土間を隔てた北側には新座敷が続きます。

174_20170702191746dd9.jpg




新座敷主室。洗練された数寄屋風の座敷で、貴賓用の応接室でした。

220_201707102119038c6.jpg




新座敷の仕切欄間には、桐や鳳凰の見事な透かしが施されています。

222.jpg




新座敷には、電熱暖炉を備えた洋間が隣接しています。

228_20170702191936d50.jpg




新座敷に隣接する浴室。シャワーを備えた洋風の空間で、窓にはステンドグラスも見られます。

204_201707021917495db.jpg




浴室の脱衣場。浴室とは対照的に和風の空間です。

201_20170702191747668.jpg




脱衣場の照明。

209_2017070219174599d.jpg



山中正吉家は、前回ご紹介した山中兵右衛門家の分家で、初代正吉は駿河国大間村(現・静岡県富士市)で天保2年(1831)から酒造業を経営し、財をなしました。その後山中正吉商店、富士高砂酒造株式会社と名を変え、現在も富士市で営業しています。

221_20170710212515db0.jpg
 
 
 
 

旧山中兵右衛門家住宅(近江日野商人館) ~滋賀県蒲生郡日野町~

旧山中兵右衛門家住宅は、日野商人として江戸中期から活躍してきた山中兵右衛門家の本邸として、昭和11年(1936)に建てられた木造二階建ての和風建築です。昭和56年(1981)に日野町に寄贈され、現在は日野商人ふるさと館として一般公開されています。

156_201707021830022fb.jpg




表玄関内部。格天井を備えた、来客用の格式高い玄関です。

108_20170702182957669.jpg




一階・第一応接室。現在は展示室として利用されています。

111_20170702182958ad5.jpg




第一応接室には電熱器が置かれています。国産第一号のものと言われます。

114_20170702182959b3c.jpg




第二応接室。一見フローリングのように見える床は寄木張りで、創建当初のものです。

116_20170702183000e82.jpg




切子細工による、第二応接室の照明器具。こちらも創建当初のものです。

123_20170702183251545.jpg



貴賓用の応接室だった、一階・奥座敷。日野商人の邸宅は表通りから見えない奥の部屋に多くの資金をかけていると言われますが、この奥座敷でも屋久杉の天井をはじめ、随所に高級材が使用されています。

125_20170702184012893.jpg




奥座敷床の間。床柱に杉の四方柾目、床脇に欅の一枚板と、高級材が使用されています。付書院の組子の意匠も見事。

154_201707021836294d5.jpg




鳳凰の透かしが施された、奥座敷の仕切欄間。桐の一枚板を使用しています。

131_201707021836317d0.jpg




欄間窓の組子も、美しい意匠。

141_20170702183633462.jpg




継ぎ目のない赤松の一枚板が敷かれた、奥座敷の廊下。

139_20170702183631ab1.jpg




奥座敷の襖には、七宝焼きによる引手が取り付けられています。

138_2017070218374440d.jpg




玄関のすぐ北側にある電話室と階段室。階段室の扉には屋久杉が使用されています。

145_20170702183745a11.jpg




欅を使用した階段。二階は展示室として大幅に改修されてしまっているので、割愛します。

152_20170702183746839.jpg




主屋北側にある庭園。敷地内には土蔵二棟も現存します。

137_20170702183744952.jpg


旧山中兵右衛門家住宅は、昭和恐慌による失業者救済のための「お助け普請」として、6代目兵右衛門自らの設計により建てられました。当時としては珍しかった自家水道や水洗トイレ、バリヤフリーの先駆けとなる段差のない敷居など、随所に先進技術が取り入れられています。なお、山中兵右衛門家は日野出身の商家ですが、初代が駿河国御殿場(現・静岡県御殿場市)に店舗を構えてからは沼津や小田原を中心に商売を行い、現在も駿東郡清水町で酒類の販売を行っています。

163_20170702183748572.jpg


次回は山中兵右衛門家から分家した、旧山中正吉家住宅をご紹介します。

 
 
 
 

日野の古い町並み ~滋賀県蒲生郡日野町~

滋賀県南東部に位置する日野町は、近江商人の一つ・日野商人発祥の地として、また戦国武将・蒲生氏郷で知られる蒲生氏ゆかりの地として知られる町です。

293_201707062047030cb.jpg



日野にはもともと、商人と職人の町が形成されており、戦国時代の天文2年(1533)、六角氏の家臣だった蒲生定秀が西大路に日野城を築城すると、その城下町として整備されました。

287_20170706204700cef.jpg



定秀の孫・氏郷は楽市楽座を導入するなど商工業振興を推進し日野は大いに発展しましたが、蒲生氏の会津への移封とその後の御家断絶により衰退、代わって漆器や合薬の行商で全国を回るスタイルが定着します。

279_20170706205024489.jpg




南大窪町の個人宅。南大窪町には、塀で囲まれた立派な旧家が多く残されています。

282_201707062050268dd.jpg




南大窪町の個人宅。和風の主屋に、戦前の洋館が隣接して建てられています。

274_20170706205022be2.jpg



南大窪町の旧山中兵右衛門邸。日野商人・山中兵右衛門の旧宅で、現在は近江日野商人館として公開されています。次回詳しく取り上げます。

269_201707081220134d2.jpg




清水町の町並み。清水町にも古い民家が点在しています。

266_20170706205313a32.jpg



大窪越川(えちがわ)町の町並み。蒲生定秀が日野城築城の際、愛知川(えちがわ)宿(現在の愛知郡愛荘町)から住民を移住させ城下町としたことから、「越川」と呼ばれるようになったようです。

262_2017070620531210d.jpg



大窪にある旧正野玄三薬店。日野合薬の元祖「感応丸」の製造元で、現在は「日野まちかど感応館」として観光案内所になっています。

261_20170706205434cf7.jpg




旧正野玄三薬店の隣にある個人宅。塀の向こうに二階建ての立派な主屋が見えます。

259_20170706205433984.jpg




新町にある江戸時代の大庄屋・西田家住宅。左手の塀には、日野の旧家特有の「桟敷窓」が見られます。

254_20170706205432f5d.jpg




西大路の旧山中正吉邸。日野商人・山中正吉の旧宅で、「近江日野商人ふるさと館」として公開されています。次々回の記事で詳しく取り上げます。

171_20170706205431320.jpg




大字松尾の鮒吉。立派な料亭ですが、現在も営業しているのかは不明です。

294_20170706204657b21.jpg




松尾や大窪周辺には、戦前の洋風建築もいくつか見られます。こちらは下見板張りとモルタルで仕上げられた、松尾の輪田歯科。

291_20170706204702012.jpg




大字大窪の洋館・旧住井歯科医院。設計はヴォーリズ設計事務所です。

286_2017070620470002c.jpg


蒲生家の断絶後、行商を始めた日野商人は、当初日野椀と呼ばれる漆器を取り扱っていましたが、日野椀の人気が下火になると、正野玄三の感応丸をはじめとする合薬の行商がメインとなります。日野における製薬は明治以降も続き、太平洋戦争中には日野町内の製薬会社が合併して日野薬品工業株式会社が誕生、現在も現役の製薬会社として活躍しています。近江商人の町として知られる日野町ですが、同じ近江商人の町である近江八幡や五個荘と比べると観光客は少なく、落ち着いた雰囲気に包まれていました。

281_20170707233126150.jpg


 
 
 
 

旧伊庭家住宅 ~滋賀県近江八幡市~

近江八幡市安土町にある旧伊庭(いば)家住宅は、旧住友財閥2代目総理事・伊庭貞剛(ていごう)の四男・伊庭慎吉の邸宅として、大正2年(1913)に建てられました。木造二階建て、屋根は切妻天然スレート葺き、外壁はハーフティンバー様式で、設計はW.M.ヴォーリズによります。ヴォーリズの作品としては珍しく、内部に和風を取り入れた和洋折衷の建築となっています。

068_2017070217470207c.jpg




ベンガラで赤く塗られた玄関。現在の玄関は後年に増築されており、ヴォーリズは関与していないようです。

046_201707021747041d0.jpg




一階北面に通された廊下。床は板張り、天井は竹の網代と、英国的な外観からは想像できない純和風な作りになっています。

052_201707021746593e2.jpg




一階北東隅の和室。襖には春の風景が描かれています。

049_201707021747057c0.jpg




慎吉夫妻が最もよく使用していたという、一階中心部の和室。一階は大部分が和室で構成されています。

056_20170704204627e31.jpg




一階南側の和室。左手、庭園に面した縁側状の部分は後年の増築です。

060_20170702174832b12.jpg




こちらの和室の襖には、秋の風景が描かれています。

061_2017070420462497b.jpg




サロンとして使用されていたと思われる、一階・洋間。北側には暖炉を備えています。

085_201707042046267e0.jpg




一階洋室の小窓は、十字架をデザインしたものと言われます。

093_201707021748313ca.jpg




現在は事務室として使用されているサンルーム。創建当初は天井と窓のない、屋外テラスだったようです。

101_20170702175004c48.jpg




色付きのダイヤガラスを使用した、サンルームの窓。

104_20170702175005c8a.jpg




サンルームの床は、青を基調とした爽やかなタイル貼りになっています。

100_20170702175006a8d.jpg




一階東部の和室。一見茶室に見えますが、炉は設けられていません。

089_20170702174829e76.jpg




一階の中心にある階段室。創建当初は階段下に玄関が開けられ、玄関ホールとして機能していました。

071_2017070217511263c.jpg




二階洋室。天井や引き戸は和風になっています。伊庭慎吉は絵画を趣味とし、二階は主にアトリエとして使用されていたようです。

074_20170704204625115.jpg


伊庭慎吉の父・伊庭貞剛は旧住友財閥の二代目総理事で、初代総理事・広瀬宰平の実の甥になります。叔父・広瀬が推し進めた近代化のために問題化していた別子銅山の煙害問題の解決に尽力し、住友林業や住友銀行を設立するなど、現在の住友グループの基礎を築きました。子の慎吉は沙沙貴神社の神主や安土村長を務めていますが、旧伊庭家住宅の建設資金の多くは父・貞剛が提供したそうです。旧伊庭家住宅は昭和53年(1978)に安土町の所有となり、一時は解体予定となっていましたが、地元有志の寄付により修繕が行われ、現在は民間団体により管理・保存されています。

073_20170705195339aab.jpg

 
 
 
 

沙沙貴神社庭園 ~滋賀県近江八幡市~

近江八幡市安土町にある沙沙貴(ささき)神社は、宇多天皇と敦実親王を奉る式内社で、全国の「佐々木」姓発祥の地とされる、由緒ある神社です。境内には明治時代に作られた池庭が残されています。

014_20170703210246ad6.jpg




庭園は明治22年(1889)、勝元宗益により作庭されました。南北に細長い池泉を穿ち、西南部に築山を築いて、要所に石組を設けています。手前側の汀は後年にコンクリートで直前に固められてしまっています。

010_20170703210248466.jpg




西南部築山には立石による見事な石組が見られます。三尊手法で、下部は枯滝石組になっているようですが、雑草に隠れて詳細は確認できません。

019_201707021521395a7.jpg




池泉南端、築山の手前には切石橋が架けられています。城郭の石垣で見られるような矢穴が打たれています。

013_20170702152303eab.jpg




庭園中央付近にも小さな石橋が架けられています。周囲には立石による石組や小さなな岩島も配置されていますが、丸みを帯びた石ばかりで、意匠的にもあまりぱっとしません。

030_201707021523051d2.jpg




池泉北端の出島と石橋。

022_20170702152304c1b.jpg




池泉北端の石橋にも矢穴が見られます。こちらの石橋はむくりを持った個性的な形状をしています。

012_2017070215230170e.jpg




境内には庭園のほかにも、滋賀県の重要文化財に指定されている古建築がいくつか現存します。

035_201707021524270fc.jpg




弘化5年(1848)に建立された本殿と幣殿。いずれも県指定重要文化財です。

033_20170702152426d38.jpg




同じく弘化5年(1848)建立の拝殿。こちらも県指定重要文化財。

036_2017070215242803f.jpg




延享4年(1747)建立の楼門。左右の回廊とともに県の重要文化財に指定されています。

040_20170702152425338.jpg



沙沙貴神社庭園を作庭した勝元宗益は長浜出身の作庭家で、鈍穴(呑月)と号しました。幕末から明治にかけて湖東・湖北の社寺や民家の庭を手掛けており、以前取り上げた五個荘の旧外村繁邸や旧中江準五郎邸の庭園も宗益の作とされます。

024_20170702152136704.jpg


 
 
 
 

西円寺庭園 ~滋賀県米原市~

滋賀県には古庭園が多く現存し、中でも米原市の福青岸寺庭園や福田寺庭園は名庭として高く評価されています。あまり知られていませんが、同じく米原市にある西円寺(さいえんじ)にも、江戸初期のものとされる庭園が残されています。





庭園は、書院裏手(西部)の斜面との間に弧型の池泉を穿ち、山畔には石組を施しています。





池泉は現在は枯れていますが、護岸の形状から、かつては水を湛えていたものと思われます。





山畔南部の石組。やや左手奥には三尊石組を意匠しており、護岸にも見事な石組が見られます。三尊石組の下部斜面には栗石が敷かれており、枯流れを意匠したものかもしれません。





山畔の頂部には守護石が置かれています。




池泉北西部には鶴石らしき岩島が配置されています。荒廃していて不明瞭ですが、右奥の出島は鶴島に対する亀出島かもしれません。





北西部山畔には、遠山石風の立石が意匠されています。その右下には三尊石組が見られます。

778_20170702211234cfa.jpg




庭園北東部には、池泉の手前側に築山が築かれ、石組が施されています。

784_20170702211501622.jpg




築山の石組には、三尊手法のものも見られます。

745_20170702211605247.jpg




全体的に使用されている石はやや小振りで、地割や意匠的にも福田寺や青岸寺に劣る感はありますが、個々の石組はなかなか見事なもので、思っていたよりもはるかに見応えのある庭でした。




西円寺は南北朝時代、比叡山の末寺として創建されました。戦国期に織田信長による焼き討ちを受け衰退しますが、江戸時代に入り彦根藩の支援を得て復興、現在は黄檗(おうばく)宗に属しています。庭園については、彦根城楽々園を作庭した彦根藩士・香取氏家臣の作と伝えられており、第3代住職・仙林和尚により「玉泉庭」と命名されています。

739_201706302323183a1.jpg


 
 
 
 

福田寺庭園 ~滋賀県米原市~

「長沢御坊」として知られる米原市の福田寺(ふくでんじ)は、天武天皇の勅願寺・息長寺を起源とする古刹です。本堂裏手、小谷城から移築されたと伝わる書院の前面に、江戸初期の枯山水庭園がひっそりと残されています。

598_201706262108321c8.jpg




庭園は書院の前庭として築かれていて、砂敷きの枯池を中心とした池庭式枯山水の様式をとっています。

615_20170626210050558.jpg




枯池の南部と西部に築山を、東部には出島を設けて、それぞれ石組を施しています。

594_201706262100454e0.jpg




豪壮な手法の枯滝石組。頂部を三尊手法とし、下部には水分石を配置しています。

586_20170626210045141.jpg




枯滝頂部の三尊石組。力強さと繊細さを兼ね備えた、美しい石組です。

610_2017062621004790f.jpg




西部築山の石組。立石を中心に、傾斜をもたせた亀頭風の石も見られます。

588_2017062621044623b.jpg




西部築山から、枯滝石組を見る。

603_201706262104483a3.jpg




枯池東部に設けられた出島。

596_20170626210536003.jpg




出島突端の石組と岩島意匠。

597_201706262105382a7.jpg




西部築山から東部出島を見る。

604_2017062621053988d.jpg




庭園北東部の立石。

587_20170626210534584.jpg



奈良時代に創建された福田寺ですが、中世には浄土真宗本願寺派に改められ、本願寺第8世・蓮如も一時期滞在するなど、湖東における浄土真宗の一大拠点でした。庭園は数ある滋賀県内の庭園において指折りの名庭ですが、近年になって前住職が逝去されたそうで寺は現在無住となっており、今後の保存が課題になっています。なお、今回は米原市に確認し見学することができましたが、原則個人での庭園見学は受付けていないようです。

606.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop