茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

旧門司三井倶楽部 ~福岡県北九州市~

旧門司三井倶楽部は、三井物産の迎賓館として大正10年(1921)に門司・谷町に建てられた洋館です。平成6年(1994)に門司港レトロ地区に移築され、現在は重要文化財に指定されています。

835_20171031203812007.jpg



主屋となる洋館は木造二階建てで、屋根はスレート葺、外壁はモルタル掃き付け仕上げで、木骨を見せるハーフティンバー様式となっています。切妻屋根や出窓を多く設けており、見る者に重厚な印象を与えます。

831_20171031203813b37.jpg




南面に設けられた玄関。

905.jpg




玄関の床はタイル張りになっています。

904_2017103120385611a.jpg




玄関の欄間には、大海をイメージさせる船をデザインしたステンドグラスが見られます。

900_20171031203853367.jpg




一階ホール。現在は北九州市の観光案内所として使用されています。

897.jpg




一階ホールのマントルピース。マントルピースは部屋ごとにデザインが異なります。

901_20171104224933d19.jpg



一階ホールの照明と天井中心飾り。天井の中心飾りも、部屋ごとにデザインが異なっています。

848_20171031203859eef.jpg




一階は4つの部屋がありますが、このうち3部屋はレストランとして使用されています。

841.jpg




イベントホールとして使用されている、一階南東隅の大客室。

888.jpg




大客室の照明と中心飾り。

889_20171031204018443.jpg



階段室。二階はかつての居間、寝室、浴室が「アインシュタインメモリアルルーム」として、北西の2部屋が「林芙美子資料室」として公開されています。

854_201710312041106c8.jpg



二階・居間。大正11年(1922)、来日したアインシュタイン博士は旧門司三井倶楽部に5日間滞在し、この部屋を使用したといいます。

866_20171031204142dc6.jpg




居間の天井中心飾りは、他の部屋で見られるような漆喰を塗り固めたものではなく、木彫りのものになっています。

865_20171031204141b54.jpg




二階・寝室。こちらもアインシュタイン博士が来日時に使用しました。

873_20171031204144feb.jpg




寝室の天井と中心飾りの意匠。

877.jpg




寝室にはアインシュタイン博士滞在時のベッドが復元されています。

878_20171031204147ae4.jpg




二階・浴室。腰壁と床はタイル張りになっています。

882_20171031204819c2b.jpg




主屋の北側には付属屋(和館)も接続しています。往時は管理人の住居として使用されていました。

919_20171101202228efb.jpg




旧門司三井倶楽部は、第二次大戦後に当時の国鉄に買収され、国鉄職員の厚生施設「門鉄会館」として使用されました。昭和62年(1987)に国鉄清算事業団に移管となり、解体が予定されていましたが、平成2年に北九州市に無償譲渡され保存が決定、現在地に移築され、現在では門司港レトロ地区を象徴する存在となっています。


885.jpg


 
 
 
 

三宜楼 ~福岡県北九州市~

北九州市門司区にある三宜楼(さんきろう)は、昭和6年(1931)に建てられた料亭建築です。昭和30年代に廃業となり、平成21年に北九州市が建物の所有権を取得、その後修復工事を経て同26年から一般公開されています。


602_201710291919538d7.jpg




木造三階建てで、現存する三階建ての木造建築では九州最大と言われます。


778_20171029191953ed4.jpg



玄関は一階東面に設けられています。欄間には屋久杉が使用され、天井も竿縁天井に一部格天井を合わせた、凝った造りになっています。

605_201710291919515ce.jpg




一階座敷。一階は、大部分がふぐ料理店「三宜楼茶寮」の店舗として使用されているため、見学が制限されています。

613_20171029192202cf2.jpg



一階のギャラリーはかつての配膳室で、二階まで吹き抜けとなっています。往時は土間で、奥には調理場が続いていました。天井の長方形の部分は、当時画期的だった電動式リフトの痕跡です。

732_20171029192200ff5.jpg




一階北西部にある、支配人居室。仏壇が設けられています。

728_2017103020362829c.jpg




「出世階段」とも呼ばれる二階への階段には、四つの下地窓があり、下から順に松、雲、山、月を表しているとされます。

734_2017102919220031e.jpg




二階には64畳の大広間があります。

653_20171029192349768.jpg




大広間の床の間は琵琶床を備え、床柱には紫檀と黒檀が使用されています。火燈窓や書院障子の組子意匠も見所。

636_20171029192351651.jpg




格天井や矢羽根の意匠も見られる、大広間の天井。

757_2017102919284441d.jpg




大広間の西側は能舞台が設けられています。こちらは見事な折り上げ格天井が見られます。

663_20171029192350a54.jpg



二階・ダンスホール手前のベンチ。ガラス窓の向こうは、戦後、三宜楼を接収した米軍によりダンスホールとして使用されていたようです。

745_20171029192444ef3.jpg




三階廊下。竿縁天井の一部を網代張りにしています。左手には往時の電話室も。

690_20171029192529dfb.jpg




三階北東隅の座敷は「俳句の間」と呼ばれ、高浜虚子も訪れたそうです。窓の外には関門海峡を望むことができます。

703_20171029192717d28.jpg




三階廊下の壁面にも、意匠が凝らされています。三階には「俳句の間」以外にも複数の部屋がありますが、修復が進んでおらず、公開されていません。

686_20171029192532916.jpg




二階西側階段の天井にも、細やかな意匠が見られます。

724.jpg




部屋ごとに異なる下地窓や欄間の意匠も、三宜楼の見所です。

617_20171029193155f4c.jpg








615_201710291931526de.jpg







648_20171029193154a81.jpg



門司は近代の洋風建築が多く現存することで知られていますが、戦前は木造三階建ての料亭建築が複数件存在していたようです。現在ではそのほとんどが取り壊されてしまいましたが、三宜楼だけは往時と変わらぬ威容を誇っています。

694_20171029192719d95.jpg



次回は旧門司三井倶楽部を取り上げます。


 
 
 
 

門司港地区の近代建築群 ~福岡県北九州市~

北九州市北東部に位置する門司は、明治・大正と国際貿易港として栄えた港町です。重要文化財に指定されている門司港駅舎を初め、多くの近代建築が残り、「門司港レトロ」として観光スポットになっています。

943_20171028091317dad.jpg



門司港駅のすぐ東方にある、旧横浜正金銀行門司支店。昭和9年(1934)竣工の鉄筋コンクリート造の洋風建築で、現在は北九州銀行門司支店として使用されています。

772_20171028090654e40.jpg



明治24年(1891)に建てられた旧九州鉄道本社(国登録有形文化財)。煉瓦造りの洋風建築で、現在は九州鉄道記念館の本館として公開されています。

795.jpg



関門海峡を見下ろす丘陵に建つ、旧門司市役所(国登録有形文化財)。昭和5年(1930)に建てられたモダニズム建築で、現在は北九州市門司区役所として使用されています。

799_201710280908438b6.jpg




かつての料亭・三宜楼(さんきろう)。昭和6年(1931)に建てられた、木造三階建ての和風建築です。

774_20171028090840863.jpg



三宜楼は昭和30年代に料亭としての役割を終え、現在は北九州市による管理の下、一般公開されています。次回記事で単独で取り上げます。

694_20171028090838ba0.jpg



門司港地区の北東、浜町にある旧門司郵便局電話課庁舎。大正13年(1924)の建築ですが、大正期とは思えないモダンな外観です。

809_20171028091525a00.jpg




旧門司郵便局電話課庁舎は、現在ではNTTの所有となり、門司電気通信レトロ館として公開されています。

811_20171028091527e0b.jpg



門司港レトロ地区の中心にある、旧門司三井倶楽部(重要文化財)。大正10年(1921)、谷町に建てられたハーフティンバー様式の洋館で、平成6年(1994)に現在地へ移築されました。

831.jpg



旧門司三井倶楽部は一階がカフェ、二階はアインシュタインメモリアルルームと林芙美子記念館となり、一般公開されています。後日単独で取り上げます。

837_20171028090656f06.jpg



三井倶楽部の向かいに建つ、旧三井物産門司支店。昭和12年(1937)竣工のモダニズム建築で、現在はギャラリーや店舗として使用されています。

769.jpg



三井倶楽部の隣に建つ、旧日本郵船門司支店。昭和2年(1927)の竣工のモダニズム建築で、海運大手三社の一つ・日本郵船の社屋でした。




大理石やタイルを使用した、旧日本郵船門司支店の玄関ホール。建物は現在では「門司郵船ビル」となり、海運会社や海運関係団体などの事務所が入居しています。

827.jpg



こちらも海運大手三社の一つ・商船三井(旧大阪商船)の事務所だった、旧大阪商船門司支店(国登録有形文化財)。八角形の塔が印象的な、大正6年(1917)竣工の洋館で、現在はギャラリーや貸しホールとして使用されています。

941.jpg



明治42年(1909)に建てられた煉瓦造りの洋館、旧門司税関庁舎。長い間荒廃していましたが、平成3年(1993)に往時の姿に復元され、現在はカフェやギャラリーとして使用されています。

933_20171028091432caf.jpg
 



旧門司税関のすぐ近くにある、北九州市立国際友好記念図書館。かつて中国・大連市にあった、東清鉄道汽船の事務所を複製したもので、近代建築ではありません(平成7年築)。

815.jpg


門司は古くから関門海峡を監視する要衝でしたが、明治22年(1889)国の特別輸出港に指定されて以降、国際貿易港都市として発展しました。現在では北九州市を代表する観光スポットで、同じ古い港町でも、横浜や神戸とはまた違った独特の雰囲気があります。なお、有名な門司港駅は改修工事中だったので、今回は撮影できずでした。。

816_20171029102251867.jpg 


次回は三宜楼を取り上げます。

 
 
 
 

妙経寺庭園 ~大分県杵築市~

 杵築市にある妙経寺は、前回取り上げた長昌寺の西方にある、日蓮宗の寺院です。書院裏手には、安永4年(1775)作庭と伝わる枯山水庭園が残されています。

507_20171026211831561.jpg




庭園は北部の山畔を築山に見立て、江戸中期らしく、中央に出島を設けた凹字型の地割となっています。





中央の出島付近と枯滝石組(左奥)はこの庭の最大の見所で、18世紀後半の庭園としては傑出した石組が見られます。

548_20171026210950955.jpg




出島上部には三尊石組を中心に、力強い見事な石組が見られます。

544_20171026211152aed.jpg




枯滝石組も頂部を三尊手法とし、周囲にも大振りの石を用いた力強い手法となっています。

472_201710272129095a6.jpg




西部方面から見た庭園。枯滝手前には沢渡り風の飛石が打たれていますが、作庭当初からの意匠なのかは不明です。





庭園東部に架かる太鼓橋風の石橋には、この庭の作者・淡州住秦治郎兵衛兼利の銘が刻まれているそうです。

500_2017102621164089e.jpg




砂敷部分の三尊風の岩島。

508_20171026211643cf7.jpg




庭園東端部分の石組。護岸は丸みを帯びた石が散見され、後世に改変を受けているかもしれません。

516_20171026211643c49.jpg



妙経寺は慶長10年(1605)に創建された常顕寺を起源とし、その後現在地へと移建され宝永6年(1709)妙経寺と改められました。

553_201710272141579c7.jpg


庭園は長い間荒廃していましたが、近年になって日本庭園研究会により作庭当初の姿に復元されています。管理人が訪れたのは、一日中、雨の中杵築の町並みを歩き回った後でしたが、奥様と小学生?の息子さんのお気遣いには、心温まる思いでした。



次回は北九州市に移動し、門司港周辺の近代建築群を回ります。


 
 
 
 

長昌寺庭園 ~大分県杵築市~

古い町並みの残る杵築、南台武家屋敷跡の西方には寺町がありますが、その一画にある長昌寺(ちょうしょうじ)には、九州随一と評される枯山水庭園があります。

320_20171025200701613.jpg





庭園は書院北部に展開し、東西に二つの築山を並べ、その前面を砂敷としています。

333_20171025200742cc5.jpg 





東部築山は規模が大きく、斜面は石組とサツキ類の植栽で覆われています。

340_2017102520104986e.jpg





東部築山の下部は出島となり、亀出島とされます。

319_20171025201732d8b.jpg 





東部築山の西寄りには、枯滝石組が設けられています。この庭で最も豪華な石組になっています。

307_20171025202216cd5.jpg





枯滝石組の西部にある出島。亀出島と向き合う形になっており、鶴出島とされます。

374_2017102520245168a.jpg





二つの築山の間は渓谷風となります。

337_20171025202728b1c.jpg





渓谷上部には石橋が渡され、二つの築山を繋いでいます。一種の玉澗流ともされます。

330_201710252027301f4.jpg





西部築山と石組。西部築山は東部築山と比べ小規模なものになっています。

338_20171025202919cc7.jpg





前面の砂敷部分には飛石が打たれています。

559_2017102220394876b.jpg




長昌寺は、播磨国三田にあった松岳寺を起源とし、正保2年(1646)、杵築藩初代藩主・松平英親により当地へ移され、長昌寺と改称されました。庭園は慶安年間(1648〜1652)に築かれたものと推定されています。

554_20171022204221a33.jpg



次回は、同じく杵築の寺町にある、妙経寺の枯山水庭園を取り上げます。


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop