茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

願勝寺庭園 ~徳島県美馬市~

四国探訪2日目、徳島市街でレンタカーを調達し、徳島県内の庭園を回ります。最初に訪れたのが石井町の童学寺でしたが、最近火災で本堂が焼失した影響で庭園の拝観ができなかったため、次に訪れた願勝寺庭園からご紹介します。

291_20170514185438f4d.jpg




願勝寺は奈良時代に起源を持つ真言宗御室派の寺院で、本堂裏手には鎌倉〜南北朝時代に作庭されたとされる枯山水庭園が残ります。

256_201705131358526c9.jpg




庭園北西部の山畔には、龍門瀑形式の優れた枯滝石組が見られます。





枯滝下段。水落石と添石には青石を使用し、水落石の下部に鯉魚石を配しています。

275_201705131404160ca.jpg




龍門瀑の石組は、水落石より滝添石の方が高いことや、鯉魚石の手法から、京都・嵐山の天龍寺と酷似すると言われています。

270_201705131411287ce.jpg




枯滝頂部の石組。弁天堂建立時に大幅に改変されており、当初の面影は残っていません。

248_2017051314041190d.jpg




枯滝下部の護岸石組。青石を用いた力強い造形意匠が見られます。

249_20170513140412191.jpg




枯滝北部山畔の遠山石と護岸石組。

267_20170513140414aec.jpg




庭園の枯滝より南部(左手)は、江戸時代以降に大きく改変されています。

258_20170513135849748.jpg




枯池南部の石橋と護岸石組。石橋の奥には、石組による亀島も見られます。いずれも江戸時代以降のもの。

289_2017051314065496c.jpg



願勝寺庭園の作庭についての記録は残されていませんが、①山畔の石組が南北朝期の手法であること、②龍門瀑の石組が天龍寺のそれと同様の手法であること、③南北朝期の当地の豪族・細川頼春が、天龍寺開創に携わった足利尊氏と懇意だったこと、などの理由から、南北朝期に作庭されたとする説が主流となっています。

263_20170513140652d24.jpg


スポンサーサイト
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://matsurinobann.blog.fc2.com/tb.php/273-b3cc66da
 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop