茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

浄瑠璃寺庭園 ~京都府京都市~

浄瑠璃寺は、京都府南端・木津川市にある、真言律宗の寺院です。境内には、平安時代に造営された本堂、三重塔、池泉廻遊式庭園が現存します。

浄瑠璃寺庭園・本堂と中島



庭園は久安6年(1150)、関白藤原忠通の子で興福寺の僧だった恵信(えしん)により作庭されました。昭和48年(1973)から同50年にかけて、庭園研究家・森蘊の指導の下、発掘・復元されています。




東岸から望む庭園と本堂。庭園は池泉東岸に薬師如来像を安置する三重塔を、西岸に阿弥陀仏像を安置する本堂を配置しています。現世(此岸)で薬師如来が衆生の苦しみを除き、善行を重ねれば阿弥陀仏のいる西方極楽浄土(彼岸)へ導かれる、という浄土教の理念を表した「浄土庭園」となっています。




池泉の汀は洲浜の意匠で、玉石が敷かれています。宇治平等院庭園や毛越寺庭園など浄土庭園に共通して見られる特徴で、日本最古の庭園書『作庭記』に基づく作庭手法です。

浄瑠璃寺庭園・洲浜




池泉中央にある中島。東西に細長い地割で、中央には弁天社が祀られています。

浄瑠璃寺庭園・中島



発掘調査により、中島は池底に溜まった泥土をその都度盛ったため、時代とともに大きくなっていったことが判明しています。南部(写真左奥)には切石橋が架けられていますが、明らかに江戸時代以降のもので、あまり美しいものとは言えません。

浄瑠璃寺庭園・中島




中島北部先端の石組。鋭い立石を中心とした構成で、『作庭記』にもある「荒磯(ありそ)」の表現となっています。

浄瑠璃寺庭園・中島の石組




池泉東部の出島。こちらも緩やかな洲浜の意匠となっています。

浄瑠璃寺庭園・東部出島



本堂は保元2年(1157)に建てられたもので、国宝に指定されています。内部には平安時代に作られ、やはり国宝指定されている9体の阿弥陀仏像が安置されています(本堂内部は撮影禁止)。

浄瑠璃寺・本堂




本堂手前にも出島が配置され、池汀に変化をつけています。

浄瑠璃寺庭園・洲浜



池泉西岸に建つ三重塔(国宝)。治承2年(1178)、一条大宮から移築したものとされ、内部には平安時代作の薬師如来像(重要文化財)が安置されています。

浄瑠璃寺・三重塔



庭園には、2基の石燈籠が池泉東岸と西岸に建っています。近世以降に持ち込まれたものと思われますが、いずれも南北朝時代の作品とされ、重要文化財に指定されています。

浄瑠璃寺庭園・石燈籠



三重塔の南方、山畔付近には三尊石組があります。『作庭記』では池庭から離れた位置に築かれた石組を「枯山水」と呼びますが、この石組はまさにそれに当たります。

浄瑠璃寺庭園・三尊石組



庭園北部、鐘楼の周囲には、巨石を用いた集団石組が見られます。こちらも『作庭記』で言うところの「枯山水」石組で、先ほどの三尊石組とともに、鎌倉時代のものとする説もあるようです。

浄瑠璃寺庭園・集団石組



浄瑠璃寺は永承2年(1047)、義明上人により開創された「西小田原寺」を起源とします。当初は興福寺一乗院の末寺でしたが、明治期に奈良・西大寺の末寺となったようです。庭園は鎌倉時代に改修されているものの、幽邃な山里に平安時代の浄土庭園と伽藍・仏像が一体となって現存する様は、この世の浄土とでも言うべき美しい光景でした。

浄瑠璃寺庭園・本堂と池泉


スポンサーサイト



 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop