茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

志賀直哉旧居(奈良学園セミナーハウス)~奈良県奈良市~

奈良市高畑にある志賀直哉旧居は、白樺派の作家・志賀直哉の邸宅として、志賀直哉自身の設計により昭和4年(1929)に建てられました。木造平屋建て(一部2階建て)の主屋、表門、塀が現存し、学校法人奈良学園による管理の下、一般公開されています。

志賀直哉旧居・主屋と表門


中庭から見た主屋北棟と茶室。主屋は中庭を囲むように北・南の2棟とこれを繋ぐ渡り廊下で構成され、北棟は2階建てで志賀の書斎や客間など公的なスペース、南棟は平屋で志賀と家族のプライベートスペースとなっています。





玄関は主屋北西部に設けられています。主屋内部は、見学順路に沿って2階から見ていきます。

志賀直哉旧居・玄関




順路に従って、2階から見学します。船底天井の廊下の右手に書斎、奥に客間が配置されています。

志賀直哉旧居・2階




2階書斎。6畳の南面した明るい部屋です。

志賀直哉旧居・2階書斎



客間は数寄屋風の座敷となっています。床の間にある写真は、この場所に安置されていた観音像(谷崎潤一郎から譲られたもので、現在は早稲田大学会津八一記念博物館で保管)のものです。

志賀直哉旧居・2階客間




客間は、北・東の2面に窓が開けられた、開放的な造り。

志賀直哉旧居・2階客間



次に1階を見ていきます。1階の書斎は、板張りの床、太い梁と葦簀を張った天井、地袋のある床の間風のスペースなど、凝った造りとなっています。

志賀直哉旧居・1階書斎




主屋東側に隣接する茶室。6畳の茶室で、北側(写真左手)には書院風の張り出しが見られます。

志賀直哉旧居・茶室




茶室の天井は、竿縁の通った平天井、化粧屋根裏の掛込天井、葦簀張りの落天井と、バリエーション豊かです。




主屋北棟から南棟への渡り廊下に、浴室があります。後世の改変で原型を失っていましたが、往時の姿に復元されています。

志賀直哉旧居・浴室



南棟にある食堂は、志賀のセンスが遺憾なく発揮された和洋折衷のスペースです。モダンなデザインの照明は往時のもので、左手奥には、数寄屋風の赤松の長押に下に、牛皮のベンチが作り付けられています。

志賀直哉旧居・食堂




食堂の西と隣にある台所。プロパンガスや冷蔵庫など、当時最新の設備が備えられていました。

志賀直哉旧居・台所



食堂南側にあるサンルームも、葦簀張りの化粧屋根裏にガラス張りの天窓、敷瓦の床など、志賀のセンスがよく表れています。志賀と親交のあった文人画家が頻繁に訪れ、「高畑サロン」と呼ばれました。

志賀直哉旧居・サンルーム




食堂東側にある、夫人の部屋。床柱に皮付きの赤松、床框に竹を用いた数寄屋風の座敷です。

志賀直哉旧居・夫人の部屋




南棟南東部にある、子供勉強部屋。庭に面しており、天井は格天井、床は往時としては珍しいコルク敷となっています。

志賀直哉旧居・子供勉強部屋




南棟全景。左手がサンルームと食堂、右奥に夫人の部屋や子供勉強部屋があります。





主屋北側にある表門。寄棟造りの屋根が特徴的な棟門です。

志賀直哉旧居・表門



志賀直哉旧居は昭和4年(1929)、志賀直哉自身の設計をもとに、京都の数寄屋大工の棟梁・下島松之助の施工により建てられました。志賀はここに13年間居住し、この間に代表作『暗夜行路』を完成しています。昭和14年(1939)、志賀一家の東京移住に際し、建物と土地は民間人に売却されました。

志賀直哉旧居・主屋と池



太平洋戦争終結後、志賀直哉旧居は連合国軍総司令部に接収され、その後は長く厚生省の宿泊所として使用されますが、昭和53年(1978)に学校法人奈良学園が買収し、古写真などに基づき平成21年(2009)に往時の姿に復元されています。数寄屋と洋風の融合、食堂やサンルームのデザイン、合理的な各部屋の配置など、志賀直哉のセンスが随所に表れた、質の高い和風住宅建築です。

志賀直哉旧居・夫人の部屋


 
 
 
 

伊藤氏庭園 ~福井県南条郡南越前町~

福井県南越前町にある伊藤氏庭園は、江戸中期作庭と推定される池泉観賞式の蓬莱庭園です。通常は非公開ですが、年に1度特別公開されます(2019年10月訪問)。

※ お願い
伊藤氏庭園は通常の観光地とは異なり、あくまで個人所有の庭園です。普段は無住で、公開日以外の日は庭園の見学はできません。所有者や周辺住民の方に迷惑がかかるので、公開日以外の訪問、立入り、周囲の散策等は絶対にしないで下さい(ここ最近は毎年10月に公開されているようです。例年、公開日が近づくと南越前町のホームページにアップされますので、見学を希望される方はそちらをチェックして下さい)。





庭園は主屋の南側に築かれています。廻遊もできますがあくまで観賞本位の庭園で、山畔を築山に見立てて石組を意匠し、池泉には中島を一島配しています。




通説では、江戸中期以降に流布した作庭書『築山庭造伝』をもとに、江戸中期に作庭されたと言われます。一方、同書は江戸中期刊行の通称「前編」と末期刊行の通称「後編」があり、重森三玲は本庭の地割が「後編」掲載の「真之築山之全図」に類似しているとし、通説を否定し江戸末期作庭としています。




山畔中央の石組。頂部に立石で本尊石、そのすぐ下部に平石で座禅石が意匠され、その右下にある奇岩は松茸石と呼ばれています。

伊藤氏庭園・石組



本尊石の右手にある山腰石(さんようせき)。築山の斜面に配置するものとして、『築山庭造伝(前編)』で紹介される役石です。





築山東部の石組。右手の巨石は不動石とされます。

伊藤氏庭園・石組



山畔左方には、「真之築山之全図」のものとよく似た滝があります。滝の左下部には安居石(あんごうせき)、二谷三方石(ふただにさんぽうせき)、オシドリ石といった役石が配置されています。




池泉東部には、自然石と切石を用いた石橋が架かっています。石橋の袂付近には舟石も見られます。





池泉中央付近にある中島。蓬莱島を兼ねた亀島のようですが、規模は小さく石組も控えめになっています。




中島の右手には、山畔側から出島が突出しています。このように池泉中央に出島を設け凹形とする地割は、江戸中期の庭園に多く見られるものです。




出島右手の山畔には集団石組があり、中国の故事「虎の子渡し」を意匠したものと言われます。前方の池中には、怒濤石と呼ばれる洞窟風の岩島が配されています。




池泉西端にも小さな出島が設けられています。亀島に対する鶴出島とされ、その右手には二神石が配置されています。





二神石は池泉東部にも見られます。池泉の両端に二神石を据えるのは、『築山庭造伝(前編)』どおりの手法です。

伊藤氏庭園・石組



築120年近く経つという、伊藤邸の主屋。伊藤氏は平氏の落人を祖とすると伝わり、江戸時代には代々当地の庄屋を務めました。




庭園は、医業を営んだ10代・助左ェ門により作庭されたと伝わります。ほぼ作庭当初の姿を保っていると思われ、民家に残る古庭園としては、赤田氏庭園(滋賀県長浜市・非公開)、池氏庭園(滋賀県長浜市・非公開)、中田氏庭園(長野県松本市)、深田氏庭園(鳥取県米子市)などと並ぶ、有数の名庭と言えるでしょう。




※本記事の掲載については、庭園所有者の方の承諾を得ています。

 
 
 
 

旧遠山家住宅(遠山記念館)【後編】~埼玉県比企郡川島町~

旧遠山家住宅、後編です。前編では東棟と中棟1階を紹介しましたが、今回は中棟2階と西棟を紹介します(2017年9月、2019年10月撮影)。





中棟2階・応接室。1階とはうって変わり、アール・ヌーヴォー調のシャンデリア、寄木張りの床など、洋風の意匠が目を惹きます。

旧遠山家住宅・中棟2階応接室



一方、応接室は格天井を崩したような天井や床の間も設けられ、和洋折衷の部屋となっています。天井は春日杉の杢目板、床の間には桑杢目(床柱)、赤松(落掛)、欅玉杢(床框・地板)といった良材が使用されています。

旧遠山家住宅・中棟2階応接室




応接室の北東部にある寝室。こちらも和洋折衷の部屋となっています。

旧遠山家住宅・中棟2階寝室




寝室に置かれたベッド。

旧遠山家住宅・中棟2階寝室



応接室と寝室では、窓の上に高窓が設けられています。オパールガラスを用いた珍しいもので、繊細な唐草模様の透かし彫りが意匠されています。

旧遠山家住宅・中棟2階寝室

 



応接室、寝室ともに床は寄木張りですが、デザインが数種類あり、こちらも見応えがあります。





寝室に隣接する便所。こちらも天井は格天井ですが、床や腰壁にはタイルを用いるなど、やはり和洋折衷となっています。

旧遠山家住宅・中棟2階便所




中棟2階には、14畳の座敷もあります。こちらも天井は春日杉の杢目板、床回りには桐四方柾目(床柱)、桐柾目(落掛)、檜(床框)、桑杢目(床脇)と、良材がふんだんに使用されています。

旧遠山家住宅・中棟2階座敷




座敷南側は平書院が設けられ、天井は杉杢目板と網代の目透かしによる上品な意匠となっています。





続いて西棟を見て行きます。西棟は、遠山元一が母のプライベートスペースとして設けた数寄屋風の棟で、真行草の3つの座敷と、仏間、台所などで構成されます。





屈曲と化粧屋根裏が美しい、中棟から西棟への渡り廊下。

旧遠山家住宅・渡り廊下




西棟内部に入ると廊下の趣は変わり、半分が畳敷、半分が板敷で、天井は掛込天井となります。

旧遠山家住宅・西棟畳廊下




客間として使用された、西棟・8畳半間。「行の間」と呼ばれ、錆竹の落掛、杉杢目板と網代の目透かしによる天井など、洗練された数寄屋風の座敷となっています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




「草の間」と名付けられた、西棟・7畳間。こちらは踏込床のある茶室で、床柱や天井竿縁には皮付材を用い、壁は経年で色が変化する「黒差し天王寺」と呼ばれる土壁になっています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




7畳間の南東2面は平瓦が敷かれ、建物内部と庭園を繋ぐようなスペースとなっています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




寝室として使用された、西棟・12畳間。こちらは「真の間」で、屋久杉杢目板(天井)、北山杉絞丸太(床柱)、桐柾目(落掛)、松杢目(付書院)など、やはり高級材をふんだんに使用されています。





12畳間の欄間。桐材を用いて、見事な桐の彫刻が施されています。

旧遠山家住宅・西棟座敷




旧遠山家住宅は、遠山元一の弟・芳雄の指揮の下、旧石川組製紙西洋館などを手掛けた室岡惣七の設計により、3万5千人もの職人の手により建設されました。今回紹介した以外にも、土蔵や茶室、庭園が現存し、一連の建造物が重要文化財に指定されています。





以前から「近代和風建築の傑作」と評価されており、管理人もかれこれ5回ほど訪れていますが、棟ごと部屋ごとに違う趣向、随所に惜しみなく用いられた高級材、それでいて決して駄趣味にならず洗練された各部の意匠など、訪れる度に感動を覚える建築です。なお、中棟2階は通常非公開で、年に数回の特別公開日にのみ公開されます。

旧遠山家住宅・西棟畳廊下


 
 
 
 

旧遠山家住宅(遠山記念館)【前編】~埼玉県比企郡川島町~

埼玉県川島町にある旧遠山家住宅は、日興證券の創立者・遠山元一が、生家の再興と母の住まいとして、昭和11年(1936)に建てた近代和風建築です。東棟、中棟、西棟の3棟を渡り廊下で繋いだ大規模な住宅建築で、見所が多いため2回に分けて紹介します。初回は東棟と中棟1階を紹介します(2014年11月、2017年9月、2019年10月撮影)。




正面から見た中棟(写真左)と東棟(写真右)。東棟は茅葺屋根で伝統的な農家風の造り、2階建ての中棟は対照的に近代的な座敷や洋間を備えています。





東棟にある表玄関。客用の玄関で、入母屋破風を冠した立派な車寄せが設けられています。





表玄関車寄せ内部。格式高い式台、巨大な鞍馬石の沓脱石、欅の玉杢材を市松に配した格天井など、見事なものです。





表玄関を上がった、取次の間。

旧遠山家住宅・東棟取次の間




表玄関から、畳敷の廊下を進んでいきます。




東棟の中心となる居間。東棟は農家風の造りで、当初は天井がなく小屋組が露出していましたが、防寒のために見事な網代天井が張られました。





居間の天井は、細部まで趣向が凝らされています。

旧遠山家住宅・東棟居間




居間の東側には、家族用の内玄関が設けられています。土間部分は人造石研ぎ出しによるものです。

旧遠山家住宅・東棟内玄関




東棟から中棟への渡り廊下。畳敷の廊下で、天井は舟底天井になっています。





渡り廊下には書院風の空間が設けられています。地袋の市松の意匠が見事。

旧遠山家住宅・渡り廊下



渡り廊下の途中にある浴室。天井は見事な唐傘天井になっています。旧遠山家住宅は建築当初から全館給湯で、浴室にはシャワーも設置されています。

旧遠山家住宅・浴室




数寄屋風の脱衣所。





脱衣所の隣には化粧の間があります。掛込天井や面皮柱を用いるなど、数寄屋風に仕上げています。

旧遠山家住宅・中棟化粧室



賓客の接待や行事に使用された、中の間1階の座敷。北山杉(床柱)、桐の四方柾目(落掛)、欅の玉杢(床脇)、杉の四方柾目(天井)など高級材がふんだんに使用され、壁は宝石などに使われる柘榴石(ガーネット)の砂壁となっています。

旧遠山家住宅・中棟1階座敷




座敷の書院欄間。桐柾材に七宝花菱の透かしを意匠した、見事なものです。

旧遠山家住宅・中棟1階座敷




次の間から見た座敷。仕切欄間は桐を用いた筬欄間で、襖には家名に因んで「遠山に松」が描かれています。

旧遠山家住宅・中棟1階座敷




大広間の外側は、三方に畳敷の広縁が巡らされ、庭園を眺めることができます。

旧遠山家住宅・中棟1階畳廊下




中棟1階の客用便所。数寄屋風の上品な造りになっています。

旧遠山家住宅・中棟1階便所




次回は中棟2階と西棟を紹介します。

旧遠山家住宅・照明


 
 
 
 

吉田家住宅 (京都生活工藝館無名舎)~京都府京都市~

京都市中京区にある吉田家住宅は、白生地問屋を経営していた吉田家の店舗兼住宅として、明治42年(1909)に建てられました。現在も吉田家の住宅として使用されていますが、予約制で公開されています(2019年9月訪問)。

吉田家住宅・外観



建物は、通りに面した店舗棟、その奥にある住居棟、さらに奥にある蔵で構成されています。典型的な表屋造(おもてやづくり)の京町家です。

吉田家住宅・外観




店舗棟1階正面には、太い格子と細い格子による親子格子が付けられています。格子の上部が切れているのは、反物が色褪せないよう、程よい影を作るためだそうで、糸屋格子と呼ばれます。

吉田家住宅・外観




店舗棟の1階東側は「店」と呼ばれ、天井はささら(太い梁)を通した大和天井になっています。

吉田家住宅・店




「店」には、吉田家住宅の紙模型が置かれています。手前から店舗棟、住居棟、蔵と、建物の構成がよく分かります。

吉田家住宅・模型




店舗棟と住居棟の間には、坪庭風の中庭があります。坪庭は京町家の特徴の一つであり、特に夏は庭に打ち水をすることで、室内の温度を下げる効果があるそうです。

吉田家住宅・中庭




中庭に面した、住居棟1階・中の間。8畳の和室で、家族の寝室として使用されました。

吉田家住宅・中の間




中の間の奥に続く、奥の間。かつては当主と長男しか入ることができなかったと言われ、床柱には高級材である鉄刀木(たがやさん)が使用されています。

吉田家住宅・奥の間




奥の間と中の間を仕切る欄間。格式高い筬(おさ)欄間になっています。

吉田家住宅・欄間




1階の南側は、玄関から「はしりもと」と呼ばれる通り土間が通されています。火事が起きても煙が上へ逃げるよう、天井は「火袋」と呼ばれる吹き抜けになっています。

吉田家住宅・はしりもと




住居棟2階も、奥の間と中の間の2室から構成されます。

吉田家住宅・2階




奥の間は、「敷舞台」と呼ばれる板敷の部屋になっています。もとは畳敷でしたが、旦那衆の嗜みであった能の練習などに使用するため、板敷に変えられました。床柱には、高級材である黒檀が使用されています。

吉田家住宅・2階奥の間




床脇の長押では、手斧で削った痕を意匠としています。




注意深く見ないと見落としてしまいそうですが、奥の間の天井では、板を互い違いに張る「大和張り」と呼ばれる凝った手法がとられています。

吉田家住宅・2階奥の間





涼やかな簾戸も、下部には風流な浜千鳥の透かし。

吉田家住宅・2階奥の間




奥の間東側にある中の間。子ども部屋として使用されていました。

吉田家住宅・2階中の間




中の間の簾戸には、竹の透かし。

吉田家住宅・2階中の間




鳳凰を意匠した、奥の間と中の間の仕切欄間。





吉田家は、祇園祭の北観音山の理事を務める家柄で、江戸時代には四条烏丸付近に店を構え、丹後から白生地を仕入れていたと言われます。

吉田家住宅・階段



現在の建物は明治42年、林源三郎を大工棟梁として建てられたもので、昭和55年(1980)に修復を受けています。浄福寺通りにある旧川﨑家住宅や、高倉通りにある藤野家住宅などとともに、現存する上質な京町家として貴重な存在です。なお、見学にあたっては5日前までの予約が必要です。

吉田家住宅・中庭


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop