茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録

 
 
 
 

絲原家庭園 ~島根県仁多郡奥出雲町~

前回に引き続き、奥出雲町にある絲原家をご紹介します。前回は建築でしたが、今回は江戸末期作庭と伝わる庭園を取り上げます。

123_20170909215448e99.jpg



庭園は、主屋書院の東部及び南部に築かれています。南部は山畔を利用した池泉庭園、池泉東部から北部にかけては飛石を配置して露地風の意匠としています。

080_20170909214958742.jpg




池泉西部山畔の石組と丸刈込み。江戸末期らしく、石組は景石風で、あまり凝った意匠は見られません。

125_20170909215000b0c.jpg




池中には二つの立石が並べられています。江戸末期にしては鋭い意匠で、この庭で最も優れた石組と言えます。

045_2017090921514501c.jpg




山畔東部には、小規模な滝が落ちています。

079_20170909215229224.jpg





池泉北側、書院前面は飛石が打たれ、露地風になっています。

084_201709092153427a5.jpg




飛石は、「出雲流庭園」の特長である、短冊石や石臼を用いたものになっており、奥には手水石が据えられています。

027_20170909215341a75.jpg



池泉北側、前座敷の前面は、池泉から続く流れの意匠になっています。ここにも石組が散見されますが、江戸末期という時代を反映した弱い手法になっています。

060_20170909215230af8.jpg



池泉東部、南倉との間も露地風の意匠になっています。右手には昭和初期に建てられた待合が見えています。

052_2017090921545029f.jpg




露地風の意匠は、池泉東部から御成門付近まで続いています。この飛石の上を、松平不昧や近衛文麿が歩いたのでしょう。

059_201709092154507f7.jpg


絲原家庭園の作庭については記録が残っておらず、作者や明確な作庭年代は不明ですが、様式や手法から江戸末期・天保末年頃のものと推定されています。江戸末期の庭園らしく石組などの細部意匠には物足りなさが否めないものの、同じく奥出雲町に残る櫻井家庭園(次回紹介予定)とともに、現存する出雲鉄師住宅の庭園として、また出雲市の菅田庵や康国寺とともに出雲流庭園の典型例として、文化的価値の高い庭園と言えます。

082_20170909215452451.jpg


 
 
 
 

絲原家住宅 ~島根県仁多郡奥出雲町~

山陰探訪2日目、出雲市街から車を一時間余り走らせ、奥出雲町の山間にある絲原(いとはら)家住宅を訪ねます。

018_20170909195850b2c.jpg


絲原家は江戸時代に「たたら製鉄」と呼ばれる製鉄業により財をなした旧家で、同じく出雲で製鉄業を営んでいた田部家、櫻井家とともに「鉄師御三家」と称されました。広大な敷地内には、明治〜大正期に建てられた主屋、前座敷と、その他の土蔵、茶室と、江戸末期に作庭された庭園が現存します。




主屋は大正13年(1924)、10代・徳右衛門の植林した材を使用して13代武太郎により建てられました。木造二階建て、入母屋屋根を山陰地方特有の赤瓦(建築当初は栗そそぎ)で葺き、東面に玄関と車寄せを設けています。

095_201709091958527b7.jpg



主屋南部は平屋の書院となります。書院東部と南部には「出雲流」の庭園が広がりますが、こちらについては次回の記事でご紹介したいと思います。

129_20170909200045412.jpg




主屋玄関。賓客用の玄関で、天井は格式高い格天井になっています。

098_20170909200043f00.jpg



重厚な梁組が見られる、主屋中央の土間。主屋は現在も居住区域として使用されているため、二階は見学不可、一階も室内へ上ることはできません。

100_20170909200044209.jpg




土間から南部の書院方向を望む。独特の意匠の欄間が目を引きます。

105_20170909220528202.jpg




客間としても使用される書院。正式な書院造りになっています。

144_201709092001457a4.jpg




書院と二の間との間の仕切欄間には、出雲地方の古歌“八雲立つ”にちなんだ、八雲を象った個性的な意匠が見られます。

113_20170909220531723.jpg




主屋東部にある前座敷。平屋の書院建築で、明治期に創建、昭和11年(1936)に一部改造されています。

050_2017090920032800b.jpg




前座敷・上の間(前座敷も主屋同様、室内へ上がっての見学は不可となっています)

142_20170909200328959.jpg




前座敷上の間から二の間を見る。

140_20170909200326178.jpg




前座敷の仕切欄間には、細かな意匠が施されています。

133_20170909200331547.jpg




前座敷・控えの間。隣には和洋折衷の応接間があり、近衛文麿も滞在したそうです。

068_201709092003298af.jpg




御成門と前座敷。御成門は藩主専用の門で、江戸末期の建築とされます。

058_201709092004269d2.jpg



書院南部にある茶室・為楽庵(いらくあん)。大正13年(1924)の主屋建造時に、松江の向月亭を参考に建てられたものです。

028_20170909200424750.jpg




前座敷南部の南倉。明治期の建築で、外壁には海鼠壁が見られます。



江戸時代から製鉄業を営んできた絲原家ですが、大正末期に廃業し、その後は山林業に転業しました。かつては松江藩だけで全国の鉄生産量の7割を占め、絲原、田部、桜井の奥出雲鉄師三家だけでも全国の4割を占めていたといいます。奥出雲の緑に囲まれてほぼ完存する絲原家住宅は、出雲の郷土史においても、製鉄業の歴史においても、また建築・造園史においても極めて貴重な遺産と言えます。

057_20170909200459041.jpg


次回は絲原家の庭園を取り上げます。


 
 
 
 

康国寺庭園 ~島根県出雲市~

山陰探訪2日目、出雲市にある康国寺庭園へ。康国寺は正平24年(1369)、康國という名の当地の豪族が、三光国師を開山として開創したと伝わる、臨済宗妙心寺派の寺院です。書院北側には江戸中期の作庭と推定される枯山水庭園が広がります。

1509.jpg



庭園は、枯山水に茶庭の手法を取り入れており、ヒイラギモクセイの大刈込と、赤砂利敷きの中に打たれた飛石を主景としています。通常、禅宗の枯山水庭には三尊石や枯滝などの石組がありますが、康国寺庭園では石組がほとんど見られません。

1568.jpg


飛石を主景とする手法は江戸末期の出雲地方の庭園でよく見られ、こうした庭は「出雲流庭園」と呼ばれています。出雲流庭園の手法は松江藩お抱えの作庭家・沢玄丹が考案したものと言われ、茶庭からの影響が顕著に見られます。

1514.jpg





1531.jpg





1451.jpg



康国寺庭園のもう一つの特徴として、借景が挙げられます。錦鏡池と呼ばれる貯水池や周囲の自然を借景として大胆に取り込むことで、絵画的な空間を創出しています。

1471.jpg




庭園西端には、松の刈込と、わずかに捨石が見られ、風景を引き締めています。

1535.jpg




庭園と書院。


1479.jpg




書院南部にある茶室・博淵亭。長年荒廃していましたが、近年になって整備されています。

1503.jpg


康国寺庭園は天明年間(1781~1788)、拙庵禅師による寺域拡大の際に作庭が計画され、その後の韜光(とうこう)禅師のとき、沢玄丹により作庭されたと言われています。江戸中期以降、安易に自然風景を取り入れたことで日本庭園は堕落していきましたが、ここ康国寺庭園は、そういった安易な自然主義庭園とは違う、何かもっと本質的な部分で自然と調和しているような印象を受けました。なお、庭園見学の際は事前に寺へ連絡を入れることをおすすめします。

1521.jpg


 
 
 
 

深田氏庭園 ~鳥取県米子市~

山陰探訪1日目、鳥取から米子へ移動し、深田氏庭園へ。深田氏は佐々木秀義(佐々木源氏)の子孫・佐々木三郎兵衛信輝が当地に土着したのを起源とする旧家で、住居の南側には、江戸初期作庭とされる池泉観賞式庭園が残されています。

1379.jpg




庭園は、かつて存在した書院から観賞する形となっています。池泉のほぼ中央に鶴島、その東部に亀島を配置し、南西部には築山を築いて三尊石組を設けています。

1354_20170904203755ee7.jpg




築山の三尊石組は、三つの凝灰岩による立石で構成されています。動き出しそうなほどの躍動感、一種の不気味ささえ感じさせる見事な造形です。

1376.jpg




池泉中央に位置する鶴島。江戸時代らしい具象的表現ですが、「雛を抱え込む姿」を表現したという石組は、息が漏れるほどの美しさです。

1336.jpg




池泉東部にある亀島。こちらも江戸時代らしい具象的表現ですが、石組は見事なものです。

1348.jpg




亀島の亀頭石。亀が首を伸ばした姿を立石で表現した、力強い造形です。

1444.jpg




北西部から望む鶴島(手前)と亀島(奥)。ともに同じ方向を向いて並んでいます。

1424.jpg




亀島の南部対岸には山形の巨石が置かれており、蓬莱石としての意匠と思われます。

1400.jpg




池泉手前には飛石が打たれています。手法からして、江戸末期以降のもののようです。

1441.jpg


深田氏庭園は、三尊石組の手法が京都南禅院のものと酷似することなどから、鎌倉末期の庭と評価されてきました。しかし、平成12年の国名勝指定に係る調査により、江戸初期の作品であることが判っています。庭園は現在も深田家が管理されていて、見学の際は事前の予約が必要です。

1436.jpg


 
 
 
 

観音院庭園 ~鳥取県鳥取市~

山陰探訪1日目、興禅寺庭園を後にし、同じく鳥取市内の観音院庭園を訪れます。2年前にも訪れ当ブログでも紹介しましたが、内容の乏しい記事でしたので、写真をすべて更新し改めてご紹介します。

1294.jpg



江戸初期作庭と推定される庭園は、書院東部の山畔を利用して築山とし、その前面に池泉を穿った、鑑賞式蓬莱山水庭園です。池泉を大きくとり、山畔を芝生として植栽を最小限にし、また背後の源太夫山を借景として取り入れることで、壮大かつ優美な空間を作り出しています。

1279_20170903231318c8f.jpg




池泉北部には一島の中島が配され、その奥の池畔には枯滝石組が築かれています。

1324.jpg



枯滝石組は頂部に立石を置き、その下部に比較的小ぶりの石を組んだもので、前面には水分石を浮かべています。以前は植栽に隠れて石組がほとんど見えない状態でしたが、近年植栽が大胆に伐採されたようで、全容を確認できるようになりました。

1314.jpg



北部方面から見た中島。亀島とされ、蓬莱島を兼ねています。中島から池泉北岸にかけて池中に四島の岩島が配されていますが、これは蓬莱島に向かう舟が夜中に停泊しているのを表現した、夜泊(よどまり)石の意匠と思われます。

1291.jpg




中島の石組。観音院庭園ではあまり凝った石組が見られませんが、中島には中心石をはじめ、比較的多くの石組を見ることができます。

1307.jpg




池泉南東部の出島。亀島に対する鶴出島とする説もあるようです。出島の左手には、比較的大きめの岩島が見られます。

1304.jpg




池泉東岸の護岸石組。ほとんどが小ぶりの石です。

1311.jpg




池泉南部の土橋と切支丹灯籠。切支丹灯籠は、興禅寺庭園で見られたものと酷似しています。

1316.jpg



観音院庭園は昭和12年(1937)に国により名勝の指定を受けましたが、同18年の鳥取大地震により石組などが崩落、昭和59年度~昭和62年度、平成20年度~平成25年度にかけて保存修理が行われ、現在の姿になっています。豪壮な石組などは見られないものの、自然地形を活かした雄大な地割がこの庭の魅力で、再訪だったにも関わらず、その美しさにしばし時が過ぎるのを忘れて見入ってしまいました。

1322.jpg


 
 
 
 
プロフィール

Hakka

Author:Hakka
関東近郊を中心に、古い町並みや建築(近代建築中心です)、日本庭園を訪ねています。どうぞよろしくお願いします。
※建築は基本的に内部公開されているものを取り上げています。
※画像の無断転載はお断りします。

 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop